水夏希

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
みず なつき
水 夏希
本名 増田 千佳(ますだ ちか)
生年月日 (1972-08-16) 1972年8月16日(46歳)
出生地 日本の旗 日本千葉県千葉市
国籍 日本
身長 169cm
血液型 A型
職業 女優
ジャンル 舞台ミュージカル
活動期間 1993年 -
活動内容 1993年宝塚歌劇団入団
1994年月組に配属
1998年花組に異動
2000年宙組に異動
2004年:宝塚90周年の一環として雪組・花組に特別出演する
2005年:雪組に異動
2006年:雪組トップスター就任
2007年AQUA5を結成
2010年:宝塚歌劇団を退団、芸能活動を開始。
主な作品
宝塚歌劇
エリザベート』(2007年)
マリポーサの花』(2008年)
カラマーゾフの兄弟』(2008年)
備考
宝塚歌劇団卒業生

水 夏希(みず なつき、1972年8月16日 - )は、日本女優。元宝塚歌劇団雪組トップスター。

千葉県千葉市出身、千葉市立登戸小学校[1]千葉大学教育学部附属中学校[1]千葉県立千葉女子高等学校卒。

血液型A型、公称身長169cm。愛称は「ミズ」「ちか」「ナツキ」。

略歴[編集]

1991年、2度目の受験に合格し、宝塚音楽学校に入学。同期生には大鳥れい(元花組トップ娘役)、越乃リュウ(元月組組長)、未来優希(元雪組副組長)などがいる。

1993年79期生として宝塚歌劇団に入団。入団時の成績は40人中3番[2]。月組公演『グランドホテル』/『BROADWAY BOYS:』で初舞台後、1994年1月7日[2]月組に配属。

1995年、『ME AND MY GIRL』で新人公演初主役に抜擢される。

1998年花組に組替え。

1999年、『ロミオとジュリエット'99』でバウホール初主演を果たす。

2000年ベルリン公演参加後に、宙組に組替え。

2001年、『ベルサイユのばら2001』では、オスカルアンドレ彩輝直と役替わりで出演する。

2002年、『鳳凰伝』で初の二番手役、バラクを演じる。

2003年、宝塚大劇場公演『白昼の稲妻』にて初の悪役、ランブルーズ侯爵を演じる。

2004年、宝塚90周年記念企画により、雪組公演『スサノオ-創国の魁-』、花組公演『La Esperanza-いつか叶う-』へ特別出演。

2005年4月、雪組に組替え。

2006年1月、宝塚大劇場星組公演『ベルサイユのばら -フェルゼンとマリーアントワネット編-』にオスカル役で特別出演。1998年の5組化以降、全組への出演を果たす。

2006年2月、『ベルサイユのばら-オスカル編-』でアラン役、アンドレ役の二役を役替わりで演じる。

2006年7月、全国ツアー公演『ベルサイユのばら-オスカル編-』オスカル役で、全国ツアー初主演。

2006年12月26日付けで、雪組トップスターに就任。相手役には白羽ゆりを迎える。月組出身者のトップスターは1997年就任の轟悠以来、9年ぶりだった(水の後任である音月桂は生粋の雪組生え抜きである)。

2007年世界陸上大阪大会の開会式出演に伴い、水と彩吹真央音月桂彩那音凰稀かなめと雪組男役スターのユニット「AQUA5」が結成される。以降、公演の合間のスケジュールで、CDデビュー、CMやテレビの出演、ライブなどが精力的に行われる。

2009年、相手役の白羽が『風の錦絵』/『ZORRO 仮面のメサイア』の東京公演千秋楽をもって退団し、後任の相手役に愛原実花を迎える。

2010年9月12日[2]、『ロジェ』/『ロック・オン!』の東京公演千秋楽をもって、宝塚歌劇団を退団。

同年10月、ブルーミングエージェンシーに所属し、芸能活動を開始。

2011年、『スミレ刑事の花咲く事件簿』で、舞台とドラマに同時主演。ドラマでは、「Guys☆From The Earth(ガイズ・フロム・ジ・アース)」というユニットで主題歌と作詞を担当。

2013年、ブルーミングエージェンシーとの契約を終了し、株式会社AQUAを設立。

2015年、第一興商の社外取締役に就任[3]

エピソード[編集]

姉と双子の妹がいる[4]

初めての宝塚観劇は、ミュージカル部に所属していた高校時代の「戦争と平和」。その後、『ベルサイユのばら』を観て、宝塚受験を決断。高校2年時より、バレエを始めた。

入団3年目で『ME AND MY GIRL』で新人公演の主役(本役:天海祐希)に大抜擢される。思いがけない抜擢で慌てるも、その後は「覚悟」「後悔はしたくない」「諦めない」の3つのキーワードを大切に、常に初めてのことにチャレンジし走り続けてきた、とエッセイで語っている。

宝塚歌劇団時代の主な舞台出演[編集]

月組時代[編集]

花組時代[編集]

宙組時代[編集]

雪組時代[編集]

雪組トップ時代[編集]

ディナーショー[編集]

  • 2002年 ディナーショー『SOUL〜煽動する魂〜』

宝塚歌劇団時代のテレビ出演[編集]

宝塚歌劇団退団後の主な出演[編集]

テレビ[編集]

テレビドラマ[編集]

DVDドラマ[編集]

舞台[編集]

  • 2011年5月、『スミレ刑事の花咲く事件簿』(新国立劇場森ノ宮ピロティホール・中京大学文化会館) - 伊原スミレ役
  • 2012年3月、『7DOORS 青ひげ公の城』(東京グローブ座、森ノ宮ピロティホール)- ユディット役
  • 2012年5月、『SHOW-ism IV TATOO14』(兵庫県立芸術文化センター阪急中ホール、SHIBUYA-AX) - Bee役
  • 2012年7月、『BAD GIRLS meets BAD BOYS Dance Legend vol.1』(東京フォーラムホールC、愛知県産業労働センター・ウインクあいち、シアタードラマシティ)
  • 2012年8月、『天空の調べ〜文天祥物語より〜』(淡路市立しづかホール)
  • 2012年11月、『客家』(天王洲 銀河劇場)- 文空祥 役
  • 2013年3月、『屋根の上のバイオリン弾き』(日生劇場) - ツァイテル役
  • 2013年6月、『SHOW-ism IV TATOO14』(シアター・クリエ)- Bee役
  • 2013年9月、『SHOW Beyond the Door』(品川プリンスステラホール)*構成・演出も担当
  • 2013年10月、TAKARAZUKA WAY TO 100th ANNIVERSARY FINAL『DREAM, A DREAM』(東急シアターオーブ、梅田芸術劇場)- ドリームゲスト
  • 2014年4月、『Love Chase!!』(シアター・クリエ)
  • 2014年7月、NATSUKI MIZU Attractive Concert 2014『蜃気楼〜mirage〜』(赤坂ACTシアター)
  • 2014年8月、DANCE LEGEND vol.2『Argentango アルジェンタンゴ 〜BAD GIRLS meets TANGO BOYS〜』(東京芸術劇場 プレイハウス、シアター・ドラマシティ、名古屋市民会館中ホール)
  • 2014年11月、『CHICAGO THE MUSICAL 〜TAKARAZUKA 100th Anniversary : OG version』 - ヴェルマ・ケリー役(和央ようか湖月わたると役替わり)
  • 2015年3月、リーディングドラマ『サンタ・エビータ ~タンゴの調べに蘇る魂』
  • 2015年5月、DANCE OPERA『マスカレード2015 〜 FINAL』(天王洲 銀河劇場)
  • 2015年7月、30-DELUX『新版 義経千本桜』 - 源義経 役(サンシャイン劇場、名古屋市北文化小劇場、福岡市民会館サンケイホールブリーゼ
  • 2015年9月、『SHOW with MIZU』(EXTHEATER ROPPONGI、兵庫県立芸術文化センター阪急中ホール)
  • 2016年1月、『Honganji』 - 顕如 役(新歌舞伎座、中日劇場、EX THEATER ROPPONGI
  • 2016年4月、ENTERTAINMENT ORIGINAL MUSICAL SHOW『RHYTHM RHYTHM RHYTHM』(天王洲 銀河劇場)[5]
  • 2016年6月、DANCE LEGEND vol.3 BAD GIRLS meets FLAMENCO BOYS『FLAMENCO CAFÉ DEL GATO』(サンケイホールプリーゼ、東京芸術劇場プレイハイス)[6]
  • 2016年7月、『CHICAGO THE MUSICAL 宝塚歌劇OGバージョン』 - ヴェルマ・ケリー役(和央ようか、湖月わたると役替わり)
  • 2016年9月、クリエ プレミア音楽朗読劇『VOICARION』「女王がいた客室」(シアタークリエ)[7]
  • 2016年10月、『サラ・ベルナール ~命が命を生む時~』(兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール、シアター1010)-サラ・ベルナール役
  • 2016年12月 - 2017年1月、エリザベート TAKARAZUKA20周年 スペシャル・ガラ・コンサート(梅田芸術劇場メインホール、Bunkamuraオーチャードホール)
  • 2017年3月、ミュージカル『アルジャーノンに花束を』(天王洲 銀河劇場、兵庫県立芸術文化センター阪急中ホール) - アリス・キニアン 役
  • 2017年5月、ドラマティカルシリーズ リーディングvol.1『パンク・シャンソン ~エディット・ピアフの生涯~』(よみうり大手町ホール)
  • 2017年7月-8月、『キス・ミー・ケイト』(東京芸術劇場プレイハウス、兵庫県立芸術文化センター阪急中ホール ほか) - ロイス 役
  • 2017年9月-10月、『ラストダンス-ブエノスアイレスで。聖女と呼ばれた悪女 エビータの物語』(DDD AOYAMA CROSS THEATER)- エビータ 役
  • 2017年12月、『Cosmos Shymphony Pukul~時を刻む鼓動~』(日本青年館ホール、梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ)
  • 2018年3月、夢幻朗読劇 「一月物語」(よみうり大手町ホール)
  • 2018年4月、COTTON CLUB LIVE 「Middle of the journey」(丸の内コットンクラブ)
  • 2018年4月、坂東玉三郎 越路吹雪を歌う「愛の讃歌」(NHKホール)
  • 2018年5月、DRAMATIC SUPER DANCE THEATER FLAMENCO 「マクベス~眠りを殺した男~」(シアター1010)- マクベス夫人 役
  • 2018年6月-8月、『キス・ミー・ケイト』(東京芸術劇場プレイハウス、兵庫県立芸術文化センター阪急中ホール ほか) - ロイス 役
  • 2018年11月-12月、『CACTUS FLOWER』(DDD AOYAMA CROSS THEATER、サンケイホールブリーゼ、静岡マリナート大ホール) -ステファニー役
  • 2018年12月、『リーディングドラマ「シスター」』(よみうり大手町ホール)
  • 2019年1月-2月、『ベルサイユのばら45~45年の軌跡、そして未来へ~』(東京国際フォーラムホールC、梅田芸術劇場メインホール)
  • 2019年3月、『Gran Tango NATSUKI MIZU Con FEDERICO PEREIRO Cuarteto』(イイノホール)
  • 2019年5月、『細雪』(明治座) - 妙子 役

ディスコグラフィー[編集]

参加作品[編集]

  • 越路吹雪トリビュートアルバム『越路吹雪に捧ぐ』(2016年12月21日)

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 第1部のみ主役。第2部の主役は成瀬こうき
  2. ^ 2000年5月9日以降は、ベルリン公演出演のため休演。代役は彩吹真央が務めた。
  3. ^ 彩輝直と交代で役替わりを務めた。
  4. ^ 東京宝塚劇場公演は、2004年1月13日まで出演し、1月14日から千秋楽までは安蘭けいが星組から特別出演した。

出典[編集]

  1. ^ a b 元宝塚トップスター:水夏希さんの表敬訪問(千葉市市長・熊谷俊人のBlog、2011年3月9日)
  2. ^ a b c 監修:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』、阪急コミュニケーションズ2014年4月1日、105頁。ISBN 9784484146010
  3. ^ 役員人事に関するお知らせ”. 第一興商 (2015年6月19日). 2015年6月22日閲覧。
  4. ^ 2009年4月発売、白羽ゆりスペシャルブックより
  5. ^ “「RHYTHM RHYTHM RHYTHM」水夏希&東山義久が見どころ語る動画公開”. ステージナタリー. (2016年3月30日). http://natalie.mu/stage/news/181503 2016年4月1日閲覧。 
  6. ^ 緒月遠麻、初参加!DANCE LEGEND vol.3『FLAMENCO CAFE DEL GATO』開催決定”. エンタステージ (2016年2月2日). 2016年2月5日閲覧。
  7. ^ 鈴村健一、竹下景子、上川隆也らが出演する音楽朗読劇「VOICARION」”. ステージナタリー (2016年3月6日). 2016年3月6日閲覧。
  8. ^ “越路吹雪37回忌、トリビュートアルバム&メモリアルコンサートに宝塚OGら”. ステージナタリー. (2016年10月26日). http://natalie.mu/stage/news/206881 2016年10月26日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]