緒月遠麻

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

緒月 遠麻(おづき とおま、1979年12月3日 - )は、日本女優。元宝塚歌劇団宙組の男役。愛知県出身。身長174cm、血液型A型。所属事務所はACT JPエンターテイメント。

来歴[編集]

2000年第86期生として宝塚歌劇団に入団。後に雪組に配属。

2004年、『スサノオ―創国の魁―/タカラヅカ・グロリー!』の新人公演で水夏希の役に抜擢される。

2011年、『ロミオとジュリエット』でティボルト、『ニジンスキー〜奇跡の舞神〜』ではセルゲイ・ディアギレフに選ばれる。

2012年5月28日付で宙組異動。

2012年、『銀河英雄伝説』で初エトワールを務める。

2012年、努力賞を受賞。

2013年、『風と共に去りぬ』で初の女役(ベル・ワットリング)を演じた。

2014年、『ベルサイユのばら』で自身初の役替わりでアンドレとアランを演じる。なお、この公演で新人公演・全国ツアー含め3度目のアランを演じた。

2015年2月15日、宙組の東京宝塚劇場公演の千秋楽をもって、宝塚歌劇団を退団[1]

同年5月1日、ACT JPエンターテイメントに所属し、芸能活動開始。

人物[編集]

中学時代に友人に借りた天海祐希の『ミリオン・ドリームズ』のビデオを見て宝塚歌劇のファンに。その後、宝塚大劇場で天海のサヨナラ公演『ME AND MY GIRL』を2階席の一番後ろで観劇。

高校2年の時に友人の勧めもあり、宝塚音楽学校を初受験。声楽バレエのレッスンに通い、翌年2度目の挑戦で合格した。

宝塚歌劇団の同期には陽月華(元宙組トップ娘役)、凰稀かなめ(元宙組トップスター)、和涼華城咲あい星条海斗憧花ゆりの真波そら花野じゅりあ紫峰七海らがいる。

尊敬する先輩は湖月わたるで、芸名の由来にもなっている。

主な出演[編集]

宝塚歌劇団所属時代[編集]

雪組時代[編集]

宙組時代[編集]

  • 2012年8月 - 11月、『銀河英雄伝説@TAKARAZUKAヤン・ウェンリー *初エトワール
  • 2013年1月、博多座公演『銀河英雄伝説@TAKARAZUKA』ヤン・ウェンリー *エトワール
  • 2013年3月 - 6月、『モンテ・クリスト伯』/『Amour de 99!!-99年の愛-』ベルツッチオ
  • 2013年7月 - 8月、全国ツアー公演『うたかたの恋』フリードリヒ
  • 2013年9月 - 12月、『風と共に去りぬ』ベル・ワットリング
  • 2014年2月 - 3月、『翼ある人びと―ブラームスとクララ・シューマン―』ロベルト・シューマン
  • 2014年5月 - 7月、『ベルサイユのばら-オスカル編-』アンドレ/アラン(役替わり)
  • 2014年12月 - 2015年2月、『白夜の誓い ―グスタフIII世、誇り高き王の戦い―』/『PHOENIX 宝塚!! ―蘇る愛―』 アンカーストレム *退団公演

宝塚歌劇団退団後[編集]

  • 朗読劇「約束」(2015年7月20日、都市センターホテル コスモスホール)
  • 「希望のホシ」(2015年10月10日-10月18日、北とぴあ つつじホール)
  • 「罠」(2016年1月8日-1月11日、紀伊国屋ホール) *初主演
  • 「月の角度」(2016年4月、中野ザ・ポケット) 
  • DANCE LEGEND vol.3 BAD GIRLS meets FLAMENCO BOYS『FLAMENCO CAFÉ DEL GATO』(2016年6月 - 7月、サンケイホールブリーゼ 東京芸術劇場 プレイハウス)[2]
  • 「天球儀」(2016年8月、紀伊国屋ホール)
  • 「新版 国性爺合戦」(2016年9月-10月、シアター1010 東海市芸術劇場 福岡市民会館 シアター・ドラマシティ) - 渚 役[3]
  • 30-DELUX SQUARE ENIX Special Theater「ロマンシング サガ THE STAGE 〜ロアーヌが燃える日〜」(2017年4月 - 5月、サンシャイン劇場 サンケイホールブリーゼ 愛知県芸術劇場大ホール 久留米シティプラザ・ザ・グランドホール) - カタリナ・ラウラン 役[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]