峰丘奈知

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

峰丘 奈知(みねおか なち、10月20日 - )は、元宝塚歌劇団花組の娘役。

山梨県中巨摩郡山梨英和高校出身。身長160cm。愛称は「しいちゃん」。

略歴[編集]

宝塚歌劇団時代の主な舞台[編集]

  • 1981年2月、『恋の特ダネ』(バウ)ジャネット
  • 1981年5月、『ミステリー・ラブ』(バウ)パミラ
  • 1981年10月、『エストリレータ』新人公演:シェイラ(本役:若葉ひろみ)/『ジュエリー・メルヘン』 *新人公演初ヒロイン
  • 1982年1月、『ボン・ボヤージュ!』(バウ)新人公演:ドロシー(本役:若葉ひろみ) *新人公演ヒロイン
  • 1982年3月、『春の踊り』/『アルカディアよ永遠に』新人公演:王女サラ(本役:姿晴香
  • 1982年6月、『イブにスローダンスを』(バウ)キャサリン、ジョアンナ *バウホール公演初ヒロイン
  • 1982年8月、『夜明けの序曲』新人公演:(本役:若葉ひろみ) *新人公演ヒロイン
  • 1983年2月、『霧深きエルベのほとり』ベティ、新人公演:シュザンヌ(本役:ひびき美都)/『オペラ・トロピカル』
  • 1983年4月、『ヴェニス、獅子たちの夢』(バウ)ジュリアーナ
  • 1983年8月、『マイ・シャイニング・アワー』(バウ)
  • 1984年2月、『琥珀色の雨にぬれて』マオ/『ジュテーム』
  • 1985年3月、『愛あれば命は永遠に』新人公演:ジョルジュ嬢(本役:美野真奈
  • 1985年6月、『ジャパン・ファンタジー』/『ドリームズ・オブ・タカラヅカ』(第5回ハワイ公演)
  • 1985年9月、『テンダー・グリーン』ファー、新人公演:エイブル(本役:美野真奈)/『アンドロジェニー』
  • 1986年1月、『微風のマドリガル』アンゼリカ、新人公演:ドンニャ・ルクレシア(本役:美野真奈)『メモリアール・ド・パリ』
  • 1986年6月、『真紅なる海に祈りを』オプチーナ、新人公演:チャーミアン(本役:ひびき美都)/『ヒーローズ』
  • 1987年2月、『遥かなる旅路の果てに』アネット/『ショー・アップ・ショー』
  • 1987年4月、『ドリームズ・オブ・ドリームズ』(バウ)
  • 1987年8月、『あの日薔薇一輪』シンディ/『ザ・レビュースコープ』
  • 1987年10月、『琥珀色の雨にぬれて』エヴァ/『ヒーローズ』(全国ツアー)
  • 1988年2月、『ベルベット・カラー』(バウ)ナナ
  • 1988年3月、『キス・ミー・ケイト』ドロシー
  • 1988年5月、『タイム・アダージオ』(バウ・東京特別)アンナ・マリア
  • 1988年9月、『宝塚をどり讃歌'88』/『フォーエバー!タカラヅカ』エトワール
  • 1988年11月、『第5回バウホール・コンサート ソング&ポートレイト』(バウ)
  • 1989年1月、『会議は踊る』エヴァ・コナルスキー伯爵夫人/『ザ・ゲーム』
  • 1989年6月、『ロマノフの宝石』マリア/『ジダン・デ・ジタン』
  • 1989年10月、『TAKARAZUKA』(『宝塚をどり讃歌』/『フォーエバー!タカラヅカ』)(ニューヨーク公演)
  • 1990年2月、『ロマノフの宝石』マリア/『ジダン・デ・ジタン』(中日劇場)
  • 1990年3月、『ベルサイユのばら - フェルゼン編 - 』ロザリー
  • 1990年9月、『秋…冬への前奏曲』ララ・アンデルセン/『ザ・ショーケース』
  • 1991年1月、『春の風を君に…』金蓮/『ザ・フラッシュ』エトワール
  • 1991年6月、『ヴェネチアの紋章』レミーネ/『ジャンクション24』
  • 1991年9月、『ベルサイユのばら - フェルゼン編 - 』(全国ツアー)ロザリー
  • 1992年2月、『白扇花集』/『スパルタカス』ベラ
  • 1992年8月、『心の旅路』エルシィ/『ファンシー・タッチ』エトワール 退団公演
  • 1992年10月、『フラワー・ドラム・ソング』(バウ)リンダ・ロウ

関連項目[編集]