心の旅路

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

心の旅路』(こころのたびじ、Random Harvest)は、1941年に出版されたジェームズ・ヒルトン作の小説である。この小説は『失われた地平線』、『チップス先生さようなら』などのヒルトンの先行作品と同様にポピュラーになり、その年のパブリッシャーズ・ウィークリー全米ベストセラー小説リスト英語版2位英語版になった[1]

この小説は、1942年にマーヴィン・ルロイ監督の同名の映画となり成功を収めた。映画は幾つかの点で小説と異なっている。アカデミー賞の幾つかの部門にノミネートされている。

ストーリー[編集]

日本語訳[編集]

映画[編集]

心の旅路
Random Harvest
Random Harvest 1942 - Japanese poster.jpg
映画のポスター
監督 マーヴィン・ルロイ
脚本 クローディン・ウェスト英語版
ジョージ・フローシェル英語版
アーサー・ウィンペリス英語版
原作 ジェームズ・ヒルトン
製作 シドニー・フランクリン
出演者 ロナルド・コールマン
グリア・ガースン
音楽 ハーバート・ストサート英語版
撮影 ジョセフ・ルッテンバーグ
編集 ハロルド・F・クレス
製作会社 MGM
配給 アメリカ合衆国の旗 ロウズ
日本の旗 MGM/セントラル
公開 アメリカ合衆国の旗 1942年12月17日(ニューヨーク)
日本の旗 1947年7月29日[5]
上映時間 125分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 約1,210,000ドル[6]
配給収入 4,650,000ドル(北米)
3,497,000ドル(海外)[6]
テンプレートを表示

心の旅路』(こころのたびじ、Random Harvest)は1942年アメリカ合衆国恋愛映画。 監督はマーヴィン・ルロイ、出演はロナルド・コールマングリア・ガースンなど。

ストーリー[編集]

第一次世界大戦の終わり頃(1918年)、フランス戦線で傷ついた英国陸軍大尉がメルブリッジの陸軍精神病院に入院する。彼は、砲撃を受けたショックで完全な記憶喪失になっていた。名前も家も分からないという状態である。ある時、散歩に出た大尉は、戦争終結で喜ぶ群衆を避けて街角の煙草屋へ入るが、そこで親切な踊り子ポーラ・リッジウェイと知り合う。彼女は大尉の境遇に同情している内に、深い恋に陥る。

2人は逃げるようにメルブリッジを去り、親切な牧師の協力を得て結婚式を挙げ、人里離れたリバプール郊外の一軒家に住む。門扉がきしみ、桜の木が玄関の前にある落ち着いた家である。すぐ傍に小川が流れている。大尉の仮の名をジョン・スミスとして届け出て、ポーラは彼を「スミシー」と愛称した。

月日は流れ、息子が生まれたスミシーとポーラは幸せに暮らしていた。そこへ、リバプールの新聞社から採用通知が届き、スミシーはリバプール市内へ出掛け、数日間は市内に泊まって打ち合わせなどすることになる。

ところが、ホテルから出たスミシーは街路で車にはねられ、頭を強く打つ。親切な薬局で介抱され、スミシーは自分の名前がチャールズ・レイニアである事を思い出す。だが、今度はポーラのことを始め生活全てが消え去って、何故今自分が今リバプールにいるのか分からない。つまり、彼は記憶が戻ると共に入れ違いにフランス戦線から帰国して以来の3年間の記憶を全て忘れてしまったのである。しかし、ポケットにある鍵が何故か気になる。

一方、チャールズの父、レイニア氏は富豪で実業家であり、チャールズはその次男であった。実家へ戻ったチャールズは、数日前に父が亡くなったことを知る。父の会社を引き継いで成功させながら、人柄と共に経営感覚の優れたチャールズは著名な実業人としての地位を獲得して行く。

ポーラは、スミシーがリバプールで行方不明になったことから気落ちして病となり、同時に大切な息子も失う。踊り子に戻ることも出来ず、ウェイトレスをしながら生活費を稼ぎ、夜間学校で速記を習う。そしてある会社の秘書をしている時、新聞に若き実業家チャールズ・レイニア氏の写真が掲載されているのを見て、彼が「スミシー」であることを知る。

チャールズが秘書を募集しているのを知って、ポーラはマーガレットと名前を変え、彼の秘書に採用される。チャールズは、マーガレットを見ても何の感情も示さない。彼女は悲しみに打ちひしがれるが、その内チャールズが必ず思い出すであろうことを期待し、熱心に秘書業務に励む。

気性の激しい姪(姉の夫の娘)キティとの結婚話がまとまるが、式が迫る中でキティはチャールズの心の奥底にあるものを鋭く感じ取り、彼女は潔く破談にする。それがきっかけとなって、チャールズは自分の心底に横たわる3年間の記憶喪失を何とか捉えようとして、記憶が戻った街リバプールへ出かけるが、ホテルが保管していた自分の古トランクを見ても何も思い出すことが出来ない。

チャールズは、求められて国会議員になり、その役職を果たす上で信頼する秘書マーガレット(つまりポーラ)に形式上の妻になってくれと頼む。マーガレットは悩んだが、彼を愛する気持ちは変わらないので、それを引き受ける。2人は、見かけ上は幸せな国会議員夫妻として著名になるが、両者共に心には満たされないものが残っている。

ある時、マーガレットは孤独に耐え切れず、チャールズへ南米旅行に行かせてくれと頼む。彼は、訝りながらもリバプール行きの汽車まで彼女を送る。船は2日後にリバプールから出帆するのである。ちょうどその時、メルブリッジの事業所でストライキが発生し、オーナーであるチャールズが乗り込んで、これを円満に解決する。

人々が喜ぶ喧騒の中を歩いていたチャールズは、初めて訪れた街であるにもかかわらず、街角に煙草屋のあることを知っていて、そこへ入る。すると、陸軍精神病院にいたことを次第に思い出し、親切なポーラのことがおぼろげながら心に浮かんでくる。矢も盾もたまらず、彼はそのままリバプールへ出掛け、ホテルで牧師のことや郊外の一軒家の位置を問い合わせ、そこへ出掛けていく。

マーガレットはホテルから出て乗船しようとしていた。その時、ホテルのフロントが何気なく、少し前にある紳士が昔のこと、引退した牧師や小さな家のことなどを色々と問い合わせたと語る。マーガレットは何も言わずに昔の懐かしい住処へ急ぐ。

一方、チャールズは、訝りながらも一軒家の前に立ち、きしむ門扉を開け、懐かしい桜の木の下を通り、玄関のドアの前に立つ。そして、肌身離さず持っていた鍵を取り出して、ドアに差し込む。ぴたりと鍵は合って、昔住んだままの居間が彼を迎え入れる。

ドアを開けて佇むチャールズに、マーガレットは門柵から「スミシー!」と優しく呼びかける。今や記憶が完全に甦ったチャールズはその声に振り返り、マーガレットを見るや「ポーラ!」と叫んで駆け寄る。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
テレビ版1 テレビ版2 PDDVD
"ジョン・スミス(スミシー)"
チャールズ・レイニア
ロナルド・コールマン 小山田宗徳 井上孝雄 木澤智之
"ポーラ・リッジウェイ"
マーガレット・ハンソン
グリア・ガースン 本山可久子 水城蘭子 関根明子
ジョナサン・ベネット医師
(精神病院の医師、ポーラの相談相手に)
フィリップ・ドーン英語版 島俊介 高橋伸也
キティ(チャールズの姉の夫の連れ子) スーザン・ピータース英語版 渡辺知子 大塚恵子
シムズ医師(村の医師) ヘンリー・トラヴァース 宮澤正
ビファー(酒場の主人) レジナルド・オーウェン英語版
ハリソン(チャールズの部下) ブラムウェル・フレッチャー
サム(ポーラのショー仲間) リース・ウィリアムズ英語版
煙草屋の女主人 ウナ・オコーナー英語版
シェルドン(執事) オーブリー・メイザー英語版 柴田秀勝
デヴェンター夫人(宿屋の女主人) マーガレット・ワイチャーリイ
チェットウィンド・レイニア(チャールズの兄) アーサー・マーゲットソン英語版
ジョージ・レイニア メルヴィル・クーパー英語版
ジュリアン・レイニア アラン・ネイピア英語版
リディア・レイニア ジル・エズモンド
牧師 アイヴァン・シンプソン英語版
牧師の妻 マリー・デ・ベッカー英語版
ロイド氏 チャールズ・ウォルドロン英語版
ロイド夫人 エリザベス・リスドン英語版

映画批評家によるレビュー[編集]

興行的には成功したにもかかわらず、当時の批評家たちからの評価は低い。ジェームズ・エイジーは「ロナルド・コールマンの記憶喪失に2時間も興味を持ち続けることができ、朝食にヤードレーのシェービングソープを喜んで食べられる人に、この映画を勧めたい」と書いている[8]ニューヨーク・タイムズのレビューで、ボズレー・クラウザーは「過剰に感情的な割に、『心の旅路』は奇妙なほど空虚な映画である」「ミス・ガースンとミスター・コールマンは魅力的で、完璧な演技をしている。しかしリアルには全く見えない」との意見を述べている[9]バラエティ誌は2人の主演、特にガースンの演技を賞賛しているが、コールマンは役柄に対して老けて見えると指摘している[10]

しかし、公開から数十年後には高く評価する批評家も現れている。シカゴ・リーダー英語版ジョナサン・ローゼンバウム英語版は、この作品には「その意図通りに、ある種の錯乱した誠実さと高潔さ」があると認めている[11]レナード・マルティン英語版のミニレビューには「ジェームズ・ヒルトンの小説は、コールマンとガースンが最高の状態で、MGMから最高に楽しい扱いを受けている」と書かれている[12]ハル・エリクソン英語版は「通常の状況では、『心の旅路』のうち1分も信じないだろうが、スターたちと著者のジェームズ・ヒルトン(『失われた地平線』『チップス先生さようなら』など)が織りなす魔法の呪文が信じられないような荒唐無稽さを完全に信憑性のあるものに変えている」と書いている[13]

アメリカン・フィルム・インスティチュートが2002年に発表した「情熱的な映画ベスト100」では36位にランクインしている[14]

Rotten Tomatoesによれば、10件の評論のうち高評価は90%にあたる9件で、平均点は10点満点中7.8点となっている[15]Metacriticによれば、11件の評論のうち、高評価は6件、賛否混在は4件、低評価は1件で、平均点は100点満点中62点となっている[16]

ノミネート歴[編集]

第15回アカデミー賞

ラジオドラマ[編集]

1944年1月31日に米国のラジオ番組「ラックス・ラジオ劇場英語版」において、映画版と同じくロナルド・コールマングリア・ガースンの主演で放送された[17]。 録音された番組(55分19秒)はインターネットアーカイブで公開されている[18]

1949年2月17日に原作者のジェームズ・ヒルトンがホストを務める米国のラジオ番組「ホールマーク・プレイハウス英語版」において、ジョーン・フォンテイン主演で放送された[19][20]。 録音された番組(27分50秒)はインターネットアーカイブで公開されている[21]

その他[編集]

1975年11月から1976年1月まで、舞台設定を1960年頃の日本秋田県に翻案した全13話のテレビドラマが日本テレビ系で放映されている。

1992年に日本の宝塚歌劇団によりミュージカル化されている。

出典[編集]

  1. ^ Annual Bestsellers, 1940-1949 / Rankings from Bowker's Annual/Publisher's Weekly” (英語). 2011年10月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年2月5日閲覧。
  2. ^ ランドム・ハーヴェスト : 心の旅路 (朝日新聞社): 1949”. 国立国会図書館. 2021年2月4日閲覧。
  3. ^ 心の旅路 (角川書店): 1974”. 国立国会図書館. 2021年2月4日閲覧。
  4. ^ 心の旅路 (三笠書房): 1975”. 国立国会図書館. 2021年2月4日閲覧。
  5. ^ 心の旅路 - allcinema
  6. ^ a b "The Eddie Mannix Ledger". Margaret Herrick Library, Center for Motion Picture Study, Los Angeles.
  7. ^ 番組表検索結果詳細”. NHKクロニクル. 2020年8月11日閲覧。
  8. ^ Kamp, David; Levi, Lawrence (2006) (英語). The Film Snob's Dictionary: An Essential Lexicon of Filmological Knowledge. Random House. p. 2. ISBN 978-0767918763. https://books.google.co.jp/books?id=z0WY_UVe44UC 2013年9月28日閲覧。 
  9. ^ Crowther, Bosley (1942年12月18日). “' Random Harvest,' With Greer Garson and Ronald Colman, From James Hilton Novel, Opens at the Music Hall; ' Journey for Margaret,' a Vivid Drama of Children in War, at Capitol -- Palace Is Host to 'The Great Gildersleeve'” (英語). The New York Times. https://www.nytimes.com/1942/12/18/archives/random-harvest-with-greer-garson-and-ronald-colman-from-james.html 
  10. ^ “Random Harvest” (英語). Variety. (1941年12月31日). https://variety.com/1941/film/reviews/random-harvest-2-1200413836/ 2013年9月28日閲覧。 
  11. ^ Rosenbaum, Jonathan. “Random Harvest” (英語). Chicago Reader. http://www.chicagoreader.com/chicago/random-harvest/Film?oid=1074697 2013年9月28日閲覧。 
  12. ^ Maltin, Leonard (2012) (英語). Leonard Maltin's 2013 Movie Guide: The Modern Era. Penguin. https://books.google.co.jp/books?id=yzPADT7BTRcC&pg=PT2039&dq=James+Hilton+novel+given+supremely+entertaining+MGM+treatment,+with+Colman+and+Garson+at+their+best. 2021年2月4日閲覧。 
  13. ^ Erickson, Hal. “Random Harvest (1942)” (英語). AllMovie. 2021年2月4日閲覧。
  14. ^ AFI's 100 Years...100 Passions” (英語). American Film Institute. 2021年2月4日閲覧。
  15. ^ Random Harvest (1942)” (英語). Rotten Tomatoes. 2021年2月3日閲覧。
  16. ^ Random Harvest Reviews” (英語). Metacritic. 2021年2月3日閲覧。
  17. ^ lmharnisch (2014年1月31日). “1944 on the Radio — ‘Random Harvest’ on ‘Lux Radio Theater,’ Jan. 31, 1944” (英語). LA Daily Mirror. Larry Harnisch. 2021年2月5日閲覧。
  18. ^ Lux_44-01-31_Random_Harvest.mp3 (MP3)” (英語). Internet Archive. 2021年2月5日閲覧。
  19. ^ Random Harvest | Hallmark Playhouse” (英語). Old Time Radio Downloads. 2021年2月5日閲覧。
  20. ^ Random Harvest” (英語). RUSC Old Time Radio (2009年2月21日). 2021年2月5日閲覧。
  21. ^ 490217_035_Random_Harvest.mp3 (MP3)” (英語). Internet Archive. 2021年2月5日閲覧。

外部リンク[編集]