ファンシー・タッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ファンシー・タッチ』は宝塚歌劇団によって制作された舞台作品。花組[1][2][3]公演。形式名は「ショー[1][2][3]」。20場[1][2][3]。作・演出は三木章雄[1][2][3]。併演作品は『心の旅路[1][2][3]』。

公演期間と公演場所[編集]

解説[編集]

※『宝塚歌劇100年史(舞台編)』の宝塚大劇場公演[4]参考。

新しい花組に生まれた個性豊かなスターたちを、ちょっと不思議な、ちょっとドラマティックなシチュエーションの中に置いて、その魅力を味わおうとする、FANCY(気まぐれ)で、FANCY(気まま)で、FANCY(変わった)なショー。

スタッフ(宝塚・東京)[編集]

※氏名の後ろに「宝塚[1]」「東京[2]」の文字がなければ両劇場共通。

出演[編集]

宝塚・東京(配役も含む)[編集]

※宝塚[1]・東京[2]共通。

ほか

地方・福岡公演[編集]

※地方[3]・福岡[3]公演共通

  • 安寿ミラ
  • 真矢みき
  • 森奈みはる
  • 未沙のえる
  • 宝樹芽里
  • 美月亜優
  • 愛華みれ
  • 姿月あさと
  • 月影瞳

ほか

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h 80年史 1994, p. 354.
  2. ^ a b c d e f g h 80年史 1994, p. 355.
  3. ^ a b c d e f g h i 80年史 1994, p. 365.
  4. ^ 100年史(舞台) 2014, p. 168.

参考文献[編集]

  • 企画・構成・執筆:橋本雅夫、編集統括:北川方英『夢を描いて華やかに -宝塚歌劇80年史-』宝塚歌劇団、1994年9月9日。ISBN 4-924333-11-5
  • 監修・著作権者:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(舞台編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14600-3