あの日薔薇一輪

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ミュージカル・ロマン[1]あの日薔薇一輪』(あのひばらいちりん)は宝塚歌劇団ミュージカル作品。16場[1]

花組公演[1]

併演作品は『ザ・レビュースコープ[1]』。

概要[編集]

※『宝塚歌劇100年史(舞台編)』の宝塚大劇場公演[2]を参考にした。

アメリカ合衆国のビジネス界を舞台に、大会社の幹部に昇進した若者の恋がデネシー調のジャズに乗せて繰り広げられた作品。

トップコンビの高汐巴秋篠美帆の宝塚退団公演であった。

あらすじ[編集]

※『宝塚歌劇100年史(舞台編)』の宝塚大劇場公演[2]を参考にした。

1950年代後半のニューオリンズ。ロベールはパリ支社から引き抜かれた優秀なビジネスマン。黒縁眼鏡にひっつめ髪のお堅いOLの新任秘書ハンナに対し、悪戯心で眼鏡をとらせたところ、ハンナが学生時代に振られた彼女にそっくりだったと気づく。

公演期間と公演場所[編集]

スタッフ[編集]

※氏名の後ろに「宝塚」、「東京」の文字がなければ両公演共通

主な配役[編集]

本公演[編集]

宝塚
東京の変更点
  • バーナード - 朝香じゅん[5]
  • スティーヴ - 瀬川佳英[5]
  • フランク - 幸和希[5]
  • リチャード - 真矢みき[5]
  • ジェイムズ - 三矢直生[5]

新人公演[編集]

※下記の配役は宝塚、東京共通のデータ

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 80年史 1994, p. 323、325.
  2. ^ a b 100年史(舞台) 2014, p. 160.
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah 80年史 1994, p. 323.
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n 80年史 1994, p. 326.
  5. ^ a b c d e f g h 80年史 1994, p. 325.
  6. ^ 80年史 1994, p. 327.

参考文献[編集]

  • 企画・構成・執筆:橋本雅夫、編集統括:北川方英『夢を描いて華やかに -宝塚歌劇80年史-』宝塚歌劇団、1994年9月9日。ISBN 4-924333-11-5