友麻夏希

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

友麻 夏希(ゆうま なつき、7月15日 - )は、元宝塚歌劇団花組男役スター。

兵庫県宝塚市出身。身長168cm、愛称はみかちゃんゆうまくん

略歴[編集]

  • 1981年69期生として宝塚音楽学校へ入学。在校時の成績は1番。
  • 1983年4月、宝塚歌劇団入団。入団時の成績は2番。月組『春の踊り』/『ムーンライト・ロマンス』にて初舞台を踏み、後に神奈とともに花組に配属される。
  • 1985年、ハワイ公演のメンバーに選抜される。
  • 1987年、『あの日薔薇一輪』の新人公演で初主演を果たす。以降4公演続けて新人公演で主演を務める。
  • 1987年12月、年度賞 新人賞受賞(天海祐希、麻路さき と)
  • 1989年、ニューヨーク公演のメンバーに選抜される。
  • 1990年、『ベルサイユのばら - フェルゼン編 - 』の東京公演千秋楽をもって、結婚のため宝塚歌劇団を退団。

現在は美的食ライフアドバイザーとしてストレッチと食生活全般のアドバイザーとして活動中。

宝塚時代の主な舞台[編集]

  • 1983年10月、『メイフラワー』第2回新人公演:アラン(本役:朝香じゅん
  • 1984年2月、『琥珀色の雨にぬれて』新人公演:アラン(本役:清まさみ)/『ジュテーム』
  • 1984年4月、『ロジャースビル物語』(バウ)新人公演:マイケル(本役:幸和希
  • 1984年8月、『名探偵はひとりぼっち』新人公演:ブルースカイ(本役:あごう沙知)/『ラ・ラ・フローラ』
  • 1985年3月、『愛あれば命は永遠に』新人公演:デズマズ(本役:朝香じゅん
  • 1985年6月、『ジャパン・ファンタジー』/『ドリーム・オブ・タカラヅカ』(ハワイ)
  • 1985年9月、『テンダー・グリーン』新人公演:カイト(本役:大浦みずき)/『アンドロジェニー』
  • 1986年1月、『微風のマドリガル』新人公演:エミーリオ・コスタ(本役:大浦みずき)/『メモリアール・ド・パリ』
  • 1986年3月、『不思議なカーニバル』(バウ)ドンナー
  • 1986年6月、『真紅なる海に祈りを』新人公演:ジュリアス・シーザー/オクテヴィアス・シーザー(本役:朝香じゅん)/『ヒーローズ』
  • 1986年8月、『グッバイ・ペパーミントナイト!』(バウ・東京特別)リトル・チェン
  • 1986年12月、神鉄会館において「友麻夏希ディナーショー」開催
  • 1987年2月、『遥かなる旅路の果てに』新人公演:ラザレフ(本役:真汐ちなみ)/『ショー・アップ・ショー』
  • 1987年4月、『ドリーム・オブ・ドリームズ』(バウ)
  • 1987年8月、『あの日薔薇一輪』スタンレー、新人公演:ロベール・グランジェ(本役:高汐巴)/『ザ・レビュースコープ』 *新人公演初主演
  • 1987年10月、『あかねに燃ゆる君』(バウ)風
  • 1987年12月、年度賞 新人賞受賞(天海祐希、麻路さき と)
  • 1988年2月、『ベルベット・カラー』(バウ)ポエム
  • 1988年3月、『キス・ミー・ケイト』新人公演:フレッド・グレアム/ペトルーキオ(本役:大浦みずき) *新人公演主演
  • 1988年5月、『タイム・アダージオ』(バウ・東京特別)ニネット
  • 1988年9月、『第5回バウ・コンサート ソング&ポートレート』(バウ)
  • 1988年10月、『フォーエバー!タカラヅカ』新人公演:紳士(本役:大浦みずき)*新人公演主演
  • 1989年1月、『会議は踊る』グレゴリイ中尉、新人公演:アレクサンドル一世(本役:大浦みずき)/『ザ・ゲーム』 *新人公演主演
  • 1989年6月、六甲山ホテルにてディナーショー(真矢みき、香寿たつき と)
  • 1989年6月、『ロマノフの宝石』新人公演:オスカー(黒い風)(本役:大浦みずき)/『ジダン・デ・ジタン』 *新人公演主演
  • 1989年10月、『宝塚をどり賛歌』/『タカラヅカ・フォーエバー』(ニューヨーク)
  • 1990年2月、『ロマノフの宝石』セザール/『ジダン・デ・ジダン』(中日)
  • 1990年3月、『ベルサイユのばら - フェルゼン編 - 』アラン・ド・ソワソン
  • 1990年5月、『美しき野獣』ジョニー
  • 1990年7月、『ベルサイユのばら - フェルゼン編 - 』東京公演にて退団。*退団公演

関連項目[編集]

外部リンク[編集]