磯野千尋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

磯野 千尋(いその ちひろ、4月22日生)は、元宝塚歌劇団専科の男役。元花組組長

愛知県名古屋市大阪府立桜塚高等学校出身。愛称「ソルーナ」。

弟は振付家ケンジ中尾

略歴[編集]

1974年60期生として宝塚歌劇団に入団。星・花組合同公演『虞美人[1]』で初舞台。宝塚入団時の成績は40人中15位[1]1975年4月7日[1]、花組に配属。同期生に大浦みずき(元花組トップスター)、剣幸(元月組トップスター)、遥くらら(元雪組トップ娘役)などがいる。

1991年、花組副組長に就任。

1993年、専科に異動。

1997年12月30日付で、花組に異動し、花組組長に就任。

2000年10月1日付で、再び専科に異動。

2013年7月21日(雪組「ベルサイユのばら」東京宝塚劇場公演千秋楽)付[1]で宝塚歌劇団を退団。

2014年、『CHICAGO TAKARAZUKA 100th Anniversary OG version』が退団後舞台初出演となる。

人物・エピソード[編集]

愛称の「ソルーナ」は、砂漠に浮かぶ三日月に「SOLUNA」と書かれているCMにちなんで、本人の横顔が三日月っぽい形をしていることから友人に呼ばれるようになった[2]

芸名の由来は、母親が姓名判断で「苦労するけれど、それが人間的な魅力になって、大きく花開く」という意味の名前をつけた[3]

宝塚歌劇団時代の主な出演[編集]

第1次花組時代[編集]

  • 1976年8月、『うつしよ紅葉』/『ノバ・ボサ・ノバ』新人公演:ピエロ(本役:錦乃花代
  • 1978年2月、『風と共に去りぬ』新人公演:北軍の伍長(本役:央いおり
  • 1979年1月、『遥かなるドナウ』(新宿コマ劇場)新人公演:グスタフ大僧正(本役:麻月鞠緒)/ウェルナー(本役:清川はやみ)/『エコーズ』
  • 1979年3月、『花影記』/『紅はこべ』新人公演:プリンス・オブ・ウェールズ(本役:麻月鞠緒)/ヘンスティングス(本役:室町あかね
  • 1979年5月、『ヴェロニック』(西武劇場)エドモン
  • 1979年11月、『舞え舞え蝸牛』新人公演:弁少将藤原信綱(本役:但馬久美)/『ビューティフル・シティ』
  • 1980年5月、『花小袖』新人公演:笛丸(本役:汐見里佳)/『プレンティフル・ジョイ』
  • 1980年11月、『友よこの胸に熱き涙を』新人公演:オットー(本役:但馬久美)/『ザ・スピリット』[4]
  • 1981年8月、『YOU・ME』(バウ)
  • 1983年8月、『マイ・シャイニング・アワー』(バウ)Mr.ペイ
  • 1984年2月、『琥珀色の雨にぬれて』ピエール/『ジュテーム』
  • 1984年8月、『名探偵はひとりぼっち』ブルームーン/『ラ・ラ・フローラ』
  • 1985年6月、『ジャパン・ファンタジー』/『ドリームズ・オブ・タカラヅカ』(ハワイ)
  • 1985年9月、『テンダー・グリーン』ソーリー/『アンドロジェニー』
  • 1986年6月、『真紅なる海に祈りを』アグリッパ/『ヒーローズ』
  • 1987年4月、『真紅なる海に祈りを』アグリッパ/『ヒーローズ』(全国ツアー)
  • 1987年8月、『あの日薔薇一輪』ジョージ・サルート/『ザ・レビュースコープ』
  • 1988年3月、『キス・ミー・ケイト』ラルフ
  • 1988年9月、『宝塚をどり讃歌 88』/『フォーエバー!タカラヅカ』
  • 1989年1月、『会議は踊る』フォン・シュリバー護衛長官/『ザ・ゲーム』
  • 1989年2月、『硬派・坂本竜馬!』(バウ)近藤勇
  • 1989年6月、『ロマノフの宝石』シュライバー/『ジダン・デ・ジタン』
  • 1989年9月、『春ふたたび』/『ザ・レビュースコープ 89』(全国ツアー)佐衛門
  • 1990年2月、『ロマノフの宝石』シュライバー/『ジダン・デ・ジタン』(中日劇場)
  • 1990年3月、『ベルサイユのばら - フェルゼン編 - 』プロヴァンス伯爵
  • 1990年5月、『美しき野獣』(バウ・東京特別・名古屋特別)トレーナー/指揮者
  • 1990年9月、『秋…冬への前奏曲』アドロン/『ザ・ショーケース』
  • 1991年1月、『春の風を君に…』遜/『ザ・フラッシュ』
  • 1991年6月、『ヴェネチアの紋章』大使ピエトロ・ゼン/『ジャンクション24』
  • 1991年9月、『ベルサイユのばら 』(全国ツアー)プロヴァンス伯爵
  • 1992年1月、『ドニエプルの赤い罌栗』(バウ)シフ
  • 1992年2月、『白扇花集』/『スパルタカス』ルベリウス
  • 1992年4月、『小さな花がひらいた』大六/『ジャンクション24』(全国ツアー)
  • 1993年2月、『メランコリック・ジゴロ』ベルチェ/『ラ・ノーバ』
  • 1993年4月、『ル・グラン・モーヌ -失われし日々-』(バウ)ガナシュ
  • 1993年8月、『ベイ・シティ・ブルース』キング・ハーヴェイ/『イッツ・ア・ラブストーリー』
  • 1994年2月、『ベイ・シティ・ブルース』キング・ハーヴェイ/『イッツ・ア・ラブストーリー』(中日)

第1次専科時代[編集]

  • 1994年11月、『燃える愛の翼 -ミ・アモール-』(星組・バウ、東京特別、名古屋特別)ガルデス
  • 1995年3月、『国境のない地図』(星組)カウフマン
  • 1996年3月、『HURROCANE』(花組・バウ、東京特別、名古屋特別)ドナルド
  • 1996年12月、『RYOMA -硬派・坂本竜馬!II-』(花組・ドラマシティ、東京特別)近藤勇山内容堂
  • 1997年9月、『Elegy 哀歌』(星組・バウ)グルマン王

第2次花組時代[編集]

  • 1998年2月、『ザッツ・レビュー』(中日)松方権之進
  • 1998年3月、『ヴェロニック』(バウ、東京特別)ルストー
  • 1998年8月、『SPEAKEASY』ウォーカー牧師/『スナイパー -恋の狙撃者-』(東宝)
  • 1998年10月、『春ふたたび』左衛門/『サザンクロス・レビュー』(全国ツアー)
  • 1999年1月、『夜明けの序曲』ジョージ・モルガン
  • 1999年3月、『冬物語』(バウ)彦三郎
  • 1999年6月、『ロミオとジュリエット 99』(バウ)キャピュレット
  • 1999年8月、『タンゴ・アルゼンチーノ』ロベール/『ザ・レビュー 99』
  • 2000年2月、『タンゴ・アルゼンチーノ』ロベール/『ザ・レビュー IV』(中日)
  • 2000年4月、『源氏物語 あさきゆめみし』桐壺帝/『ザ・ビューティーズ!』
  • 2000年9月、『トム・ジョーンズの華麗なる冒険』(バウ、東京特別)オールワジィ

第2次専科時代[編集]

  • 2001年3月、『プロヴァンスの碧い空』(月組・東京特別)アレキサンドル・モォヴァル
  • 2001年4月、『マノン』(花組・バウ、東京特別)オリベイラ伯爵
  • 2001年10月、『血と砂』(月組・バウ、東京特別)ペスカデロ
  • 2002年4月、『カステル・ミラージュ』(宙組・全国ツアー)アントニオ
  • 2002年10月、『エリザベート』(花組)グリュンネ伯爵
  • 2003年3月、『恋天狗』(雪組・バウ)庄屋
  • 2003年6月、『アメリカン・パイ』(雪組・バウ、東京特別)マスター
  • 2003年10月、『白昼の稲妻』(宙組)シモン
  • 2004年4月、『愛しき人よ』(月組・バウ、東京特別)オリバー・ヒッツフェルト
  • 2004年9月、『花供養』(雪組・日生劇場)公覚尼
  • 2005年2月、『エリザベート』(月組)グリュンネ伯爵
  • 2005年9月、『龍星』(星組・ドラマシティ、東京特別)李宰相
  • 2006年2月、『想夫恋 -言の葉もなき、君の心-』(月組・バウ)藤原隆季
  • 2006年3月、『NEVER SAY GOODBY -ある愛の軌跡-』(宙組)コマロフ
  • 2006年12月、『ヘイズ・コード』(星組・ドラマシティ、東京特別)サミュエル・マカドゥ
  • 2007年5月、『エリザベート』(雪組)ツェップス
  • 2007年9月、『専科 エンカレッジコンサート』(バウ)
  • 2007年10月、『シルバー・ローズ・クロニクル』(雪組・ドラマシティ、東京特別)テリー・モートン
  • 2007年12月、『HOLLYWOOD LOVER』(月組・バウ、東京特別)ウォルター・ローガン
  • 2008年3月、『赤と黒』(星組・ドラマシティ、東京特別、名古屋特別)ピラール校長
  • 2008年9月、『グレート・ギャツビー』(月組・日生劇場)ジョージ・ウィルソン
  • 2008年11月、『夢の浮橋』夕霧/『Apasionado!!』(月組)
  • 2009年3月、『二人の貴公子』(月組・バウ)ペイリトオス
  • 2009年6月、『太王四神記』(星組)ヨン・ガリョ
  • 2009年11月、『カサブランカ』(宙組)フェラーリ
  • 2010年3月、『Je Chante(ジュ シャント) -終わりなき喝采-』(宙組・バウ)アンリ・ヴァルナ
  • 2010年10月、『愛と青春の旅だち』(星組)校長 
  • 2011年3月、『記者と皇帝』(宙組・東京特別、バウ)ジョシュア・ノートン
  • 2011年4月、『ニジンスキー〜奇跡の舞神〜』(雪組・バウ、東京特別)レオン・バクスト 
  • 2012年2月、『エドワード8世 -王冠を賭けた恋-』ジョージ5世/『Misty Station -霧の終着駅-』(月組)
  • 2012年8月、『銀河英雄伝説@TAKARAZUKA』(宙組)リヒテンラーデ/ムーア中将(2役)
  • 2013年1月、『銀河英雄伝説@TAKARAZUKA』(宙組・博多座)皇帝フリードリヒIV世/ムーア中将/グリーンヒル(3役)
  • 2013年4月、『ベルサイユのばら』(雪組)ルイ16世 *退団公演

宝塚歌劇団退団後の主な活動[編集]

舞台[編集]

コンサート[編集]

  • 2015年9月、『逸翁コンサート 磯野千尋 ~帰ってきたタカラジェンヌ~Vol.37』(阪急文化財団 マグノリアホール)
  • 2016年8月、『アストロリコ タンゴライブ 思い出829 大浦みずきへのオマージュ』(友情出演)
  • 2016年12月、『エリザベート TAKARAZUKA20周年 スペシャル・ガラ・コンサート』(梅田芸術劇場、Bunkamura オーチャードホール)グリュンネ伯爵 *予定

講演・シンポジウム[編集]

  • 2014年1月、対談「私の宝塚歌劇史」(『公募研究「19~20世紀アジアの舞台娯楽における西洋演劇の影響に関する研究―日本宝塚歌劇・中国越劇・台湾歌舞劇―」による研究報告会)       

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 監修:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』 阪急コミュニケーションズ 2014年4月1日 86頁。ISBN 9784484146010
  2. ^ 「夢つづりサイン帖」『歌劇』2013年6月号、阪急コミュニケーションズ、2013年、114頁。
  3. ^ 専科 磯野千尋 The name of タカラジェンヌ”. ENAK. 2013年6月8日閲覧。
  4. ^ 1981年7月の東京宝塚劇場公演は、ショーが『ファースト・ラブ』に変更。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]