メモアール・ド・パリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

グランド・ショー[1][2][3]メモアール・ド・パリ』は宝塚歌劇団によって制作された舞台作品。花組[1][2][3]公演。宝塚・東京は16場[1][2]。作・演出は小原弘稔[1][2][3]。併演作は『微風のマドリガル[1][2][3]』。

公演期間と公演場所[編集]

  • 1986年1月1日 - 2月11日 宝塚大劇場[1]
  • 1986年4月3日 - 4月29日 東京宝塚劇場[2]
  • 1986年9月6日 - 9月23日 地方公演[3](9月6日・一宮、7日・瀬戸、9日・町田、10日・焼津、11日・豊田、13日・宇都宮、14日・習志野、15日・甲府、16日・武蔵野、18日・藤沢、19日・調布、21日・二戸、23日・越谷)

スタッフ(1986年 宝塚・東京)[編集]

※氏名の後ろに「宝塚[1]」「東京[2]」の文字がなければ両劇場共通

主な配役(1986年 宝塚)[編集]

※出典は宝塚歌劇80年史[1][2]を参考にした。

東京の変更点[編集]

第1場A・B プロローグ

第3場 モンマルトル

第4場 モンマルトルのカフェ

  • ウエイトレス - 瀬川佳英

第7場 アベニュー

第9場 ミュージック・ホール

第11場 5月のパリが好き

  • 歌う淑女A - 青柳有紀

第16場A・B グランド・フィナーレ

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h 80年史 1994, p. 316.
  2. ^ a b c d e f g h 80年史 1994, p. 318.
  3. ^ a b c d e 80年史 1994, p. 321.

参考文献[編集]

  • 企画・構成・執筆:橋本雅夫、編集統括:北川方英『夢を描いて華やかに -宝塚歌劇80年史-』宝塚歌劇団、1994年9月9日。ISBN 4-924333-11-5