ぼくらの七日間戦争

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ぼくらの七日間戦争
著者 宗田理
発行日 1985年4月
発行元 角川書店
ジャンル 小説
日本の旗 日本
言語 日本語
ページ数 383
次作 ぼくらの天使ゲーム
コード ISBN 4041602017
ISBN 978-4041602010(文庫本)
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

ぼくらの七日間戦争』(ぼくらのなのかかんせんそう)は、1985年4月に発行された宗田理文庫書き下ろし小説ぼくらシリーズの第1作目。

映画化もされ、続編『ぼくらの七日間戦争2』も製作された。

この項目では、第二作『ぼくらの天使ゲーム』以降の作品、通称ぼくらシリーズの他、実写映画、アニメ映画など原作を元にした関連作品についても述べる。

あらすじ[編集]

ここでは、角川つばさ文庫に書き下ろされたオリジナル作品は省略する。

中学生編[編集]

ぼくらの七日間戦争
1学期の終業式の日、東京下町の中学校に通う、菊地英治ら1年2組の男子生徒達が突如行方不明となる。親たちは懸命に英治らを探すが全く見つからない。実は英治らは、荒川河川敷の廃工場に立てこもって、外にいる橋口純子ら女子生徒と、体罰によって大怪我を負った谷本聡と協力し、廃工場を日本大学全学共闘会議をまねた「解放区」とし、校則で抑圧する教師や勉強を押し付ける親に対し、反旗を翻していたのだ。だが、1年2組の男子生徒の柿沼直樹は、それに参加する前に誘拐されてしまう。英治たちは廃工場で出会った老人・瀬川卓蔵と共に彼を救出しに奮闘すると同時に、突入してきた教師に様々な仕掛けで対抗し、隣町の市長の談合を生中継するなど、悪い大人たちをこらしめる。
ぼくらの天使ゲーム
一年生二学期、解放区の影響で校長・教頭が変わるとともに1年生のクラス替えが行われる。クラスがばらばらになった英治たちは、煙草を水浸しにする、酒を水で薄めるなど、世の中のためになる「一日一善運動」を始めた。そんな中、女子の先輩が望まぬ妊娠をしたのち自殺する。その死に疑問を持った英治たちは、独自で捜査を開始。ヤクザの地上げを阻止するため、友達の家族が運営する寂れた幼稚園を「老稚園」にしたり、ヤクザが陣取るアパートを幽霊アパートにしたりしながら、七日間戦争で知り合った瀬川や、TVリポーターの矢場勇らに協力を仰ぎ、死の真相を突き止める。
ぼくらの大冒険
三学期、アメリカから転校生の木下吉郎がやってくる。UFOを呼ぶことができると言う吉郎に誘われ、英治たちが見物に行くと、宇野秀明、安永宏の二人が消えてしまう。やがて、吉郎が新興宗教団体「アルラ」に洗脳され、二人を拉致するために利用されていたことが発覚する。二人を救出するため、矢場や瀬川、前作で知り合った石坂さよに応援を頼み、アルラの総本山に乗り込む。
ぼくらと七人の盗賊たち
春休み、英治たちはハイキング先の丹沢の山中で「福祉法人七福神」と称し、マルチ商法で稼ぐ泥棒集団「七福神」のアジトを見つけてしまった。アジトに隠してあった盗品の山を貧しい老人たちにばらまいていくうち、七福神と英治たちは攻防戦を繰り広げていくようになる。やがて完全に降伏した七福神は、英治たちと結託し、政治家に宝石を売り付けたり、アルコール依存症の父を持つ友達を助けたりしていく。やがて心を入れ替え、子供向けコンサルタント会社を開くと宣言した七福神は、心のクリーニングのために旅に出る。
ぼくらのデスマッチ (角川つばさ文庫では『ぼくらのデスゲーム』)
二年生に進級した英治たち。新たに赴任した校長の大村と担任真田の教育方針は、「手本は二宮金次郎」だった。厳しい校則で生徒を取り締まる教師たちに反発する英治たちだったが、突如真田に脅迫状が届き、その後殺害される。さらに純子の弟光太が誘拐されてしまう英治たちは、様々な手がかりをもとに、光太らを救出、犯人を確保する。さらに、真田を殺害したのは大村だったことが判明し、英治たちは益々大人たちへの不信感を募らせる。
ぼくらの秘島探検隊 (角川つばさ文庫では『ぼくらの南の島戦争』)
二年生の夏休み、英治たちは沖縄へと渡った。銀鈴荘の金城まさから「故郷の美しい自然がリゾート開発業者の手に渡り、骨が埋められない」と聞いたのが始まりだった。現地では、建設会社の桜田組が、住民を無理矢理追い出していた。島に残った現地の中学生と協力し、桜田組を少しずつ追い詰める。そこに殺し屋まで加わるが、英治たちは廃校を改造し、まとめて撃退。完全に戦力を失った桜田組は、島から退散する。
ぼくらの危(ヤ)バイト作戦
二年生二学期。安永は、交通事故による怪我で療養中の父に代わり、労働基準法に違反していると知りながら、高校生と偽り、きついアルバイトで家計を支えていた。それを知った英治たちは、安永のために金儲けをしようと考える。占い師になって親を騙すなど、色々な危険なバイトをこなしていくが、やがて本物の殺人事件に遭遇してしまう。その事件は、政財界を巻き込む「黒い手帳」に繋がっていた。英治たちは、殺人犯を自らの手で捕まえ、黒い手帳を手に入れる。
ぼくらのC計画
二年生の三学期、来るべき21世紀に向け、英治たちは地球環境を美化するためのCクリーン計画委員会を結成した。その第一歩として、贈収賄政治家リストの載っている極秘の「黒い手帳」をめぐるコンペを開催することに。マスコミ各社に手紙を送り付け、英治たちと大人の知恵比べが始まるが、手帳を奪おうとする殺し屋たちとスクープを狙ったマスコミで謎解きは大混乱。殺し屋たちに人質をとられ、黒い手帳は奪われてしまうが、実はそれはフェイク。黒い手帳は、コンペで優勝した矢場の手に渡る。
ぼくらの修学旅行
三年生になった英治たちのもとに、聴覚障害を抱えた佐山信が転校してきた。しかし、急な転校だったため、修学旅行には参加できないという佐山のために、自分たちだけの修学旅行を企画する。受験勉強にかこつけたサマースクールを開催し、途中で抜け出して楽しもうというものだ。しかし、黒い手帳事件の復讐のためにやってきたヤクザが英治たちを拉致。まとめて殺害しようとするが、英治たちと格闘するうち、ヤクザたちは近いうちに切り捨てられる運命だと悟る。英治たちはヤクザと結託し、ヤクザの親集団と戦うことになる。結果、味方のヤクザが二人死んだものの、英治たちは無傷で無事に帰還する。
ぼくらの㊙学園祭
三年の二学期、学園祭の演し物は「赤ずきん」に決まるが、英治たちは乗り気ではない。面白いものにしようと知恵を絞るなか、登校拒否で相談に乗っていた河辺由美子が精神病院に送られる。河辺を取り返そうと必死になる英治たちのもとに、矢場が預かることになったイタリア人少年・ヴィットリオがやってくる。彼にからむ絵画贋作事件に巻き込まれ、マフィアとの真っ向勝負に挑む英治たちは、その内容を劇として上演する。しかし、実際はマフィアなどでっちあげで、全てはヴィットリオを連れてきた日本人、大沢の謀略であったことが明らかになる。
ぼくらの最終戦争(角川つばさ文庫では『僕らの卒業いたずら大作戦上・下』)
3年の3学期、いよいよ英治たちも卒業間近となった。何かをするに違いないと思う教師たちが警戒態勢を敷く中、卒業式をどう盛り上げるかの策略を練る英治達。そんな折、出所したルミの父親・為朝が刑務所で仕入れた謎めいた殺人話をしたのち失踪してしまう。真相解明に奔走しつつ、迫る卒業式に向けての準備も万端。果たして英治達はどうなるのか…。

高校生編[編集]

ぼくらのミステリー列車

ぼくらの「第九」殺人事件

ぼくらの「最強」イレブン

ぼくらの大脱走

ぼくらの恐怖ゾーン

ぼくらのメリークリスマス
1年の冬、泥棒をやめ、刑務所から出所した為朝のもとに別れた元妻のとよ子からある金庫を開けなければルミを奪うと電話があった。その頃、かつて英治たちと対決した七福神が泥棒をすっかりやめて銀鈴荘へと訪ねてきた。英治たちは七福神と共にとよ子の後ろにいる組織を探る。しかし、そのために為朝がとよ子と会う真っただ中にルミがさらわれてしまった。英治たちと七福神と2年A組探偵局の前川たちはルミを助けようとするがそこには徘徊老人を安楽死させるという宗教団体が…。

主な登場人物[編集]

菊池英治
ぼくらシリーズの主人公。奇抜な発想で、いたずらを考える。サッカー部(一時期は剣道部)所属。中学卒業後にひとみに告白する。
相原徹
「解放区」をやろうと提案し、その後もリーダーとして仲間をまとめる。サッカー部(菊地と同じく、一時期は剣道部)所属。
天野司
大のプロレス好き。古舘伊知郎を尊敬し、将来はアナウンサー志望で、実況の天才。角川つばさ文庫版では、名前が「司郎」となっている。
柿沼直樹
産婦人科医院の息子で、あだ名は「カッキー」。キザな性格。佐織と交際している。
安永宏
友情に熱い、ケンカの達人。久美子と交際している。中学卒業後は就職。
宇野秀明
臆病な性格で、当初は「シマリスちゃん」と呼ばれていたが、「七日間戦争」を経て勇敢になり、「コブラ」というあだ名になった。電車や路線に詳しい。
日比野朗
食いしん坊で料理も得意な肥満児。将来の夢はコックで、高校入学後は、後輩の足田貢の家であるレストラン『フィレンツェ』でアルバイトをする。
立石剛
花火師の息子。いたずらに使う火薬の調達、設営を行う。
中尾和人
学習塾には通っていないが、成績が抜群に良い。サッカー部に所属しているが、運動神経は決してよくない。頭の良さを活かし、暗号の解読やいたずらの考案に力を貸す。
谷本聡
エレクトロニクスの天才。あだ名は「エレキング」。「七日間戦争」前に、体育教師の酒井敦から体罰を受け、骨折。外部でFM放送を担当した。その後も、機械が関わってくる問題で力を発揮する。
佐竹哲郎
剣道部。弟の俊郎、愛犬のアメリカン・ピット・ブル・テリアのタローと共に、ぼくらを助ける。
橋口純子
中華料理屋「来々軒」の娘。兄弟が多く、面倒見が良い。英治のことが好き。
堀場久美子
スケ番。得意技は蹴り。父親は建設会社の社長でPTA会長だったが、後に逮捕される。
中山ひとみ
水泳で学校一の実力を持つ美少女。英治とは両想い。
三矢麻衣
父親がアルコール依存症だったのを仲間に助けてもらう。後に交通事故で死亡。リメイク版では生存している。
朝倉佐織
実家は「銀の鈴幼稚園」。経営難から「銀の鈴老稚園」に改める。柿沼と交際している。
滝川ルミ
父親・為朝は元プロの泥棒。
瀬川卓蔵
ぼくらの最大の味方となる、浮浪者の老人。『ぼくらのコブラ記念日』で死去。リメイク版では生存している。
石坂さよ
銀の鈴幼稚園の隣にある永楽荘アパートの住人。『ぼくらの修学旅行』で死去。
矢場勇
テレビリポーター。通称「ヤバイ・サム」で、芸能人は矢場によるスキャンダルを恐れている。七日間戦争では単なるリポーターとして登場し、英治たちに好き勝手言われたものの、後にぼくらの捜査に協力するようになる。

映画[編集]

ぼくらの七日間戦争[編集]

ぼくらの七日間戦争
監督 菅原比呂志
脚本 前田順之介
菅原比呂志
原作 宗田理
製作 角川春樹
出演者 菊池健一郎
宮沢りえ
工藤正貴
金田龍之介
大地康雄
佐野史郎
賀来千香子
室田日出男
出門英
浅茅陽子
音楽 小室哲哉
主題歌 TM NETWORK
SEVEN DAYS WAR
撮影 河崎敏
編集 板垣恵一
製作会社 角川春樹事務所
配給 東宝
公開 日本の旗 1988年8月13日
上映時間 94分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 3億3000万円[1]
次作 ぼくらの七日間戦争2
テンプレートを表示

角川映画作品。1988年8月13日から東宝系劇場にて公開された。宮沢りえの女優デビュー作[2][3]。同時上映は『花のあすか組!』。

概要[編集]

管理教育に抑圧された中学生が、学校教師や大人に「戦争」を挑む[4]。原作にはない戦車なども登場する一方、原作のポイントとなっている「全共闘関連の説明」「柿沼直樹の誘拐事件」「外部との通信・外出による各種工作」「学校教師に対する社会的攻撃」等が削除され、立てこもる生徒が「クラスの男子ほぼ全員」から「クラスの一部生徒」に変更される等廃工場での攻防に重点が置かれている。

2011年に角川映画35周年記念としてデジタル・リマスター版が発売され、2012年には「角川ブルーレイ・コレクション」の一作品としてブルーレイディスク化された。

撮影[編集]

主たる撮影は東京大泉東映東京撮影所[5]。宮沢は「東映撮影所はりえのもう一つの学校の思い出がつまってるところです。『ぼくらの七日間戦争』は東映東京撮影所で撮ったからです」と話している[5]。宮沢は当時の自宅がこの近所で[5][6]、中学校を卒業するまで大泉に住んでいた[5]。ひざ付近に5ヵ所も青たんを作る大変な撮影だったが「さいこう楽しかったもん。スタジオの重い重い扉の裏に『ぼくらの七日間戦争』は永遠です」と話し[5]、『月刊明星』1989年5月号の取材で撮影所を訪れ、当時正門の左手の塀に掛かっていた「東映株式会社 東京撮影所 株式会社 東映美術センター」の木製の看板に鉛筆で「『ぼくらの七日間戦争』は不滅だ。チョココルネパン命!」といたずら書きをしたことを証し[5]、「ごめんなさい..だけど消さないで下さいね。青春の記念なの。楽しかった思い出のしるしなの!一生のおねがい!」と切望していたが[5]、2019年現在そこに看板はない。

廃工場のシーンは千葉県館山市平久里川河口近くにある、市民運動場の道路を挟んだ向かいにあったボウリング場跡地で撮影された。建物はその後取り壊されたため、現存していない。2015年時点では医療関連の施設が建っている。

学校や廃工場のシーンでは、多くのエキストラが募集されて撮影に参加した。警官役のエキストラには撮影スタッフも参加している。

当作には防衛庁(当時)は撮影協力はしておらず、登場した戦車は1979年の映画『戦国自衛隊』で製作された61式戦車を模したレプリカである。この車両は映画マニアの間では「角川61式」「戦国61式」の名で呼ばれており、『戦国自衛隊』や本作以外でも、数々の作品に出演した経歴を持つ。

なお、生徒達が立て籠った廃工場の地下に自衛隊の戦車があった理由は作中でも明確になっていない。廃墟が関東財務局の管理する国有地であることだけが劇中から読み取れる。

備考[編集]

劇中に出てくる「アリアハンの城」というのは、同年に発売されたファミコンのゲーム『ドラゴンクエストIII そして伝説へ…』の中に出てくる城の名前である。

キャスト[編集]

青葉中学校1年A組[編集]

男子生徒

菊地英治
演 - 菊池健一郎
生徒たちのリーダー的存在。立てこもりをすることを提案した人。サッカー部のレギュラーでキャプテン候補。ひとみと相思相愛。
相原徹
演 - 工藤正貴
菊地の相棒。陽気な性格だがおっちょこちょいな所がある。純子と相思相愛。菊池と同じくサッカー部所属で補欠。
安永宏
演 - 鍋島利匡
ケンカの達人で、空手などをやっている肉体派。熱い性格だがカナリアを飼っている。ひとみに片思いしており、恋敵の菊地と時々衝突することがある。
柿沼直樹
演 - 田中基
あだ名は「カッキー」。産婦人科医の息子。オシャレ好きで大量の服を持ち込む。服が汚れることは苦手。
日比野朗
演 - 金浜政武
スーパーの息子。食いしん坊で食べることが好きだが料理するのも好き。
中尾和人
演 - 大沢健
優等生。成績優秀だが学校の勉強に不満を持っている。作中の「アリアハンの城」を設計する。運動は苦手。
天野健二
演 - 石川英明
花火屋の息子で、家から持ってきた花火の火薬を調合できる。宇野と同じく機械いじりが好きで行動を一緒にすることが多い。
宇野秀明
演 - 中野慎
機械いじりが得意。オートバイが運転できる。

女子生徒

中山ひとみ
演 - 宮沢りえ
学級委員。人望があり統率力もある。快活な性格。唯一親が登場しない。
橋口純子
演 - 五十嵐美穂
ひとみの親友。相原に好意を寄せている。女の子らしい服装を好んで着ている。
堀場久美子
演 - 安孫子里香
ひとみの親友。中華料理屋の娘。趣味は絵を描くこと。
青葉中学校教職員[編集]
榎本勝也
演 - 金田龍之介
青葉中学校校長。世間体を気にする性格で、自分の名誉や学校の評判を優先する。
丹羽満
演 - 笹野高史
青葉中学校教頭。神経質な性格。校長に命じられて菊池たちを学校に連れ戻そうとする。
酒井敦
演 - 倉田保昭
学年主任・体育教師。短気な性格で口よりも手が先に出るタイプ。日常的に生徒に体罰を加えている。
野沢拓
演 - 大地康雄
生活指導。生徒が少しでも風紀を乱すと厳しく正す。普段から無愛想で、すぐに怒鳴ったり手が出てしまう。
八代謙一
演 - 佐野史郎
1年A組の担任。社会科教師。暴力は振るわないが、規律に厳しく、勝手に所持品検査をしている。不要品を取り上げた生徒には反省文を強要する。
小柳
演 - 小柳みゆき
1年A組の副担任。八代と共に女子生徒のスカートの長さや髪型を細かくチェックする。
西脇由布子
演 - 賀来千香子
英語教師。爽やかな性格。生徒たちに同情的だが、そのせいで他の教師に小言を言われている。
生徒達の親族[編集]
菊地英介
演 - 出門英
仕事で忙しくあまり家庭を顧みない。詩乃から英治たちの騒動を聞いてもただの遊びと勘違いする。
菊地詩乃
演 - 浅茅陽子
専業主婦。夫に不満を持っている。英治たちが騒動を起こしたため他の母親たちと学校に赴く。
菊地まりこ
演 - 穴原英梨
英治の妹。年は小学校低学年ぐらい。英治とは仲が良く一緒にテレビゲームなどをして遊んでいる。
相原の母
演 - 恵千比絽
専業主婦。
安永の母
演 - 田岡美也子
ファッション業界の仕事をしている。息子との折り合いは良くない。
柿沼の母
演 - 宗田千恵子
産婦人科を営んでいる。常に着物を着ている。
日比野の母
演 - 船場牡丹
スーパーを営んでいる。息子に大量の食料品を持ち出される。
中尾の母
演 - 沢井孝子
高校進学のために息子を塾に通わせており、安否よりも内申書に影響があるかを気にする。
天野の両親
演 - 竜のり子、石川清
花火屋を営んでいる。息子に大量の花火を持ち出される。
宇野の母
演 - 西海真理
息子は家出をするような子ではないと考えている。
純子の母
演 - 正国秀子
他の母親たちと廃工場に赴く。
久美子の両親
演 - 三田恵子、粟津號
中華料理屋を営んでいる。
その他[編集]
瀬川卓蔵
演 - 室田日出男
ホームレス。廃工場近くで寝ていたところ菊地たちと出会う。
警察官
演 - 武藤章生
英介の同僚
演 - 飯島大介
機動隊隊長
演 - 漣龍造
アナウンサー
演 - 上柳昌彦
リポーター
演 - 福永典明
ラジオDJ
演 - 三宅裕司
生徒たち
演 - 荒井久遠、谷田真吾、太田浩人、和泉匡俊、辺見昌臣、白野貴幸、永田美妙、小島法子、高橋幸香、内田順子

スタッフ[編集]

関連商品[編集]

  • ぼくらの七日間戦争 VHS(1989年)東宝
  • ぼくらの七日間戦争 DVD(2001年)角川エンタテインメント
  • ぼくらの七日間戦争 デジタル・リマスター版 DVD(2011年)角川映画
  • ぼくらの七日間戦争 ブルーレイ(2012年)角川映画
  • ぼくらの七日間戦争 角川映画 THE BEST(2016年)KADOKAWA

ぼくらの七日間戦争2[編集]

ぼくらの七日間戦争2
監督 山崎博子
脚本 山崎博子
稲葉一広
原作 宗田理
製作 角川春樹
奥山和由
出演者 明賀則和
渋谷琴乃
具志堅ティナ
音楽 B.B.クィーンズ
主題歌 B.B.クィーンズ
ぼくらの七日間戦争〜Seven Days Dream〜
撮影 鈴木耕一
編集 井上治
製作会社 角川春樹事務所
配給 松竹
公開 日本の旗 1991年7月6日
上映時間 80分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 8億6000万円[9]
前作 ぼくらの七日間戦争
テンプレートを表示

1991年7月、松竹系劇場にて公開。同時上映は『幕末純情伝』。

概要[編集]

ぼくらシリーズの第10作『ぼくらの秘島探検隊』を原作に、沖縄を舞台に描かれた。

キャスト[編集]

青葉中学校2年A組
  • 菊地英治 - 明賀則和
  • 中山ひとみ - 渋谷琴乃
  • 堀場久美子 - 柳志乃
  • 中尾和人 - 天間信紘
  • 天野健二 - 武内伸一郎
  • 安永宏 - 渡辺武徳
  • 日比野朗 - 大田原清文
青葉中学校教職員
  • 八代謙一 - 佐野史郎
  • 丹羽満 - 笹野高史
  • 野沢拓 - 鶴田忍
その他

スタッフ[編集]

関連商品[編集]

  • 『ぼくらの七日間戦争2 VHS』(1992年)角川書店/東映
  • 『ぼくらの七日間戦争2 DVD』(2001年)角川エンタテインメント

アニメ映画(ぼくらの7日間戦争)[編集]

ぼくらの7日間戦争
Seven Days War
監督 村野佑太
脚本 大河内一楼
原作 宗田理『ぼくらの七日間戦争』
出演者 北村匠海
芳根京子
宮沢りえ(特別出演)
潘めぐみ
鈴木達央
大塚剛央
道井悠
小市眞琴
櫻井孝宏
音楽 市川淳
主題歌 Sano ibuki
「決戦前夜」
「おまじない」
「スピリット」
撮影 木村俊也
制作会社 亜細亜堂
製作会社 ぼくらの7日間戦争製作委員会
配給 ギャガ
KADOKAWA
公開 日本の旗 2019年12月13日
上映時間 88分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

ぼくらの7日間戦争』(ぼくらのなのかかんせんそう)のタイトルで、2019年12月13日公開[11][12][13]。監督は村野佑太[11]、脚本は大河内一楼

キャッチコピーは「ここが、スタートラインだった―[14]自分らしく生きると決めた。」。

原作から約30年後である2020年を舞台としており、新たなストーリーの象徴として漢数字の「七」からアラビア数字の「7」に変更になっている[11]

実写映画化された1988年から30年を経て、現代の若者たちが戦う“7日間戦争”をアニメで表現したい旨を原作の宗田理に打診したところ、宗田はシリーズのテーマでもある“大人への挑戦”と“ユーモラスな戦い”を描くことを条件に再映画化を快諾したという[11]。再映画化を快諾したことについて、宗田は「アニメ映画には小説にはない感情が秘められている。私の描いた物語がアニメの中でどう表現されていくのかとても楽しみにしている」とコメントしている[11]

作品制作時点での「現代の中高生」にとっての「前時代的なところ」として炭鉱を舞台とすることが着想され、その事情から地理的設定は北海道となり、赤平市三笠市奔別)、夕張市などの旧炭鉱が参考にされている[15]

あらすじ[編集]

2020年、北海道の旧炭鉱町に住む鈴原守は、本好きだが周囲の生徒とは没交渉な高校2年生だった。夏休みを控えたある日、幼馴染みで同級生の千代野綾が、彼女の自宅前で自動車に乗せられそうになっているのを目撃し、思わず彼女の手を引いて逃げ出した。地元の地方議員を務める綾の父は、先輩である東京の地方議員が国政に移る後釜に立候補するため東京に移住することにしていたが、綾は同行を拒んでいたのだ。「一週間後の誕生日をせめてこの町で迎えたかった」という綾の言葉に、守は「逃げる」ことを持ちかける。綾は「キャンプ」として家出することを発案、綾がクラスメイトを誘ったことをきっかけに、同級生6人で町内の廃坑で生活することになる。この旧炭鉱は以前は観光施設として公開されていたため、電気が使用可能だった。キャンプ気分を味わっていた6人は、別の人間がそこにいることに気づく。その相手はタイ人の児童・マレットだった。マレットは、不法滞在者として追跡する出入国在留管理局職員から逃げて隠れている一方、親を探していることが判明する。マレットをどう扱うかで守たちは議論になるが、「一緒にとどまり、戦う」ことになった。

マレットを探す入管職員が廃坑にやってくる。守たちは炭鉱の施設(エレベーターやトロッコ)を動かすことでその捜索を妨害し、撃退することに成功する。守たちはSNSに自分たちがしていることをアップし、話題になり始める。守は密かに心を寄せていた綾に告白を試みるが、ほかに好きな人がいると返答された。

一方、娘を探す綾の父は、秘書の本多が拾ったSNSの情報から廃坑に綾が潜んでいることを知らされる。綾の父は経営する企業の下請建設会社を使って、裏側から廃坑への潜入を命じる。この建設会社は、綾の親友で一緒に籠城している山咲香織の父が経営していた。守たちは潜入を撃退したが、香織を含めてそこにいるメンバーの正体が知られることになる。本多は6人の過去のSNSなどの書き込みを集めてアップし、彼らを貶めるとともにメンバー間の不和を起こすことを画策した。果たして、それが表に上がるとそれまで6人を英雄視していたネットでは「実はこんなやつ」といった情報が流れ、6人の間にも対立が起きる。とりわけ、香織が父の命で下請となるために、娘である綾に接近したという情報は二人を動揺させた。一方、守たちにアドバイスを送る不思議なアカウントがあった。

籠城が社会的ニュースともなる中、再び信頼を取り戻した6人はマレットを守るため最後の作戦に打って出る。

キャスト[編集]

鈴原守
声 - 北村匠海[12]
歴史(特に戦術史)に詳しい。
千代野綾
声 - 芳根京子[12]
守の幼馴染。地方議員も務める企業経営者の娘。
山咲香織
声 - 潘めぐみ[12]
綾の親友。髪型はショートカットで陸上部に所属。
緒形壮馬
声 - 鈴木達央[12]
守のクラスメイト。クラスでは人気者のポジション。
阿久津紗希
声 - 道井悠[12]
守のクラスメイト。
本庄博人
声 - 大塚剛央[12]
紗希の幼馴染。成績優秀だが、当初は「キャンプ」に冷淡な態度を示す。
マレット
声 - 小市眞琴[12]
タイ人。
本多政彦
声 - 櫻井孝宏[12]
綾の父の秘書。SNSでの情報収集が得意。
中山ひとみ
声 - 宮沢りえ(特別出演)[2]
守たちと関わる。

スタッフ[編集]

漫画[編集]

  • 牛島慶子版 - 単行本描き下ろしと『月刊Asuka』増刊号にて掲載。ストーリーは映画に近い。
    • ぼくらの七日間戦争(単行本描き下ろし)
    • ぼくらの七日間戦争2(1991年増刊 あすかDX 夏映画特別号掲載)
  • 大塚ヨウコ版 - 『月刊コミックブンブン』にて連載。
    • ぼくらの七日間戦争(2008年11月号 - 2009年5月号)
    • ぼくらの天使ゲーム(2009年6月号 - 10月号)※単行本未収録
  • 笹木あおこ版 - 『月刊コミックジーン』にて連載。小説を漫画にしたものと、劇場版アニメから漫画にしたものとがある。
    • ぼくらの七日間戦争(2019年5月号 - 8月号)
    • 劇場版アニメ ぼくらの7日間戦争(2019年9月号 - 2020年1月号)

ゲーム[編集]

2015年4月15日 ディースリー・パブリッシャーよりニンテンドー3DS用のダウンロード専用ソフト『ぼくらの七日間戦争 〜友情アドベンチャー〜』と題して配信中[16]。後述する「角川つばさ文庫」版をベースとしたアドベンチャーゲーム(いわゆる「ノベルゲーム」とも呼ばれるスタイル)化がされている。

シナリオは原作者である宗田と、つばさ文庫編集部が監修、キャラクターのグラフィックは、つばさ文庫で「ぼくらシリーズ」全般のイラストを担当した、はしもとしんの絵をベースにしている。

ぼくらシリーズ[編集]

この作品で成功を収めた宗田理は以後25年間にわたって続編を次々と発表した。これらの作品は「ぼくらシリーズ」と称されており、総計で2000万部(2019年6月時点)を売るヒットシリーズとなった。なお「新・ぼくらシリーズ」以降は、タイトルの冠に「ぼくら」がつくものの、1-2作品毎に登場人物や舞台が一新されている作品が多い。

2007年3月には、ポプラ社より『ぼくらの七日間戦争』から『ぼくらの最終戦争』までの11作を再録し、ヤングアダルトとして書き下ろしのイラストにしたB6版ソフトカバーの新装版が出版され、重版が続けられている。2008年に久々の書き下ろしとなる「横浜開港編」シリーズが開始され、2010年12月刊行の3作目で完結をみた。また、2010年7月に高校生編の「―『最強』イレブン」までの選り抜き3作が刊行されており、2011年4月にはこれら17巻のセット販売が予定されている。[ISBN 978-4-591-91250-8]

角川つばさ文庫での2009年からの再刊にあたっては一部サブタイトルが改題されている他、書き下ろし作品もシリーズとして出版されている。

また、角川文庫では何度か表紙がリニューアルされており、一度目は映画化前に変更、二度目は映画化による変更、三度目は2014年に行われた。 なお角川文庫の2014年版では冒頭の「相原の両親の日大全共闘時代回想」に関する部分が削除されている。

高校生編以降の作品において同作者作品である『2年A組探偵局』(仮面学園)シリーズとのクロスオーバーが成されており、同シリーズと設定を共有している。また番外編として本シリーズ主人公の後輩たちを主人公とした『ぼくんちの戦争ごっこ』がある。

ぼくらシリーズ[編集]

初出:角川文庫

中学生編
  • 1985/04 ぼくらの七日間戦争
  • 1987/04 ぼくらの天使ゲーム
  • 1989/04 ぼくらの大冒険
  • 1989/09 ぼくらのデスマッチ-殺人狂がやってきた-
  • 1989/12 ぼくらの危バイト作戦
  • 1990/05 ぼくらのC(クリーン)計画
  • 1990/07 ぼくらの修学旅行
  • 1990/11 ぼくらの㊙学園祭
  • 1991/03 ぼくらと七人の盗賊たち
  • 1991/05 ぼくらの秘島探検隊
  • 1991/12 ぼくらの最終戦争
高校生編
  • 1992/05 ぼくらの大脱走
  • 1992/08 ぼくらの恐怖ゾーン
  • 1992/12 ぼくらのメリークリスマス
  • 1993/06 ぼくらのミステリー列車
  • 1993/12 ぼくらの『第九』殺人事件
  • 1994/05 ぼくらの秘密結社
  • 1994/12 ぼくらの『最強』イレブン
  • 1995/06 ぼくらの校長送り
  • 1996/01 ぼくらのコブラ記念日
  • 1996/07 ぼくらの魔女戦記Ⅰ 黒ミサ城へ
  • 1996/09 ぼくらの魔女戦記Ⅱ 黒衣の女王
  • 1996/11 ぼくらの魔女戦記Ⅲ 黒ミサ城脱出
  • 1997/07 ぼくらのロストワールド
  • 1997/12 ぼくらの卒業旅行
青年編
  • 1998/06 ぼくらののら犬砦
  • 1998/12 ぼくらのグリム・ファイル探険(上)
  • 1998/12 ぼくらのグリム・ファイル探険(下)
  • 1999/06 ぼくらのラストサマー


教師編

(初出:徳間文庫

  • 2002/07 ぼくらの悪魔教師
  • 2003/01 ぼくらの特命教師
  • 2003/08 ぼくらの失格教師
  • 2003/12 ぼくらの魔女教師
第二次七日間戦争シリーズ

(初出:徳間文庫)

  • 2004/08 ぼくらの第二次七日間戦争
  • 2005/03 ぼくらの第二次七日間戦争 再生教師
  • 2005/08 ぼくらの第二次七日間戦争 グランド・フィナーレ!

新・ぼくらシリーズ

初出:角川文庫

  • 2000/03 新・ぼくらの円卓の戦士
  • 2000/12 新・ぼくらの大魔術師
  • 2001/07 新・ぼくらのサムライ魂
  • 2002/08 新・ぼくらのいいじゃんか!

横浜開港編

ポプラ社(旧作新装版と並行して刊行)

角川つばさ文庫版

中学生編
  • 2009/03 ぼくらの七日間戦争
  • 2009/09 ぼくらの天使ゲーム
  • 2010/02 ぼくらの大冒険
  • 2010/10 ぼくらと七人の盗賊たち
  • 2011/03 ぼくらの学校戦争(書き下ろし)
  • 2011/07 ぼくらのデスゲーム(改題前:ぼくらのデスマッチ-殺人狂がやってきた-)
  • 2011/09 ぼくらの南の島戦争(改題前:ぼくらの秘島探検隊)
  • 2011/12 ぼくらの(ヤ)バイト作戦(改題前:ぼくらの(危)バイト作戦)
  • 2012/03 ぼくらのC(クリーン)計画
  • 2012/06 ぼくらの怪盗戦争(書き下ろし)
  • 2012/12 ぼくらの黒(ブラック)会社戦争(書き下ろし)
  • 2013/03 ぼくらの修学旅行
  • 2013/07 ぼくらのテーマパーク決戦(書き下ろし)
  • 2014/03 ぼくらの体育祭(書き下ろし)
  • 2014/07 ぼくらの太平洋戦争(書き下ろし)
  • 2014/12 ぼくらの一日校長(書き下ろし)
  • 2015/07 ぼくらのいたずらバトル(書き下ろし)
  • 2015/12 ぼくらの㊙学園祭
  • 2016/08 ぼくらの無人島戦争(書き下ろし)
  • 2017/04 ぼくらのハイジャック戦争[17](書き下ろし)
  • 2017/12 ぼくらの消えた学校(書き下ろし)
  • 2018/03 ぼくらの卒業いたずら大作戦 (上)(改題前:ぼくらの最終戦争)
  • 2018/04 ぼくらの卒業いたずら大作戦 (下)(改題前:同上)
高校生編
  • 2018/07 ぼくらの大脱走
  • 2018/12 ぼくらのミステリー列車
  • 2019/03 ぼくらの宝探し(書き下ろし)
  • 2019/07 ぼくらの地下迷路(改題前:ぼくらの恐怖ゾーン)
  • 2019/12 ぼくらのメリー・クリスマス (改題前:ぼくらのメリークリスマス)
  • 2020/03 ぼくらのいじめ救出作戦(書き下ろし)
コラボ作品
  • 2019/01 ぼくら×怪盗レッド VRパークで危機一髪!?の巻(共著、書き下ろし)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 中川右介『角川映画 1976-1986 日本を変えた10年』KADOKAWA、2014年、284頁。ISBN 978-4-04-731905-9
  2. ^ a b “宮沢りえ、デビュー作『ぼくらの七日間戦争』のアニメ映画版に当時の役で出演「心を揺さぶる事が出来ますように」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年9月30日). https://www.oricon.co.jp/news/2145483/full/ 2019年9月30日閲覧。 
  3. ^ “大ヒット、お届けします!”キキがほうきに乗って大空から舞い降りた!映画『魔女の宅急便』ヒット祈願イベント レポート!
  4. ^ 本作製作当時の1980年代の日本国内も管理教育式の学校教育がまだまだ根強く、その弊害として校内暴力やいじめ問題が噴出していた時代であった。
  5. ^ a b c d e f g 「あおげば尊し、私の大泉学園 宮沢りえ 『さよなら約束のキャベツ畑』」『月刊明星』1989年5月号、集英社、 37–39頁。
  6. ^ 「がんばれ3年A組43番 風の子 宮沢りえ」『月刊明星』1989年3月号、集英社、 78–79頁。
  7. ^ “ヨルタモリ”で人気再燃中!宮沢りえの魅力とは?「“ぼくらの七日間戦争”監督から見た14歳の宮沢りえ」”. アサ芸プラス (2015年6月20日). 2015年7月13日閲覧。
  8. ^ SEVEN DAYS WAR”. レコチョク. 2016年1月10日閲覧。
  9. ^ 中川右介『角川映画 1976-1986 日本を変えた10年』KADOKAWA、2014年、285頁。ISBN 978-4-04-731905-9
  10. ^ ぼくらの七日間戦争〜Seven Days Dream〜”. ORICON STYLE. 2016年1月10日閲覧。
  11. ^ a b c d e “宗田理の原作小説の舞台を2020年に移しアニメーション映画化 『ぼくらの7日間戦争』12月公開へ”. Real Sound (株式会社blueprint). (2019年6月11日). https://realsound.jp/movie/2019/06/post-373439.html 2019年6月12日閲覧。 
  12. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x “劇場アニメ「ぼくらの七日間戦争」W主演の北村匠海と芳根京子らキャスト発表”. コミックナタリー (ナターシャ). (2019年9月25日). https://natalie.mu/comic/news/348819 2019年9月25日閲覧。 
  13. ^ “北村匠海と芳根京子、30年後の「7日間戦争」に意欲!宮沢りえは“奇跡”を懐かしむ”. 映画ナタリー. (2019年12月13日). https://natalie.mu/eiga/news/359428 2019年12月14日閲覧。 
  14. ^ “アニメ映画『ぼくらの7日間戦争』は原作と変更 新ストーリー展開で主人公は高校生…”. ORICON NEWS. (2019年6月11日). https://www.oricon.co.jp/news/2137320/full/ 2019年12月29日閲覧。 
  15. ^ “映画『ぼくらの7日間戦争』の舞台を北海道にしたのはなぜ? 村野佑太監督&大河内一楼さんが語る”. 電撃ONLINE. (2019年12月20日). https://dengekionline.com/articles/16258/ 2020年1月5日閲覧。 
  16. ^ 3DS『ぼくらの七日間戦争』配信開始!名作小説がノベルゲームに”. iNSIDE (2015年4月16日). 2015年7月13日閲覧。
  17. ^ 前巻までの挿絵ははしもとしんが担当していたが、今巻からはキャラクターデザインは同者だが挿絵はYUMEに変更になった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

ぼくらシリーズ公式サイト