宗田理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
宗田 理
誕生 (1928-05-08) 1928年5月8日(89歳)
日本の旗 日本東京都世田谷区
職業 小説家
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 日本大学藝術学部映画学科
ジャンル 小説
代表作 ぼくらの七日間戦争
公式サイト ボクラ・コム
テンプレートを表示

宗田 理(そうだ おさむ、1928年5月8日 - )は、日本作家小説家

東京都世田谷区生まれ、愛知県西尾市一色町出身。愛知県名古屋市東区在住。日本大学藝術学部映画学科卒。子供老人などの視点から社会矛盾を鋭く指摘するといった作品を多く発表し、若い世代を中心に人気を博している。

また、ライトノベルと呼ばれる小説群を手掛ける作家とは世代的に異なるものの、過去にはライトノベルのレーベルから作品を発表しており、広義の意味でライトノベル作家の範疇に含める場合がある。

経歴[編集]

東京都世田谷区代田橋生まれ。父親は医院を経営する医者だったが、理が小学生の頃に亡くなり、それを機に母親の実家のあった愛知県一色町へと移る[1]

戦後間もなく友人と出したガリ版による同人誌にて『涅槃』という最初の作品を書く。当時のペンネームは漠蕪愚(ばくぶぐ)。アメリカ映画に衝撃を受け、やがて映像の時代が来るとの思いから日本大学藝術学部映画学科に入学し、実習の創作としてシナリオを書く。その時に書いた『雲の果て』(1991年に刊行された『雲の涯』の基となる)という作品が、講師として来ていた松竹映画専属のシナリオライター八木沢武孝の目に留まり『江古田文学』に掲載するよう推薦されたが、その頃の文芸学科の学生たちには「シナリオは文学ではない」という風潮が強く掲載を拒否された。しかし『江古田文学』には映画学科からも製作実習費が出ていたことから映画学科の学生たちが抗議し、映画学科からは宗田の作品だけが何とか掲載された。その後、八木沢の依頼で助手をするようになり、やがて摂津茂和原作の映画台風息子』(東映)の脚色の下書きなどを書くようになる。当時はまだ無名だったため、八木沢武孝のクレジット配給されている。

その後八木沢の仕事が減ってきたこともあり、大学時代に教授から勧められて参加を約束していた、森脇将光出版事業「森脇文庫」の編集業に加わる。まず森脇の手記を出版するように言われたものの、それまで一度も本を作ったことがなく編集について何も知らなかったため、印刷屋から組み付けの手ほどきを受ける。その後、森脇から週刊誌を出すように言われ創刊した週刊誌週刊スリラー』の編集長を務める。高利貸の帝王として名を馳せていた森脇に集まる裏社会の人間を見てきたことが、後の作品作りに役立つことになる。この頃、柴田錬三郎水上勉高木彬光松本清張などの作家と出会い、良い作品を書いてもらおうと取材資料集めなどで協力する。政界の裏側を調査した機関の実務者でもあり、造船疑獄の発端となった「森脇メモ」は、宗田の手で記されたとされている[1]。森脇が森脇文庫を突然やめると、宗田は数人と共に企業のPR会社を興し、主に自動車会社PR誌などを作るようになる。自動車に詳しくなり、梶山季之清水一行に資料の提供や取材などで協力するようになる。

1970年後半にカズノコが高騰し、その原因を調べるうちに水産業界の裏の実態を知り、これをテーマにした『未知海域』を発表。この作品が情報小説として高く評価され、1979年直木賞候補となり、これをきっかけに小説家として活動するようになる。

新聞東京タイムズ)で連載した『少年みなごろし団』がトクマ・ノベルズから刊行されると、大人向けに書いたものであるにもかかわらず子供に受け、そのうちの一人である当時小学生だった角川書店編集者からの推薦がきっかけで声が掛かり、後に人気シリーズとなる『ぼくらの七日間戦争』を書くに至る。

当時の宗田自身は、シリーズ2作目である『ぼくらの天使ゲーム』は『ぼくらの七日間戦争』の続編という位置付けでありシリーズ化は考えていなかったが、『ぼくらのデスマッチ』の頃からシリーズとしての意識で書き続けていくことになる。中学生たちが主人公であるこのシリーズは当初、1学期に1冊のペースで3年間書けば終わるだろうと考えていたが、シリーズが続くにつれ評判が高まり、多くの読者からの要望によりシリーズ最終作と思われた『ぼくらの最終戦争』以降もシリーズは継続されることになる。ぼくらシリーズは2001年までに累計発行部数が1500万部を数える。

『ぼくらの七日間戦争』、『ぼくらの秘島探検隊』、『仮面学園殺人事件』、『ほたるの星』は映画化されている。

作品リスト[編集]

ぼくらシリーズ[編集]

2年A組探偵局シリーズ[編集]

  • 1991年10月 ラッキー・マウスの謎
  • 1992年3月 魔女狩り学園
  • 1993年8月  奥の細道失踪事件
  • 1994年10月 みな殺し学園
  • 1995年11月 遺書の秘密
  • 1997年4月 殺しの交換日記
  • 1998年2月 衛生ボーロ殺人事件
  • 1998年9月 答案用紙の秘密
  • 1999年2月 呪われた少年
  • 1999年8月  仮面学園殺人事件
  • 2000年7月 仮面学園2
  • 2001年3月 魂の姉妹
  • 2001年12月 ランドセル探偵団
  • 2003年4月 修学旅行殺人事件
  • 2013年6月 ラッキーマウスと3つの事件(角川つばさ文庫版)
  • 2013年12月 ぼくらの魔女狩り事件(角川つばさ文庫版)
  • 2014年8月 ぼくらの仮面学園事件(角川つばさ文庫版)
  • 2015年3月 ぼくらの交換日記事件(角川つばさ文庫版)
  • 2015年8月 ぼくらのテスト廃止事件(角川つばさ文庫版)
  • 2016年3月 ぼくらのロンドン怪盗事件(角川つばさ文庫版書き下ろし)
  • 2016年7月 ぼくらとランドセル探偵団(角川つばさ文庫版)

その他[編集]

  • 『教育のマン・マシンシステム プログラム学習に何を期待できるか』東洋出版社 1970
  • 『未知海域』河出書房新社 1979 のち文庫,角川文庫 
  • 『小説・日米自動車戦争』祥伝社 ノン・ノベル 1980 のち徳間文庫 
  • 『欲望の靴』祥伝社 ノン・ノベル 1981
  • 『破壊家族』双葉ノベルス 1982 のち文庫
  • 『プロジェクト910 ブルーバードに賭けた男たち』読売新聞社 1982
  • 『誘拐ツアー』徳間ノベルス 1982 のち角川文庫 
  • 『少年みなごろし団』徳間ノベルス 1983 のち角川文庫 
  • 『船絵馬殺人事件』カドカワノベルズ 1984
  • 『ペテン師ファミリー 詐欺師ロマン』講談社ノベルス 1984 のち角川文庫 
  • 『三河湾殺人望郷歌』徳間ノベルス 1984
  • 『怪盗サンクスの冒険』読売新聞社 1985 のち角川文庫
  • 『殺人コンテスト』角川文庫 1985
  • 『春休み少年探偵団』青樹社 1985 のち角川文庫 
  • 『ガラスの靴』徳間文庫 1986
  • 『大熱血!!落ちこぼれ探偵団』双葉ノベルス 1986 のち文庫、角川文庫
  • 『人牛殺人伝説』角川文庫 1986
  • 『皆殺しツアーにご招待 スラプスティックミステリー』青樹社 1986 のち角川文庫 
  • 『北斗七星殺人伝説』角川文庫 1987
  • 『快傑TVジャッカーズ』立風書房 1988
  • 『武田信玄怨霊ツアー』角川文庫 1988
  • 『地下鉄殺人ゲーム ぼくらはファミコン探偵団』徳間文庫 1988 のち光文社文庫 
  • 『秘文字で書かれた殺人調書』角川文庫 1988
  • 『復讐クラブは大にぎわい』角川文庫 1988
  • 『ぼくの泥棒日記 東海道親子三人珍道中』新潮文庫 1988 のち青樹社文庫 
  • 『世は人情殺人の故郷』角川文庫 1988
  • 『自殺同盟 ミステリー傑作選』双葉ノベルス 1989 のち文庫
  • 『おかしな訪問者』新潮文庫 1990
  • 『ゴッドマザーと子ども軍団』光文社文庫 1990
  • 『ぼくんちの戦争ごっこ』角川文庫 1990
  • 『雲の涯 ぼくらの太平洋戦争』角川書店 1991 『雲の涯 中学生の太平洋戦争』文庫 
  • 『ゴッドマザーと笑う死体』光文社文庫 1991
  • 『黒真珠を追え』カドカワノベルズ・角川文庫 1991
  • 『隠れ商売繁盛記』徳間文庫 1992
  • 『株式会社∞無限大』学習研究社 1992
  • 『ゴッドマザーの双子チーム』光文社文庫 1992
  • 『立て真田十勇士』角川文庫 1992
  • 『ぼくたちの桃太郎作戦』新潮文庫 1992 のち青樹社文庫
  • 『ぼくのおもちゃ戦争』光文社文庫 1992
  • 『あたしのノラ猫日記』新潮文庫 1993 のち青樹社文庫 
  • 『ぼくたちの秘宝伝説』奥田孝明画 学習研究社 1993
  • 『ぼくの社長ゲーム おもちゃ戦争シリーズ』光文社文庫 1993
  • 『行け真田十勇士』角川文庫 1993
  • 『雨林』カドカワノベルズ 1994
  • 『悪ガキ同盟 3』山下一徳画 学習研究社 1994
1、恐怖の校内感染
2、どうくつのミイラ
3、えッ恐竜料理店
4、家なきパパ 1995
5、なぞなぞベビー
  • 『ゴッドマザーと特別教室』光文社文庫 1994
  • 『壇ノ浦バトル 転校生伝説』角川文庫 1994
  • 『小樽デスマッチ 転校生伝説』角川文庫 1995
  • 『先生を改造する66の方法』角川書店 1995
  • 『ぼくらはウルトラ悪ガキ隊』光文社文庫 1995
  • 『ぼくらは隠れ悪ガキ隊』光文社文庫 1995
  • 『ぼくらは天才悪ガキ隊』光文社文庫 1995
  • 『奇跡売ります』読売新聞社 1996 のち徳間文庫 
  • 『遠野ワンダーランド 転校生伝説』角川文庫 1996
  • 『悩み買います』角川mini文庫 1996
  • 『ぼくらは超いじめられっ子』光文社文庫 1996
  • 『誘拐ゲーム』ケイブンシャ文庫 1996
  • 『救急ゴロゴロファイブ』ケイブンシャ文庫 1997
  • ハイパー戦士団シリーズ アスキー ログアウト文庫.
1、復讐家族
2 探偵家族 1997
3、冒険家族
6、逆転家族 1998 
  • 黒十字戦記 アスキー ログアウト冒険文庫
1、ニセ被害者同盟 1997 
2、学校壊滅計画 1998 
  • 『走れ、安永 ぼくらのメモリアル』角川mini文庫 1997
  • 『ぼくのTV支配マニュアル』光文社文庫 1997
  • ナニワ金満高校 ケイブンシャ文庫
1『一攫千金大作戦 1998 のち徳間文庫 
2『アイラブマネー旋風』1999
3『祝ベンチャー学園開校!』
  • 『純子の冒険 ぼくらのメモリアル』角川mini文庫 1998
  • ワンダーランド探検隊 KSS文庫.
1 高天原戦争 1998
  • 『悪ママ改造計画』光文社文庫 1998
  • 『消えた五百億円』ハルキノベルス、1999 
  • 『13歳の黙示録』講談社 2000 のち文庫
  • 『親らしいこと14条』三笠書房 2001
  • 『子どもたちの戦友』角川書店 2002
  • 『ぼくらはどう生きるか』角川書店 2002
  • 『マミーよ永遠に』角川文庫 2003
  • 『子育てママええじゃないか 目からウロコの37の知恵』海竜社 2004
  • 『天路』講談社 2004 のち文庫 
  • 『ほたるの星』角川文庫 2004
  • 『ええじゃないか 17歳のチャレンジ』角川書店 2005 のち文庫
  • 『サギ師バスターズ』PHP文庫 2006
  • 『早咲きの花 子どもたちの戦友』角川文庫 2006
  • 『いじめられっ子ノラ』PHP研究所 2007
  • 『スーパーマウスJの冒険』中日新聞社 2008
  • 『問題児は救世主!?』角川文庫 2008
  • 『おばけアパートの秘密 東京キャッツタウン』加藤アカツキ絵 角川つばさ文庫 2009
  • 『白いプリンスとタイガー 東京キャッツタウン』加藤アカツキ絵 角川つばさ文庫 2009
  • 『おばけカラス大戦争 東京キャッツタウン』加藤アカツキ絵 角川つばさ文庫 2010
  • 『ぼくらとスーパーマウスJの冒険』角川文庫 2010
  • 『ぼくらのアラビアン・ナイト アリ・ババと四十人の盗賊シンドバッドの冒険』はしもとしん絵 角川つばさ文庫 2010
  • 『悪ガキ7 モンスター・デスマッチ!』静山社 2013
  • 『悪ガキ7 いたずらtwinsと仲間たち』静山社 2013
  • 『ぼくが見た太平洋戦争』PHP研究所 2014
  • 『悪ガキ7 タイ行きタイ!』静山社 2014
  • 『悪ガキ7 転校生は魔女!?』静山社 2015

共著[編集]

  • 『「いい病院」への挑戦 患者のためにできること』宗田律共著 角川フォレスタ 2012

翻訳[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 「宗田文書」アスキー刊、「ぼくら」研究会著

外部リンク[編集]