坂口恭平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
坂口 恭平
生誕 1978年4月13日
熊本県熊本市
国籍 日本の旗 日本
出身校 早稲田大学
職業 建築家

坂口 恭平(さかぐち きょうへい、1978年4月13日 - )は、建築家作家アーティスト熊本県出身。

略歴[編集]

熊本県熊本市に生まれ、福岡県糟屋郡新宮町に転居[1]

1987年7月(9歳)に熊本市に再転居[1]熊本市立日吉小学校熊本市立城南中学校を経て、熊本県立熊本高等学校在学中に石山修武(早稲田大学理工学部教授)に憧れて建築家を志し、早稲田大学理工学部建築学科に進学。2001年に大学卒業。卒論にて路上生活者の家を建築学的に調査したレポートを発表。それをもとにした写真集『0円ハウス』(2004年)を皮切りに、フィールドワークにもとづく著作を発表。

2006年結婚。

2007年1月、ケニアのナイロビにて世界会議フォーラムに参加。作品「Kibera Bicycle」を展示。手作りの自転車に段ボールで作った家を積み重ね、公道を走った。

2007年6月、カナダバンフにて「0円ハウス」の展示を行う。

大学卒業後、石山修武研究室世田谷村地下実験工房、果物卸売業有限会社遠徳勤務、新宿ワシントンホテル喫茶店アルバイト、ヒルトン東京ラウンジボーイを経て、2009年坂口恭平研究所開設[1]

2010年11月、私塾「零塾」を開設[2]

2012年11月17日(土)~2013年2月3日(日) ワタリウム美術館にて「坂口恭平 新政府展」を開催。

2013年第2回吉阪隆正賞受賞。

2014年『幻年時代』で第35回熊日出版文化賞受賞。

2014年『徘徊タクシー』で第27回三島由紀夫賞候補。

2016年『家族の哲学』で第57回熊日文学賞受賞。

躁鬱病であることを公言し「自殺者をゼロにする」という目標を掲げ希死念慮に苦しむ人々との対話「新政府いのっちの電話」(090-8106-4666)を続けている。

人物[編集]

  • 大学生のころ、祖父の家でTalking Headsのアルバム『Remain in Light』を発見。衝撃を受ける。
  • 大学1年生くらいのとき、都築響一の『TOKYO STYLE』に出会い衝撃を受けた。
  • 古谷実の作品『ヒミズ』、『シガテラ』が好きである。
  • 高校生のころ、教師に赤瀬川原平の作品「宇宙の缶詰」を教わる。
  • 2013年2月、現代美術家会田誠について、「会田誠さんの作った芸術作品らしきものをいろいろ言う人はいるが、会田誠さんが作ったものを芸術ではないという人がいないので、一応、言っておきますが、あれは芸術ではありません。芸術家ではありません。美術作品かも知れませんが、それは売り物としての絵であり、芸術ではない。」[3]、「だから色々会田誠さんに言ったりするのは意味が無い。彼自体が芸術家ではないのだから。絵師なのである。彼は技術者である。つまり依頼があって描いている。その依頼を発生させる社会自体を批判しなくてはならない。彼は徹底して芸術ではない。本来なら芸術ではないものを美術館に展示してはならない。」[4]とツイートした。

著作[編集]

挿絵[編集]

  • Three-Dimensional Reading: Stories of Time and Space in Japanese Modernist Fiction, 1911-1932(編集:Angela Yiu、ハワイ大学出版、2013年7月)

ディスコグラフィー[編集]

  • 『Practice for a Revolution』(ゼロセンター、土曜社、2012年)
  • 『新しい花』(土曜社、2015年)
  • 『ルリビタキ』 「ユリイカ1月臨時創刊号 総特集坂口恭平」収録 (青土社、2015年)
  • 『アポロン』(Felicity、2018年)

映画[編集]

  • 「貯水タンクに棲む」(監督、主演、脚本、1999年未公開)
  • 「移住ライダー」(監督、主演、脚本、2001年未公開)
  • 「多摩川文明」(監督、2010年未公開)
  • 本田孝義監督「モバイルハウスのつくりかた」(主演、2012年公開)
  • 堤幸彦監督「MY HOUSE」(原作、2012年公開)

連載[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 坂口恭平 自筆年譜 0円ハウス、2012年8月6日閲覧。
  2. ^ 零塾 -0円ハウス Kyohei Sakaguchi-” (日本語). www.0yenhouse.com. 2018年7月1日閲覧。
  3. ^ “坂口恭平 on Twitter” (日本語). Twitter. https://twitter.com/zhtsss/status/302186119150321664 2018年7月1日閲覧。 
  4. ^ “坂口恭平 on Twitter” (日本語). Twitter. https://twitter.com/zhtsss/status/302186668423786496 2018年7月1日閲覧。 

参考文献[編集]

外部リンク[編集]