幡豆郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
愛知県幡豆郡の位置(薄黄:後に他郡に編入された区域 水色:後に他郡から編入した区域)

幡豆郡(はずぐん)は、愛知県三河国)にあった

郡域[編集]

1878年明治11年)に行政区画として発足した当時の郡域は、下記の区域にあたる。

  • 西尾市の大部分(米津町・南中根町・志貴野町を除く)
  • 額田郡幸田町の一部(野場・永野・須美・六栗・逆川・上六栗・桐山)

歴史[編集]

古くは播豆、波豆、芳豆、芳図、者豆、などと表記した。名前の由来は地域内の式内社幡頭(はず)神社に由来するという説や、域内の礒泊(しはと)郷からハト、ハズに転訛したという説、停泊地を意味する『泊(ハク)』が訛ったという説などがある。

離島の佐久島(古代名:析嶋)、日間賀島(古代名:比莫嶋)、篠島(古代名:篠嶋)は、旧幡豆郡に属する。出土の木簡に多数の表記あるため、現在旧尾張国知多郡南知多町に属する日間賀島と篠島は、もとは三河国幡豆郡であった。

篠島・析島からは、佐米楚割(さめのすやわり)と呼ばれる、を日干しにして割いた珍味が、朝廷に寄進されていた。

消滅時点では、消防組織は幡豆郡3町で幡豆郡消防組合を統一運営していた。ゴミ処理は旧幡豆郡の西尾市を加えた西尾幡豆広域連合でまとめて行っており、処理場は吉良町に設置されていた。

近世以降の沿革[編集]

  • 慶応4年
  • 明治2年
  • 明治4年
  • 明治5年
  • 明治6年(1873年) - 野崎村・永井村が合併して永野村となる。(1町189村)
  • 明治8年(1875年) - 西中野村・作原村が合併して中原村となる。(1町188村)
  • 明治9年(1876年)(1町176村)
    • 杉浦新田・久八荒子村・三ツ井村・北新田村・西中村・下新井村が合併して開正村となる。
    • 北須村・北浜村・大戸村・下平島村・上平島村が合併して治明村となる。
    • 羽塚新田が羽塚村に、森下村・六ツ家村が上町村にそれぞれ合併。
  • 明治11年(1878年12月20日 - 郡区町村編制法の愛知県での施行により、行政区画としての幡豆郡が発足。郡役所が西尾に設置。同年、以下の各村の統合等が行われる。(1町145村)
    • 西幡豆村 ← 西戸城村、欠村、小野谷村、門内村、中門内村、八幡村、中村
    • 東幡豆村 ← 洲崎村、鹿川村、山口村、谷村、森村、彦田村、小見行村、上畑村、桑畑村
    • 横須賀村 ← 中野村、下横須賀村、上横須賀村
    • 前野村 ← 前後村、熊野村
    • 小藪村 ← 小藪新田、東実録新田
    • 細川村 ← 大岡新田、細川新田、西実録新田
    • 池田村 ← 池頭村、池尾新田、中田村
    • 中畑村 ← 上中畑村、下中畑村
    • 富山村 ← 山田村、富尾村
    • 今川村 ← 今井村、上今川村、下今川村
    • 熊味村 ← 熊子村、味崎村
    • 尾崎新田が岡山村に、藤尾新田が藤江村に、新斎村が味浜村に、芦原村が中外沢村に、浅井村が小間村にそれぞれ合併。
    • 鳥山新田が起立。
    • 西尾村が改称して鶴城村となる。
  • 明治16年(1883年) - 七平村が対米村に、古居新田が寺津村にそれぞれ合併。(1町143村)
  • 明治17年(1884年)(1町140村)
    • 碧海郡古新田村・新々田村が合併して志貴野村となり、所属郡が本郡に変更。
    • 蒲原新田が田貫村に、新実新田・市川新田が平坂村に、鳥山新田が酒手島村にそれぞれ合併。

町村制以降の沿革[編集]

1.西尾町 2.西野町村 3.平坂村 4.中畑村 5.奥津村 6.寺津村 7.西崎村 8.栄生村 9.一色村 10.味沢村 11.五保村 12.衣崎村 13.六郷村 14.豊田村 15.井崎村 16.大宝村 17.久麻久村 18.御鍬村 19.川崎村 20.吹羽良村 21.室場村 22.花明村 23.家武村 24.平原村 25.松坂村 26.豊国村 27.横須賀村 28.瀬門村 29.厨村 30.荻原村 31.吉田村 32.富田村 33.保定村 34.宮崎村 35.幡豆村 36.東幡豆村 37.佐久島村(紫:西尾市 赤:額田郡幸田町)
  • 明治24年(1891年4月1日 - 郡制を施行。
  • 明治25年(1892年5月13日(3町34村)
    • 一色村が町制施行して一色町(第1次)となる。
    • 横須賀村が町制施行して横須賀町となる。
  • 明治26年(1893年
    • 10月9日 - 寺津村の一部(徳永)が奥津村に編入。
    • 11月8日 - 平坂村が町制施行して平坂町(第1次)となる。
  • 明治39年(1906年5月1日 - 以下の町村の統合が行われる。いずれも新設合併。(1町14村)
    • 西尾町 ← 西尾町、久麻久村、西野町村[上町・下町・小間・法光寺]、奥津村[住崎]、大宝村[徳次・丁田・寄近・矢曽根]
    • 福地村 ← 大宝村[今川・深池・川口・菱池]、六郷村、豊田村、井崎村
    • 平坂村(第2次) ← 平坂町、中畑村、西野町村[田貫]、奥津村[新在家・国森・羽塚・上矢田・下矢田]
    • 寺津村 ← 寺津村、西崎村
    • 三和村 ← 御鍬村、川崎村、吹羽良村
    • 一色村(第2次) ← 栄生村、一色町、味沢村、五保村、衣崎村
    • 吉田村 ← 吉田村、保定村、宮崎村
    • 横須賀村 ← 荻原村、富田村、横須賀町、瀬門村、厨村
    • 幡豆村 ← 幡豆村、東幡豆村
    • 豊坂村 ← 松坂村、豊国村
  • 大正2年(1913年)4月1日 - 平坂村の一部(徳永)が寺津村に編入。
  • 大正12年(1923年
    • 4月1日 - 郡会が廃止。郡役所は存続。
    • 10月1日 - 一色村(第2次)が町制施行して一色町(第2次)となる。(2町13村)
  • 大正13年(1924年
    • 1月1日 - 吉田村が町制施行して吉田町となる。(3町12村)
    • 10月1日 - 平坂村(第2次)が町制施行して平坂町(第2次)となる。(4町11村)
  • 大正15年(1926年7月1日 - 郡役所が廃止。以降は地域区分名称となる。
  • 昭和3年(1928年)10月1日 - 幡豆村が町制施行して幡豆町となる。(5町10村)
  • 昭和4年(1929年)4月1日 - 寺津村が町制施行して寺津町となる。(6町9村)
  • 昭和7年(1932年9月1日 - 室場村・平原村・花明村・家武村が合併し、改めて室場村が発足。(6町6村)
  • 昭和27年(1952年12月1日 - 福地村の一部(小焼野)が西尾町に編入。(6町6村)
  • 昭和28年(1953年12月15日 - 西尾町が平坂町の一部(田貫・中畑・国森・新在家)を編入のうえ市制施行して西尾市となり、郡より離脱。(5町6村)
  • 昭和29年(1954年
    • 8月1日(5町4村)
      • 豊坂村が額田郡幸田町と合併し、改めて額田郡幸田町が発足。
      • 佐久島村が一色町に編入。
    • 8月10日 - 平坂町・寺津町・福地村・室場村が西尾市に編入。(3町2村)
  • 昭和30年(1955年
    • 1月1日 - 三和村が西尾市に編入。(3町1村)
    • 3月10日 - 横須賀村・吉田町が合併して吉良町が発足。(3町)
  • 平成23年(2011年)4月1日 - 一色町・吉良町・幡豆町が西尾市に編入。同日幡豆郡消滅。

変遷表[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 領主から年貢免除の特権を与えられた土地。
  2. ^ a b 記載は静岡藩領。
  3. ^ 西尾城下各町の総称。無高のため記載なし。本項では便宜的に1町に数える。
  4. ^ この時点では西尾馬場町、西尾葵町、西尾錦城町、西尾鶴ヶ崎町、西尾裏町、西尾大給町、西尾矢場町、西尾伊文町、西尾和泉町、西尾順海町、西尾中町、西尾肴町、西尾横町、西尾天王町、西尾瓦町、西尾本町、西尾須田町、西尾塩町、西尾会生町、西尾満全町が存在。

参考文献[編集]

関連項目[編集]