講談社ノベルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

講談社ノベルス(こうだんしゃノベルス、: KODANSHA NOVELS)は、株式会社講談社1982年から発行しているノベルズレーベル。

沿革と概要[編集]

創刊当初から主に推理小説書き下ろしや、講談社から刊行された推理小説の単行本などを新書化して発行。近年はいわゆるライトノベルに分類される小説も多数出版しており、『メフィスト』掲載の小説が出版される際には基本的にこのレーベルから出版される。また、メフィスト賞受賞作も講談社ノベルスに収録されることが多い。講談社ノベルスのカバー背の「犬」のイラストは滝田ゆうによる[1]。電子書籍版も発売されている。装幀は、ブックデザイナーの辰巳四郎が多くを手掛けていたが、彼が死去した後は、welle design(ヴェレデザイン)の坂野公一が多くを手掛けるようになっている[2]宇山日出臣は講談社ノベルス編集長を務めた[3]。文庫化時に講談社文庫に収録されることが多いが、島田荘司『セント・ニコラスの、ダイヤモンドの靴』や小池真理子『死者はまどろむ』などのように例外もある。

2002年、講談社ノベルス創刊20周年を記念して、小説本文のすべてが袋とじになった「密室本」が発売された[4]2012年、講談社ノベルス創刊30周年感謝祭が開催された[5]

2015年、講談社ノベルスの兄弟レーベルとして、文庫版の講談社タイガが創刊される[6]

主なシリーズ作品[編集]

シリーズ名 著者 備考
《あかずの扉》研究会シリーズ 霧舎巧
安藤直樹シリーズ 浦賀和宏
S&Mシリーズ 森博嗣 2014年連続ドラマ化
ST 警視庁科学特捜班 今野敏 2014年連続ドラマ化
Xシリーズ 森博嗣
大貫警部シリーズ 赤川次郎
鏡家サーガ 佐藤友哉
硝子の探偵シリーズ 小島正樹
神麻嗣子の超能力事件簿 西澤保彦
鬼籍通覧シリーズ 椹野道流
QEDシリーズ 高田崇史
薬屋探偵妖綺談シリーズ 高里椎奈
刑事長シリーズ 姉小路祐
警視庁捜査一課十一係シリーズ 麻見和史
建築探偵桜井京介の事件簿シリーズ 篠田真由美
国名シリーズ 有栖川有栖
三姉妹探偵団シリーズ 赤川次郎
JDCシリーズ 清涼院流水
Gシリーズ 森博嗣
〈書物狩人〉シリーズ 赤城毅
私立霧舎学園ミステリ白書シリーズ 霧舎巧
城シリーズ 北山猛邦
創竜伝 田中芳樹
戯言シリーズ 西尾維新
伝説シリーズ 西尾維新
十和田只人シリーズ 周木律
百鬼夜行シリーズ 京極夏彦
Vシリーズ 森博嗣
松浦純菜・八木剛士シリーズ 浦賀和宏
館シリーズ 綾辻行人
薬師寺涼子の怪奇事件簿 田中芳樹

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]