篠田真由美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
篠田 真由美
(しのだ まゆみ)
誕生 1953年
日本の旗東京都
職業 小説家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 早稲田大学第二文学部卒業
活動期間 1992年 -
ジャンル 推理小説
伝奇小説
代表作 「建築探偵桜井京介の事件簿」シリーズ
デビュー作 『琥珀の城の殺人』(1992年)
テンプレートを表示

篠田 真由美(しのだ まゆみ、1953年 - )は、日本小説家推理作家東京都本郷生まれ。1977年早稲田大学第二文学部卒業(専攻は東洋文化)。1987年、『北イタリア幻想旅行』を上梓。同年、「五月よ高くオルガンを鳴らせ」が第6回すばる文学賞の最終候補作になっている[1]1992年、第2回鮎川哲也賞の最終候補作となった『琥珀の城の殺人』でミステリ作家としてデビュー[2]。代表作は、建築学にも造詣が深いことが伺える「建築探偵桜井京介の事件簿」シリーズや、伝奇小説「龍の黙示録」シリーズなど。2011年、「建築探偵桜井京介の事件簿」シリーズが完結した。ミステリから伝奇小説ファンタジー小説まで幅広いジャンルで執筆活動を行っている。流麗な文体が特徴。

作品リスト[編集]

建築探偵桜井京介の事件簿シリーズ[編集]

第一部[編集]

  • 未明の家(1994年4月 講談社ノベルス / 2000年1月 講談社文庫、解説:笠井潔
  • 玄い女神(1995年1月 講談社ノベルス / 2000年7月 講談社文庫、解説:千街晶之
  • 翡翠の城(1995年11月 講談社ノベルス / 2001年7月 講談社文庫、解説:倉知淳
  • 灰色の砦(1996年7月 講談社ノベルス / 2002年9月 講談社文庫、解説:鷹城宏
  • 原罪の庭(1997年4月 講談社ノベルス / 2003年10月 講談社文庫、解説:有栖川有栖

第二部[編集]

  • 美貌の帳(1998年5月 講談社ノベルス / 2004年9月 講談社文庫、解説:西澤保彦
  • 仮面の島(2000年4月 講談社ノベルス / 2006年12月 講談社文庫、解説:愛川晶
  • 月蝕の窓(2001年8月 講談社ノベルス / 2007年9月 講談社文庫、解説:近藤史恵
  • 綺羅の柩(2002年8月 講談社ノベルス / 2008年8月 講談社文庫、解説:若竹七海
  • 失楽の街(2004年6月 講談社ノベルス / 2011年8月 講談社文庫)

第三部[編集]

  • 胡蝶の鏡(2005年4月 講談社ノベルス / 2012年8月 講談社文庫)
  • 聖女の塔(2006年7月 講談社ノベルス / 2013年8月 講談社文庫)
  • 一角獣の繭(2007年6月 講談社ノベルス / 2014年8月 講談社文庫)
  • 黒影の館(2009年1月 講談社ノベルス)
  • 燔祭の丘(2011年1月 講談社ノベルス)

番外編[編集]

  • 桜闇(1999年4月 講談社ノベルス / 2005年9月 講談社文庫、解説:光原百合
  • センティメンタル・ブルー(2001年6月 講談社ノベルス / 2007年8月 講談社文庫、解説:野間美由紀
  • angels(2003年5月 講談社ノベルス / 2009年8月 講談社文庫、改題『angels - 天使たちの長い夜』、解説:葉山響
  • Ave Maria(2004年5月 講談社ノベルス / 2010年8月 講談社文庫、解説:佳多山大地
  • さくらゆき 桜井京介returns(2013年8月 講談社ノベルス)
  • 屍の園 桜井京介episode 0(2014年3月 講談社ノベルス)
  • 誰がカインを殺したか 桜井京介returns(2015年6月 講談社ノベルス)

漫画版[編集]

秋月杏子作画

  • 井戸の中の悪魔(2001年6月 あすかコミックDX、角川書店
  • 桜闇(2002年1月 あすかコミックDX、角川書店)
  • 捻れた塔の冒険(2002年9月 あすかコミックスDX、角川書店)

根の国の物語[編集]

  • 天と地の娘(1996年9月 C★NOVELS / 2003年2月 角川ビーンズ文庫
  • 芯の樹を求めて(1996年10月 C★NOVELS / 2003年2月 角川ビーンズ文庫)
  • 眩惑の魔都(1997年5月 C★NOVELS / 2003年3月 角川ビーンズ文庫)
  • 再生の環(1997年6月 C★NOVELS / 2003年3月 角川ビーンズ文庫)

龍の黙示録[編集]

  • 龍の黙示録(2001年4月 祥伝社ノン・ノベル / 2004年9月 祥伝社文庫)
  • 東日流妖異変(2002年2月 祥伝社ノン・ノベル / 2005年9月 祥伝社文庫)
  • 唯一の神の御名(2003年5月 祥伝社ノン・ノベル / 2006年9月 祥伝社文庫)
  • 聖なる血(2004年7月 祥伝社ノン・ノベル / 2007年12月 祥伝社文庫)
  • 紅薔薇伝綺(2005年9月 祥伝社ノン・ノベル / 2008年12月 祥伝社文庫)
  • 水冥き愁いの街 死都ヴェネツィア(2006年5月 祥伝社ノン・ノベル / 2009年12月 祥伝社文庫)
  • 魔道師と邪神の街 魔都トリノ(2007年2月 祥伝社ノン・ノベル / 2010年12月 祥伝社文庫)
  • 永遠なる神の都 神聖都市ローマ(2009年2月 祥伝社ノン・ノベル 上下巻 / 2011年12月 祥伝社文庫)

北斗学園七不思議[編集]

  • 王国は星空の下(2007年3月 理論社 / 2013年10月 PHP文芸文庫
  • 闇の聖杯、光の剣(2008年4月 理論社 / 2014年1月 PHP文芸文庫)
  • アルカディアの魔女(2009年9月 理論社)

神代教授の日常と謎[編集]

桜井京介の恩師・神代教授のシリーズ

黎明の書[編集]

  • 黎明の書 巻之壱 出会いと旅立ち(2013年1月 トクマ・ノベルズ
  • 黎明の書 巻之弐 荒れ野を越えて(2013年2月 トクマ・ノベルズ)
  • 黎明の書 巻之参 双貌の都 (2013年3月 トクマ・ノベルズ)
  • 黎明の書 巻之肆 大いなる災いの日 (2015年1月 トクマ・ノベルズ)
  • 黎明の書 巻之伍 まばゆき綺羅の陰に (2015年2月 トクマ・ノベルズ)

その他[編集]

  • 琥珀の城(ベルンシュタインブルク)の殺人(1992年8月 東京創元社 / 1998年10月 講談社文庫)
  • ドラキュラ公 ヴラド・ツェペシュの肖像(1994年4月 講談社 / 1997年10月 講談社文庫)
  • 祝福の園の殺人(1994年8月 東京創元社 / 1999年8月 講談社文庫)
  • 天使の血脈(1995年5月 トクマ・ノベルズ / 2000年12月 徳間デュアル文庫、上下巻【全面改稿】)
  • ルチフェロ 切り裂きジャックの告白(1995年11月 学研ホラーノベルズ / 2002年3月 学研M文庫、改題『ルチフェロ』)
  • 堕とされしもの 天使の血脈(1996年2月 トクマ・ノベルズ、上下巻 / 2002年6月 徳間デュアル文庫、上下巻)
  • この貧しき地上に(1999年1月・3月・5月 講談社X文庫ホワイトハート、全3巻)
  • 彼方より(1999年10月 講談社)
  • イシュタルの子(1999年11月 廣済堂文庫)
  • 夢魔の旅人(2000年4月 廣済堂出版 / 2001年6月 白泉社、書下ろし2編追加)
  • 聖杯伝説(2001年10月 徳間デュアル文庫)
  • 幻想建築術(2002年9月 祥伝社 / 2011年9月 PHP文芸文庫)
  • レディMの物語(2003年1月 講談社文庫)
  • 魔女の死んだ家(2003年10月 講談社ミステリーランド / 2011年6月 講談社ノベルス)
  • アベラシオン(2004年3月 講談社 / 2006年3月 - 4月 講談社ノベルス)
  • すべてのものをひとつの夜が待つ(2005年7月 光文社カッパノベルス / 2008年8月 光文社文庫
  • 螺鈿の小箱(2005年11月 東京創元社)
  • 美(うるわ)しきもの見し人は(2008年3月 光文社カッパノベルス / 2011年3月 光文社文庫)
  • 閉ざされて CLOSED(2010年1月 角川書店 / 2012年9月 角川文庫)
  • 緑金書房午睡譚(2010年4月 講談社 / 2012年6月 講談社ノベルス)
  • 黄昏に佇む君は(2011年11月 原書房)
  • ホテル・メランコリア(2013年2月 PHP研究所)
  • わたしはここにいます(2013年7月 光文社カッパ・ノベルス)
  • レディ・ヴィクトリア アンカー・ウォークの魔女たち(2016年2月 講談社タイガ

アンソロジー[編集]

「」内が篠田真由美の作品

異形コレクション[編集]

  • 4 悪魔の発明(1998年5月 廣済堂文庫)「大いなる作業」
  • 5 水妖(1998年7月 廣済堂文庫)「還ってくる」
  • 6 屍者の行進(1998年9月 廣済堂文庫)「薔薇よりも赤く」
  • 7 チャイルド(1998年11月 廣済堂文庫)「黄昏の歩廊にて」
  • 8 月の物語(1999年1月 廣済堂文庫)「月盈ちる夜を」
  • 9 グランドホテル(1999年3月 廣済堂文庫)「三階特別室」
  • 11 トロピカル(1999年7月 廣済堂文庫)「Flora(フローラ)」
  • 12 GOD(ゴッド)(1999年9月 廣済堂文庫)「奇蹟」
  • 13 俳優(1999年11月 廣済堂文庫)「君知るや南の国」
  • 16 帰還(2000年9月 光文社文庫)「赤い実たどって」
  • 綺賓館I 十月のカーニヴァル(2000年10月 カッパ・ノベルス)「虚空より」
  • 20 玩具館(2001年9月 光文社文庫)「象牙の愛人」
  • 28 アジアン怪綺(ゴシック)(2003年12月 光文社文庫)「双つ蝶」
  • 39 ひとにぎりの異形(2007年12月 光文社文庫)「砂時計」
  • 42 幻想探偵(2009年2月 光文社文庫)「憧れの街、夢の都」
  • 48 物語のルミナリエ(2011年12月 光文社文庫)「墓屋」

その他[編集]

  • 名探偵の饗宴(1998年4月 朝日新聞社 / 2015年3月 朝日文庫)「ウシュクダラのエンジェル」
  • 新世紀「謎」倶楽部(1998年7月 角川書店)「十人目の切り裂きジャック」
  • 十の恐怖(1999年3月 角川書店 / 2002年1月 角川ホラー文庫)
  • 堕天使殺人事件(1999年9月 角川書店 / 2002年5月 角川文庫)「黙示録の獣」 - リレー小説
  • 「Y」の悲劇(2000年7月 講談社文庫)「ダイイングメッセージ<Y>」
  • ゆきどまり(2000年7月 祥伝社文庫) 「人形遊び」
  • 少女の空間(2001年2月 徳間デュアル文庫)「セラフィーナ」
  • 新世紀犯罪博覧会(2001年3月 カッパ・ノベルス)「もっとも重い罰は」
  • ミステリー傑作選 特別編5 自選ショート・ミステリー(2001年6月 講談社文庫)「黄昏の歩廊にて」
  • M列車で行こう(2001年10月 カッパ・ノベルス / 2005年5月 光文社文庫)
  • 蒼迷宮(2002年3月 祥伝社文庫)「オフィーリア、翔んだ」
  • 悪夢制御装置(2002年11月 角川スニーカー文庫)「ふたり遊び」
  • 黄昏ホテル(2004年12月 小学館)「暗い日曜日」
  • 青に捧げる悪夢(2005年3月 角川書店 / 2013年2月 角川文庫)「ふたり遊び」
  • 逆想コンチェルト 奏の1(2010年6月 徳間書店)「対話(ダイアローグ)」
  • アンソロジー 捨てる(2015年11月 文藝春秋)「forget me not」
  • アリス殺人事件 不思議の国のアリスミステリーアンソロジー(2016年6月 河出文庫)「DYING MESSAGE〈Y〉」
  • 毒殺協奏曲(2016年6月 原書房)「完璧な蒐集」

小説以外の著書[編集]

  • 北イタリア幻想旅行 異文化を知る一冊(1987年9月 三修社)
  • 建築探偵桜井京介 館を行く(2006年11月 講談社)

脚注[編集]

  1. ^ 黎明の書 | 徳間書店
  2. ^ 篠田真由美,シノダマユミ|東京創元社

外部リンク[編集]