C★NOVELS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

C★NOVELS(シーノベルス、C★N、CN)は、中央公論新社が発行している新書ノベルズ)レーベル。発売日は基本的に毎月25日だが、変則的に例外が生じることもある。

カバー背中の上部には黒い猫のイラストが入っている[1]。公式サイトにも黒い猫のイラストが見られる[2]

概要[編集]

1982年11月に創刊[3]され、主に檜山良昭『ポンパドール侯爵夫人殺人事件』(1982年11月)、赤川次郎『静かなる良人』(1983年8月)、内田康夫『盲目のピアニスト』(1986年11月)、中津文彦『遠眼鏡の中の女』(1986年11月)などのミステリー小説や、小池真理子『彼方の悪魔』(1987年11月)などのサスペンス小説、川又千秋『ラバウル烈風空戦録1』(1988年11月)、荒巻義雄『旭日の艦隊1』(1992年6月)などの架空戦記ものといったジャンルが刊行されている。

1993年C★NOVELSファンタジア(C★NOVELS Fantasia、CN-Fantasia、CN-F)が誕生[4]し、茅田砂胡『放浪の戦士』(1993年10月)など数多くのファンタジー作品も発表されるようになる。

また、単行本をノベルス化したものはC★NOVELS Bibliotheque(CN-Biblio)として、京極夏彦『巷説百物語』(2002年2月)、森博嗣『スカイ・クロラ』(2002年10月)などが刊行されている。

小説をコミック化したものがCNコミックス(あるいはC★NOVELS COMICSと呼ぶ)として刊行され、鈴木理華『クラッシュ・ブレイズ コミック・バージョン 嘆きのサイレン1』、藤井英俊『コミック 聖刻群龍伝1』などがある。

カバー背中の黒猫のマークのバックの色は、C★NOVELSの場合が赤色、CN-Fantasiaの場合が黄色、CN-Biblioの場合は緑色となっている。

ほかに電子書籍に限り、C★NOVELS Miniという短編の作品専用のレーベルが配信発売されている。C★NOVELS Miniに限らず電子書籍化されている作品も増えた。

なお、茅田砂胡『スカーレット・ウィザード』は、第1回(2001年度)センス・オブ・ジェンダー賞国内部門大賞を受賞している。

C★N創刊30周年&C★N-F創刊20周年[編集]

2012年にはC★NOVELSが創刊30周年を、2013年にはC★NOVELSファンタジアが創刊20周年を迎え、創刊以来、累計で1000点を上回る数の作品が刊行されている[5]

節目の2012年4月から2013年12月にかけて、プレゼントや特別編集企画などのフェアが開催された[6]

2013年11月、CN30周年&CN-F20周年特別企画として『茅田砂胡 全仕事1993-2013』が刊行された[7]

C★NOVELS大賞[編集]

C★NOVELSで募集されている新人賞。C★NOVELSファンタジア編集部で選考を行い、大賞及び優秀作品が決定される。大賞および優秀作品は本レーベルから出版される。

主な作品[編集]

C★NOVELS
C★NOVELSファンタジア
C★NOVELS Bibliotheque
  • 京極夏彦「巷説百物語」シリーズ
  • 森博嗣「スカイ・クロラ」シリーズ
  • 宮部みゆき「親友「島崎君」」シリーズ

脚注[編集]

外部リンク[編集]