小島正樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
小島 正樹
(こじま まさき)
誕生 日本の旗 埼玉県
職業 小説家
推理作家
言語 日本語
活動期間 2000年 -
ジャンル 推理小説
主な受賞歴 エキナカ書店大賞(2015年)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

小島 正樹(こじま まさき)は、日本小説家推理作家埼玉県生まれ[1]日本推理作家協会会員[2]本格ミステリ作家クラブ会員。代表作に「海老原浩一シリーズ」など。

経歴・人物[編集]

2000年、『御手洗パロディ・サイト事件(上)』に「The Alien」が掲載される。2001年、『パロサイ・ホテル(下)』に「雪に吊られた男」が掲載される。2005年、『天に還る舟』(島田荘司との共著)で小説家デビュー。2008年、『十三回忌』で単独デビューを果たす。2010年、『扼殺のロンド』が「本格ミステリ・ベスト10」2011年版の17位にランクインする[3]2011年、『龍の寺の晒し首』が「本格ミステリ・ベスト10」2012年版の11位にランクインする[3]2015年、『扼殺のロンド』が第6回エキナカ書店大賞に選ばれる[4]。強く感銘を受けた作品として、横溝正史夜歩く』、綾辻行人十角館の殺人』、殊能将之ハサミ男』を挙げている[5]リバーカヤック愛好家であり[2]、作品中にもしばしばリバーカヤックが登場する。

作風[編集]

1つの作品の中に謎やトリックをたくさん詰め込む作風で知られ、「やりすぎ」との評価を受けたことから、「やりすぎミステリ」(通称「やりミス」)の伝道師を自称している[6]横溝正史京極夏彦三津田信三らの作品に影響を受けている[6]。『海老原浩一シリーズ』では、暗く悲しい場面が多い中で、探偵の海老原浩一が登場する場面は、ユーモアを交えるなどして明るくしよう、と心がけて作られている[6]

著作[編集]

単行本[編集]

海老原浩一シリーズ[編集]

  • 天に還る舟(2005年7月 SSKノベルス) - 島田荘司との共著
  • 十三回忌(2008年10月 原書房ミステリー・リーグ / 2013年7月 双葉文庫
  • 扼殺のロンド(2010年1月 原書房ミステリー・リーグ / 2014年4月 双葉文庫)
  • 龍の寺の晒し首(2011年3月 南雲堂
  • 綺譚の島(2012年2月 原書房ミステリー・リーグ)
  • 祟り火の一族(2012年10月 双葉社 / 2015年12月 双葉文庫)
  • 呪い殺しの村(2015年2月 双葉社)

那珂邦彦シリーズ[編集]

  • 武家屋敷の殺人(2009年11月 講談社ノベルス
  • 四月の橋(2010年9月 講談社ノベルス)

硝子の探偵シリーズ[編集]

  • 硝子の探偵と消えた白バイ(2013年7月 講談社ノベルス/ 2017年8月 講談社文庫)
  • 硝子の探偵と銀の密室(2014年6月 講談社ノベルス)

浜中刑事シリーズ[編集]

  • 浜中刑事の妄想と檄運(2015年4月 南雲堂)
    • 収録作品:浜中刑事の強運 / 浜中刑事の悲運
  • 浜中刑事の迷走と幸運(2017年2月 南雲堂)
  • 誘拐の免罪符 浜中刑事の奔走 (2018年8月 南雲堂)

その他[編集]

  • 永遠の殺人者 おんぶ探偵城沢薫の手日記(2013年8月 文藝春秋
  • モノクローム・レクイエム(2015年8月 徳間書店
    • 収録作品:火中の亡霊 / 踊る百の目 / 四次元の凶器 / 怨霊の家 / 見えざる犯罪者
  • ブラッド・ブレイン 闇探偵の降臨(2016年9月 講談社ノベルス)

アンソロジー[編集]

「」内が小島正樹の作品

  • 御手洗パロディ・サイト事件(上)(2000年4月 南雲堂 / 2001年8月 SSKノベルス)「The Alien」
  • パロサイ・ホテル(下)(2001年8月 SSKノベルス)「雪に吊られた男」
  • ミステリ・オールスターズ(2010年9月 角川書店 / 2012年9月 角川文庫)「腕時計」
  • 密室晩餐会(2011年6月 原書房ミステリー・リーグ)「密室からの逃亡者」

単行本未収録短編[編集]

  • 小沢刑事とリンゴちゃん(双葉社WEBマガジン『カラフル』2014年4月更新)[7]

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

外部リンク[編集]