三姉妹探偵団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

三姉妹探偵団』(さんしまいたんていだん、Three Sisters Investigate)は、赤川次郎推理小説シリーズ。すべて長編で、講談社の月刊文芸雑誌小説現代」に掲載された後、講談社ノベルスに収録され、その後講談社文庫に収録されている。ほぼ年1作のペースで新作が出されており、2015年現在、ノベルスで24巻が発売されている。

1995年、脚色された『四姉妹物語』で映画化(出演は清水美砂牧瀬里穂今村雅美中江有里)。

また、1986年2月20日フジテレビで単発ドラマとして放送。その後、1998年1月10日から3月21日にかけて日本テレビ系列にてテレビドラマ化され、土曜夜21:00 - 22:00に放送されていた。2008年1月から3月には、「4姉妹探偵団」として朝日放送テレビ朝日系列で再ドラマ化された。

あらすじ[編集]

放火によって家を失ってしまった三姉妹。しかも焼け跡からは何故か女性の遺体が発見され、出張中の父親は殺人容疑で指名手配されてしまう。父親の無実を証明するため三姉妹は探偵業を始める。

M署の国友刑事らの協力で事件は解決できたが、その後も姉妹の周囲には父親の不在時を狙うように次々と新たな事件が発生するようになる。

主な登場人物[編集]

佐々本綾子
佐々本家長女。大学生。天然ボケ気味でおっとりした性格。
佐々本夕里子
佐々本家次女。短大までエスカレーター式で進学することができる私立の女子高に通う。3姉妹の中で一番のしっかり者であり、三姉妹をまとめている。怒ると死んだ母親にそっくり。はねっかえりで気が強いのが玉にキズ。
佐々本珠美
佐々本家三女。中学生。3姉妹の中で一番ちゃっかりしており、ケチである。
国友靖之
M署の刑事。夕里子の恋人。
佐々本周平
三姉妹の父。K建設販売第二課。頻繁に出張しているため、事件が起こるときは家にいない。

シリーズ作品リスト[編集]

長編[編集]

# タイトル 講談社ノベルス 講談社文庫
1 三姉妹探偵団
(文庫改題『三姉妹探偵団1 失踪編』)
1982年9月、ISBN 4-06-181022-7 1985年7月15日、ISBN 4-06-183540-8
2 三姉妹探偵団2 キャンパス篇 1985年5月1日、ISBN 4-06-181184-3 1987年12月15日、ISBN 4-06-184116-5
3 三姉妹探偵団3 珠美・初恋篇 1986年3月、ISBN 4-06-181235-1 1989年2月15日、ISBN 4-06-184379-6
4 三姉妹探偵団4 怪奇篇 1987年4月4日、ISBN 4-06-181295-5 1990年3月15日、ISBN 4-06-184634-5
5 三姉妹探偵団5 復讐篇 1988年4月、ISBN 4-06-181354-4 1991年3月15日、ISBN 4-06-184861-5
6 三姉妹探偵団6 危機一髪篇 1989年4月、ISBN 4-06-181419-2 1992年4月15日、ISBN 4-06-185113-6
7 三姉妹探偵団7 駈け落ち篇 1990年4月、ISBN 4-06-181479-6 1993年4月15日、ISBN 4-06-185365-1
8 三姉妹探偵団8 人質篇 1991年4月、ISBN 4-06-181549-0 1994年4月15日、ISBN 4-06-185634-0
9 三姉妹探偵団9 青ひげ篇 1992年4月10日、ISBN 4-06-181612-8 1995年4月15日、ISBN 4-06-185916-1
10 三姉妹探偵団10 父恋し篇 1993年5月5日、ISBN 4-06-181681-0 1996年5月15日、ISBN 4-06-263232-2
11 三姉妹探偵団11 死が小径をやってくる 1994年5月5日、ISBN 4-06-181777-9 1997年4月15日、ISBN 4-06-263491-0
12 三姉妹探偵団12 死神のお気に入り 1995年5月8日、ISBN 4-06-181836-8 1998年4月15日、ISBN 4-06-263745-6
13 三姉妹探偵団13 次女と野獣 1996年4月5日、ISBN 4-06-181908-9 1999年4月15日、ISBN 4-06-264535-1
14 三姉妹探偵団14 心地よい悪夢 1997年5月6日、ISBN 4-06-181962-3 2000年4月15日、ISBN 4-06-264831-8
15 三姉妹探偵団15 ふるえて眠れ、三姉妹 1998年5月7日、ISBN 4-06-182014-1 2001年5月15日、ISBN 4-06-273154-1
16 三姉妹探偵団16 三姉妹、呪いの道行 1999年5月5日、ISBN 4-06-182069-9 2002年5月15日、ISBN 4-06-273423-0
17 三姉妹探偵団17 三姉妹、初めてのおつかい 2000年9月5日、ISBN 4-06-182133-4 2003年9月22日、ISBN 4-06-273833-3
18 三姉妹探偵団18 恋の花咲く三姉妹 2002年3月5日、ISBN 4-06-182228-4 2005年6月15日、ISBN 4-06-275102-X
19 三姉妹探偵団19 月もおぼろに三姉妹 2003年8月5日、ISBN 4-06-182319-1 2006年7月14日、ISBN 4-06-275440-1
20 三姉妹探偵団20 三姉妹、ふしぎな旅日記 2005年2月5日、ISBN 4-06-182412-0 2008年1月16日、ISBN 978-4-06-275960-1
21 三姉妹探偵団21 三姉妹、清く貧しく美しく 2007年2月6日、ISBN 978-4-06-182515-4 2010年2月13日、ISBN 978-4-06-276576-3
22 三姉妹探偵団22 三姉妹と忘れじの面影 2011年4月6日、ISBN 978-4-06-182773-8 2014年5月、ISBN 978-4-06-277838-1
23 三姉妹探偵団23 三姉妹、舞踏会への招待 2013年7月3日、ISBN 978-4-06-182881-0
24 三姉妹探偵団24 三姉妹、さびしい入江の歌 2015年7月7日、ISBN 978-4-06-299051-6

番外編[編集]

映画「四姉妹物語」[編集]

四姉妹物語
監督 本田昌広
脚本 大川俊道
原案 赤川次郎
出演者 清水美砂
牧瀬里穂
中江有里
今村雅美
音楽 岡田徹
主題歌 L⇔RHELLO, IT'S ME
撮影 猪瀬雅久
編集 奥原好幸
製作会社 江崎グリコ
配給 東宝
公開 日本の旗 1995年1月28日
上映時間 103分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

江崎グリコの「ポッキー」のCM1993年から1996年まで、清水美砂牧瀬里穂中江有里今村雅美が起用され、「ポッキー四姉妹物語」としてキャンペーン展開されていた。

物語形式によるメディアミックス戦略の一環としてスピンオフ映画作品が企画され、1995年に「四姉妹物語」として東宝系で公開された。CMの設定と、三姉妹探偵団の設定をドッキングした展開になっている。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 製作プロダクション:電通関西支社、キティ・フィルム
  • 製作者:伊地智啓、安田匡裕
  • 原案:赤川次郎
  • 監督:本田昌広
  • 脚本:大川俊道
  • 撮影:猪瀬雅久
  • ダイアローグ:飯島早苗
  • アクション監督:斎藤英雄
  • 助監督:富樫森
  • 企画:藤井忠彦、大木達哉
  • 企画協力:村上和義、荒木宏、鬼頭圭二、平川浩司
  • プロデューサー:椋樹弘尚
  • 車輌協力:本田技研工業(当時、出演者の牧瀬が「トゥデイ」のCMに出演していたため)

テレビドラマ[編集]

1986年版[編集]

1986年2月20日 20:02-21:48、フジテレビ木曜ドラマストリート』枠で放送。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 原作:赤川次郎
  • 脚本:岡村香織
  • 演出:高橋伴明
  • プロデューサー:久里耕介、宅間秋史、松下千秋

1998年版[編集]

全10回、平均視聴率は13.6%。

概要[編集]

  • 犯人役を赤坂泰彦、そのまんま東近石真介IZAMなどといった異色の顔触れが演じた。当時の刑事・探偵もののテレビドラマにはドタバタテイストのコメディが多く、本作もそうした傾向が色濃く反映された内容となった。
  • IZAM吉川ひなのは本作での共演がきっかけで1999年に結婚した。(その後離婚)

キャスト[編集]

谷原章介丸久美子星野亜希、前田綾、上原あや、藤村ちか、國分肖魅、三浦和貴子、橋本真美
関根双葉、蓮沼茜、興石阿里紗、三輝みきこ、吉田潤之佑、俵木藤汰、MAJID AZIZE、HOSSIEN ABDOLE、MICHAEL BIMSARA、厖国強
第1話・第2話
第3話
第4話・第5話
第6話
第7話・第8話
第9話・第10話

スタッフ[編集]

  • 原作:赤川次郎
  • 脚本:橋本以蔵、津田真弓、夏野すいか
  • 音楽:日向大介
  • 演出:大平太、吉野洋、長沼誠、古賀倫明
  • プロデュース:古賀倫明、佐藤敦
  • 製作著作:日本テレビ

主題歌・挿入歌[編集]

  • 主題歌「TEENAGER」 (井上陽水
  • 挿入歌「WITH」 (Daisuke Hinata debuting MaMi)

サブタイトル[編集]

各話 サブタイトル 視聴率
第1話 仮面舞踏会に潜む罠!パパは恐怖の連続殺人鬼 18.4%
第2話 仮面舞踏会殺人事件今夜解決!パパ死す 13.8%
第3話 ライブ殺人!愛と復讐の連続爆弾魔!! 14.4%
第4話 雪幽霊ゲレンデを襲う呪い!露天風呂殺人の謎!! 14.1%
第5話 雪幽霊伝説完結編!謎の吸血鬼!?母の涙 12.6%
第6話 復讐の銃弾!バレンタインは危険がいっぱい!! 14.7%
第7話 初恋は危険な誘拐!?試験問題盗難に秘められた罠 12.1%
第8話 珠美の初恋!!誰も殺さないで涙のファーストキス 12.1%
第9話 大脱走父の花嫁は魔性の女!?秘密の花園殺人事件 11.4%
最終話 悪魔の花嫁!偽りの愛に隠された殺人トリック 12.7%
平均視聴率 13.6%(視聴率は関東地区ビデオリサーチ社調べ)
日本テレビ 土曜グランド劇場
前番組 番組名 次番組
ぼくらの勇気 未満都市
(1997.10.18-1997.12.20)
三姉妹探偵団
(1998.1.10-1998.3.21)
【ここまでの枠名は『土曜グランド劇場』】
LOVE&PEACE
(1998.4.18-1998.7.4)
【ここからの枠名は『土曜ドラマ』】

2008年版[編集]

三姉妹にオリジナルの長女を追加。4姉妹に。各登場人物のキャラクター強化のための追加要素も強い。視聴率はふるわなかった。

外部リンク[編集]