IZAM

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
IZAM
出生名 日根 良和
別名 十六夢
生誕 1972年4月23日(44歳)
出身地 日本の旗 日本 東京都府中市
学歴 東京都立松が谷高等学校卒業
ジャンル ロック
職業 音楽家
俳優
タレント
担当楽器
活動期間 1993年 -
事務所 スウィート・チャイルド(離籍)
オフィス・タッチ(離籍)
ヴァーサタイルエンタテインメント(離籍)
サンミュージックプロダクション(2008年7月 - 現在)
公式サイト IZAMオフィシャル☆ブログ☆IZAMANIA
ボーイ・ジョージ

IZAM(イザム、1972年1976年[1]4月23日 - )は、日本ミュージシャンタレント俳優。本名は日根 良和(ひね よしかず)。東京都府中市出身。東京都立松が谷高等学校卒業。左利きサンミュージックプロダクション所属。ベニバラ兎団主宰。日本芸術専門学校特別講師。

経歴[編集]

父は元国鉄スワローズ投手日根紘三(ひね こうぞう)。テレビ神奈川saku saku morning call』のMC時期には、紡木たくの漫画『ホットロード』の影響でバイクに乗ったり、ガンプラの中で特にGMを16体も作った少年時代を語っている。

中学・高校時代はバレーボール部に所属し、中学時代はキャプテンを務めた。

子供の頃からジャッキー・チェンに憧れて、俳優になりたかった。

1993年新宿で知り合ったメンバーとヴィジュアル系バンドSHAZNA」を結成し、ボーカリストとして活動。芸名の由来は「十六夜」からで、インディーズ時代は「IZANE」「IZAMU」名義だった。 学生時代にカルチャー・クラブボーイ・ジョージに影響を受けたルックスでインディーズ時代から強い支持を得、1997年にシングル『Melty Love』でメジャーデビュー。同年、一風堂の『すみれ September Love』をカバーし大ヒットを記録。SHAZNA全盛期のスタイルはボーイ・ジョージの影響が大きいと語っている。この際の服装を今でも「女みたいな服装」といじられネタにされる事が多い。なお、女装しなくても素顔自体が中性的な顔立ちで、これを維持するために「女性ホルモンを入れている」とテレビ番組で告白したと雑誌が報じたが、本人自身が事実無根であると否定した[2]。彫りの深い顔立ちで一見ハーフのように見えるが生粋の日本人である。

1999年2月、吉川ひなのと結婚するが、同年9月に離婚。

1999年4月に『saku saku morning call』のMCに就任。その際に予算がない旨を言い渡され、せめて人形と司会をさせてくれと懇願したことから「フトモモ」が誕生し、後の増田ジゴロウ白井ヴィンセント誕生の布石となる。また同番組は1週間分を一度に収録したが、曜日ごとに衣装を替えたのは歴代MCで彼だけである。

2000年10月にバンド活動を休止してからはソロ・アーティストとして活動する一方、堤幸彦監督の映画チャイニーズ・ディナー』(2001年)『溺れる魚』(2001年)に俳優として出演、2002年には初の執筆小説ミラー・ボーイ』を出版するなど、他分野にも活動を広げる。2001年日本映画批評家大賞新人賞を受賞した。2005年日本テレビ系『(秘)ひらめ筋』でトリノオリンピック出場を目指してスケルトンに一から挑戦し、競輪学校で特訓を受けるなどした。

2006年6月、SHAZNAがメジャーデビュー10周年を翌年に控え6年ぶりの活動再開を発表。同年9月5日のDUO MUSIC EXCHANGEで復活ライブを行う。2007年4月にはニュー・シングル『心』が発売される。IZAMはそのトレードマークであった女装の封印を決断した。

2006年11月9日、タレントの吉岡美穂と再婚。この時、吉岡は妊娠3か月だった。

2007年4月17日、第一子となる男児「桜深(おうみ)」が誕生。

2008年7月5日、自身のブログでサンミュージックプロダクションへの移籍を発表。

2008年9月14日、『ウラネタ芸能ワイド 週刊えみぃSHOW』出演中、吉岡の妊娠(第二子)を公表した。

2008年11月3日、インディーズ時代の貧困を綴った初エッセイ『ホームレスヴィジュアル系』(ゴマブックス ISBN 978-4777111206)の発売記念イベントにおいてSHAZNA解散を電撃発表。2009年3月22日にShibuya O-EASTで解散ライブを行った。

2008年11月7日、第二子となる女児「王詞(きこと)」が誕生。

2009年5月31日、『愛の修羅バラ!』で妻の吉岡美穂と初共演。夫婦生活をあからさまに話す姿が受けて、以降、吉岡と夫婦でバラエティ番組に出演する機会が増えている。また、バラエティ番組では恐妻家キャラを確立して自虐ネタを披露。

  • 「世間では癒やし系と言うがそんな人は見た事がない」と強調する。
  • 川柳で「癒し系 家の中では 脅し系」と読み上げる。
  • 2010年12月19日放送の『さんまのSUPERからくりTV』の替え歌では郷ひろみの2億4千万の瞳を替え歌にし「ご飯が手抜き」、「小遣いが少ない」、「足ふきマットで体を洗っている」等家でのぞんざいな扱われぶりを暴露。最後に脅し系を総称し「ジャイアン」と皮肉った。

だがIZAM自身が「王子様」と自称する等自信過剰ぶりのひどいキャラクターであるため、島田紳助からは「恐妻家でなく単にお前が変なだけやろ」と変人扱いされている。吉岡も自信過剰ぶりに呆れており、その事について文句を言われるのが定番になっている。しかし妻への愛情は強く、ホンネの殿堂では目隠しした状態で手を握っただけで吉岡を見事に判別した。

2010年5月28日、吉岡の第三子の妊娠を発表。11月25日に、男児「希海(きうな)」が誕生したことを発表した[3]

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

  1. 素直なままで(1998年5月27日、PHDL-11001、IZAM with ASTRAL LOVEとして)オリコン20位
  2. 瞳閉じて(1998年11月26日、TODT-5230)オリコン19位
    1. 瞳閉じて[5:04]
      作詞・作曲:ЯK/編曲:山口一久
      NHK金曜時代劇新・腕におぼえあり〜よろずや平四郎活人剣〜』主題歌
    2. 羽根と作り物の花[6:14]
      作詞・作曲:ЯK/編曲:山口一久
    3. 瞳閉じて (Piano Instrumental Version)[2:23]
    4. 瞳閉じて (Non Vocal Version)[5:04]
  3. アイリス(2003年4月19日)オリコン48位
    1. アイリス[4:16]
      作詞:IZAM/作曲:a-k/作曲:S・Shiera
    2. 蕾の告白[4:24]
      作詞:IZAM/作曲:a-k/作曲:S・Shiera
    3. 博愛サプリメント[3:52]
      作詞:IZAM/作曲:Jelly Izumi・IZAM
      洋服の青山「リクルート スーツ」CMソング
  4. 恋してクラ☆クラ(2003年5月28日)オリコン100位
    1. 恋してクラ☆クラ (NEO ROMANESQUE edit)[3:55]
      作詞:IZAM/作曲:a-k/作曲:S・Shiera
      フジテレビ系『HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP』2003年4・5月度EDテーマ
    2. 恋してクラ☆クラ (IZAMLESS edit)[3:52]
    3. (エンハンスド)映像特典:恋してクラ☆クラ (VIDEO clip)

アルバム[編集]

  1. 美意識過剰(2003年3月19日)[通常盤+初回限定盤(DVD付)]オリコン148位
    1. 博愛サプリメント (Appetizer Taste)[2:27]
    2. 極東極上☆Night[4:33]
    3. 失恋モノグラム[3:55]
    4. 蕾の告白[4:21]
    5. 予感[4:25]
    6. 永遠の純潔[5:13]
    7. 夏色吐息[3:05]
    8. 有罪プロムナード[3:23]
    9. アイリス[4:15]
    10. 君は罪[4:22]
    11. 秋桜[4:25]
    12. 恋してクラ☆クラ[3:53]
    13. 美意識過剰[2:51]
    14. 博愛サプリメント (Dessert Taste)[1:24]
  2. Heavenly Fighter(2004年8月27日)
    1. Libra
    2. ABYSS
    3. 8月の情熱セレナーデ
    4. 密愛オルゴール
    5. Asian Beauty
    6. Bacarrat

参加作品[編集]

  1. 『ディズニー・トリビュートアルバム We Love Mickey~ハッピー70thアニバーサリー』(1998年11月6日
    • 5. 小さな世界
  2. Loveless, more Loveless』(2011年2月16日メガマソ
    • 13. すみれ September Love (メガマソfeat. IZAM)

フィルモグラフィ[編集]

出演[編集]

監督[編集]

  • 夏音 -Caonne(2006年)
  • 倉貫まりこ/キューティー・バニー(2004年)

俳優業[編集]

テレビ番組[編集]

テレビドラマ[編集]

オリジナルビデオ[編集]

CM[編集]

  • 大日本除虫菊「タンスにゴン」
  • JT「泡立つカフェオレ・泡立つカフェチョコ」
  • ブルボン「チュロフル」「ワッフルバー」

舞台[編集]

  • ベニバラ兎団 プロデュース公演 vol.3「世界を終わりに近づける愛の魔法」(2010年1月7日 - 11日、新宿THEATER BRATS)
  • ベニバラ兎団 プロデュース公演 vol.4「Cabaret カルチェ・ラタン!1950」(2010年9月30日 - 10月3日、東京新宿シアターモリエール)
  • ベニバラ兎団 プロデュース公演 vol.5「レスラーボーイズ」(2011年1月7日 - 11日、下北沢「劇」小劇場)
  • DHE@stageプロデュース「陰陽師〜Light and Shadow〜」(2011年4月7日 - 17日、新国立劇場) - 平知盛 役
  • +GOLD FISH(2013年2月7日-16日、東京芸術劇場
  • まほろばかなた-長州志士の目指した場所-(2014年4月)天王洲銀河劇場

映画[編集]

  • 民暴(2016年1月30日、貝原クリス亮監督) - 村崎秀樹 役[4]

声優業[編集]

アニメ映画[編集]

趣味・嗜好[編集]

  • 新世紀エヴァンゲリオンの熱狂的ファンでエヴァ携帯を宝物にしており、本人は電源を入れたことが無い。しかし吉岡がIZAMと喧嘩をした後、本人のいない間に子供に触らせて怒りを発散していることをばらされた(勿論電源を入れられている)[5]
  • SHAZNA時代から好きな芸人として江頭2:50を挙げている。
  • 空手初段である。
  • 料理批判

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ IZAMとしての生年。風水に凝っていた当時の事務所の社長から、占い師の助言として変えさせられた。
  2. ^ IZAM (2007年4月8日). “沢山の” (日本語). アメーバブログ. サイバーエージェント. 2011年2月8日閲覧。
  3. ^ IZAM、吉岡美穂夫妻に第3子誕生 -nikkansports.com 2010年11月25日
  4. ^ IZAM、紗綾の袋とじグラビアに悩殺される「思わず袋切りました」”. シネマトゥデイ (2016年1月31日). 2016年2月1日閲覧。
  5. ^ 2010年2月14日のおしゃれイズムより

外部リンク[編集]