聖龍伝説

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

聖龍伝説』(せいりゅうでんせつ)は、1996年10月19日から12月21日日本テレビ系で毎週土曜夜9時に放送されたカンフーをモチーフとしたSFアクションテレビドラマ。劇中にはアクション俳優が多く出演しており、カルト的人気を得た。全10話。本作のテーマは「裏切り」。

あらすじ[編集]

伝説の拳法『聖龍拳』の伝承者、冴木聖羅は伝説の秘宝『天使の涙』(不老不死)の鍵となる5つの水晶をめぐって聖龍拳と対なす拳法『幻龍拳』の刺客たちと戦っていく。

登場人物・キャスト[編集]

主人公[編集]

冴木聖羅:安達祐実
主人公であり聖龍拳の伝承者。聖華の娘であり、藍羅の双子の姉。決め台詞は「さあ、懺悔の時間だよ」。谷底の川に突き落とし捨てた母親を怨んでいる。当初は戦う事を拒んでいたが、冴木勇次や酒井美咲たちが次々と戦いの巻き添えになった事で、これ以上犠牲者を出したくない、大事な人を守りたいという思いから、聖大老師から武術を学びながら幻龍拳に立ち向かっていく。
速水麗一:鳥羽潤
もう1人の主人公であり、小夜子と幻龍拳総統・王将鬼の息子。水晶の持ち主で、実は幻龍拳の継承者。のちに自分の血の宿命と聖羅を守る為に、幻龍拳に立ち向かって行く。

明和学園の関係者[編集]

仙道大作:ケイン・コスギ
序盤では脇役であったが、次第に準主人公的存在となった。修作の息子。聖羅と麗一の先輩。格闘同好会のキャプテンにして自警団の団長。帰国子女で英語を喋る癖がある。感情が高まったり落ち込むと「俺の拳(コブシ)が○○○ぜ」と口走る。当初は麗一を格闘同好会や自警団に入れる事に専念するが、麗一や聖羅に接する事で幻龍拳の事を知り、後輩の冴木聖羅と速水麗一を幻龍拳から仲間を守る為に戦いに立ち向かっていく。
酒井美咲:遠藤久美子
速水麗一と幼馴染。多額の謝金に店の権利書がかかっている事で幻龍拳に付け入られ、悩みながらも冴木聖羅の居場所を金で売る。さらにその事で思い悩み、最期で冴木聖羅をかばい、瀕死の重傷を負い意識不明の重体になる。その後瀕死の重傷であった長い眠りから目を覚まし、回復。
神楽坂佐織:榎本加奈子
学園(クラス)のマドンナで冴木聖羅のイジメグループの首班。ミズホ、ユウコ(ユウコ亡き後に無名(菊池万理江)が入る)といつも一緒にいる。聖羅や麗一と関り合う事で、しだいに幻龍拳の戦いに巻き込まれる。最後で事の重大さに気づき、その後に隠れ家の提供などをした。
瑞穂:市川あすか
神楽坂佐織のグループ。
吉沢ゆう子:尾知恵美子
神楽坂佐織のグループ。
のちに四天王・安珍に地中に引きずり込まれ殺害される。
役名不明:菊池万理江
神楽坂佐織のグループ。(吉沢ゆう子の入れ替わり)
宮崎一:吉田潤之祐
空手部のキャプテン。冴木聖羅のイジメグループの一人。神楽坂佐織が好きで、佐織の命令なら何でも動く。速水麗一とは恋のライバルで、冴木聖羅とは恋敵。
ケイ&コウ太郎:星直人小川俊樹
仙道大作の格闘同好会と自警団の仲間。
高柳先生:木村多江
水沢先生亡き後に登場した担任の先生。学園の教師で聖羅たちの担任。一ヵ月後に結婚式を迎える事になっていた。赤い靴を履いていたせいで四天王・青珍に殺害される。
石本先生:山口春香
高柳先生亡き後に登場した教師。聖羅たちの担任。ドラマでは最後に登場した。

主要人物の家族[編集]

冴木勇次:千葉真一
元幻龍拳で聖羅の義父。愛する聖華の娘(聖羅)を守る為に幻龍拳を裏切った。その後父親代わりに男一つで聖羅を育てあげたが、自分の体は既に病魔が蝕んでいた。最期は幻龍拳に居場所を突き止められ、幻龍拳刺客と病魔との戦いに力つき、聖羅の腕の中で静かに息を引き取った。
カレン:ひがし由貴
冴木勇次の元恋人。恋人を取られた事で、冴木勇次と聖羅を怨む。冴木勇次が幻龍拳を裏切った事で、酷い拷問をうけ四天王・翔影に硫酸で顔を焼かれた。その事で冴木勇次と聖羅に復讐する事を考えて、聖羅に偽の母親として近づく。その後も四天王・翔影に利用されるが、聖羅の真っ直ぐな思いと優しさに触れて、最期は四天王・翔影の攻撃から聖羅を庇い、聖羅の腕の中で静かに息を引き取った。
聖華(羽村):五十嵐淳子
バンセンの妻(偽名として羽村を名乗っていた)。冴木聖羅の母で、記憶喪失(影の総統・藍羅に秘孔を突かれた)。記憶の中に水晶の秘密が隠されている。最期は総統・王将鬼の攻撃から聖羅を庇い、瀕死の重傷をうけ聖羅の腕の中で静かに息を引き取った。
バンセン:六平直政
技:経絡秘孔突き
元聖龍拳の残党。聖華を救い出し、長年聖華をお守りしていた。三鬼神・雷神との戦いで瀕死の重傷を負いながらも、最後の仕事として聖羅に潜在能力を引き上げて、聖華に見送られながら息を引き取った。
速水小夜子:宮田早苗
元幻龍拳。麗一の母で店のオーナー。総統・王将鬼(夫)の過去の秘密を知っていた事で殺害される。
リー:京本政樹
元幻龍拳。速水小夜子の元恋人。総統・王将鬼の過去の秘密を知っていた事で殺害される。
仙道修作:ショー・コスギ
大作の父。息子の大作が三鬼神・流法の傀儡拳に操られ、親子同士で戦う事になるが、大事にはいたらなかった。

その他の関係者[編集]

三上武史:速水亮
聖羅の母親(聖華)について知る人物。幻龍四天王・百舌に殺害される。
仙元堂のじっちゃん:村上冬樹
聖羅の母親(聖華)について知る人物。幻龍四天王・翔影に殺害される。
アキヒロ:ダンカン
仙元堂のじっちゃんの息子。伝説の秘宝『天使の涙』を共に調べるが、幻龍拳の襲撃に遭い、刺客に殺害される。

幻龍拳のメンバー[編集]

総統[編集]

幻龍拳影の総統・藍羅:安達祐実(二役)
技:邪眼/気孔破(無名の技)/秘孔突き
聖羅の双子の妹(聖龍拳の血筋)。邪眼の能力を持つ超能力使い。自分の力を維持する為に、天使の涙(不老不死)を手に入れる為、幻龍拳を駒のように影で操る。元々は幻龍拳総統・王(わん)将鬼に捕われていたが、体が変化し爆発的な潜在能力を発揮し幻龍拳誰にも敵わない力となり、幻龍拳の影の支配者となった。最終戦では邪眼の力に苦戦を強いられたが、錫杖(老鬼から託された)から気弾で目を晦ませた瞬間隙をつかれ、聖龍拳奥義・昇天斬の一撃のもとへ敗北した。
幻龍拳総統・王(わん)将鬼:長谷川初範
技:幻龍魔空波
速水麗一の父。長い黒髪を三つ編みポニーテールでまとめた冷酷非道かつ残忍な男。今まで女性との間にもうけた子供は自身の手で殺してしまったため、自分の後継者として麗一を探す。体が病魔におかされて余命短い為、天使の涙(不老不死)を手に入れようとした。最終戦では幻龍魔空波で追い詰めるも、聖龍風神掌と気孔破の連続攻撃で倒した。結局は病魔が蝕んでた為敗北する。最期は背後からの気孔破(影の総統・藍羅)で止めをさされ絶命した。

三鬼神[編集]

聖大老師/幻龍三鬼神・老鬼:片岡鶴太郎
技:老鬼飛龍拳
「幻龍拳最強にして最後の砦」の異名持ち。冴木聖羅の師匠。元和道拳の最後の生き残りで、レナの父親。聖龍の技を知る拳士で聖羅に聖龍の宿命と聖幻伝説の秘宝について、そして三千年に及ぶ聖幻の戦いを語る。その後幻龍三鬼神・老鬼として聖羅に立ちはだかり、冴木聖羅との戦いで左腕を失う。その真意は、幻龍拳総統・王により和道拳壊滅後は娘レナと共に旅をしながら逃げていたが幻龍拳につかまり服従としてレナを人質にとられた。その後レナを救い出す為に影の総統・藍羅の言いなりに幻龍拳配下として働き、幻龍拳への謀反なども企んでいたが、既にレナは殺害され影の総統・藍羅に欺かれていた。最期は用済みになった事で影の総統・藍羅に止めをさされ、涙して代わりに娘の仇をとってくれと錫杖を託し、聖羅の腕の中で静かに息を引き取った。
レナ:配役(子役)
聖大老師(老鬼)の一人娘。影の総統・藍羅に服従の為人質にとられていたが、藍羅に早々に殺害されていた。
張(チャン)/幻龍三鬼神・流法:鶴田忍
技:傀儡拳
店の料理長。速水麗一の父親代わり。亡霊騒ぎを起こさせ傀儡拳で人を操りその隙に水晶を奪うが、最後で冴木聖羅に見破られ速水麗一が戦う事になる。仕掛ける事なくわざと麗一に打たれ(人としての心が残っていた)冴木聖羅に最後の三鬼神の人物を告げると、速水麗一に父親として最後の言葉を告げ、麗一の腕の中で静かに息を引き取った。
幻龍三鬼神・雷神:佐竹雅昭
技:幻龍雷神拳
翔影の兄。技以外に自分の体と関節を自在に操る事が出来る。最後の戦いでは事前に雷神拳を使う事により、気を消耗していたため聖龍風神掌のパワーに敗北した。その後秘密を喋ろうとしたが、口封じとして前方からの幻龍魔空波(幻龍拳総統・王将鬼)で止めをさされ絶命した。

四天王[編集]

幻龍四天王・翔影:シンシア・ラスター
技:幻龍自縛拳
雷神の妹。美女にして冷酷で残忍な性格。身のこなしが、中国拳法に近い技を持つ。最後の戦いでは肩関節をはずすことで、自縛拳を破る事に成功した。最後にカレンを利用した挙句、余りに非道な最期をとげたカレンに対し、聖羅の怒りを買い片手で圧勝したかに見えたが、顔の筋肉と神経を断ち切られ悲惨な最期をとげた。
幻龍四天王・安珍:荻野嘉一郎/声:佐藤正治
技:幻龍地雷拳
容姿は小学生に見えるが、四天王の中で最年長にして初盤の強敵。水晶を手に入れる為に、青珍の息子として冴木聖羅に近づく。最後の戦いで飛び上がった頂点で無防備なのを見破られ、聖羅の気孔波に敗北し最期は小型爆弾で爆死した。
幻龍四天王・静珍:上杉祥三
技:幻龍蟷螂拳/幻龍拳奥義・裏蟷螂拳
「幻龍拳最強の使い手」の異名持ち。赤い靴の女性を手当たりしだいに手にかける殺人鬼。最後の戦いで呼吸を読まれた事で敗北。その後の幻龍拳奥義・裏蟷螂拳にかなりの苦戦を強いられ、聖羅が絶体絶命の時に間近にいた安珍が青珍に止めをさし、間近の炎にまかれ絶命した。裏蟷螂拳だけは、唯一冴木聖羅とって見切れなかった拳技である。
幻龍四天王・百舌:又野誠治
技:幻龍六手拳/飛翔斬
学園の用務員として忍び込んでいた。冴木聖羅が最初に戦った幻龍拳の幹部。幻龍六手拳の技使用している間、下半身が無防備なのを見破られ聖龍両脚斬に敗北した。その後も冴木聖羅を狙っていたが、自分の技(飛翔斬)に絶命した。

その他の刺客[編集]

水沢先生:川平慈英
代行教師。四天王・百舌の腹心。代行として赴任してきた冴木聖羅たちの担任。その正体は幻龍拳の刺客で、冴木勇次の居場所を突き止め始末する為に、教師の振りをし冴木聖羅に近づいた。最期は冴木勇次の殺された怒りによる気孔破に敗北。その後口封じとして幻龍四天王・百舌に始末され絶命した。本物の水沢先生は既に殺害されている為、本名不明。
ヤン:斉藤陽子
四天王・青珍の腹心。冴木聖羅を追い込む為に、四天王青珍と安珍とで炸薬し偽の家族を演じる。最期は聖大老師(老鬼)に倒される。
開元(アソウ):沢向要士
四天王・安珍の腹心。神楽坂佐織を利用する為アソウとして近づく。最期は速水麗一と仙道大作とで苦戦を強いられるが、聖大老師(老鬼)の一撃で倒される。
栄進:マイケル富岡
三鬼神・流法の腹心。亡霊騒ぎの生贄として三鬼神・流法に殺害された。
慈音:三條美紀
霊媒師。三鬼神・流法の腹心。亡霊騒ぎを起こし聖羅に亡霊(三鬼神・流法)の幻影を見させ動揺を与えようとしたが、最後で彼女も傀儡拳で操られた事がわかった。最後の戦いで三鬼神・流法(偽者)として登場し戦うも、聖龍風神掌で倒され最期は自害して果てた。
亡霊(三鬼神・流法):赤星昇一郎
亡霊の三鬼神・流法の幻影や偽者などのドラマ中の架空人物として登場した。
勇元:織田無道
三鬼神・流法の腹心。錫杖使い。聖龍風神掌に倒された。
法元:須藤正祐
総統・王の腹心。最期は聖大老師(老鬼)に倒される。
慶武:羽賀健二
総統・王の腹心。最期は聖大老師(老鬼)の老鬼飛龍拳に倒される。
役名不明:菅田俊
最後に登場した刺客。総統・王の腹心。冴木聖羅によって倒された。

必殺技・奥義[編集]

聖龍拳[編集]

気孔破(無名の技) :冴木聖羅
聖羅の能力のひとつ。幻龍拳刺客・水沢との戦いで、覚醒した技。怒りによる感情が、高ぶった時に片腕に「龍の模様」が現れ気孔破が放つ事が、可能となる。その間は特に気の消耗に制限がなく連続して連発できるようである。また両手から同時じ気孔破を放つ事も可能。しかし感情に左右されるため心が、落ち着いた時は発動はしないなどの欠点をもつが、聖大老師(老鬼)との修行の成果によりコントロールが可能となった。安珍の幻龍地雷拳を打ち破るにも用いられた。
聖龍両脚斬:冴木聖羅
聖龍拳奥儀のひとつ。最初に習得した技。しゃがみ込んだ体勢で左足を軸に高速で回転しながらの回し蹴りを繰り出す。相手の膝の部分を両方から叩いて、砕く効果がある。百舌の六手拳 の弱点である下半身(無防備)を攻撃するのに使用した。
聖龍風神掌:冴木聖羅
聖龍拳奥儀のひとつ。雷神戦で二番目に習得した技で聖羅の必殺技として何度か使用された。全身の気を拳に集中し気合とともに放つ一撃必殺の大技。気を大量に消費する為出し損なうと自らの命を失う危険な技でもある。
聖龍拳奥義・昇天斬:冴木聖羅
最後の決戦にて放った聖龍拳の奥義。藍羅を一撃で倒すほどの威力を持つ。全身の気を高めて最大級の気弾を放ち放たれた気弾は龍の形となり凄まじい爆発を起こす。
経絡秘孔突き(無名の技) :バンセン
聖龍拳の技ひとつ。敵の秘孔を突く事で、身動きを封じる。聖羅の潜在能力を引き出すのにも使用された。この技は雷神には一切効かなく返り討ちにされてしまった。

幻龍拳[編集]

幻龍六手拳:四天王・百舌
幻龍拳奥義のひとつ。腕を超高速で動かし、まるで6本の腕があるように見えるような攻撃を繰り出す。高速で繰り出される鉤爪の攻撃は防ぎがたくあっという間に全身が切り裂かれてしまう。上半身に力を集中している為下半身が無防備になる弱点を持つ。
飛翔斬:四天王・百舌
腕の鉤爪に仕込んだ金属製の爪刃を飛ばし標的に目掛け突き刺す。弓矢やボウガンの原理に似ている。聖羅に敗れ最後に聖羅を狙った技だったが聖羅に先を読まれ自分の技で刺さり自滅した。ドラマでは飛翔斬に関して無名の技として放送されたが、後に週刊雑誌の聖龍伝説による特集覧で技名が公開された。
幻龍蟷螂拳:四天王・青珍
幻龍拳奥義のひとつ。鎌の様な形にした手刀を高速で繰り出し標的を切り刻む。テコの原理を利用、一種の返し技として使用している。呼吸とフェイントを読まれてしまい破られた。
幻龍拳奥義・裏蟷螂拳:四天王・青珍
腕に仕込んだ金属製の鎌を取り出し自分の腕とあわせて攻撃する。攻撃の手数が増えることによってさらに強力になっている。
幻龍地雷拳:四天王・安珍
幻龍拳奥義のひとつ。全身をコマのように回転させて地面にもぐり地中から相手に突き上げて攻撃する。相手に接近を気づかせないまま噴水のごとく勢いをつけて飛び上がるのが主な攻撃。一撃の威力自体は強力だが飛び上がった頂点で無防備になる弱点を持つ。
幻龍自縛拳:四天王・翔影
幻龍拳奥義のひとつ。茨のようなトゲの生えた棍を鞭のように振るい標的を縛り上げる。一度鞭にかかると、もがけばもがくほどトゲが食い込むため生半可なことでは脱出できない。肩関節をはずすことで隙間が出来脱出する事が出来た。
幻龍雷神拳:三鬼神・雷神
幻龍拳奥義のひとつ。鉄骨を軽々と砕く威力を持ち凄まじい突きを繰り出すと同時に拳に気を集中して気孔波を放つ。気を大量に使用する為連続続ける事で事前に気を消耗しまう弱点を持つ。
傀儡拳:三鬼神・流法
幻龍拳奥義のひとつ。首筋の三箇所の秘孔を突く事で、その人物を特殊な鈴の音で思いのまま操ることができる。同じ部分を突けば解除される裏秘孔があるが、それが少しでもずれると犠牲者の死を招く。幻龍拳の技の中でも暗殺拳として特に恐れられた奥義である。
老鬼飛龍拳:三鬼神・老鬼
幻龍拳(和道拳)奥義のひとつ。錫杖に力を集中し、まばゆい光を発し錫杖をすばやく振るうことで標的を叩きのめす。錫杖から気弾を発する事も目晦ましする事も可能で制限がなく連発できるようである。技に関しては「和道拳」の残党である為事実的に幻龍拳の奥義なのかは不明。
幻龍魔空波:総統・王将鬼
幻龍拳奥義のひとつ。突き出した両腕に気を集中し強烈な気弾を放つ。特に気の消耗に制限がなく連発できるようである。
邪眼:影の総統・藍羅
藍羅の超能力のひとつ。標的の相手の目を通して身動きを封じて同時に気を吸い取る。藍羅の目を見ないか目を晦ませるか以外に回避は不可能。
気孔破(無名の技) :影の総統・藍羅
藍羅の能力のひとつ。突き出した両腕に気を集中し強烈を気弾を放つ。特に気の消耗に制限がなく連続して連発できるようである。
秘孔突き(無名の技) :影の総統・藍羅
藍羅の能力のひとつ。母の聖華の記憶を奪うのに使用した技で、それ以外は登場していない。

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

サブタイトル・視聴率[編集]

各話 放送日 サブタイトル 視聴率
第1話 1996年10月19日 宿命の世紀末カンフー少女聖羅 修羅の戦い!ザンゲの時間だよ!! 20.7%
第2話 1996年10月26日 悪魔に友を売った少女!裏切りを許さぬ必殺拳!!美しき戦士の誕生 14.7%
第3話 1996年11月2日 赤い靴美女連続殺人!恐怖カマキリ父子拳の非情な罠 17.5%
第4話 1996年11月9日 偽りの墓標呪い少年が操る(秘)地雷拳の謎!女子高生怪死 16.9%
第5話 1996年11月16日 母の処刑!恐怖のミイラ女の復讐!!酔拳鞭拳棒術が唸る 15.4%
第6話 1996年11月23日 母と対面!嵐を呼ぶ記憶封印!!最強の敵三鬼神 16.7%
第7話 1996年11月30日 亡霊に憑かれた学園!悪魔が来りて笛を吹く 14.5%
第8話 1996年12月7日 最愛の人の裏切り!脱獄した母を襲う殺人魔術拳の罠 16.0%
第9話 1996年12月14日 母の決闘!甦る記憶の秘密!!世紀末最後の死 17.1%
最終話 1996年12月21日 裏切りのフィナーレ!死者は甦る?双頭の殺人鬼が姿を現す!! 17.7%
平均視聴率 16.7%(視聴率は関東地区ビデオリサーチ社調べ)

備考[編集]

  • リアルタイムでの放送期間中にビデオソフトの第1巻を発売するという、異例の商品展開が行われた。現在では製造されておらず、DVD化も『家なき子』などと同様に行われていない。
  • プレイステーション用にゲーム版(ジャンルは格闘)が制作され、バップより発売される予定であったが、発売中止となった。
日本テレビ 土曜グランド劇場
前番組 番組名 次番組
金田一少年の事件簿
第2シーズン
(1996.7.13~1996.9.14)
聖龍伝説
(1996.10.19~1996.12.21)
サイコメトラーEIJI
(1997.1.11~1997.3.15)