向井荒太の動物日記 〜愛犬ロシナンテの災難〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
向井荒太の動物日記 〜愛犬ロシナンテの災難〜
ジャンル テレビドラマ
企画 海老克哉
吉田智子
福田卓郎
福田千津子
西本洋子
武田菜穂
脚本 吉田智子
福田卓郎
福田千津子
西本洋子
武田菜穂
演出 大谷太郎
細野英延
水田伸生
北川敬一
出演者 堂本剛
水野真紀
エンディング KinKi Kidsボクの背中には羽根がある
製作
プロデューサー 池田健司
中沢晋
制作 日本テレビ
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2001年1月13日 - 3月17日
放送時間 土曜 21:00 - 21:54
放送枠 土曜ドラマ (日本テレビ)
放送分 54分
回数 10
テンプレートを表示

向井荒太の動物日記 〜愛犬ロシナンテの災難〜』(むかいあらたのどうぶつにっき 〜あいけんロシナンテのさいなん〜)は、2001年1月13日から3月17日日本テレビの「土曜ドラマ」枠で放送されたテレビドラマ。主演は堂本剛。平均視聴率は15.3%。

大学の獣医学部を舞台に描かれる、学生や教授らといった濃い人間たちと動物達の起こす騒動を描く青春ドラマである。

ストーリー[編集]

八王子大学獣医学部の学生にして風変りな青年、向井荒太は同期である工藤みちるや桜庭エミリと共に浦島一郎のゼミの補佐(という名の雑用)に奔走する日々を送っていた。ある日、荒太は保健所に処分される寸前の成犬ロシナンテを引き取ることになる。かつての主を失っても懸命に面影を探すロシナンテの悲しみを理解した荒太に対し、当初は頑なだったロシナンテも次第に心を開いていく。

ロシナンテとの生活に慣れていく中、浦島教授の元で獣医学の授業も次第に本格化していく。ペットの病気と延命措置の狭間に苦悩する遠藤春奈との出逢いをきっかけに、荒太は様々なペットと飼い主の境遇から人間と動物の関係に苦悩するようになり、次第に獣医を目指すことの意味さえも考えるようになる。同情や哀れみだけは動物は救えず、優しさだけでは動物を飼うことすらできないという現実を直視しつつ、時として動物を救うための力を手に入れるには動物の命すら犠牲にしなければやっていけない獣医の宿命を目の当たりにした荒太は生まれ育った寺へ引きこもってしまう。

荒太を求めるロシナンテの声に応じ獣医学部へ戻った荒太であったが、偶然にも道路に出た犬を救うため身代わりとなって轢かれてしまい足が不自由になってしまう。体力勝負の獣医を目指し続けられるか否かという問題に悩む中、ロシナンテを介助犬として教育するという奇策にて解決を図る。ロシナンテが介助犬として成長していく日々の中、荒太は生活を手助けしてくれる存在と友達を求めていた少女と出会い、荒太はロシナンテを彼女に譲ることを決意する。自分はロシナンテ無しでもやっていけると誓い、涙を呑んでロシナンテを送り出した。

その後、荒太は無事に獣医となり診療に励んでいたがロシナンテが運ばれてきたに驚愕する。少女を守るべく複数の犬と立ち回ったロシナンテは満身創痍であり、最期の時は最愛の飼い主である荒太の前で迎えさせてあげたいという周囲の配慮によって運ばれてきたことを荒太は伝えられる。再び再会したロシナンテに対し、荒太は様々な思い出を振り返りつつ、ロシナンテにねぎらいの言葉をかけるのであった。

出演[編集]

スタッフ[編集]

放送日程[編集]

各話 放送日 タイトル 視聴率 ゲスト出演者
第1話 1月13日 ペットホテル開業99匹大脱走!! 18.4%
第2話 1月20日 空飛ぶオウムが死んだ 16.9% 泉ピン子飯田基祐
第3話 1月27日 猛牛大騒動!! 命の誕生 14.8%
第4話 2月3日 獣医の条件…恋のために僕は走る 16.1%
第5話 2月10日 露天風呂温泉合宿!! 野生猿の叫び 16.5%
第6話 2月17日 教授の不倫愛発覚!! 競走馬の宿命 12.6%
第7話 2月24日 猫に乗っ取られた家老母との再会 14.2% 冨士眞奈美渡辺いっけい河原さぶ
第8話 3月3日 さよならロシナンテ死にゆく運命 13.4%
第9話 3月10日 東京-山梨死の99キロ愛犬は走る! 12.2%
最終話 3月17日 車イスの獣医? 愛犬よ永遠に… 17.2% 布川敏和ルー大柴田島令子堂本光一中澤裕子松本潤
平均視聴率15.32%

脚注[編集]

日本テレビ 土曜ドラマ
前番組 番組名 次番組
新宿暴走救急隊
(2000.10.14-2000.12.16)
向井荒太の動物日記
〜愛犬ロシナンテの災難〜
(2001.1.13-2001.3.17)
明日があるさ
(2001.4.21-2001.6.30)