ぼくらの勇気 未満都市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ぼくらの勇気 未満都市
MIMAN CITY
ジャンル テレビドラマ
放送時間 土曜日21:00 - 21:54(54分)
放送期間 1997年10月18日 - 12月20日(10回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 日本テレビ
演出 堤幸彦
池田健司
脚本 遠藤察男
小原信治
プロデューサー 櫨山裕子
出演者 堂本光一
堂本剛
宝生舞
小原裕貴
穴沢真啓
相葉雅紀
松本潤
字幕 字幕放送
データ放送 番組連動データ放送
オープニング KinKi Kids愛されるより 愛したい
テンプレートを表示

ぼくらの勇気 未満都市』(ぼくらのゆうき みまんシティ、MIMAN CITY)は、1997年10月18日から12月20日まで日本テレビの『土曜グランド劇場』枠(土曜日21:00 - 21:54、JST)で放送された日本のテレビドラマである。KinKi Kids堂本光一堂本剛の共演作でもあった。

キャッチコピーは「ぜんぶ、なくなった。 みんな、きがついた。 やっと、きがついた。」。

放送から約20年後の2017年5月14日に、KinKi Kidsデビュー20周年特別企画と題して、続編の『ぼくらの勇気~未満都市 SP(仮)』が同局系にて2017年夏にスペシャルドラマとして放送されることが発表された[1]

あらすじ[編集]

千葉県の臨海幕原(幕張がモデル)地区で大地震があったとのニュースが流れる。ヤマトは友人キイチを探しに、タケルは災害ボランティアをしに幕原地区に乗り込む。だが、地震というのは政府による情報操作で、実際には微生物「T幕原型」に汚染されてしまうというバイオハザードが発生、大人は死に絶え未成年だけの街になっており、町全体が封鎖されていた。その後、ヤマトやタケルは、様々な問題や事件を乗り越えながら仲間をつくり、力を合わせ暴力に支配された子供だけの街に秩序を築いていく。

T幕原型[編集]

幕原市を汚染した微生物。アルファベットのTのような形をしている。皮膚接触によって感染し、大人が感染すると数時間で死に至る。発病時期には多少の個人差があるようで、19歳で死亡する者もいれば20歳になってからもしばらく生存する者もいる。死期が近付くと手が冷たくなるなどの症状が現れ、やがて衰弱し、徴候から2日ほどで死亡する。

幕原地区の状況[編集]

地区の入口には厳重なゲートが建てられ、銃を携えた自衛隊が常時配置されている。食事は1日1回ヘリコプターで届けられるが、十分な量とは言えず、日々食料の奪い合いが起こっている。電気、水道も止められており、学校や廃屋に住み着いている者が多い模様。

キャスト[編集]

主要人物[編集]

ヤマト
演 - 堂本光一
本作の主人公で18歳。名古屋の進学校に通う高校生。幕原にいたキイチの身を心配して、1人で幕原へ向かう。その途中でタケルと出会い、国をあげてのトラブルに巻き込まれていく。正義感の強い熱血漢。神経質な性格で、キイチによると几帳面。しかし友人の為に命懸けで薬を調達したり、ケガ人を見捨てておけないなど、優しい心の持ち主。その性格のおかげか「奪うか奪われるか」がルールだった不法地帯の幕原を大きく変えていき、徐々に信頼されるリーダーとなっていく。そして、物語終半では彼を総大将として仲間達を率いて真実を隠蔽する政府に対し宣戦布告し激闘を繰り広げた。
タケル
演 - 堂本剛
もう一人の主人公。18歳。関西弁でしゃべり、飄々としていておせっかいの世話焼きであるがヤマトと異なり割と現実主義者。いわゆるムードメーカーで、怒る仲間をなだめたり様々な作戦を練るなど、皆をさりげなく支える。表向きはボランティア目的だが、実は幕原に住んでいた姉を探しに来た。とあるアクシデントからユーリが女であることを意識してしまい、彼女の気持ちを知りながらも密かに恋心を抱く。第6章でレイジという青年と出会い、彼のギターと歌(劇中歌「風のない街」、下記参照)を受け継ぐ。政府との決戦時には参謀役としてヤマトをサポートした。
ユーリ
演 - 宝生舞
本作のヒロイン。少年達の中で唯一拳銃を所持し、周囲に恐れられている。拳銃で脅し食料を掻き集めているが、実は食料を確保できない小さな子供達のために行っていた。一人称は「俺」で、周囲に舐められないように男装している。言葉遣いが悪く、ぶっきらぼうな性格だが根は優しく皆の面倒をよくみる。ヤマト達と対立していたが、様々な事件を経て強い信頼関係で結ばれていく。暴力から自分を庇ったヤマトに惹かれていくが、タケルの好意には終盤まで気づいていなかった模様。柴崎に対し特に強い不信感を持つ。
実は柴崎の娘(フルネームは柴崎ユリ)。父を恨んでいたのは、母が柴崎の部下に撃たれ亡くなったため(柴崎は「撃つな」と命令したが、間に合わなかった)。終盤T幕原型が発症し、息を引き取り物語の結末を知ることは出来なかった。ノベライズ版の描写によれば物語序盤の時点で既に20歳になっていた模様。ヤマト達が幕原から解放される僅か一日前のことだった。

幕原の少年たち[編集]

キイチ
演 - 小原裕貴
ヤマトの親友。当初は周囲の少年達同様心が荒んでいたが、ヤマトとの再会により友情を取り戻していく。フルネームは原 貴一
マコト / アキラ
演 - 穴沢真啓 / 相葉雅紀
常に二人で行動している。共に当初はリュウのグループの一員であったが、やがてリュウの行動に嫌気が指しヤマト一行の元へ舞い込んでくる。政府との決戦時にも最後までヤマト一行と共にした。
モリ
演 - 松本潤
ユーリと行動を共にする気弱な少年。その性格が祟っていじめの対象になることも。幕原の少年たちの中でもいち早くヤマト達に懐く。ヤマトやタケル達一行と行動を共にすることで、少しずつであるがたくましく成長していく。幕原市外に姉(演:三浦早苗)がおり、姉が飼っていたリキという犬を連れている。ユーリを信頼しており、またユーリも彼の行動や危機に際し動き、結果として彼女とヤマト達が和解するきっかけとなる。政府との決戦時も最後までヤマト達と行動をともにした。
スズコ
演 - 矢田亜希子
ヤマトの恋人。幕原の外からヤマトの身を案じていたがヤマトが生きていると確信し、単身幕原へやってきた。当初は外の話やユーリに対し嫉妬したりしていたが、少しずつ解けこんでいく。
リュウ
演 - 徳山秀典
不良少年グループのリーダー。いじめや脅しを繰り返し、巨大なグループを作り上げた。ヤマトと幕原のリーダーの座を巡って対立する。しかし幕原での電波ジャックを行った際にはヤマト達に力を貸すという一面や解放後に、マコトとアキラによると「リュウが寂しいから」、マコトとアキラの面倒を見たりするなど変化が表れた。政府との決戦前夜でのやり取りでヤマト達と和解し最後まで一行と共にした。

幕原地区対策本部[編集]

柴崎
演 - 白竜
幕原地区対策本部長長官。常々少年達から反感を買っているが、ヤマトの申し入れに応え独自で食糧を供給するなど、理解を示す面も見せる。
次官
演 - 加納典明
森岡
演 - 石丸謙二郎
柴崎の後任の対策本部長長官。冷酷非道な人物。気温によって死滅していったウィルスを政府の手柄にしようともくろむ。ヤマト達が政府に対し宣戦布告を施したさいには徹底抗戦を宣告した。

ゲスト[編集]

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

(作詞:森浩美、作曲:馬飼野康二、編曲:CHOKKAKU

劇中歌[編集]

  • 堂本剛「風のない街」(第6、8話)
(作詞・作曲:砂田裕史)

放送日程[編集]

放送日 サブタイトル 脚本 演出 視聴率
第1章 1997年10月18日 大地震 遠藤察男 堤幸彦 18.4%
第2章 1997年10月25日 再会 17.0%
第3章 1997年11月01日 脱出 15.6%
第4章 1997年11月08日 守る決意 小原信治 14.8%
第5章 1997年11月15日 ヤマト 外へ 遠藤察男 池田健司 17.6%
第6章 1997年11月22日 生きる証 堤幸彦 16.6%
第7章 1997年11月29日 臨時政府 16.8%
第8章 1997年12月06日 ユーリの死 小原信治 池田健司 16.2%
第9章 1997年12月13日 解放 堤幸彦 18.1%
最終章 1997年12月20日 最後の勇気 遠藤察男
小原信治
17.4%
平均視聴率 16.8%(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム)

関連商品[編集]

VHS[編集]

VHSが全5巻、またVHSのレンタル版がリリースされている。しかし当時、少年凶悪事件などが多発し社会問題になっていたため世論に配慮して発売を自粛、VHSの発売は翌年(1998年9月5日 - 10月5日)となり、レンタル開始も放送が終了してから約1年後だった。なお、放送終了後に不祥事でジャニーズ事務所を解雇された出演者や、ジャニーズ事務所を退社し芸能界を引退している出演者がいるため、肖像権の問題等で現時点でDVD化はされていない。

書籍[編集]

  • ぼくらの勇気 未満都市ノベライズ : 紫苑薫(日本テレビ

備考[編集]

  • 大人しか発症しないウィルスなど、設定が漫画『チャイルド★プラネット』と酷似していると指摘されたため、作者である竹熊健太郎永福一成の名が途中から「協力」としてクレジットされた(なお、ビデオ版や再放送では初回からクレジットされている)。
  • 松本潤相葉雅紀(当時・ジャニーズJr. 現・)はこの作品が連続ドラマ初出演となった。

脚注[編集]

外部リンク[編集]

日本テレビ 土曜グランド劇場
前番組 番組名 次番組
D×D
(1997.7.5 - 1997.9.20)
ぼくらの勇気 未満都市
(1997.10.18 - 1997.12.20)
三姉妹探偵団
(1998.1.10 - 1998.3.21)