ジャニーズ・エンタテイメント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Johnny's Entertainment Record
親会社 ジェイ・ストーム
設立 2019年6月1日
販売元 ソニー・ミュージックソリューションズ
ジャンル J-POP
日本の旗 日本
公式サイト Johnny's Entertainment

ジャニーズ・エンタテイメントJohnny's Entertainment)は、ジェイ・ストーム社内レーベル

かつて存在した日本レコード会社株式会社ジャニーズ・エンタテイメントJohnny's Entertainment Inc.)の後身にあたる。略称「JE」。初代社長:藤島ジュリー景子。二代目社長:藤島メリー泰子。三代目社長:小杉理宇造スマイルカンパニー社長で、以前は近藤真彦の担当ディレクターでもあった人物)。

Entertainmentは一般的に「エンタテイメント」と訳されるが、「ジャニーズ・エンタテイメント」が正式な社名である。

概要[編集]

1997年2月14日KinKi KidsのCDデビューを見据え、ジャニーズ事務所が設立。以降、少年隊NEWSなど同事務所のアーティストが所属する。所属アーティストのCD・映像作品の制作のほか、期間限定で活動するスペシャルユニットの企画作品も手がけ、姉妹会社のジェイ・ストーム設立以前はKAT-TUN関ジャニ∞ジャニーズJr.の映像作品の制作も行っていた。販売はソニー・ミュージックエンタテインメント傘下のソニー・ミュージックマーケティングに委託している。

日本国内と比べコストをかけずに良質な楽曲を得られる事から、スウェーデンの音楽出版社「リアクティブ・ソングス・インターナショナル」へ投資している[2]。同国のクリエイターから調達した楽曲には、KinKi Kids『薄荷キャンディー』、NEWS『紅く燃ゆる太陽』、修二と彰青春アミーゴ』などがある。

2019年5月31日をもって、レコード会社としての事業を終了し『ジェイ・ストーム』へ事業譲渡及び経営統合[3]。以降は同社のレーベル「Johnny's Entertainment Recordジャニーズ・エンタテイメント・レコード)」に全アーティストが移管した。

各種メディアでは「ジャニーズ・エンタテイメント」という表記が多い。

沿革[編集]

  • 1997年2月14日 - 株式会社ジャニーズ・エンタテイメント設立。
  • 2000年4月1日 - 日本レコード協会加盟。
  • 2003年5月 - リアクティブ・ソングス・インターナショナルへの投資を開始。
  • 2007年2月 - ENDLICHERI☆ENDLICHERIの独自レーベルとして、「RAINBOW☆ENDLI9」を内部に立ち上げる。
  • 2019年5月31日 - この日をもって事業終了し、ジェイ・ストームへ統合。
  • 2019年6月1日 - ジェイ・ストーム内の「Johnny's Entertainment Recordジャニーズ・エンタテイメント・レコード)」レーベルに全所属アーティストが移管。

所属アーティスト[編集]

スペシャルユニット[編集]

その他のアーティスト[編集]

映像作品[編集]

所属アーティストの作品以外にも、以下の映像作品を制作している。

  • ジャニーズ・ファンタジーKYO TO KYO '97夏公演(1998年1月1日)
  • ジャニーズジュニア 素顔(1998年7月29日) - ジャニーズJr.
  • ジャニーズジュニア 素顔2(1999年9月22日) - ジャニーズJr.
  • 特急・投球コンサート 10月9日 東京ドームに大集合!!(2000年2月25日) - ジャニーズJr.
  • ジャニーズジュニア 素顔3(2001年2月14日) - ジャニーズJr.
  • Never Ending Spirit 1997-2003(2003年4月9日) - J-FRIENDS
  • お客様は神サマーConcert 55万人愛のリクエストに応えて!!(2005年10月29日) - KAT-TUN

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ジャニーズ・エンタテイメント国税庁法人番号公表サイト
  2. ^ スウェーデン発の音楽が日本の音楽業界を席巻Opportunity Sweden、2004年3月15日。(参照: 2007年9月1日)
  3. ^ 「週刊文春」編集部. “SMAP騒動から3年 KinKi Kidsが大ヒットの「ジャニーズ・エンタテイメント」が5月末で事業終了”. 文春オンライン. 2019年5月30日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]