先に生まれただけの僕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
先に生まれただけの僕
ジャンル テレビドラマ
放送時間 土曜日22:00 - 22:54(54分)
放送期間 2017年10月14日 - 12月16日〈予定〉(10回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 日本テレビ
演出 水田伸生
相沢淳
鈴木勇馬
脚本 福田靖(兼・原案)
プロデューサー 次屋尚
高橋史典
出演者 櫻井翔
多部未華子
蒼井優
高嶋政伸
瀬戸康史
木南晴夏
井川遥
池田鉄洋
秋山菜津子
荒川良々
音声 ステレオ放送
字幕 文字多重放送
データ放送 番組連動データ放送
オープニング Doors〜勇気の軌跡〜
エンディング 同上
外部リンク 公式サイト

特記事項:
初回は14分拡大(22:00 - 23:08)。
テンプレートを表示

先に生まれただけの僕』(さきにうまれただけのぼく)は、2017年10月14日から日本テレビ系の土曜ドラマ枠(毎週土曜22時 - 22時54分)で放送されている日本のテレビドラマ。主演は櫻井翔[1]

制作[編集]

プロデューサーの次屋尚が、「未来を生きていく今の子供たちに大人は何を教えるべきか、その答えを探す」ことをテーマに、商社マンの主人公が私立高校の校長に就任して学校を立て直す「オリジナル社会派エンターテインメント作品」[1]として制作するドラマ。

舞台となる私立京命館高等学校は、経営する民間企業から不採算部門とされ[2]、学業もスポーツもそれほど優れていない定員割れギリギリの学校だった[3]。それを校長と教師陣が改革するため奮闘する物語である[2]

2017年8月下旬クランクアップ。放送開始前に撮影を終えた[4]

キャスト[編集]

京明館高等学校教員[編集]

鳴海 涼介(なるみ りょうすけ)〈35〉
演 - 櫻井翔
京明館高等学校の校長。以前は総合商社樫松物産で商社マンとして働いていたが出向を命じられた。教育現場の実態に戸惑う[1]。元々教師では無いこともあり、生徒に対して建前で接するのではなく本音をぶつける。数学教師の免許を持っており、第2話で退職した及川に代わって一時的に教壇に立つ事になり、授業にアクティブラーニングを取り入れようとしたが、うまくいかず自分の力量不足を知る。だが、島津のアクティブラーニングの成功を見て、自身で数学教師を勤めることを決意した。
真柴 ちひろ(ましば ちひろ)〈32〉
演 - 蒼井優
特進クラスの2年3組担任。現代社会教師[1]。鳴海に反発しているが次第に触発されていく[2]。弓道部顧問だが、弓道経験はない。
島津 智一(しまづ ともかず)〈29〉
演 - 瀬戸康史
2年2組担任。英語教師。英国への留学経験がある。人見知りな性格で目立たなかったが、アクティブラーニングの方法論を学んでおり、それを実践することで存在感を発揮していく[5]。真柴に好意を持っている[2]。他の教師たちが反発した鳴海の方針にいち早く理解を示した。
市村 薫(いちむら かおる)〈32〉
演 - 木南晴夏
1年3組担任。日本史教師。陰では鳴海を「ナルミン」と呼び、次第に鳴海の意見に共感するようになる。アクティブラーニングを行った結果、2年生の生徒に「授業中に調べものをする際、スマホを使っていいですか?」と言われてしまった。学校の規則では禁止されているため、対処に悩んでしまう。
矢部 日菜子(やべ ひなこ)〈23〉
演 - 森川葵
1年1組担任の教師1年目。音楽教師。吹奏楽部顧問。部活動のコーチがイケメンで、舞い上がっている。
河原崎 孝太郎(かわらざき こうたろう)〈36〉
演 - 池田鉄洋
3年1組担任。生物教師。バスケ部顧問。バスケ経験はなく、綾野によると部活動中は「怒鳴っているだけ」らしい。基本的には杉山に同調しており、何かつけて「忙しい」を理由にしている(が、実際は合コン三昧らしい)。部活動にコーチが配属されたことに怒っている。
郷原 達輝(ごうはら たつき)〈36〉
演 - 荒川良々
3年2組担任。元・自衛隊員の物理教師。杉山には逆らえず、なんでも「はい」と言ってしまう。当初は河原崎・杉山と共に鳴海の方針に反発する「抵抗勢力」であったが、オープンキャンパス後、自身の授業だけが普通すぎたことで杉山たちには裏切られたと感じ、職員会議でマイナス発言をするようになった。
杉山 文恵(すぎやま ふみえ)〈50〉
演 - 秋山菜津子
3年3組担任。古文教師。既婚。河原崎・郷原を従えている。何かにつけて「3年生の担任は大変」や「進路指導で忙しい」を理由にしている。
柏木 文夫(かしわぎ ふみお)〈56〉
演 - 風間杜夫
副校長。事務長も兼任している。趣味は落語の音声を聞くこと。最近、よく松原と帰り際にすれ違っており、話したこともある。
綾野 沙織(あやの さおり)〈40〉
演 - 井川遥
養護教諭。京明館高等学校の卒業生。短大時代にできちゃった婚をし、その3年後に夫が亡くなり、現在20歳の息子を一人で育てた。
及川 祐二(おいかわ ゆうじ)〈42〉
演 - 木下ほうか(第1話 - 第2話)
2年1組担任。数学教師。生徒に全く関心がない。鳴海に「私の仕事は数学を教えること」と言い放し、生徒指導やクラス運営を放棄していた。第2話の終盤で鳴海から辞職を勧告され、退職した。退職後は、進学塾の数学講師を勤めている。

京明館高等学校部活動コーチ[編集]

熱川 翔(あつかわ しょう)
演 - 松田悟志(第8話 - )
バスケット部のコーチ。実業団でバスケットのプレーをしている。気合いが入りすぎており、部活動に顧問の出る幕を与えない。また、顧問や学校の許可なく遠征試合を組んでしまい、費用が高額となることで保護者からクレームが殺到している。
吉崎 直也(よしざき なおや)
演 - 松永博史(第8話 - )
テニス部のコーチ。
榊原 満寿代(さかきばら ますよ)
演 - 左時枝(第8話 - )
弓道部のコーチ。弓道歴50年で7段の資格を持っている。
城 司(じょう つかさ)
演 - 柿澤勇人(第8話 - )
吹奏楽部のコーチ。イケメン。青山音楽大学で指揮科の講師を勤めている。

樫松物産[編集]

松原 聡子(まつばら さとこ)〈29〉
演 - 多部未華子
鳴海の恋人。総合商社樫松物産の社員[1]
鳴海とは互いに「サト」「涼くん」と呼び会う仲であったが、鳴海が校長に就任してから結婚について話し合ったりする機会や時間が徐々に減っていくことに寂しさを募らせ、第9話にて鳴海に電話で「婚約解消」を告げる。
後藤田 圭(ごとうだ けい)〈35〉
演 - 平山浩行
総合商社樫松物産の社員。鳴海が校長に就任後、松原との仕事や海外出張が増えた。
南 隆太(みなみ りゅうた)
演 - 渋谷謙人(第6話・第9話)
総合商社樫松物産の社員。一度、松原と共に仕事をした。第9話で、再び松原と仕事をする。
香坂 友梨子(こうさか ゆりこ)〈29〉
演 - 松本まりか
専務秘書。
加賀谷 圭介(かがや けいすけ)〈52〉
演 - 高嶋政伸
専務。鳴海を嫌っており、京明館高等学校の立て直しに本腰を入れ始めた鳴海に対し、何かと横槍を入れる。娘が北高から京明館高等学校へ進学希望を変えた事に「鳴海が校長を務める高校に娘を通わせたくない」という個人的な理由で猛反対しており、娘の意思を尊重する妻・雅子や希美の京明館への入学を歓迎する沙織の意見にも耳を貸さず、鳴海を京明館から追い出そうと画策し始める。そして鳴海に「『京明館で校長を続ける為に、〈樫松物産〉から〈学校法人 京明館高等学校〉に転籍する』か『京明館高校の校長を退任して会社に戻る』か」の二者択一を迫る。
原 貴一郎(はら きいちろう)
演 ‐ 小林勝也(第5話・第6話・第9話)
社長。鳴海から「オープンキャンパス」の実施資料を受け取った。

京明館高等学校保護者[編集]

三田 真咲美(みた まさみ)
演 ‐ 神野三鈴(第7話)
2年3組特進クラスの三田ほのかの母。経産省勤務。ほのかには父は死んだと言っているが、実は未婚の母らしい。娘に幸せになってほしいと願っているが、真田との結婚は反対した。
大和田 和宏(おおわだ かずひろ)
演 ‐ 升毅(第8話)
2年3組特進クラスの大和田達也の父。単身赴任で家庭にいなかったが、一時的に家庭に戻った際、息子の成績が下がっていて特進クラスをやめさせられることを知り、学校に抗議した。しかし、息子が塾をサボって将棋教室に通っていることやプロ棋士になりたいことを知ると、心配になり、鳴海や担任の真柴に相談し、抗議を取り止めた。

京明館高等学校生徒[編集]

公式サイトの「相関図&生徒名簿」による[6]

1年2組

役名 俳優名
池本めぐみ 米山実來
内村未華子 古川明美花
梅原あや子 三村玲
岡本恭子 遥香
小畑なつみ 古賀美月
柏原夏希 百瀬笑子
川崎里美 渡邉紗緒理
川田清花 柴田理名
後藤真喜子 関谷樹愛瑠
坂上尚子 赤塚俊子
武内美佳 西村彩
戸塚早紀 日暮未奈
町田柚香 生駒優香
勇川亜里砂 竹本咲良
米原夏美 瀬戸真莉奈
渡辺彩音 加々美瑠菜
相本尚 福地叶成
飯野将也 鈴木啓
大坂雄太 鴫原怜
黒谷光臣 大原由暉
杉田雄一 溝口太陽
高谷健 福本晟也
谷本正彦 山本賢太

1年3組

役名 俳優名
相川なつみ 関りおん
浅田里奈 柳宙見
飯田早知 飯塚純音
内田麗奈 柴崎七虹
太田寛子 秋山芽依
片瀬美月 齊藤真菜美
五味真菜美 椿明来
坂上南朋 赤沼葵
榊原有紀 横島ふうか
下川沙耶 荒井暖菜
富永真悠子 星れい
永井由梨 茂内麻結
平山薫 白石優愛
増田朝陽 葛屋柚香
守野優樹菜 入江怜
森安杏 小出紗加
依田真子 田中瑠愛
脇坂可奈美 橋口叶子
奥寺涼太 板垣李光人
勝村雅彦 武田勝斗
加藤達也 山下翼
城戸信吾 瀧澤翼
佐久間慎之介 吉田拓馬
杉山良成 佐藤蓮
田中亨 福崎那由他
中村慎介 細田佳央太
西谷昴 琉翔
松井聡 渋谷有磨
松野隼士 宍倉秀磨
米倉栄太 古市健太

2年1組

役名 俳優名
伊藤夏希 大指茉依
岩崎若菜 花坂椎南
大川瑠奈 神岡実希
大沼さやか 柿本朱里
香川瑞枝 石井愛乃
勝田あおい 磯村ミラ
金村絵里香 西田梨々花
河村涼香 鈴木美羽
須賀友香 出口起新
立石なつみ 森みなみ
豊島真悠子 須永真咲
長井美和子 戸畑心
秦野静佳 鈴原ゆりあ
福士江美子 石井美音奈
三浦百合菜 宗田桃花
森井春菜 下村明日香
青木哲二 吉田晴登
市田勝久 千葉新大
上本光彦 藤原麗
小栗裕司 中村光紀
岸田春樹 亜蓮
北川憲人 齋藤優
小山祥太郎 立石ケン
白咲浩太郎 堀海登
杉浦章 船越耕太郎
関田康介 田代遥希
田代翔太 安藤瑠一
仲田まさし 谷島光城
星田良雄 梅澤太一
山城洋一 山本拓海

2年2組

役名 俳優名
浅川文世 黄木美佑
井出さやか 日下玉巳
浦野幸子 佐々木奈那華
河村さとみ 佐藤日向
北村えみ 江芳宇
笹川光 加賀美由樹
志賀美々 佐渡友彩子
角ひろみ 久慈純佳
谷口萌 駒井蓮
寺山祥子 長田侑子
西原優 榎本実優
畠山聡美 城山紗菜
藤ひろ子 鈴木理子
船橋愛 横山未空
横田薫子 長谷川ニイナ
井上健太郎 塩谷満平
岩瀬徹平 岡田翔太郎
大谷守 廉史
角田雄太 石井拓巳
佐々木俊介 工藤大貴
重松風士 渋谷樹生
重松龍司 渋谷龍生
成瀬宏樹 高村竜馬
堀功輔 宮本ゆうや
真中昌宏 久保田賢治
水川翔平 岡亮
村木隆博 山岸和広
山寺健児 兼次要那

2年3組

役名 俳優名
石田沙里依 大幡しえり
磯山愛 上村歩未
井田奈央 新実芹菜
一ノ瀬由衣 森七菜
上野美咲 松風理咲
大沢朱里 高良千夏
大竹那奈 結城亜実
香川みあ 白川怜奈
鹿島理恵 諌山愛菜
金井恵美 田中芽衣
野口明日香 谷藤海咲
秦さとみ 嶋村杏樹
三田ほのか 山田佳奈実
三好朝香 宇野愛海
桃井遙 須藤叶希
山崎亜美 増渕来夢
横井菜月 倉島颯良
相田修 松井奏(ジャニーズJr.)
梅本満 醍醐虎汰朗
大和田達也 伊能佑之介
加瀬龍之介 佐久間悠
門倉陸 平田敦士
川口将生 西山潤
杉田勇一 青木悠介
須崎康介 西村涼太郎
藤井琢磨 熊野義貴
星野知史 山下真人
三鷹信二 新川五朗
森大輝 森海哉
山田純平 萩原利久

3年1組

役名 俳優名
芦田佳奈 中田美優
新田智花 小山絵梨香
川上景子 平良李子
栗田玲那 中嶋春陽
酒井なつみ 米村歩夢
竹原奈緒 森川奈於
塚原未来 櫻井遥
月島紀子 川嶋紗南
手島なお 円井わん
南野雪 高橋愛羅
新垣博美 佐元紅葉
北条真希 高柳真愛
三木由樹 花形りん
水川恵梨香 古賀美咲
矢口幸子 夏井かりん
石田大 北澤優駿
岩崎博 吉田知央
浦田達郎 渡部大稀
大場知史 鈴木雄大
倉本真一 増田強

3年2組

役名 俳優名
有田陽子 河上英里子
今泉奈緒 坂上麻優
岩本彩 山田葉子
宇佐美まひる 鈴白響子
尾形礼子 小野花佳子
沢田一恵 齋藤ほのか
重松千佳子 吉田梨緒那
高瀬淳子 岡嶋琳
石橋颯太 有元啓太朗
大滝寿明 諏訪珠理
海音寺賢治 石川大樹
北川隼士 長谷川修
倉田慎之介 小室涼我
佐竹亮 奥雄人
椎名健 堀坂一貴
高瀬瞬 伊藤あさひ
辻村幸助 森田力斗
豊島猛 笹森裕貴
本間公康 里見直樹
村井隆博 神谷怜

3年3組

役名 俳優名
岡村桜子 水春
小田直美 小倉優香
小野寺貴美子 島崎由莉香
柿沢さやか 渕上ひかる
三枝瑠璃 吉田早紀
坂下恵子 林仁奈
笹森エリカ 紗英
柴田樹里 金野美穂
渋谷涼子 池澤汐音
須田紀香 石島美月
立石亮子 吉田汐里
中野小百合 長谷川麻由
野沢さとみ 古谷真友香
前野夏美 鈴木えりか
吉川杏奈 尾屋葵
青柳公平 横山涼
有賀弘明 浦川祥哉
大矢龍吉 門下秀太郎
小川浩正 小林廉
川合克実 杉山宗賢
澤田洋介 原健太
菅野輝信 西村大樹
谷原亮 宮坂健太
戸沢健太郎 今野誠二郎
永島和成 岡田賢飛
久野はじめ 西川大聖
平野一輝 下里駿也
藤田竜人 栗原峻吾
吉田啓介 大久保樹

加賀谷家[編集]

加賀谷 希美(かがや のぞみ)
演 - 山田杏奈(第5話 - 第8話)
加賀谷専務の娘。オープンキャンパスを見て、偏差値47の都立北高校への志願を翻して、京明館高校の入学説明会に参加して、進学を希望する。
加賀谷 ルミ(かがや るみ)
演 - (第7話・第8話)
加賀谷専務の娘で、希美の姉。本郷女子大学附属高校に通っているが、大学に内部進学をせず、共学校の受験を希望する。
加賀谷 雅子(かがや まさこ)
演 - 西田尚美(第5話 - 第8話)
加賀谷専務の妻。娘の志望変更に意見する夫に対して、普段、仕事ばかりで家庭を顧みていないのに突然意見しても相手にされないと冷やかに意見する。

その他[編集]

役名不明
演 - おかやまはじめ
京明館高校の近隣にある玉川第三中学校の職員。京明館高校を生徒に受験してもらうよう、鳴海から話がきている。 
長谷川 重彦(はせがわ しげひこ)〈50〉
演 - 田中義剛(第1話)
鳴海 とし江(なるみ としえ)〈61〉
演 - 東ちづる(第1話)
鳴海の母。
真田 貴弥(さなだ たかや)
演 - 福士誠治(第7話)
三田のバイト先(一部上場企業のチェーン店)の店長。三田とは「手は繋いでいる」関係。2018年1月1日に30歳の誕生日を迎える。三田の情熱に押されている感もあるが、高校卒業後を待った上で結婚することに同意している。

放送日程[編集]

各話 放送日 ラテ欄[7] 演出 視聴率 備考
第1話 10月14日 未来を生きる子供たちのために教師は何を教えるべきか? サラリーマン校長の仰天改革!? 水田伸生 10.1%[8] 14分拡大
第2話 10月21日 スクールカースト! 不登校! 教師の反乱! サラリーマン校長逆襲なるか? 7.5%[9]
第3話 10月28日 デジタル万引きはなぜダメ?若き校長の本気が遂に高校を変え始める!? 10.5%[10]
第4話 11月04日 校長、怒涛のロングスピーチ! 改革から取り残された三年生のみんなへ! 7.7%[11]
第5話 11月11日 ボクらの未来、ボクらが創る!変わり始めた学校!誇りと熱意、涙の結晶 8.1%[12]
第6話 11月18日 プライド 相沢淳 8.7%[13]
第7話 11月25日 わたし幸せになります!成績トップ女子生徒の結婚宣言に職員室は大紛糾 水田伸生 8.4%[14]
第8話 12月02日 勉強より大切なこと。夢のためにボクは学校をやめます! 鈴木勇馬 8.6%[15]
第9話 12月09日 学校改革最大のピンチ!それは人生最大のピンチとともに 相沢淳 8.2%[16]
(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム)

スタッフ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e “嵐・櫻井翔:初の校長役「まさか35歳で…」 今秋4年半ぶり連ドラ主演”. MANTANWEB. (2017年4月24日). https://mantan-web.jp/2017/04/24/20170423dog00m200035000c.html 2017年5月28日閲覧。 
  2. ^ a b c d “瀬戸康史、英語教師役「変わるきっかけに」 櫻井翔主演『先に生まれただけの僕』”. ORICON NEWS. (2017年5月21日). http://www.oricon.co.jp/news/2091032/full/ 2017年5月28日閲覧。 
  3. ^ “嵐・櫻井翔、10月ドラマで"元商社マンの校長"に「自分自身も成長できたら」”. ORICON NEWS. (2017年4月24日). http://www.oricon.co.jp/news/2089643/full/ 2017年5月28日閲覧。 
  4. ^ “櫻井翔、初めての校長役クランクアップ!「充実した日々でした」”. ザテレビジョン. (2017年8月23日). https://thetv.jp/news/detail/119087/ 2017年10月3日閲覧。 
  5. ^ “瀬戸康史が英語教師として「櫻井校長」支えます”. スポーツ報知. (2017年5月21日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170520-OHT1T50000.html 2017年5月28日閲覧。 
  6. ^ 相関図&生徒名簿”. 先に生まれただけの僕. 日本テレビ. 2017年10月3日閲覧。
  7. ^ 該当各日 信濃毎日新聞 テレビ欄。
  8. ^ “「嵐」櫻井翔主演「先に生まれただけの僕」初回視聴率は10.1%”. スポーツ報知. (2017年10月16日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20171016-OHT1T50047.html 2017年10月16日閲覧。 
  9. ^ “「嵐」櫻井翔主演「先に生まれただけの僕」第2話視聴率は7.5% 初回から2.6ポイント急落”. スポーツ報知. (2017年10月23日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20171023-OHT1T50097.html 2017年10月23日閲覧。 
  10. ^ “「嵐」櫻井翔主演「先に生まれただけの僕」第3話は10.5% 前回から3.0ポイント急増”. スポーツ報知. (2017年10月30日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20171030-OHT1T50061.html 2017年10月30日閲覧。 
  11. ^ “「嵐」櫻井翔主演「先に生まれただけの僕」第4話は7.7% 前回から2.8ポイント急落”. スポーツ報知. (2017年11月6日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20171106-OHT1T50055.html 2017年11月8日閲覧。 
  12. ^ “「嵐」櫻井翔主演「先に生まれただけの僕」第5話は8.1% 前回から0.4ポイント上昇”. スポーツ報知. (2017年11月13日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20171113-OHT1T50076.html 2017年11月13日閲覧。 
  13. ^ “「嵐」櫻井翔主演「先に生まれただけの僕」第6話は8.7% 前回から0.6ポイント上昇”. スポーツ報知. (2017年11月20日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20171120-OHT1T50068.html 2017年11月20日閲覧。 
  14. ^ “「嵐」櫻井翔主演「先に生まれただけの僕」第7話は8.4% 前回から0.3ポイント下降”. スポーツ報知. (2017年11月27日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20171127-OHT1T50128.html 2017年11月27日閲覧。 
  15. ^ “「嵐」櫻井翔主演「先に生まれただけの僕」第8話は8.6% 前回から0.2ポイント上昇”. スポーツ報知. (2017年12月4日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20171204-OHT1T50092.html 2017年12月4日閲覧。 
  16. ^ “「嵐」櫻井翔主演「先に生まれただけの僕」第9話は8.2% 前回から0.4ポイント減”. スポーツ報知. (2017年12月11日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20171211-OHT1T50060.html 2017年12月11日閲覧。 
  17. ^ “嵐、櫻井翔主演ドラマ主題歌「Doors~勇気の軌跡~」をシングルリリース”. 音楽ナタリー. (2017年9月28日). http://natalie.mu/music/news/250551 2017年10月3日閲覧。 
  18. ^ こおろぎさとみ”. 女性タレント. ぷろだくしょんバオバブ. 2017年11月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年11月21日閲覧。

外部リンク[編集]

日本テレビ 土曜ドラマ
前番組 番組名 次番組
ウチの夫は仕事ができない
(2017年7月8日 - 9月16日)
先に生まれただけの僕
(2017年10月14日 - 12月16日〈予定〉)