美丘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
美丘
著者 石田衣良
発行日 2006年10月31日
発行元 角川書店
ジャンル 恋愛小説
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 単行本
ページ数 291
コード ISBN 4-04-873718-X
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

美丘』(みおか)は日本の男性作家である石田衣良による小説作品、およびそれを原作としたテレビドラマ。『野性時代』2004年12月号から2006年2月号まで連載され、2006年10月に角川書店より刊行された。

難病を発症した女子大生・美丘と、彼女に恋をした太一の13か月間の恋の物語。太一の視点から描いた回想録という形式を取っている。

あらすじ[編集]

暖かな11月の月曜日。授業をすっぽかし学校の校庭で寝ていた太一たちは、突然フェンスをよじ登り今にも飛び降りようとする女性を目撃し、止めようとする。しかし彼女に死ぬ気はなく、違う世界を見たいためにフェンスを越えたのだった。

「峰岸美丘」と名乗る彼女は、自由奔放に振舞い、太一たちのグループを翻弄する。その姿に次第に太一は心を惹かれ、やがて付き合うようになる。しかし、恋人として初体験をしたその日、彼女から思いもよらぬ事実を告げられる。

主な登場人物[編集]

峰岸 美丘(みねぎし みおか)
本作のヒロイン。明知大学二年生。文学を専攻している。「思ったことは必ずやる」という鉄砲玉のような性格で、他の女から男を寝取ったり、絡んできた男を殴り倒すなど男勝りの性格。周りから何を言われても物怖じしない。
幼稚園の時に交通事故に遭い、頭がい骨を骨折する大怪我を負い、運ばれた病院で硬膜ライオデュラ)の移植手術を行ったが、その際にクロイツフェルト・ヤコブ病に感染してしまう。そのことから「ありのままの自分で居続けること」「生きること」に執着し、病気に関することを極度に嫌う(ドイツ嫌い、神様の存在を信じないなど。特に手首を切ろうとした彼女の知り合いには怒りのあまりに手を上げた)。
発症後は徐々に記憶がなくなり、体が動かなくなる中で苦しみながらも自分の意思を通していく。
橋本 太一(はしもと たいち)
本作の主人公で語り部。経済学を専攻。本を読むことが好きでそのためか「話し上手」「恋愛には奥手」といったイメージを持たれている。他にはパンクロックを聴くことが趣味。
最初は麻理と付き合っていたものの、美丘に心惹かれるようになりやがて本格的に付き合う。そして美丘の病気のことを告げられた上で同棲を始め、発症後は心身ともに彼女の支えとなっていく。
美丘からは「わたしが生きていたことの証人になってほしい」と言われたほか、ある約束を交わしている。
北村 洋次(きたむら ようじ)
太一たちのグループ仲間。福島県出身。家は代々の造り酒屋。訛りが抜けない。落ち着きのある性格で仲間のまとめ役。常におっとりしているがそれ故に心配性な一面もある。
笠木 邦彦(かさぎ くにひこ)
同じく太一たちのグループ仲間。横浜出身。お調子者で女好き。グループ一のナンパ師でムードメーカー。
太一を含めた男三人は進学や就職といった学校の主流から外れた中で思い思いの学生生活を送っている。
五島 麻理(ごとう まり)
太一たちのグループ仲間。日本型の美人で才女である。感情をあまり出さない「氷の王女」。
太一と付き合っていたが、美丘に心変わりしたことにひどく傷つき、彼女を殴った。しかし仲間の前では平静を取り戻し、美丘に当たることもなく、二人が同棲を決めた時にも応援していた。ドラマでは穏やかな性格になっている。
東京生まれ、東京育ちのお嬢様で華がある。
佐々木 直美(ささき なおみ)
太一たちのグループ仲間。泣き虫でちょっとしたことで涙目になる。
グループの会話内容を手帳にメモする癖があるため手帳を普段手放さない。
原作ではショートヘアだが、ドラマではショートヘアではない。

その他[編集]

  • 本作で描かれている「クロイツフェルト・ヤコブ病」の症状や経過などは実際のものとは異なっているものがある。本作では発症後、10年、20年と潜伏し、一度発症すると3か月で脳が海綿状になり、数か月から数年で死に至るとされている。また、体中の筋肉を動かせなくなり、記憶もなくなってしまう。
  • 幻冬舎出版のアンソロジー『Love Letter』に収録されている短編「ありがとう」は、内容から『美丘』の短編版といえる。 ただし、太一と美丘の出逢いや終盤など、『美丘』と異なる点もいくつかある(書かれたのは「ありがとう」の方が先)。
  • 表紙のカバーモデルは花野心大伴賢太、撮影は中川正子が手掛けた。

テレビドラマ[編集]

美丘-君がいた日々-
ジャンル テレビドラマ
放送時間 土曜日21:00 - 21:54(54分)
放送期間 2010年7月10日 - 9月18日(10回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 日本テレビ
演出 猪股隆一
山下学美
佐久間紀佳
脚本 梅田みか
プロデューサー 田中芳樹(チーフプロデューサー)
加藤正俊
小泉守
出演者 吉高由里子
林遣都
真矢みき
音声 ステレオ放送
字幕 文字多重放送
データ放送 連動データ放送
エンディング 福山雅治
外部リンク 公式サイト
テンプレートを表示

美丘-君がいた日々-』(みおか きみがいたひび)のタイトルで、2010年7月10日から9月18日まで日本テレビ系の土曜ドラマ枠で、吉高由里子の主演で放送された。吉高は今作が連続ドラマ初主演となった。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

放送日程[編集]

各話 放送日 サブタイトル 演出 視聴率
第1話 2010年7月10日 私あとどれ位生きられますか? 命と恋…そして家族 猪股隆一 10.4%
第2話 2010年7月17日 命の期限…好きだけどさよなら 8.8%
第3話 2010年7月24日 涙の約束…ずっとそばにいる! 山下学美 8.0%
第4話 2010年7月31日 発症…大切な記憶が消えていく 佐久間紀佳 9.5%
第5話 2010年8月07日 結婚…出産 私にはできないんだ 猪股隆一 10.4%
第6話 2010年8月14日 いらない命なんてないんだよ! 山下学美 8.9%
第7話 2010年8月21日 急変! 私が私でなくなっていく 佐久間紀佳 9.7%
第8話 2010年9月04日 体が動かない…最後の家族旅行 猪股隆一 10.2%
第9話 2010年9月11日 絶望…私の命を終わりにして! 佐久間紀佳 10.6%
最終話 2010年9月18日 最期の時 この命をありがとう 猪股隆一 10.5%
平均視聴率 9.7%(視聴率関東地区ビデオリサーチ社調べ)

原作との相違点[編集]

  • 設定
    • 先述した通り、美丘は原作では「クロイツフェルト・ヤコブ病」に感染、発症してしまうが、ドラマでは原因不明で、医学界でも珍しい症例としている。発症した経緯も突然その兆候がでてきたとなっている。また、原作では手足の痙攣や麻痺といった症状が最初に出るのに対し、ドラマでは先に記憶障害になっている。
    • 原作では出会いから恋仲にいたる期間や病気が発症した時期といった時系列がはっきりしているが、ドラマではこの部分がやや曖昧になっている。
    • 原作では美丘には姉の美玲さんがいたが、ドラマでは美玲さんがいない設定になっている。その代わり、太一に妹がいる設定である。
日本テレビ 土曜ドラマ
前番組 番組名 次番組
怪物くん
(2010.4.17 - 2010.6.12)
美丘-君がいた日々-
(2010.7.10 - 2010.9.18)
Q10
(2010.10.16 - 2010.12.11)

外部リンク[編集]