黒島結菜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
くろしま ゆいな
黒島 結菜
生年月日 (1997-03-15) 1997年3月15日(21歳)
出身地 日本の旗 日本 沖縄県糸満市
身長 162 cm
血液型 A型
職業 女優
ジャンル 映画テレビドラマ舞台CM
活動期間 2012年 -
事務所 ソニー・ミュージックアーティスツ
公式サイト 公式プロフィール
主な作品
映画
あしたになれば。
サクラダリセット
プリンシパル〜恋する私はヒロインですか?〜
テレビドラマ
戦後70年 一番電車が走った
時をかける少女
アシガール
舞台
『虹とマーブル』
『少女ミウ』

黒島 結菜(くろしま ゆいな、1997年3月15日 - )は、日本の女優

沖縄県糸満市出身[1]日本大学芸術学部写真学科在学中[2][3]ソニー・ミュージックアーティスツ所属。

来歴[編集]

3人姉妹の長女として生まれる[1]。幼いころは芸能界を目指してはいなかったが、2011年、中学3年生のときに「自己アピール力をつけなさい」との母の勧めで応募したウィルコム沖縄のイメージガールコンテストで特別賞の「沖縄美少女図鑑賞」を受賞し、モデルとして同誌に出演。ソニー・ミュージックアーティスツの目に留まり、同事務所に所属して芸能界入りする[4][5][6][7][8]

2012年より本格的に芸能活動を開始し、4月からNHK Eテレの教養バラエティ番組『テストの花道』に「マッシュ」のニックネームでレギュラー出演、翌2013年1月公開の沖縄復帰40周年記念作品『ひまわり〜沖縄は忘れない あの日の空を〜』で映画に初出演する[9]。同年11月より放送されたNTTドコモ「docomo LTE Xi」のCM「想いをつなぐネットワーク」篇に出演し、なかなか現れない彼を待つけなげな少女を台詞なしで表情と仕草のみで繊細に演じて、脚光を浴びる[10][11]。2014年12月には成海璃子に代わりクラレ「ミラバケッソ」のCMに出演[12]2015年3月には能年玲奈の後を継いでカルピスカルピスウォーター」のCMキャラクターに起用される[13]などさまざまなジャンルのCMに出演する一方で、女優活動も本格化[11]。2014年7月期の『アオイホノオ』(テレビ東京)で連続ドラマに初出演し、同年後期のNHK連続テレビ小説マッサン』で朝ドラに初出演[14]小関裕太とダブル主演を務めた2015年3月公開の『あしたになれば。』で映画初主演を果たす[6][15]

当初は沖縄の実家で生活し地元の高校に通いながら東京との間を往復し、仕事の時は東京の短期賃貸マンションに滞在する生活を続けていたが、少しずつ仕事が多忙になったことから2014年9月に上京し東京の高校に転校[4][16]。2015年3月に沖縄県立糸満[要出典]高校を卒業し[17]、女優業に専念することも考えたが、「芸能界とは違う世界も知った方がいいよ」とのアドバイスを受けて同年4月より大学に進学[16][18]。高校生のころにもらったフィルムカメラフィルム写真特有の色味が気に入って写真に興味を持ち、日本大学芸術学部[2][3]写真学科にてさまざまな撮影技法を学ぶ[18][19][20]

2015年4月にはNHK大河ドラマ花燃ゆ』で高杉晋作の妻・雅役を演じて大河ドラマに初出演し、時代劇に初挑戦[21]。同年8月にはスペシャルドラマ『戦後70年 一番電車が走った』(NHK)でテレビドラマ初主演を務め[13]、また『虹とマーブル』で初舞台に立ちヒロインを演じる[22]2016年7月期の『時をかける少女』(日本テレビ)で連続ドラマ初主演を務める[23]

人物[編集]

得意な科目は数学物理[8]。小学校ではバスケットボール、中学校・高校ではバドミントン部に所属[5][17]

憧れの女優は、同郷の満島ひかり。「自然体で飾らない演技が好き」で、「フレンドリーなひかりさん自体も好き」と語る。2014年に『ごめんね青春!』で共演を果たした際には「妹みたい」と言われたという[24][25]

同い年の女優、中条あやみとは大親友で、中条が黒島の沖縄の実家に遊びに来ることもある[26]

出演[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

ネット配信ドラマ[編集]

舞台[編集]

その他テレビ番組[編集]

CM[編集]

ミュージックビデオ[編集]

書籍[編集]

カレンダー[編集]

  • 黒島結菜カレンダー2016(2015年10月24日、トライエックス)
  • 黒島結菜カレンダー2017(2016年10月31日、トライエックス)

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ a b c 共演者:葉山奨之
  2. ^ 第1回ドラマ甲子園大賞受賞作品。
  3. ^ ニックネーム:マッシュ。
  4. ^ NTT docomo「想いをつなぐ篇」 CMソング。

出典[編集]

  1. ^ a b 伊藤徳裕 (2015年8月23日). “【スクリーン雑記帖】〈期待の若手女優(7)〉「沖縄出身の女優」に誇り…黒島結菜が『at Home』で難役を好演”. 産経ニュース (産経デジタル): p. 2. http://www.sankei.com/premium/news/150823/prm1508230009-n2.html 2018年3月5日閲覧。 
  2. ^ a b “順風満帆だった若手女優がまさかの“引退危機”「これだけ頑張ってきたのに…」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2018年3月10日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/03/10/kiji/20180310s00041000082000c.html 2018年3月10日閲覧。 
  3. ^ a b 小磯秀夫 (2018年3月10日). “黒島結菜、1年前に芸能界引退を考えていた…思いとどまった親の言葉”. RBB TODAY (イード). https://www.rbbtoday.com/article/2018/03/10/158836.html 2018年3月10日閲覧。 
  4. ^ a b 伊藤徳裕 (2015年8月23日). “【スクリーン雑記帖】〈期待の若手女優(7)〉「沖縄出身の女優」に誇り…黒島結菜が『at Home』で難役を好演”. 産経ニュース (産経デジタル): p. 3. http://www.sankei.com/premium/news/150823/prm1508230009-n3.html 2018年3月5日閲覧。 
  5. ^ a b 斉藤蓮 (2015年8月19日). “【黒島結菜】芸能界入りのきっかけは母 打たれ強い性格は女優向き”. zakzak by 夕刊フジ (産経デジタル): p. 1. https://www.zakzak.co.jp/people/news/20150819/peo1508190830001-n1.htm 2018年3月5日閲覧。 
  6. ^ a b 羽田健治 (2017年3月31日). “黒島結菜 20歳で振り返る沖縄時代、めざす女優の姿”. NIKKEI STYLE (日経BP社). https://style.nikkei.com/article/DGXMZO14399790T20C17A3000000 2018年3月5日閲覧。 
  7. ^ 黒島結菜 (2015年6月24日). インタビュー「黒島結菜」. インタビュアー:永堀アツオ. Devieworicon ME).. https://deview.co.jp/Interview?am_interview_id=401 2018年3月5日閲覧。 
  8. ^ a b 「今月のコンテンツガイド」、『日経エンタテインメント!』2014年2月号、日経BP社、 89頁。
  9. ^ 黒島結菜 人物情報”. 俳優・監督. 映画.com. 2018年3月5日閲覧。
  10. ^ a b “新たな“名作”誕生!! 『docomo LTE Xi』新CMが泣けるCMとして話題に”. ORICON NEWS (oricon ME). (2013年12月20日). https://www.oricon.co.jp/special/20036/ 2018年3月5日閲覧。 
  11. ^ a b 木村隆志 (2015年2月11日). “本格デビューからわずか半年超でオファー殺到! あの大物女優の面影を持つ黒島結菜とは?”. マイナビニュース (マイナビ). https://news.mynavi.jp/article/20150211-kuroshima-yuina/ 2018年3月5日閲覧。 
  12. ^ a b “【動画】黒島結菜、アルパカと北の大地を駆ける”. ORICON NEWS (oricon ME). (2014年12月27日). https://www.oricon.co.jp/news/2046528/full/ 2018年3月5日閲覧。 
  13. ^ a b “太眉で話題の女優 黒島結菜の魅力”. ORICON NEWS (oricon ME). (2015年8月8日). https://www.oricon.co.jp/news/2057287/full/ 2018年3月5日閲覧。 
  14. ^ “黒島結菜が「マッサン」エマの友人役で朝ドラデビュー!”. ザテレビジョン (KADOKAWA). (2015年1月30日). https://thetv.jp/news/detail/54821/ 2018年3月5日閲覧。 
  15. ^ a b “小関裕太×黒島結菜W主演!大阪・南河内が舞台の「あしたになれば。」”. 映画.com. (2014年11月11日). http://eiga.com/news/20141111/3/ 2018年3月5日閲覧。 
  16. ^ a b 田中亜紀子 (2015年8月3日). “沖縄に帰るお父さんとの食事 黒島結菜さん”. 私の一枚. 朝日新聞デジタル. 2017年12月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年8月15日閲覧。
  17. ^ a b 黒島結菜インタビュー『うらやましかった 恋する純粋さ』”. ORICON STYLE (2015年4月8日). 2015年4月12日閲覧。
  18. ^ a b 中田宗孝 (2017年9月14日). “女優と大学生の二刀流! 黒島結菜さんは高校卒業後の進路をどう決めた?”. 高校生新聞オンライン (スクールパートナーズ). http://www.koukouseishinbun.jp/articles/-/2677 2018年3月5日閲覧。 
  19. ^ トライワークス (2015年8月14日). “【映画美少女】黒島結菜に聞く15の質問 Part2”. ニュースウォーカー (KADOKAWA). https://news.walkerplus.com/article/63089/ 2018年3月5日閲覧。 
  20. ^ 黒島結菜 (2015年8月28日). 黒島結菜インタビュー『居心地がいい?自由を満喫!? 女優の仕事も大学生活も充実しています』. インタビュアー:新谷里映. ORICON NEWS(oricon ME).. https://www.oricon.co.jp/special/48199/ 2018年3月5日閲覧。 
  21. ^ a b カルピスウォーターの美少女・黒島結菜、大河ドラマで時代劇初挑戦”. ORICON STYLE (2015年4月16日). 2015年9月18日閲覧。
  22. ^ a b “小出恵介主演、黒島結菜初舞台の倉持裕作・演出「虹とマーブル」8月上演”. TVLIFE web (学研プラス). (2015年5月14日). http://www.tvlife.jp/entame/36426 2018年3月5日閲覧。 
  23. ^ a b “黒島結菜が『時かけ』で連ドラ初主演! 菊池風磨と「青春を演じ切りたい」”. マイナビニュース (マイナビ). (2016年5月10日). https://news.mynavi.jp/article/20160510-a014/ 2018年3月5日閲覧。 
  24. ^ 斉藤蓮 (2015年8月19日). “【黒島結菜】芸能界入りのきっかけは母 打たれ強い性格は女優向き”. zakzak by 夕刊フジ (産経デジタル): p. 2. https://www.zakzak.co.jp/people/news/20150819/peo1508190830001-n2.htm 2018年3月5日閲覧。 
  25. ^ 聴率持ち直した「花燃ゆ」で輝く黒島結菜 CMでも注目の18歳”. Sponichi Annex (2015年8月15日). 2015年8月15日閲覧。
  26. ^ 黒島結菜、大親友・中条あやみとのエピソードも!「アナザースカイ」”. シネマカフェ (2018年3月9日). 2018年6月25日閲覧。
  27. ^ “トリンドル玲奈「呪怨」で女子高生役 初のホラー映画に「演技の幅広がった」”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2014年3月30日). http://eiga.com/news/20140330/4/ 2017年2月15日閲覧。 
  28. ^ サンケイスポーツ (2014年8月11日). “「ストロボ・エッジ」あまちゃんコンビをはじめ美男美女ズラリ”. 2014年8月11日閲覧。
  29. ^ 映画.com (2014年8月11日). “福士蒼汰&有村架純「ストロボ・エッジ」映画化にW主演!4度目の共演で息ぴったり”. 2014年8月11日閲覧。
  30. ^ GirlsNews (2014年7月11日). “注目の若手女優 黒島結菜 映画「あしたになれば。」で主演に抜擢!”. 2014年8月12日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年8月11日閲覧。
  31. ^ “謎の少女の正体は?平愛梨主演「呪怨」最終章ポスターで新キャラ登場”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2015年4月24日). http://eiga.com/news/20150424/6/ 2017年2月15日閲覧。 
  32. ^ CinemaCafe.net (2014年10月9日). “黒島結菜、『ストレイヤーズ・クロニクル』に抜擢! 岡田将生&染谷将太らと競演”. 2014年10月9日閲覧。
  33. ^ 映画.com (2014年8月14日). “人気モデル・坂口健太郎&成長株・黒島結菜「at home」で竹野内&松雪と家族役”. 2014年8月14日閲覧。
  34. ^ 波瑠主演「流れ星が消えないうちに」に入江甚儀、黒島結菜ら”. 映画.com (2015年6月21日). 2015年8月2日閲覧。
  35. ^ “黒島結菜、杏と『オケ老人!』で初共演 優しい気遣いに「とても感謝」”. ORICON STYLE. (2016年9月6日). http://www.oricon.co.jp/news/2077947/full/ 2016年9月6日閲覧。 
  36. ^ “劇場版「妖怪ウォッチ」実写パートに山崎賢人、斎藤工、武井咲、黒島結菜らが出演!”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2016年7月10日). http://eiga.com/news/20160710/1/ 2017年2月15日閲覧。 
  37. ^ “『サクラダリセット』実写映画化 野村周平&黒島結菜が初共演”. ORICON NEWS (oricon ME). (2016年9月24日). http://www.oricon.co.jp/news/2078946/full/ 2017年1月27日閲覧。 
  38. ^ “ジャニーズWEST小瀧望と黒島結菜のW主演で人気少女コミック「プリンシパル」実写化!”. ニュースウォーカー (KADOKAWA). (2017年2月15日). http://news.walkerplus.com/article/100733/ 2017年2月15日閲覧。 
  39. ^ コミックナタリー (2014年6月11日). “「アオイホノオ」ヒロインは山本美月、他キャストも発表”. 2014年6月11日閲覧。
  40. ^ テレビドカッチ (2014年8月15日). “「ドラマ甲子園」大賞の現役高校生・青山ななみがドラマ監督初挑戦! 「最高の17歳の夏になりました」”. 2014年11月8日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年8月19日閲覧。
  41. ^ webザテレビジョン (2015年1月30日). “黒島結菜が「マッサン」エマの友人役で朝ドラデビュー!”. 2015年2月10日閲覧。
  42. ^ ドラマ『旭山動物園』5年ぶり新作、カバの飼育係役でTOKIO城島初出演”. ORICON STYLE (2015年2月5日). 2015年9月18日閲覧。
  43. ^ 沖縄出身の黒島結菜、広島の事実に涙「この作品に出られたことが、幸せ」”. ORICON STYLE (2015年7月29日). 2015年9月18日閲覧。
  44. ^ 関ジャニ・錦戸、2度目のタイムスリップ“サムライ”役 幕末志士が学習塾の先生に”. ORICON STYLE (2015年9月1日). 2015年9月18日閲覧。
  45. ^ 黒島結菜、ギャルメイクに初挑戦 『サムライせんせい』”. ORICON STYLE (2015年9月18日). 2015年9月18日閲覧。
  46. ^ ハービー・山口さんが「恋の三陸 列車コンで行こう!」を撮る!(5)〜黒島結菜さん編”. 恋の三陸 列車コンで行こう!|ドラマスタッフブログ. NHK (2016年3月9日). 2017年1月30日閲覧。
  47. ^ 東出昌大、ドラマ初主演 天才ピアニスト役のため猛特訓”. ORICON STYLE (2016年1月28日). 2016年1月29日閲覧。
  48. ^ 黒島結菜、ドS女子高生役でEXILE NAOTOを翻ろう”. ORICON STYLE (2016年2月21日). 2016年2月21日閲覧。
  49. ^ “黒島結菜『時をかける少女』連ドラで初主演! 未来人ケン・ソゴル役はセクゾ菊池風磨”. クランクイン! (ハリウッドチャンネル). (2016年5月10日). http://m.crank-in.net/entertainment/news/42958 2017年1月30日閲覧。 
  50. ^ 「夏目漱石の妻」#5 ナレーションは黒島結菜さん!”. 夏目漱石の妻|ドラマスタッフブログ. NHK (2016年10月7日). 2017年1月30日閲覧。
  51. ^ 黒島結菜×健太郎『アシガール』制作開始!”. NHK (2017年5月17日). 2017年5月17日閲覧。
  52. ^ “オダギリジョー主演『イアリー』黒島結菜、イッセー尾形らキャスト追加発表”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年5月26日). https://www.oricon.co.jp/news/2112260/full/ 2018年5月26日閲覧。 
  53. ^ “「ケイゾク」「SPEC」に続く新シリーズ、配信ドラマとして制作”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年12月25日). https://www.oricon.co.jp/news/2103024/full/ 2017年12月25日閲覧。 
  54. ^ 黒島結菜が初舞台!「自分がどうなるかが楽しみ」”. SANSPO.COM (2015年8月2日). 2015年8月2日閲覧。
  55. ^ “岩松了の新作「少女ミウ」(仮題)に堀井新太、黒島結菜”. ステージナタリー (ナターシャ). (2016年12月9日). http://natalie.mu/stage/news/212534 2017年5月20日閲覧。 
  56. ^ “「少女ミウ」岩松了が「すごく原始的なことをやりたい」と意気込み”. ステージナタリー (ナターシャ). (2017年1月18日). http://natalie.mu/stage/news/217316 2017年5月20日閲覧。 
  57. ^ NHKアーカイブスより引用(2014年3月30日閲覧)
  58. ^ ミニドラマ仕立てでNHK受信料制度をPR 黒島結菜らが出演”. ORICON (2015年8月25日). 2015年8月25日閲覧。
  59. ^ タレントパワーランキングより引用(2014年3月30日閲覧) Archived 2014年10月19日, at the Wayback Machine.
  60. ^ マイナビニュース (2012年12月1日). “日本郵便×キヤノンPIXUS「笑顔、つながる。写真年賀状プロジェクト2013」”. 2014年3月30日閲覧。
  61. ^ a b 日刊スポーツ (2014年2月21日). “ドコモCM美少女黒島結菜/気になリスト”. 2014年3月30日閲覧。
  62. ^ a b CD Journal (2014年2月14日). “SPICY CHOCOLATE、「ずっと」ミュージック・ビデオはドコモCM出演の黒島結菜出演!”. 2014年3月30日閲覧。
  63. ^ navicon (2014年5月15日). “NTTドコモ、「カケホーダイ&パケあえる」渡辺謙、堀北真希、石原さとみ、松坂桃李、東出昌大、勝地涼、黒島結菜、すみれ、高橋ユウ、古田新太、羽生結弦、黒田エイミ出演TVCMを公開”. 2014年5月15日閲覧。
  64. ^ RBB TODAY (2014年3月4日). “ローリーズファーム新CMに黒島結菜”. 2014年3月30日閲覧。
  65. ^ FASHION HEADLINE(VOICE) (2014年3月16日). “新CMが話題の16歳。女優黒島結菜が語る"女の子ロード"【INTERVIEW】”. 2014年3月30日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年3月30日閲覧。
  66. ^ 【CMウオッチャー】わたし、イヤなんです!…「美少女王国」沖縄の新星・黒島結菜さん、「遠回りしないで」スター街道まっしぐら みずほ銀行”. 産経ニュース (2015年3月21日). 2015年7月15日閲覧。
  67. ^ navicon (2014年12月24日). “クラレ、「ミラバケッソ」黒島結菜がアルパカのクラレちゃんと全力疾走するTVCMとメイキングを公開”. 2014年12月25日閲覧。
  68. ^ 黒島結菜『カルピスウォーター』新CMキャラクター抜てき 「若手登竜門」過去にゴクミら”. ORICON STYLE (2015年3月18日). 2015年7月15日閲覧。
  69. ^ “黒島結菜、可憐な表情で東京駅からのスタート呼びかけ”. RBBTODAY. (2018年3月20日). https://s.rbbtoday.com/article/2018/03/20/159095.html 2018年3月22日閲覧。 
  70. ^ SPICY CHOCOLATE、黒島結菜出演の「ずっと feat. HAN-KUN & TEE」MV公開”. Musicman-Net (2014年2月14日). 2014年2月14日閲覧。
  71. ^ 音楽ナタリー (2014年2月14日). “SPICY CHOCOLATE「ずっと」PVで黒島結菜が遠距離恋愛”. 2014年3月30日閲覧。

外部リンク[編集]