あの夏に抱かれたい

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

あの夏に抱かれたい』(あのなつにだかれたい)は1989年日本テレビ系の土曜グランド劇場枠で放送されたテレビドラマ。放送期間は1989年9月2日から同年9月30日までで全5話。真実の愛に飢えた男の恋の変遷を描く青春ドラマ。

あらすじ[編集]

会田章一はいつも自分の人生に疑問を持ちながら、どう生きて行ったらいいのかわからないまま過ごしている。賀川鈴美は資産家の娘で、金の苦労を知らないまま育った。鈴美は章一の恋人を自任し、どんなに邪険にされても章一の身の周りの世話をして振る舞う。現代のヤングにとって恋愛はゲームなのか? 本作はこの二人を中心とした青春群像を描いた。

本作は、脚本を担当した矢島正雄の出身地と同じ神奈川県川崎市が舞台となっている[1]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

サブタイトル[編集]

  1. 優しすぎるアイツ
  2. アイツがやられた
  3. 素直になれなくて
  4. 途方にくれて…
  5. 愛と青春の旅立ち

脚注[編集]

  1. ^ 1989年9月2日付 朝日新聞テレビ欄より。
NTV 土曜グランド劇場
前番組 番組名 次番組
会いたくて
(1989年7月~8月)
あの夏に抱かれたい
(1989年9月)
恋人の歌がきこえる
(1989年10月~12月)