レッドアイズ 監視捜査班

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
レッドアイズ 監視捜査班
ジャンル 連続ドラマ
脚本 酒井雅秋
福田哲平
まなべゆきこ
演出 水野格
長沼誠
監修 石坂隆昌(警察)
出演者 亀梨和也
松下奈緒
趣里
シシド・カフカ
松村北斗SixTONES
木村祐一
髙橋ひかる
下野紘
音楽 カワイヒデヒロ
エンディング KAT-TUNRoar
国・地域 日本の旗 日本
言語 日本語
時代設定 2024年 -
製作
チーフ・
プロデューサー
池田健司
プロデューサー 尾上貴洋
茂山佳則
制作 AX-ON(協力)
製作 日本テレビ
放送
放送チャンネル 日本テレビ系
映像形式 文字多重放送
番組連動データ放送
音声形式 ステレオ2音声
副音声による解説放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2021年1月23日 -
放送時間 土曜 22:00 - 22:54
放送枠 土曜ドラマ
放送分 54分
公式サイト
テンプレートを表示

レッドアイズ 監視捜査班』(レッドアイズ かんしそうさはん)は、2021年1月23日から日本テレビ系「土曜ドラマ」で放送されているテレビドラマ。主演は亀梨和也[1]

あらすじ[編集]

神奈川県警捜査一課の刑事であった伏見響介は民間と協力して捜査を行う神奈川県警の特殊部隊KSBC(神奈川県警捜査分析センター)の特別捜査官に転身し、民間捜査員として過去に犯罪歴がありながら天才的な能力を持つ人物たちを招集し、最新の科学情報捜査で難事件に挑みつつ、KSBCの捜査能力を駆使し、婚約者の美保を殺した「青いコート」を着た連続殺人鬼の行方を追う。

キャスト[編集]

主要人物[編集]

伏見響介(ふしみ きょうすけ)〈33〉
演 - 亀梨和也[1]
本作の主人公。KSBCの特別捜査官。鋭い洞察力と優れた格闘技術を持つ。
横浜市泉区出生。神奈川区大寺3丁目13番地在住。血液型A型
3年前まで神奈川県警で検挙率ナンバーワンの捜査一課の刑事であったが、婚約者の美保が「青いコート」を着た人物に殺害されたことを契機に美保殺害でアリバイのある無実の容疑者を暴行したため[注 1]、2021年3月に懲戒免職されている。「元犯罪者」の山崎、湊川、小牧と浮気調査を生業とする探偵事務所を開業するが、捜査一課時代の先輩・島原からの特別捜査官への就任オファーを、探偵事務所のメンバーもKSBCの特別捜査官へ登用することを条件に受諾する。島原に招待されてすぐに遭遇した事件を探偵事務所のメンバーと共に解決した事で、正式にKSBCの一員となる一方、美保を殺害した犯人を探し出す復讐心も更に燃やす事となる。

KSBC(神奈川県警捜査分析センター)[編集]

2024年に神奈川県警内に新設された科学捜査を行う部署。県警から出向した捜査官と民間から登用された特別捜査官で構成されている。

KSBC捜査官[編集]

神奈川県警から出向している警察官。

島原由梨(しまばら ゆり)〈35〉
演 - 松下奈緒[2]
KSBCセンター長。
KSBCに集められた情報を元に現場部隊の捜査方針を決定する指揮官。有能であった伏見をKSBCの特別捜査官に登用し、彼が提示していた条件であった探偵事務所の仲間たちもKSBCの特別捜査官として迎え入れる。塾講師の夫・信嗣と二人暮らしで両親とは疎遠だが、年の離れた妹のはるかとは仲が良い。
伏見が懲戒免職を決定づける事件を起こした時は止められなかった事を深く後悔していたが、伏見が婚約者の美保を殺害した犯人を捕まえるという決意を聞いた際は苦言を呈している。
長篠文香(ながしの ふみか)〈27〉
演 - 趣里[3]
情報分析官。
サイバー犯罪対策課に所属していたが、自らKSBCに異動を願い出ている。最初は伏見やその仲間達に懐疑的だったが、招かれてすぐに遭遇した事件を優れた能力で解決すると、彼らの能力を認めるようになる。

KSBC特別捜査官[編集]

伏見が開業した探偵事務所から登用された優秀な能力を有する人材。伏見を含め全員が逮捕歴がある「元犯罪者」。

山崎辰二郎(やまざき たつじろう)〈55〉
演 - 木村祐一[4]
犯罪心理学の元国立大学教授。通称「辰さん」。
本籍地は大阪府堺市金丸町9丁目12番地。血液型はB型。
普段は飄々としているが、あらゆる犯罪のデータや歴史的に名高い犯罪者の行動パターンを記憶しており、犯人の行動を的確に予測する優秀なプロファイラー。ある理由から投資詐欺グループの犯罪に関わることとなり、グループの裏切りで2015年1月26日に逮捕された前科がある。懲役8年。将棋が趣味。
湊川由美子(みなとがわ ゆみこ)〈35〉
演 - シシド・カフカ[3]
シングルマザーの元自衛隊員。優れた身体能力を持ち、格闘能力に秀でている。
本籍地は横浜市あおば区あざみ野5丁目30番地。血液型はAB型。
高校卒業後に自衛隊に入隊し、そこで同僚と結婚し一人息子の敢太を儲けるが、夫からのDVがエスカレートし息子を守るために夫を殺害、2017年10月10日に伏見に逮捕されている。懲役5年。常に冷静沈着で無口であるが、被害者感情に敏感で思いやりがある。捜査が忙しい時は息子の敢太を母の輝子に預けている。
小牧要(こまき かなめ)〈26〉
演 - 松村北斗SixTONES[3]
若き天才ハッカー。
横浜市泉区出生。神奈川区大寺3丁目13番地在住。血液型はA型。
有名工科大学を主席で卒業後、大手IT企業に就職。会社員時代、ひそかに警備会社や銀行を軒並みハッキングし、防衛省のサーバーに5回目に侵入した際に発見され電磁的記録不正作出罪で逮捕されている。KSBCでは淡々と仕事をこなしているように見えるが、内には正義感を秘めている。
KSBCに招かれた際は持ち前のハッカーとしてのスキルを遺憾なく発揮し、KSBCのシステム以外にもSNSから情報収集するなど機転を利かせ最善の方法を導き提案するなど、地頭にも優れる。

KSBCの周辺人物[編集]

大塩はるか(おおしお はるか)〈21〉
演 - 髙橋ひかる[5]
島原の妹。移動式コーヒーショップ「石’s kitchen」でアルバイトをしている。多忙な姉を心配している。
石津渉 (いしづ わたる)〈40〉
演 - 福澤重文
移動式コーヒーショップ「石’s kitchen」の店長。仕事熱心なはるかを優しく見守る。
湊川敢太(みなとがわ かんた)〈8〉
演 - 森島律斗
湊川の一人息子。
湊川に「手作りのお守り」をプレゼントするなど、母親思い。湊川が捜査に出ている際は、祖母・輝子に預けられている。

伏見の関係者[編集]

結城美保 (ゆうき みほ)〈享年27〉
演 - 小野ゆり子
伏見の婚約者。1993年2月16日生まれ。3年前の冬、山下埠頭の倉庫街で「青いコート」を着た何者かに刃物で襲われ、そのまま帰らぬ人となる。検死の結果、妊娠6週目で伏見との子供を宿していたことが判明している。殺人犯は未だに捕まっておらず、「未解決事件」となっている。
「青いコート」を着た人物
演 - 輪入道[6]
恋人の美保を殺害した右前腕に傷がある以外は詳細不明の人物。

神奈川県警[編集]

長久手智亮 (ながくて ともあき)〈42〉
演 - 川瀬陽太
捜査一課刑事。捜査一課時代の伏見の先輩。
「足で稼ぐ」捜査が信条のアナログ人間で科学捜査を行うKSBCに反感を抱いている。優秀な後輩であった伏見を疎ましく思っている。
姉川保(あねがわ たもつ)〈33〉
演 - 長田成哉
捜査一課刑事。階級は警部補。
最先端の科学捜査を行うKSBCと優秀な伏見に憧れを抱いている。
奥州寛治(おうしゅう ひろはる)〈52〉
演 - 矢島健一
刑事部長。
島原の能力を買いKSBCのセンター長に任命したが、伏見や「元犯罪者」を特別捜査官に登用したことに懸念を抱いている。

その他[編集]

指令センターの声
演 - 下野紘[7]

ゲスト[編集]

第1話
岩槻光哉
演 - ミスターちん
横浜中央公園の警備員。 北畠に娘の知美を誘拐され、誘拐・殺人の犯行の協力を強要されていた。
深井彩音〈25〉
演 - 藤井武美
誘拐事件の被害者。モデル志望の女性。モデルのアルバイトの依頼と騙されて横浜中央公園で北畠に誘拐される。
知美
演 - メドウズ舞良
岩槻光哉の娘。北畠が父の光哉を犯行に協力させるための人質として誘拐される。
北畠満夫〈35〉
演 - 坂井良平
1989年8月19日生まれ。横浜市港南区西2丁目3-17在住。
米国のシリアルキラーテッド・バンディを模倣し、右腕にギプスをして体が不自由なように装って女性を油断させ暴行・誘拐し、ダークウェブ上の動画サイトで殺人の様子をライブ配信する殺人鬼。右前腕の傷の特徴が一致したため、美保殺害の「青いコート」の人物かと思われたが、傷の長さが異なり、事件当時他県にいたアリバイがあり別人であった。

スタッフ[編集]

放送日程[編集]

話数 放送日 ラテ欄[9] 脚本 演出 視聴率
第1話 1月23日 復讐に燃える元刑事!
最新監視システムを駆使し殺人鬼を追え!
酒井雅秋 水野格 12.4%[10]
第2話 1月30日
(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム)

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b 亀梨和也、『レッドアイズ 監視捜査班』で約4年ぶり日テレドラマ主演 連続殺人鬼を追う捜査官に” (日本語). Real Sound|リアルサウンド 映画部. 2020年11月14日閲覧。
  2. ^ 松下奈緒、亀梨和也は「変わらずジェントルマン」日テレ系連ドラで3年半ぶり共演” (日本語). スポーツ報知 (2020年12月3日). 2020年12月2日閲覧。
  3. ^ a b c SixTONES松村北斗、亀梨主演『レッドアイズ』で天才ハッカー役「敬意を払いながら」”. ORICON NEWS. 2020年11月22日閲覧。
  4. ^ 木村祐一、亀梨和也と久々の共演「超たくましくなった」 元犯罪心理学の大学教授役に起用”. ORICON NEWS. 2020年12月4日閲覧。
  5. ^ 高橋ひかる『レッドアイズ』で松下奈緒の妹役に起用「特別な親密さの空気感を出せれば」”. ORICON NEWS. 2021年1月5日閲覧。
  6. ^ ラッパー・輪入道、“容疑者”役でドラマ出演 主演・亀梨和也を「人として好きになりました」”. ORICON NEWS. 2021年1月20日閲覧。
  7. ^ 下野紘、声で連ドラ初出演 亀梨和也主演『レッドアイズ』に登場「僕でいいのかな?」”. ORICON NEWS. 2021年1月22日閲覧。
  8. ^ "KAT-TUN「レッドアイズ 監視捜査班」主題歌担当". 音楽ナタリー. 株式会社ナターシャ. 22 January 2021. 2021年1月22日閲覧
  9. ^ 該当各日 『読売新聞』 テレビ欄。
  10. ^ “亀梨和也主演の新ドラマ「レッドアイズ 監視捜査班」初回視聴率12.4%で好発進”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2021年1月25日). https://hochi.news/articles/20210125-OHT1T50028.html 2021年1月25日閲覧。 

外部リンク[編集]

日本テレビ 土曜ドラマ
前番組 番組名 次番組
35歳の少女
(2020年10月10日 - 12月12日)
レッドアイズ 監視捜査班
(2021年1月23日 - )