銀狼怪奇ファイル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
銀狼怪奇ファイル
ジャンル テレビドラマ
放送時間 土曜日21:00 - 21:54(54分)
放送期間 1996年1月13日 - 3月16日(10回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 日本テレビ
演出 佐藤東弥
保母浩章
井上健
脚本 田子明弘
羽原大介
大石哲也
プロデューサー 井上健
蒔田光治
出演者 堂本光一
宝生舞
蟹江敬三
字幕 字幕放送
データ放送 番組連動データ放送
オープニング 近藤真彦ミッドナイト・シャッフル
エンディング 堂本光一「僕は思う
テンプレートを表示

銀狼怪奇ファイル』(ぎんろうかいきファイル)は、1996年1月13日から3月16日まで日本テレビの『土曜グランド劇場』枠(毎週土曜日21:00 - 21:54、JST)で放送された日本のテレビドラマ。主演は堂本光一

作品概要[編集]

正式なタイトルは『銀狼怪奇ファイル〜二つの頭脳を持つ少年〜』(ぎんろうかいきファイル〜ふたつのずのうをもつしょうねん〜)。原作:金成陽三郎、作画:越智辺昌義による漫画作品『超頭脳シルバーウルフ』を原作としているが、主人公の能力以外はほぼ別作品となっている。犯人が使った科学的トリックは現代の科学の範疇を超えているものの、ある程度のリアリティは保っており、堂本光一の二役と共に大きく話題となった作品である。

バップよりVHSが発売されたが[1]、DVD化はされていない。

あらすじ[編集]

父母を亡くし、父の友人・小早川順三郎に育てられた不破耕助は、順三郎の娘で姉同然の冴子と3人暮らしをする普通の高校生である。しかし、殺人事件に巻き込まれて命を失いかけて以降、「銀狼」と名乗る粗野で冷徹な別の人格が現れるようになった。耕助の頭蓋骨内には、優しく大人しい性格の普通の高校生「耕助」と、IQ220をもつ天才「銀狼」の2つの頭脳があり、危険が迫った時切り替わるようになっていることが分かった。

それ以後、耕助が通う天神学園で奇怪な殺人事件が起きるようになった。もはや超常現象としか説明しようのない不可能犯罪に対し、銀狼はその天才頭脳を駆使し、次々と科学的に事件を解決していくが、過酷な試練が待ち構える。やがて銀狼誕生の秘密や、全ての事件の裏に潜む「金狼」の存在、そしてその正体が明らかになっていく。

キャスト[編集]

主人公[編集]

不破耕助 / 不破銀狼
演 - 堂本光一KinKi Kids)(幼少期:北尾亘
主人公。天神学園高校1年生で、新聞部部員。後述の不破俊助による遺伝子操作により、生まれつき一人の体の中に、不器用だが心優しく穏やかな「耕助」と、頭脳明晰・冷静沈着だが、プライドが高く冷血漢の「銀狼」という、2つの頭脳を併せ持つ。耕助が精神的に追い詰められた時やパニックに陥った時に、互いの脳が切り替わり、銀狼が出現する。
【耕助】銀狼とは違い、人並みの知能しか持たず不器用で平凡だが、穏やかで家族や新聞部員からも愛される存在。小早川家の家事・炊事は全て耕助が担当している。5歳の頃に父・不破俊助により小早川家に預けられて以降、銀狼に切り替わることもなく、姉の冴子や養父の順三郎と共に平穏な日々を送っていたが、高校1年次、親友の赤間良と共にバイク事故に遭い心停止した際、11年ぶりに銀狼と切り替わり、一命を取り留める。以後、学園に起こる奇怪な事件に巻き込まれていくが、その過程でパニックに陥ったり狼狽すると銀狼に切り替わるようになる。耕助と銀狼は、片方が表に出ている時に何をしているかがお互いに分かるのだが、銀狼の行動は無茶な物に見えるため、耕助にとっては悩みの種でもあった。
最終決戦に臨む際、次に切り替われば最後、二度と表には出てこられない事を知りながら、姉の冴子を救うために、銀狼に後を託すという覚悟を見せた。
【銀狼】不破耕助の体に存在するもう一つの頭脳。パーマのかかった髪型になり、銀色の瞳と知能指数220という並はずれた知能を持つ。耕助とは正反対の粗野な性格ゆえ、表に出た際、相手に対して「俺をなめるなよ」や「なめてンじゃねェぞ」と言い放つ。この他、事件のトリックを暴くと決意した際の「俺に不可能はない」や、事件のトリックを見破った際に放つ「なるほどね」なども口癖といえる。また、姉の冴子ばかりでなく、相手の年齢や立場を問わず、例えば教員の大林大作や春日みどりなどに対してでもファーストネームで呼ぶことも特徴である。
加えて、頭脳面だけでなく運動神経においても銀狼と耕助との間には大きな差があり、喧嘩が弱く、物語中盤まで自転車も運転できなかったほどの運動音痴である耕助に対し、銀狼は自転車は言うまでもなくオートバイも乗りこなせるほど運動神経抜群で、護身術も優れている。このように耕助よりも圧倒的に知能が高く、また常人よりも遥かに高い能力を持っているため、銀狼は耕助のことを見下している。
しかし、その一方で、このような冷血漢である銀狼も、亡き父・俊助を慕う思いの点では耕助と同じであり、「耕助のように子供らしく過ごしたかった」ことが順三郎の催眠暗示による幼少期の調査で明らかになる。
以上のように高い知能と優れた能力を駆使し、銀狼は大胆不敵に、学園に起こる奇怪な事件のトリックを暴いていく。しかし、銀狼の推理は正しいものの、トリックが看破された際に金狼が新たなトリックに切り替えるため、推理が外れ(たように見え)ることがある。この時には激しく動揺し、耕助に切り替わってしまう。
このような銀狼と耕助との切り替わりは、回数を重ねるごとに両者の脳にダメージを蓄積していき、最終的にはどちらか一方の脳の活動を停止させなければならなくなったのだが、「今、(金狼を倒すために)必要なのは耕助よりも遥かに優秀な自分である」と主張する銀狼に対し、銀狼よりも長く共に過ごしてきた耕助の方を選択する冴子を理解できず、銀狼はショックを受ける。最終決戦の後、2つの頭脳が共存できる限界に達した時、銀狼は「肉体を耕助に譲る」と冴子に言い残し、微笑みを浮かべながら消えていった。

小早川家[編集]

小早川冴子
演 - 宝生舞
不破耕助/銀狼にとって姉のような存在。天神学園高校3年生で、新聞部副部長。耕助はかわいく思っているが素直になれないツンデレ。キャリアを目指す女には必要ないと言って家事を手伝おうとしない。耕助とは正反対の銀狼を毛嫌いしている。最終話で不破金狼に捕らえられた際にあしらっていた薬師寺が金狼だと真っ先に知り、時限性の毒を打たれて銀狼を誘い出すための人質にされるが無事救出される。耕助を助けたいあまり銀狼の心を踏み躙ってしまったが、必死に自身を救って戦い傷ついた銀狼を看取った。卒業後は天神学園に近い大学へ通う。
小早川順三郎[2]
演 - 蟹江敬三
小早川冴子の父。高田馬場大学医学部教授で、医師を務める。身寄りのなくなった5歳の耕助を引き取り、育てる。自然現象に関しての知識は豊富である。

天神学園高校[編集]

薬師寺力
演 - 三宅健V6、Coming Century)
天神学園高校1年生。同級生の不良グループにイジメられており、晴れの日に赤い雨傘を差して登校することを命じられていた。その後、不破耕助の勧誘で新聞部に入部。途中から転入してきた吉川に好意を寄せるが、それを見透かされてはあしらわれるばかりだった。実は、不破金狼であることが終盤に明らかになる。テレビドラマ『金田一少年の事件簿』第2シーズン「異人館ホテル殺人事件」では新聞部員として登場している(後述のコラボレーション参照)。
蛭間純平
演 - 井ノ原快彦(V6、20th Century)
天神学園高校2年生で、新聞部部員。竜太郎とは対立する。竜太郎とともに遥に好意(片思い)を寄せている。おっちょこちょいで遥の前では、やたらと恰好を付ける。部活動では、耕助をこき使うが大切な後輩として見守っている。最終話では竜太郎、太らと一緒に耕助が病院を脱出するのを手助けした。
土門竜太郎
演 - 秋山純ジャニーズJr.MA))
天神学園高校2年生で、新聞部部員。遥に好意(片思い)を寄せており近づくが、振り切られる。遥の卒業による引退で新部長に就任。『金田一少年』第2シーズン「異人館ホテル殺人事件」では新聞部員として登場している(後述のコラボレーション参照)。また、このホテルのオーナーの親戚という設定も追加された。
鏡遥
演 - 木村佳乃
天神学園高校3年生で、新聞部部長。新聞部では、マドンナ的存在。耕助を温かく見守っており、銀狼をクールで凛々しい、と感じている。最終話で病院から脱出した耕助を金狼の元へ向かうため親から借りた車で足替わりになった。
木ノ内 太[3]
演 - 松山幸次
天神学園高校2年生で、新聞部部員。部ではカメラ係。写真のセンスは抜群である。遥にとっては頼りになる部員である。体格は肥満体で、食べることに目がない。遥とは、彼女の卒業の1ヶ月前から交際を始めていたことが最後に明らかとなる。『金田一少年』第2シーズン「異人館ホテル殺人事件」では新聞部員として登場している(後述のコラボレーション参照)。
吉川麗子
演 - 中山エミリ
第5話から天神学園高校に転入してきた1年生で前の学園では新聞コンクール優秀賞をとった優秀な新聞部部員である。新聞部では、記事の情報収集係。不破耕助/銀狼に好意を寄せている(特に銀狼のとき)。冴子とは気が合わず、しばしば衝突する。最終話で不破金狼に捕らえられるが無事救出された。
大林 大作
演 - 宇梶剛士
天神学園高校社会科教師(世界史を担当)で、新聞部顧問を務める。ヘビースモーカー。人体発火の時は休部に追いやろうとする教頭と、それに反発する部員とのあいだで板挟みになり、不破金狼に、殺人容疑者(教師2人・生徒1人)として仕組まれ間接的に殺されそうになったり、刃物を研いでる包帯の男(後述の川上)と遭遇して刃物を向けられたりと不幸な目に遭うことが多い。卒業式ては潤三郎と肩を抱いて一緒に泣いた。

不破家[編集]

不破金狼
演 - 幼少期:ぱくゆう、一部の声:米山信之
銀狼のプロトタイプ。銀狼と並ぶ超天才児だが、銀狼とは違い頭脳が一つの完全体で銀狼は失敗作である。幼い頃から父・不破俊助に愛されることなく、超天才児ゆえに他の人からも疎外され、孤独にさらされる人生を過ごす。そして、自分と同じ頭脳明晰だが失敗作である銀狼が幼少期には父に愛され、学園で再会したあとも自分が好意を寄せる吉川に自分以上に愛されていることを見て銀狼を心底憎むようになる。また銀狼とは異なり人間としての感性は乏しいため、人を殺すことは「虫けらを殺す」程度にしか感じておらず、遂には天神学園の関係者等に殺人方法を教える「狂気のマッドサイエンティスト」と化す。なお、金狼に操られた人間は銀狼にトリックを見破られ突き止められると最後は金狼に殺される。自身が興味を抱き交際を申し込むこともあったが、相手に断られると事故に見せかけて殺すこともあった。イジメられっ子の薬師寺力を演じて周囲を欺き、耕助の周囲の人々を事件の加害者・被害者に仕立て上げ事件を起こし、最終的には耕助諸共に銀狼を倒そうとするが、追いつめながらも返り討ちに遭い敗北を認めようとせずに自ら命を断つ。
不破俊助
演 - 近藤敦
不破耕助の父。小早川順三郎の大学時代の研究仲間。大学では、表向き生物学を専攻していたが、人知れず行っていた遺伝子操作の独自研究により、超天才児の金狼と銀狼を作った。愛情を注いでいたのは完全体の金狼より、失敗作の銀狼であった。耕助が5歳の時、耕助と銀狼の目の前で金狼に殺されてしまう。

ゲスト[編集]

本作品では、2話完結のシナリオ構成となっている。VHSは2話ごとに事件名を付けて収録。従ってゲスト出演者の列挙は、2話毎に記載する。

FILE 1・2(VHS:ファイル1 首なしライダー)[編集]

良の父でラーメン店を営む。良が殺害された後、そのショックと悲しみから部屋に引き篭っていたが首なしライダーになって復讐と蘇生用の胴体をみつけるためにいじめグループのメンバーを次々と殺害していった。最後はトリックを見破られ耕助の説得に逆上してナイフを向けたところを一時的に蘇った良に刺されて命を落とす。
耕助とは中学の頃からの親友。バイクの運転が上手く遅刻しそうな耕助を拾った事もあった。父から教えられた「弱い奴は助けろ、強い奴には向かっていけ」の言葉を信条とし、正義感が強くいつも苛められてる力を助けていたがいじめグループの仕掛けたピアノ線の罠にかかり首が切断され死亡。父の手で黒田の胴体と接合することで一時的に蘇ったが父を刺殺した後、耕助に父の罪を許してほしい事と自転車に乗れるようになってほしい事を言い遺して二度目の死を迎える。
良の幼い頃からの友人で葬儀で弔辞を読みあげていたが、実際は何をやらせても自分より上で人望も厚かった良に並々ならぬ嫉妬心を抱いており水谷らに命じて良を死に追いやった張本人だった。真相を問いただしに来た耕助に暴行を加えるが、首なしライダーの襲撃を受ける。その時は耕助から入れ替わった銀狼のおかげで難を逃れるが、銀狼に助けを求めるものの見捨てられ首なしライダーに殺害される。その胴体は良の蘇生に使われた。
力をいじめていたグループの一人でパンクヘアーをしている。首なしライダーに追跡され良と同様にピアノ線で首を切断されて最初の犠牲者になってしまう。
いじめグループの一人。水谷が殺害された当初は黒田が犯人じゃないかと疑っていた。偽の手紙で呼び出されて斬殺される。
いじめグループの一人。左耳にチェーンのピアスをしている。部屋で怯えていたところを電話で脅迫されて窓から身を乗り出したところをガラスのギロチンで首を斬り落とされる。
首なしライダーを最初に目撃した生徒。その目撃証言から首なしライダーの噂は一気な学園中に広まり興味を持った新聞部が取材と調査に乗り出すことになった。
赤間良の葬儀でお経を読んだ。
首なしライダーからの挑戦状が供え付けられた井出の生首を発見して悲鳴を上げ腰を抜かす。
黒田に転落させられ重症を負った力を診察した。
授業をそっちのけでトリックを暴く準備をしていた銀狼を注意するが、逆に脅されて簡単に引き下がってしまう。

FILE 3・4(VHS:ファイル2 恐怖、人間発火事件)[編集]

野球部監督。部員にはスパルタとも言える猛練習を課していたが、内心では他人を蹴落としてのし上がろうとする部員ばかりになった現状に黒岩の一件もあってか心を痛めていた。手切れ金を受け取らずに潔く監督を辞任したことで、日下部らの不信感を買い殺されそうになるが銀狼に助けられる。
隆一の妹。競争心ばかり強くなっている野球部を冷めた目で見ている。両親を交通事故で失って以来引き篭っていたが黒岩のおかげで再び外に出るようになり、そこから恋人同士になる。黒岩の死とその真相を隠蔽した事から野球部と関係者を憎むようになり発火殺人に及ぶようになる。耕助にとってはタイプの女性であり、銀狼も彼女には普段の荒い口調を控える等まんざらでも無い様子だった。
五年前から特待生制度を採用し野球部の強化に惜しみなく資金を投じていた。なかなか結果を出せなかった監督の隆一に不満を抱いていた。自身の保身と出世の事しか考えておらず野球部の春のセンパツ大会出場も選挙の宣伝道具にしか考えていなかった。最後は祝賀会の中で黒岩の件の真相に怒った耕助に殴り飛ばされる。
理事長の腰巾着で発火事件だけでなく黒岩の死の真相を探る新聞部を疎ましく思っており無理やり休部に追いやろうとした。理事長同様に祝賀会の中で耕助に殴られた。
小早川潤三郎、耕助の父俊助の大学時代の研究仲間。俊助が残した耕助/銀狼の出生に関する資料が残されたノートを潤三郎に渡した。
野球部の絶対的なエースで中学時代は母校を全国ベスト8に導くほどの実力者だが、部室で平然と喫煙行為をしたり気に入らない相手を力でねじ伏せようとするなど素行も悪く粗暴な性格。発火事件で次は自分が殺されるかもしれない恐怖心から銀狼に黒岩の事件の真相を話すが突き放されしまい、遂には出場祝賀会の中で、その場に詰めかけた記者達に全てを暴露してしまう。
故人。生前は野球部員。美香より一つ年上で上記の一件から恋人同士だった。監督の隆一に素質を見込まれ特待生として入部したが、その類まれなる才能を憎んだ富岡達から理不尽なシゴキを受ける。その時に打球を頭に受けたことが致命傷となり帰らぬ人となる。だがその真相は理事長達の手で闇に葬られてしまい美香を凶行に駆り立てるきっかけとなってしまった。
野球部員。耕助の友人で遅刻を理由に暴力を受けたり、富岡のパシリにさせられるなど散々な目に遭っていた。
野球部員。富岡とバッテリーを組んでいた。銀狼のおかげで発火するセーターの罠は回避できたが、その直後新たな発火トリックで殺害されてしまう。
野球部員。西田と同様に発火するセーターで殺害される。
野球部コーチ。増長する富岡を快く思ってなかった。黒岩が死んだ時見て見ぬ振りをしたことで、復讐の標的にされ発火するセーターで殺害される。
集めた生徒と一緒にマグネシウムを使った実験を行っていた。銀狼はこの実験をヒントにセーターのトリックを見破った。

FILE 5・6(VHS:ファイル3 破壊の死神)[編集]

天神学園の美術部顧問。花絵と付き合うが全ては鴻神家の財産を目当てに近づいただけに過ぎず、美術に情熱を燃やしていたのも名を上げて金を稼ぐためでしかなかった。
鴻神家の養女。事件の三年前に、十三に絵の才能を認められて施設から引き取られた。それ故、三姉妹から疎まれ虐げられていた。コンクールと死神事件の取材以降、冴子と心を通わせるようになり絵のモデルを頼むまでになった。しかし実際は十三と血が繋がっており母親は三姉妹と同様に絵の才能を認められた弟子の一人で、養女になったのも鴻神家の人間に復讐するためだった。トリックを見破られた後に、十三の本心と絵の真実を聞かされるが、その事実を受け入れられず全てに絶望して自ら命を絶つ。その後、亡くなる前に冴子をモデルに描いた絵は重田の手でコンクールに出展されて大賞となった。
鴻神家の長女。財産がかかったコンクールの優勝のためには手段を選ばず、美術部顧問の津川に取り入ったりもした。
鴻神家の次女。父の十三を信奉しており、トリックを見破った銀狼に助けられた後でも父が守ってくれたと言うぐらいだった。死神に襲われ一度目の襲撃で左手首を切り落とされ、搬送先の病院で二度目の襲撃を受け殺害される。
鴻神家の三女。自分の血を絵の具の代わりに使うなど異常な面があった。ポルターガイスト現象で動き出した備品が胸に刺さり死亡。
故人。日本を代表する高名な画家だったが、本編開始前にポルターガイスト現象で命を落とす。生前に絵のコンクールで優勝した者に全財産を与える遺言を残したことで姉妹はいがみ合うことになってしまう。
鴻神家に仕える老年の執事。死神の絵に隠された秘密を知っている。
絵から抜けだして次々と鴻上姉妹を襲っていった。
泉が搬送された病院に勤務する看護婦。死神に襲われてから錯乱状態に陥ってナースコールを鳴らし続けた泉に呆れており、本当に死神が襲って来た時も無視してしまった為に殺害を許すことになってしまった。

FILE 7・8(VHS:ファイル4 呪われた天神学園)[編集]

FILE 9・10(VHS:ファイル5 最終決戦vs金狼)[編集]

病院を営む両親を持つ学園始まって以来の天才と騒がれていたがその事からいじめを受け、硫酸をかぶって自殺を図るが失敗。顔には火傷が残りそのまま学園を中退して実家の病院で療養生活を送っていた。その後生徒を次々と殺害してはその死体をミイラに変える事件を起こし当初は金狼ではないかと思われていたが川上自身は金狼のあやつり人形に過ぎなかった。最後は銀狼に追い詰められたところを金狼に始末され、新聞部の中に金狼がいる事をほのめかして命を落とした。
自身を訪ねに来た者を追い返すために使われた川上の母の物と思われる声。夫婦揃って川上に殺害され病院の中でミイラ化した死体となっていた。

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

オープニングテーマ[編集]

作詞:沢ちひろ、作曲・編曲:ジョー・リノイエ

エンディングテーマ[編集]

作詞:相田毅、作曲:谷本新、編曲:船山基紀

放送日程[編集]

参照『宇宙船YEAR BOOK 1997』 朝日ソノラマ宇宙船別冊〉、1997年2月28日、66頁。雑誌コード:018844-02。

FILE 放送日 サブタイトル 脚本 演出 視聴率
FILE 1 1月13日 2つの頭脳を持つ少年。恐怖! 首なしライダー出現! 田子明弘 佐藤東弥 19.3%
FILE 2 1月20日 生き返る死体!? 暴かれた首なしライダーの悲しい正体 20.9%
FILE 3 1月27日 突然人体が炎上!? エリート野球部連続怪死の謎を追え! 大石哲也 18.0%
FILE 4 2月03日 人体発火・完結編 憎しみが炎に変わる! 野球部に消えた純愛 22.3%
FILE 5 2月10日 ポルターガイスト 机がイスが勝手に動きだす!! 学園に忍び寄る死神の影 羽原大介 保母浩章 19.1%
FILE 6 2月17日 死神が絵からぬけだし最後の娘が死ぬ…血ぬられた画家一族を狙う復讐の仮面をあばけ! 19.6%
FILE 7 2月24日 呪われた天神学園・動物のたたり!? ネズミの大群が教師を襲う 田子明弘 井上健 19.3%
FILE 8 3月02日 金狼がついに登場!! 予告通りに次々と起こる事故死はトリック!? 23.2%
FILE 9 3月09日 金狼現わる! 生徒が一晩でミイラに…明かされる銀狼出生の秘密 大石哲也 佐藤東弥 22.4%
FILE10 3月16日 完結編! 最終決戦VS金狼 勝つのは誰だ?! そして最後の変身… 23.7%
平均視聴率 20.8%(視聴率は関東地区ビデオリサーチ社調べ)

コラボレーション[編集]

  • このドラマの前年に同じ枠で放送されていたドラマ版『金田一少年の事件簿(第1期)』で、主役である金田一一を演じたのは堂本光一の相方の堂本剛。そのことに加えて『金田一少年』と『銀狼(シルバーウルフ)』の原作者が同じ金成陽三郎という縁から、このドラマの主人公不破耕助は金田一一と親友であるという設定があり、同年に放送された『金田一少年』のスペシャル「雪夜叉伝説殺人事件」では耕助(銀狼)が、第2シーズン「異人館ホテル殺人事件」では新聞部員たちがそれぞれ登場する。
  • このドラマの次番組は香取慎吾主演の『透明人間』。2番組のコラボレーション(透明人間の番組宣伝)として最終回で僅かながらも香取演じる長谷川半蔵と不破耕助の掛け合いがある(ビデオではカットされている)。

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『宇宙船』Vol.76(1996年春号)、朝日ソノラマ1996年6月1日、 39頁、 雑誌コード:01843-06。
  2. ^ 宇宙船Vol.76」では、名称を「小早川源三郎」と記載している[1]
  3. ^ 宇宙船Vol.76」では、名称を「木乃内 太」と記載している[1]
日本テレビ 土曜グランド劇場
前番組 番組名 次番組
ザ・シェフ
(1995.10.21 - 1995.12.16)
銀狼怪奇ファイル
(1996.1.13 - 1996.3.16)
透明人間
(1996.4.13 - 1996.7.6)