銀狼怪奇ファイル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
銀狼怪奇ファイル
ジャンル テレビドラマ
放送時間 土曜日21:00 - 21:54(54分)
放送期間 1996年1月13日 - 3月16日(10回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 日本テレビ
演出 佐藤東弥
保母浩章
井上健
脚本 田子明弘
羽原大介
大石哲也
プロデューサー 井上健
蒔田光治
出演者 堂本光一
宝生舞
蟹江敬三
字幕 字幕放送
データ放送 番組連動データ放送
オープニング 近藤真彦ミッドナイト・シャッフル
エンディング 堂本光一「僕は思う
テンプレートを表示

銀狼怪奇ファイル』(ぎんろうかいきファイル)は、1996年1月13日から3月16日まで日本テレビの『土曜グランド劇場』枠(毎週土曜日21:00 - 21:54、JST)で放送された日本のテレビドラマ。主演は堂本光一

作品概要[編集]

正式なタイトルは『銀狼怪奇ファイル〜二つの頭脳を持つ少年〜』(ぎんろうかいきファイル〜ふたつのずのうをもつしょうねん〜)。原作:金成陽三郎、作画:越智辺昌義による漫画作品『超頭脳シルバーウルフ』を原作としているが、主人公の能力以外はほぼ別作品となっている。犯人が使った科学的トリックは現代の科学の範疇を超えているものの、ある程度のリアリティは保っており、堂本光一の二役と共に大きく話題となった作品である。

なお、残酷な描写や、犠牲になる被害者の性的かつ卑猥な殺害シーンも多く、ビデオ化はされているものの、DVD化はされていない。

あらすじ[編集]

父母を亡くし、父の友人・小早川順三郎に育てられた不破耕助は、順三郎の娘で姉同然の冴子と3人暮らしをする普通の高校生である。しかし、殺人事件に巻き込まれて命を失いかけて以降、「銀狼」と名乗る粗野で冷徹な別の人格が現れるようになった。耕助の頭蓋骨内には、優しく大人しい性格の普通の高校生「耕助」と、IQ220をもつ天才「銀狼」の2つの頭脳があり、危険が迫った時切り替わるようになっていることが分かった。

それ以後、耕助が通う天神学園で奇怪な殺人事件が起きるようになった。もはや超常現象としか説明しようのない不可能犯罪に対し、銀狼はその天才頭脳を駆使し、次々と科学的に事件を解決していくが、過酷な試練が待ち構える。やがて銀狼誕生の秘密や、全ての事件の裏に潜む「金狼」の存在、そしてその正体が明らかになっていく。

キャスト[編集]

主人公[編集]

不破 耕助 / 不破 銀狼
演 - 堂本光一KinKi Kids)(幼少期:北尾亘
主人公。天神学園高校1年生で、新聞部部員。不器用だが心やさしく愛らしい「耕助」と、頭脳明晰・冷静沈着だが冷血漢の「銀狼」と、二つの頭脳を持つ。耕助と銀狼は互いに何をしているかが分かる。また、頭脳面だけでなく運動神経においても、耕助は自転車も運転できないほどの運動音痴で喧嘩を売られるとすぐやられてしまうが、銀狼は自転車は言うまでもなくオートバイも運転できるほど運動神経抜群で護身術も優れている(なお、自転車に関しては後に耕助も乗れるようになっている)。
銀狼は耕助に比べて遥かに知能指数が高いのに対し、耕助は気弱ないじめられっ子であることもあり、耕助のことを見下している。銀狼の際の決めゼリフは「俺に不可能はない」。事件のトリックを見破った際の「なるほどね」や、耕助が窮地に追い込まれ銀狼に人格がスイッチするときの「俺をなめるなよ」「なめてンじゃねェぞ」等も口癖といえる。しかし、推理が外れると自信をなくし耕助に切り替わってしまう(推理は正しいが、見破られると金狼が新たな手口を考えるために推理が外れたように見える)。相手の年齢を問わず(姉の冴子ばかりでなく、教員の大林大作や春日みどりなども)ファーストネームで人を呼ぶのも特徴。

小早川家[編集]

小早川 冴子
演 - 宝生舞
不破耕助/銀狼にとって姉のような存在。天神学園高校3年生で、新聞部副部長。耕助はかわいく思っているが素直になれないツンデレ。耕助とは正反対の銀狼を毛嫌いしている。
小早川 順三郎
演 - 蟹江敬三
小早川冴子の父。高田馬場大学医学部教授で、医師を務める。身寄りのなくなった5歳の耕助を引き取り、育てる。自然現象に関しての知識は豊富である。

天神学園高校[編集]

薬師寺 力
演 - 三宅健V6、Coming Century)
天神学園高校1年生。同級生の不良グループにいじめられており、晴れの日に赤い雨傘を差して登校することを命じられていた。その後、不破耕助の勧誘で新聞部に入部。テレビドラマ『金田一少年の事件簿』第2シーズン「異人館ホテル殺人事件」では新聞部員として登場している(後述のコラボレーション参照)。
蛭間 純平
演 - 井ノ原快彦(V6、20th Century)
天神学園高校2年生で、新聞部部員。竜太郎とは対立する。竜太郎とともに遥に好意(片思い)を寄せている。おっちょこちょいで遥の前では、やたらと恰好を付ける。部活動では、耕助をこき使うが大切な後輩として見守っている。
土門 竜太郎
演 - 秋山純ジャニーズJr.MA))
天神学園高校2年生で、新聞部部員。遥に好意(片思い)を寄せており近づくが、振り切られる。遥の卒業による引退で新部長に就任。『金田一少年』第2シーズン「異人館ホテル殺人事件」では新聞部員として登場している(後述のコラボレーション参照)。また、このホテルのオーナーの親戚という設定も追加された。
鏡 遥
演 - 木村佳乃
天神学園高校3年生で、新聞部部長。新聞部では、マドンナ的存在。耕助を温かく見守っており、銀狼をクールで凛々しい、と感じている。
木ノ内 太
演 - 松山幸次
天神学園高校2年生で、新聞部部員。部ではカメラ係。写真のセンスは抜群である。遥にとっては頼りになる部員である。体格は肥満体で、食べることに目がない。遥とは、彼女の卒業の1ヶ月前から交際を始めていたことが最後に明らかとなる。『金田一少年』第2シーズン「異人館ホテル殺人事件」では新聞部員として登場している(後述のコラボレーション参照)。
吉川 麗子
演 - 中山エミリ
第5話から天神学園高校に転入してきた1年生で、新聞部部員。部では、記事の情報収集係。不破耕助/銀狼に好意を寄せている(特に銀狼のとき)。冴子とは気が合わず、しばしば衝突する。
大林 大作
演 - 宇梶剛士
天神学園高校社会科教師(世界史を担当)で、新聞部顧問を務める。ヘビースモーカー。不破金狼に、殺人容疑者(教師2人・生徒1人)として仕組まれ間接的に殺されそうになった。

不破家[編集]

不破 金狼
演 - 幼少期:ぱくゆう、一部の声:米山信之
銀狼のプロトタイプ。銀狼と並ぶ超天才児だが、銀狼とは違い頭脳が一つの完全体である(銀狼は失敗作)。幼い頃から父(不破俊助)に愛されることなく、超天才児ゆえに他の人からも疎外され、孤独にさらされる人生を過ごす。そして、自分と同じ頭脳明晰だが失敗作である銀狼が、幼少期には父に愛され、学園で再会したあとも自分が好意を寄せる吉川に自分以上に愛されていることを見て、銀狼を心底憎むようになる。人を殺すことは「虫けらを殺す」程度にしか感じておらず、ついには天神学園の関係者等に殺人方法を教える「狂気のマッドサイエンティスト」と化す(なお、金狼に操られた人間は、銀狼にトリックを見破られ突き止められると、最後は金狼に殺される)。
不破 俊助
演 - 近藤敦
不破耕助の父。小早川順三郎の大学時代の研究仲間。大学では、表向き生物学を専攻していたが、人知れず行っていた遺伝子操作の独自研究により、超天才児の金狼と銀狼を作った。愛情を注いでいたのは完全体の金狼より、失敗作の銀狼であった。耕助が5歳のとき、謎の死を遂げる。

ゲスト[編集]

本作品では、2話完結のシナリオ構成となっている。VHSは2話ごとに事件名を付けて収録。従ってゲスト出演者の列挙は、2話毎に記載する。

FILE 1・2(VHS:ファイル1 首なしライダー)[編集]

FILE 3・4(VHS:ファイル2 恐怖、人間発火事件)[編集]

FILE 5・6(VHS:ファイル3 破壊の死神)[編集]

FILE 7・8(VHS:ファイル4 呪われた天神学園)[編集]

FILE 9・10(VHS:ファイル5 最終決戦vs金狼)[編集]

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

オープニングテーマ[編集]

作詞:沢ちひろ、作曲・編曲:ジョー・リノイエ

エンディングテーマ[編集]

作詞:相田毅、作曲:谷本新、編曲:船山基紀

放送日程[編集]

FILE 放送日 サブタイトル 演出 視聴率
FILE 1 1996年1月13日 2つの頭脳を持つ少年。恐怖! 首なしライダー出現! 佐藤東弥 19.3%
FILE 2 1996年1月20日 生き返る死体!? 暴かれた首なしライダーの悲しい正体 20.9%
FILE 3 1996年1月27日 突然人体が炎上!? エリート野球部連続怪死の謎を追え! 18.0%
FILE 4 1996年2月03日 人体発火・完結編 憎しみが炎に変わる! 野球部に消えた純愛 22.3%
FILE 5 1996年2月10日 ポルターガイスト 机がイスが勝手に動きだす!! 学園に忍び寄る死神の影 保母浩章 19.1%
FILE 6 1996年2月17日 死神が絵からぬけだし最後の娘が死ぬ…血ぬられた画家一族を狙う復讐の仮面をあばけ! 19.6%
FILE 7 1996年2月24日 呪われた天神学園・動物のたたり!? ネズミの大群が教師を襲う 井上健 19.3%
FILE 8 1996年3月02日 金狼がついに登場!! 予告通りに次々と起こる事故死はトリック!? 23.2%
FILE 9 1996年3月09日 金狼現わる! 生徒が一晩でミイラに…明かされる銀狼出生の秘密 佐藤東弥 22.4%
FILE10 1996年3月16日 完結編! 最終決戦VS金狼 勝つのは誰だ?! そして最後の変身… 23.7%
平均視聴率 20.8%(視聴率は関東地区ビデオリサーチ社調べ)

コラボレーション[編集]

  • このドラマの前年に同じ枠で放送されていたドラマ版『金田一少年の事件簿(第1期)』で、主役である金田一一を演じたのは堂本光一の相方の堂本剛。そのことに加えて『金田一少年』と『銀狼(シルバーウルフ)』の原作者が同じ金成陽三郎という縁から、このドラマの主人公不破耕助は金田一一と親友であるという設定があり、同年に放送された『金田一少年』のスペシャル「雪夜叉伝説殺人事件」では耕助(銀狼)が、第2シーズン「異人館ホテル殺人事件」では新聞部員たちがそれぞれ登場する。
  • このドラマの次番組は香取慎吾主演の『透明人間』。2番組のコラボレーション(透明人間の番組宣伝)として最終回で僅かながらも香取演じる長谷川半蔵と不破耕助の掛け合いがある(ビデオではカットされている)。
日本テレビ 土曜グランド劇場
前番組 番組名 次番組
ザ・シェフ
(1995.10.21 - 1995.12.16)
銀狼怪奇ファイル
(1996.1.13 - 1996.3.16)
透明人間
(1996.4.13 - 1996.7.6)