羽原大介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
羽原 大介
プロフィール
誕生日 (1964-11-27) 1964年11月27日(52歳)
出身地 日本の旗 日本東京都
主な作品
テレビドラマ とんび』、『ダブルフェイス』、『マッサン
映画 パッチギ!』、『フラガール
アニメ ふたりはプリキュア
受賞
第29回日本アカデミー賞優秀脚本賞(映画『パッチギ!』)
第30回日本アカデミー賞最優秀脚本賞(映画『フラガール』)

羽原 大介(はばら だいすけ、1964年11月27日 - )は日本劇作家脚本家演出家東京都出身、日本大学明誠高等学校日本大学芸術学部文芸学科卒業。劇団昭和芸能舎主宰。

来歴[編集]

日本大学芸術学部ではよしもとばななと同期[1]。大学時代に見た舞台『ストリッパー物語』でつかこうへいに興味を持つ。大学を卒業し芸能プロダクションサンミュージックにてアイドルマネージャーをしていた所、先輩マネージャーの紹介でつかこうへいに会い、「おまえ何で大学まで出て、アイドルのパンティーストッキングたたむような仕事してるんだ」「会社やめて俺のところに来たらいいじゃないか」のつかの言葉に、翌日辞表を提出してつかに師事。つかこうへい事務所にてつかの運転手・付き人・裏方等を経験した後、3年後つかの紹介で映像制作会社に就職し、低予算ドラマの脚本を見よう見真似で書き始める[2][3]。29歳で退職。

1992年に脚本家としてデビュー[1]すると、幅広いジャンルの作品で執筆活動を行う傍らで、2001年には北島義明及川以造らと劇団新宿芸能社(現・昭和芸能舎)を旗揚げし、同劇団では演出も担当[3]。2006年には映画『パッチギ!』で日本アカデミー賞優秀脚本賞(共同脚本)を、翌2007年に映画『フラガール』で日本アカデミー賞最優秀脚本賞(共同脚本)を受賞するなど、現在は舞台に加えて映画・テレビドラマ・テレビアニメの脚本を手掛ける。2014年にはNHK連続テレビ小説マッサン』の脚本を担当する[4][5][6]

2008年1月開校の新宿村演技塾では講師を務める[7]

作品[編集]

舞台[編集]

  • 心をこめて (1992) RUP
  • スキャンダル (1992) RUP
  • 花のお江戸の法界坊 (1992) RUP
  • 船橋純情愚連隊 (1993) RUP
  • すっぽんぽん! (2001) 新宿芸能社
  • 歌舞伎町フルモンティ (2002) 新宿芸能社
  • 二丁目行進曲 (2003) 新宿芸能社
  • ドカチン (2003) 新宿芸能社
  • 二丁目行進曲’04 (2004) 新宿芸能社
  • チェリーボーイズ (2004) 新宿芸能社
  • 横丁のデカプリオ (2005) 新宿芸能社
  • ちんどん (2006) 新宿芸能社
  • ドカチン〜下北沢死闘編〜 (2007) 新宿芸能社
  • 何日君再来 (2007) RUP
  • 歌の翼にキミを乗せ (2007) RUP
  • へそのはなし (2007) 新宿芸能社
  • 銀座通りのデカプリオ (2008) 新宿芸能社
  • フラガール (2008) 赤坂ACTシアター TBS
  • ラストゲーム 最後の早慶戦 (2008) D-BOYS STAGE
  • ラフカット2008 (2008) プラチナ・ペーパーズ
  • 歌の翼にキミを乗せ (2008) 新宿芸能社
  • シャリトーベルサイユ (2008) ブルーミンググループ
  • 鴉〜KARASU〜 (2009) D-BOYS STAGE
  • パッチギ!(2009)新国立劇場中劇場
  • ラストコーラス (2010) 新宿芸能社
  • テンペスト (2011) 赤坂ACTシアター
  • 祖国へ (2011) 昭和芸能舎
  • テニアン〜歌の翼にキミを乗せ2011〜 (2011) 昭和芸能舎
  • ツチノコまつり〜土野幸太郎一家の挑戦〜(2012) 昭和芸能舎
  • 七人のオカマ〜映画『EDEN』公開記念公演〜(2012) 昭和芸能舎

ほか多数

映画[編集]

オリジナルビデオ[編集]

  • 桃尻こねクション(1993年)
  • 傷だらけの蝙蝠(1993年)
  • ザ 首領(ドン)-火の玉伝説-(1993年)
  • 任侠株式会社-会社の作り方教えます-(1994年)
  • トラブルメーカー 奥様は女組長(1995年)
  • ばっくれ(1995年)
  • ウェディング・ドール 愛欲の洗脳(1995年)
  • スケバン女教師(1995年)
  • 野望の群れ(1996年)
  • 改造屋総長エイジ(1996年)
  • マル走改造自動車教習所(1996年)
  • 重役秘書 役員室での情事(1999年)
  • 捜査四課対広域暴力団(2000年)

テレビドラマ[編集]

テレビアニメ[編集]

受賞歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b “ばなな氏 マッサン脚本を絶賛!羽原氏とは日芸の同級生だった”. Sponichi Annex (スポーツニッポン). (2014年11月11日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2014/11/11/kiji/K20141111009266420.html 2015年12月1日閲覧。 
  2. ^ 守真弓 (2015年6月14日). “マッサンの脚本家、「ストリッパー物語」を語る”. 朝日新聞デジタル. http://digital.asahi.com/articles/ASH624TKLH62UCVL00S.html?rm=544 2015年12月1日閲覧。 
  3. ^ a b 新宿芸能社 羽原大介さん”. おけぴ管理人インタビュー. オケピ. 2015年12月1日閲覧。
  4. ^ 平成26年度後期朝ドラ「マッサン」制作のお知らせ - NHKブログ”. 2013年11月21日閲覧。
  5. ^ “来秋の朝ドラは初の外国人ヒロイン 『あまちゃん』以来のオーディション実施へ”. ORICON STYLE (オリコン). (2013年11月18日). http://www.oricon.co.jp/news/2030992/full/ 2015年12月2日閲覧。 
  6. ^ “来年度後期の朝ドラヒロインはスコットランド人!”. Smartザテレビジョン (KADOKAWA). (2013年11月18日). http://thetv.jp/news_detail/42544/ 2015年12月2日閲覧。 
  7. ^ 新宿村演技塾 短期集中実践講座”. アール・ユー・ピー. 2015年12月2日閲覧。
  8. ^ 福岡発地域ドラマ 見知らぬわが町 - NHK名作選(動画・静止画) NHKアーカイブス

関連項目[編集]

外部リンク[編集]