TO THE FUTURE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
TO THE FUTURE
監督 井筒和幸
脚本 羽原大介
吉田康弘
製作総指揮 祷映
出演者 光石研
撮影 葛西誉仁
編集 冨田伸子
製作会社 朝日放送
配給 リトルバード
公開 日本の旗 2008年12月23日
上映時間 92分(全5作品合計)
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

TO THE FUTURE』(トゥー ザ フューチャー)は、朝日放送新社屋完成記念 Theショートフィルムズと題して、2008年7月12日から7月21日まで新社屋の新・ABCホールにてオムニバス形式で上映された、こどもをテーマに製作された短編映画

概要[編集]

近年、こどもを取り巻く環境下において、ひとつの社会問題としてクローズアップされている、学校関係者などに理不尽な要求を行う親、即ちモンスターペアレントをテーマに学校教育の背景にある、現代社会に蔓延る問題を描いた作品である。
タイトルの『TO THE FUTURE』は、ターミナルで偶然見かけた、自衛隊のポスターからヒントを得たという。

出演者[編集]

スタッフ[編集]

同時上映作品[編集]

  • 大森一樹監督作品 『イエスタデイワンスモア』
  • 崔洋一監督作品   『ダイコン~ダイニングテーブルのコンテンポラリー』
  • 阪本順治監督作品 『展望台』
  • 李相日監督作品   『タガタメ』