吉本ばなな

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
よしもとばななから転送)
移動先: 案内検索
吉本 ばなな
(よしもと ばなな)
誕生 吉本 真秀子(よしもと まほこ)
1964年7月24日(52歳)
日本の旗 日本東京都文京区
職業 小説家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
教育 学士
最終学歴 日本大学芸術学部
活動期間 1987年-
主題 小説
代表作 キッチン』(1987年)
TUGUMI』(1989年)
アムリタ』(1994年)
不倫と南米』(2000年)
主な受賞歴 海燕新人文学賞(1987年)
泉鏡花文学賞(1988年)
芸術選奨新人賞(1989年)
山本周五郎賞(1989年)
紫式部文学賞(1995年)
ドゥマゴ文学賞(2000年)
デビュー作 『キッチン』
パートナー あり(ただし事実婚)
子供 長男
親族 吉本隆明(父)
ハルノ宵子(姉)
公式サイト 吉本ばなな公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

吉本 ばなな(本名:吉本 真秀子〈よしもと まほこ〉、旧筆名:よしもと ばなな2003年から2015年まで)、1964年7月24日 - )は、日本小説家

来歴・人物について[編集]

東京都文京区出身。父は批評家詩人吉本隆明。姉は漫画家ハルノ宵子

文京区立汐見小学校、文京区立第八中学校、東京都立板橋高等学校卒業[1]。1987年3月、日本大学芸術学部文芸学科卒業。卒業制作の「ムーンライト・シャドウ」が日大芸術学部長賞を受賞[2]。同年9月14日、第6回海燕新人文学賞の選考会が開かれ「キッチン」が受賞する(村上政彦の「純愛」も同時受賞)。「キッチン」が『海燕』1987年11月号に掲載され商業誌デビュー。1988年1月30日、初の単行本『キッチン』が刊行される。1989年3月20日、『TUGUMI』が中央公論社より刊行される[3]

『TUGUMI』は1989年年間ベストセラーの総合1位を、『キッチン』は同年間ベストセラーの総合2位を記録した[4]

略歴[編集]

作品一覧[編集]

小説[編集]

  • キッチン』 福武書店、1988/01/30 のち文庫、角川文庫、新潮文庫
  • うたかたサンクチュアリ』 福武書店、1988/08/05 のち文庫、角川文庫、新潮文庫
  • 哀しい予感』 角川書店、1988/12/15 のち文庫、幻冬舎文庫
  • TUGUMI』 中央公論社、1989/03/20 のち文庫
  • 白河夜船』 福武書店、1989/07/15 のち文庫、角川文庫、新潮文庫
  • N・P』 角川書店、1990/12/25 のち文庫
  • 『とかげ』 新潮社、1993/04/20 のち文庫
  • 『アムリタ』 福武書店、1994/01/12 のち角川文庫、新潮文庫
  • 『マリカの永い夜・バリ夢日記』 幻冬舎、1994/03/27 のち『マリカのソファー』文庫
  • 『ハチ公の最後の恋人』 メタローグ、1994/10/15 のち新装版が1996年中央公論社
  • 『SLY』 幻冬舎、1996/04/09 のち文庫
  • 『ハネムーン』 中央公論社、1997/12/07 のち文庫
  • 『ハードボイルド/ハードラック』 ロッキング・オン、1999 のち幻冬舎文庫
  • 『オカルト』(吉本ばなな自選選集 1) 新潮社、2000
  • 『ラブ』(吉本ばなな自選選集 2) 新潮社、2000
  • 『デス』(吉本ばなな自選選集 3) 新潮社、2001
  • 『ライフ』(吉本ばなな自選選集 4) 新潮社、2001
  • 『体は全部知っている』 文藝春秋、2000 のち文庫
  • 『不倫と南米 世界の旅3』 幻冬舎、2000 のち文庫
  • 『ひな菊の人生』 ロッキング・オン 2000 のち幻冬舎文庫
  • 『王国 その1 アンドロメダ・ハイツ』 新潮社、2002 のち文庫
  • 『虹』 幻冬舎、2002 のち文庫
  • アルゼンチンババア奈良美智絵・写真 ロッキング・オン、2002 のち幻冬舎文庫
  • 『ハゴロモ』 新潮社、2003 のち文庫
  • 『ムーンライト・シャドウ』 マイケル・エメリック訳 朝日出版社、2003
  • 『デッドエンドの思い出』 文藝春秋、2003 のち文庫
  • 『なんくるない』 新潮社、2004 のち文庫
  • 『High and dry (はつ恋)』 文藝春秋、2004 のち文庫
  • 海のふた』 ロッキング・オン、2004 のち中公文庫
  • 『王国 その2 痛み、失われたものの影、そして魔法』 新潮社、2004 のち文庫
  • 『王国 その3 ひみつの花園』 新潮社、2005 のち文庫
  • 『みずうみ』 フォイル、2005 のち新潮文庫
  • 『イルカ』 文藝春秋、2006 のち文庫
  • 『ひとかげ』 幻冬舎、2006 のち文庫
  • 『チエちゃんと私』 ロッキング・オン、2007 のち文春文庫
  • 『まぼろしハワイ』 幻冬舎、2007 のち文庫
  • 『サウスポイント』 中央公論新社、2008 のち文庫
  • 『彼女について』 文藝春秋、2008 のち文庫
  • 『もしもし下北沢』 毎日新聞社、2010 のち幻冬舎文庫
  • 『どんぐり姉妹』 新潮社、2010
  • 『アナザー・ワールド 王国 その4』 新潮社、2010
  • 『ジュージュー』 文藝春秋、2011
  • 『スウィート・ヒアアフター』 幻冬舎、2011
  • 『さきちゃんたちの夜』 新潮社、2013
  • 『スナックちどり』 文藝春秋、2013
  • 『僕たち、恋愛しようか?』 マガジンハウス、2013
  • 『花のベッドでひるねして』 毎日新聞社、2013/11/27
  • 『鳥たち』 集英社、2014/10/24
  • 『サーカスナイト』 幻冬舎、2015/01/22
  • 『ふなふな船橋』 朝日新聞出版、2015/10/07
  • 『イヤシノウタ』 新潮社、2016/4/27

随筆[編集]

  • 『パイナツプリン』 角川書店、1989/09/30 のち文庫
  • 『Songs from Banana note』 スイッチ・コーポレーション 扶桑社、1991
  • 『日々のこと』 学習研究社、1991 のち幻冬舎文庫
  • 『ばななのばなな』 メタローグ 1994
  • 『夢について』 幻冬舎、1994 のち文庫
  • 『B級BANANA 吉本ばなな読本』 福武文庫 1995 のち角川文庫
  • 『パイナップルヘッド』 幻冬舎 1995 のち文庫
  • 『ばななブレイク』 幻冬舎 2000 のち文庫
  • 『YOSHIMOTOBANANA.COM』 幻冬舎 2002
  • 『よしもとばななドットコム見参!』 新潮文庫 2002
  • 『バナタイム』 マガジンハウス 2002 のち幻冬舎文庫
  • 『怒りそしてミルクチャンの日々』 幻冬舎 2002
  • 『ミルクチャンのような日々、そして妊娠?!』 新潮文庫
  • 『日々の考え』 リトルモア 2003
  • 『子供ができました』 新潮文庫 2003
  • 『こんにちわ!赤ちゃん』 新潮文庫 2004
  • 『赤ちゃんのいる日々』 新潮文庫 2004
  • 『さようなら、ラブ子』 新潮文庫 2005
  • 『引っこしはつらいよ』 新潮文庫 2005
  • 『美女に囲まれ』 新潮文庫 2005
  • 『なんくるなく、ない 沖縄(ちょっとだけ奄美)旅の日記ほか』 新潮文庫 2006
  • 『人生の旅をゆく』 日本放送出版協会 2006
  • 『ついてない日々のおもしろみ』 新潮文庫 2007
  • 『ベリーショーツ 54のスマイル短編』 東京糸井重里事務所 2007
  • 『愛しの陽子さん』 新潮文庫 2007
  • 『なにもかも二倍』 新潮文庫 2008
  • 『ごはんのことばかり100話とちょっと』 朝日新聞出版 2009
  • 『すぐそこのたからもの』 文化出版局、2011
  • 『ゆめみるハワイ』 世界文化社、2012
  • 『人生の旅をゆく 2』 NHK出版、2012
  • 『すばらしい日々』 幻冬舎、2013/10/24
  • 『小さな幸せ46こ』 中央公論新社、2015/03/10

共著[編集]

ムック[編集]

  • 『本日の、ばなな』 新潮文庫、2001/07/30

オーディオブック[編集]

動画配信[編集]

映画化された作品[編集]

外国語訳[編集]

英語[編集]

  • Kitchen キッチン Megan Backus
  • Goodbye Tsugumi Michael Emmerich
  • N.P. Ann Sherif 1994
  • Lizard とかげ Ann Sherif 1995
  • Amrita アムリタ Russel F. Wasden
  • Asleep 白河夜船 Michael Emmerich 2001
  • Hardboiled and Hard Luck ハードボイルド/ハードラック Michael Emmerich 2006
  • The Lake みずうみ Michael Emmerich (2012)
  • Argentine Hag アルゼンチンババア

フランス語[編集]

  • Kitchen Dominique Palme et Kyôkô Satô
  • N. P Dominique Palmé et Kyôko Satô
  • Le Lézard とかげ Dominique Palmé et Kyôko Satô
  • Poupees Kokeshi
  • Le Dernier Jour Elizabeth Suetsugu
  • Dur, dur Dominique Palmé et Kyôko Satô

ドイツ語[編集]

  • Kitchen キッチン Giorgio Amitrano und Wolfgang E. Schlecht 1994
  • N. P Annelie Ortmanns-Suzuki 1995
  • Tsugumi. Roman. Annelie Ortmanns 1998
  • Dornröschenschlaf 白河夜船 Annelie Ortmanns und Gisela Ogasa 2001
  • Amrita アムリタ Annelie Ortmanns 2002
  • Sly Anita Brockmann 2004
  • Hard-boiled /Hard Luck: Zwei Erzählungen ハードボイルド/ハードラック Annelie Ortmanns 2005
  • Eidechse とかげ Anita Brockmann und Annelie Ortmanns 2007
  • Federkleid ハゴロモ Thomas Eggenberg 2009
  • Mein Körper weiß alles: Dreizehn Geschichten 体は全部知っている Annelie Ortmanns und Thomas Eggenberg 2011
  • Ihre Nacht Thomas Eggenberg 2012

イタリア語[編集]

  • Kitchen Giorgio Amitrano
  • Tsugumi A. G. Gerevini
  • Presagio Triste 哀しい予感 G. Amitrano
  • Sonno Profondo 白河夜船 G. Amitrano e A. G. Gerevini
  • Lucertola とかげ G. Amitrano
  • Amrita アムリタ G. Amitrano
  • Ricordi di un Vicolo Cieco デッドエンドの思い出 G. Amitrano
  • Chie-chan e io チエちゃんと私 G. Amitrano
  • La Piccola Ombra ひとかげ A. G. Gerevini
  • High & Dry. Primo Amore はつ恋 G. M. Follaco
  • L'abito di Piume ハゴロモ A. G. Gerevini
  • L'ultima Amante di Hachiko ハチ公の最後の恋人 A. G. Gerevini
  • La Luce che c'è Dentro le Persone
  • N. P. G. Amitrano
  • Honeymoon ハネムーン G. Amitrano
  • Arcobaleno 虹 A. G. Gerevini
  • H/H ハードボイルド/ハードラック G. Amitrano
  • Il Corpo Sa Tutto 体は何でも知っている G. Amitrano
  • Il Coperchio del Mare 海のふた A. G. Gerevini 2009
  • Un Viaggio Chiamato Vita 人生の旅をゆく G. M. Follaco 2010
  • Delfini イルカ A. G. Gerevini 2011
  • Moshi moshi もしもし下北沢 G. M. Follaco 2012

スペイン語[編集]

  • Kitchen
  • Tsugumi
  • Sueño profundo 白河夜船 2008
  • Recuerdos de un Callejon Sin Salida デッドエンドの思い出 2011

ベトナム語[編集]

  • Kitchen
  • Vĩnh Biệt Tugumi
  • Say Ngủ
  • N.P
  • Amrita
  • Thằn lằn

その他[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]