若林志穂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
わかばやし しほ
若林 志穂
本名 若林 志穂
別名義 若林 しほ
生年月日 (1971-09-06) 1971年9月6日(52歳)
出生地 日本の旗 日本東京都新宿区
身長 163cm
血液型 A型
職業 女優
ジャンル テレビドラマ・映画・舞台
活動期間 1984年 - 2009年
主な作品
テレビドラマ
天までとどけ』シリーズ
高校教師
テンプレートを表示

若林 志穂(わかばやし しほ、1971年9月6日 - )は、日本の元女優東京都新宿区出身[1]。デビュー当時は市川晃一事務所、その後太田プロダクションサンミュージックブレーンに所属した。

芸名を、若林しほと表記した時期がある。

来歴[編集]

芸能活動[編集]

1983年に小学校6年生で、日本テレビ「★憧れ!花★夢★星★ -タモリの- キラキラ美少女コンテスト」でグランプリに選出される。映画『生徒諸君!』(1984年、日本ヘラルド)の出演者オーディションで市川晃一に見出され、13歳で映画に出演する[2]1984年に中学1年生で、レブロン・アクアマリンイメージガールオーディションに優勝する。1985年2月25日に加藤和彦がプロデュースする「テレフォン・キッス」で、アイドル歌手として活動を始める。同時期のアイドルに本田美奈子中山美穂南野陽子斉藤由貴井森美幸浅香唯森口博子らがいる。以後はおもに俳優として活動する。

1988年4月にTBS系『新まんがなるほど物語』のお姉さん役として出演する。

1991年にTBS系ドラマ『天までとどけ』の長女 待子役で人気を博す。

1999年にヌード写真集『S』発売する。

2001年8月26日に舞台稽古へ向かう途上の世田谷区で、刃物を振り回す男と制止する警察官が争い、犯人は射殺されて警察官が刺殺される事件を目撃する。精神に影響を受けて以後の芸能活動を休止する。

のちにサンミュージックブレーンと契約して女優業に復帰する。『天までとどけ』で共演した金杉太朗が2008年8月に事故死すると、再び体調を崩す。2009年5月に「休養が必要」としてサンミュージックブレーンから契約を解除され[3]、芸能界から引退する。

芸能活動引退後[編集]

芸能活動引退後、2010年9月6日に化粧品ブランド「S」をプロデュースする。

2020年4月23日に『天までとどけ』で共演した岡江久美子新型コロナウイルスに感染して急逝すると、インタビューに応じて追悼の言葉を述べる[4]

2023年9月にTwitterのアカウントを開設する。11月12日にX(エックス)でライブ配信し、学生時代に髪を切られ、撮影中の窃盗犯嫌疑、殺人事件遭遇、共演者から薬物監禁レイプ暴力、など辛い体験が重なり複雑性PTSDを患い芸能界から引退した、と語る[5]

2024年1月15日、「脊柱管狭窄症を罹患している」[6]、3月12日には「現在は障害年金生活保護を受給している」[7]と、それぞれX(エックス)へ投稿。

同年1月23日、「現在活動を休止しているダウンタウン松本人志から、過去に励ましの言葉を受けて心遣いに感激した」[8]、1月26日には「松本人志を擁護している」と糾弾するダイレクトメッセージに対して「私は松本人志さんを擁護したのではなく、この様な出来事がありました、とお話しをしたまでです」[8]と、それぞれX(エックス)へ投稿。

同年3月28日、X(エックス)のアカウントを削除[9]

人物[編集]

板橋区立志村第二中学校を卒業し、堀越高等学校を中退[注 1]した。

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

テレビ番組[編集]

ラジオ番組[編集]

映画[編集]

アニメ映画[編集]

オリジナルビデオ[編集]

イメージビデオ[編集]

  • ラビリンス・ゴールド(1990年)

舞台[編集]

  • 貪りと瞋りと愚かしさと
  • tatsuya―最愛なる者の側へ
  • 棋人(チーレン)
  • 雪之丞変化

CM[編集]

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

# 発売日 タイトル 作詞 作曲 編曲 規格 規格品番
アルファレコード
1st 1985年2月25日 A テレフォン・キッス 安井かずみ 加藤和彦 白井良明

武川雅寛

国本佳宏

EP ALR-781
B いつも青空のように 小林和子 網倉一也 白井良明
2nd 1985年6月25日 A 夏のバルコニー 安井かずみ 加藤和彦 萩田光雄 EP ALR-785
B 恋の1・2・3ワン トゥ スリー 国本佳宏
3rd 1985年10月25日 A MORE THAN 恋 児島由美 吉田哲 国本佳宏 EP ALR-788
B ロンリー・シンデレラ 小森田実
トーラスレコード
4th 1988年3月25日 A Heart to Heart 伊藤薫 藤野浩一 EP 07TR-1182
B 旅立ち 鉄道労連

補)志村建世

竹内直生

補)渡辺岳夫

CT 10TT-7110

タイアップ[編集]

楽曲 タイアップ 収録作品
テレフォン・キッス 『チャレンジ・ザ・デビュー'85』オーディション課題曲 シングル「テレフォン・キッス」
旅立ち JRU イメージソング シングル「Heart to Heart」

写真集[編集]

DVD[編集]

  • Legend Gold 〜伝説のスーパーアイドル完全復刻版〜若林志穂「LABYRINTH GOLD」(2009年9月18日発売 日本メディアサプライ)

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 2024年3月9日、自身によるXのライブ配信にて、学歴がそれまでWikipediaに記載されていた「堀越高等学校卒業」ではなく「堀越高等学校中退」であることを公表した。中退の理由は学習障害(自身が通う心療内科心理検査により後に発覚)によるもので、漢字が読めなかったことと英語が全くできなかったことから、勉強が追いつかなかったためである、ということを発言している。

出典[編集]

  1. ^ 週刊テレビ番組(東京ポスト)1986年7月25日号 p.40「プロフィール」
  2. ^ 生活保護告白の若林志穂さん、一部からの批判に涙「悔しいけど、今の現状はそう」”. 日刊スポーツ (2024年3月12日). 2024年3月12日閲覧。
  3. ^ 週刊新潮』2009年8月13日・20日合併号
  4. ^ “岡江久美子さん死去に『天までとどけ』長女・若林志穂が涙「連れていかないで」”. 週刊女性PRIME (主婦と生活社). (2020年4月23日). https://www.jprime.jp/articles/-/17762?display=b 2020年4月23日閲覧。 
  5. ^ 元女優・若林志穂さん性暴力被害を告白「ミュージシャンNさんから…」過去にドラマ共演者から」『日刊スポーツ』2024年1月24日。2024年1月25日閲覧
  6. ^ 元女優・若林志穂さん、厚労省指定難病で歩行困難に 近況写真の投稿に「すっぴんでも可愛いまま」「劣化してなくてすごい」と驚きの声も - デイリースポーツ online 2024年1月15日
  7. ^ 元女優・若林志穂さん、障害年金&生活保護受給を告白 批判意見に涙で釈明”. デイリースポーツonline (2024年3月12日). 2024年3月12日閲覧。
  8. ^ a b 元女優・若林志穂さん、松本人志を擁護との批判に反論「このような出来事がありましたとお話ししたまで」”. デイリースポーツonline (2024年1月26日). 2024年1月27日閲覧。
  9. ^ 若林志穂さんXアカウントを削除「少し離れようと思います」「争い事はしたくありません」生活保護受給告白に中傷殺到/デイリースポーツ online”. デイリースポーツ online (2024年4月3日). 2024年4月2日閲覧。
  10. ^ 若林志穂 - オリコンTV出演情報

外部リンク[編集]