羽住英一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
はすみ えいいちろう
羽住英一郎
生年月日 (1967-03-29) 1967年3月29日(52歳)
出生地 千葉県
職業 テレビドラマ演出家、映画監督
配偶者 橋本芙美
主な作品
ドラマ
海猿 UMIZARU EVOLUTION
ダブルフェイス
MOZU』シリーズ
映画
海猿』シリーズ
暗殺教室』シリーズ

羽住 英一郎(はすみ えいいちろう、1967年3月29日 - )は、ROBOT映画部所属の演出家映画監督千葉県出身。

経歴[編集]

小学生の時は冒険小説に惹かれ小説家を志していたが、中学生のときに見た『第三の男』に影響され、映画監督を目指すようになる[1]

日本大学藝術学部映画学科卒業。5年D組を経てROBOTに入社。

踊る大捜査線』シリーズのチーフ助監督を連続ドラマから劇場版第1作まで務め、劇場版第2作ではセカンドユニット監督を担当した。

2004年、『海猿』で映画監督デビュー。以降、ドラマシリーズ含め『BRAVE HEARTS 海猿』(2012年)まで作られる人気シリーズとなった。

複数の作品のロケを北九州市で行った縁で、2010年、北九州市文化大使に任命された[2]

妻は共同テレビプロデューサーの橋本芙美

主な監督作品[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

関連文献[編集]