この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

中山エミリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

なかやま えみり
中山 エミリ
プロフィール
生年月日 1978年10月8日
現年齢 41歳
出身地 日本の旗 日本 神奈川県川崎市
血液型 O型
公称サイズ(2014年[1]時点)
身長 / 体重 155 cm / kg
靴のサイズ 22[2] cm
活動
デビュー 1994年
ジャンル タレントCM
女優
モデル: テンプレート - カテゴリ

中山 エミリ(なかやま エミリ、1978年10月8日 - )は、日本女優タレント、である。

神奈川県川崎市出身。ボックスコーポレーション所属。

来歴

カリタス小学校卒業[3]

1994年日本テレビ系『おれはO型・牡羊座』でドラマデビュー。1996年には『Private Eyes』で歌手としてもデビューする。

当初はドラマ・CMの活動が主だったが、2000年ごろからは情報・バラエティの司会を活動の中心とし、最盛期には『速報!歌の大辞テン!!』(日本テレビ)、『筋肉番付』(TBS)、『虎の門』(テレビ朝日)、『ASAYAN』(テレビ東京)など各局で司会番組を持っていた。

2010年4月22日プロライフセーバー俳優飯沼誠司と婚姻の届出をしたことを発表した[4]

2015年5月21日、第1子妊娠を発表[5]。10月、第1子女児を出産[6]

家族

父は歌手・俳優のマイケル中山、妹はタレントの英玲奈[7]、父の妹は女優の中山麻理[8]。叔母夫婦の息子であり従兄弟に、俳優の三田村瞬とその弟の中山麻聖がいる。

父方の祖先イングロット家は17世紀までイギリスノリッジに暮らしていたカトリック系の一族で、18世紀初頭に(当時カトリックのマルタ騎士団が治めていた)マルタ島へ移住[9]。エミリの曾祖父ロジャー・ジュリアス・イングロット(1871-1950)は医者の息子(12兄弟の末子)としてマルタで生まれ、マルタ大学卒業後、両親の死をきっかけにオーストラリアへ移住する途上のボンベイで、日本なら英語教師の職があると聞き、1896年に来日[9]カトリック築地教会を通じて英語教師として働く中、創立間もない鹿児島県尋常中学造士館(のち七高、現鹿児島大学)の英語教師に誘われ、1897年から3年間働き1900年に帰国、1903年に再来日し、岡山関西中学校、岡山商業学校(現岡山県立岡山東商業高等学校)で英語を教える[9]松江の塩問屋の娘で岡山の女学校に通っていた中山安乃と1907年に結婚(ロジャー36歳、安乃16歳)、一女三男をもうける[9]。鹿児島や奈良などで教えたのち、1929年より舞鶴海軍機関学校の英語教師として10年間働き、その功により1939年に勲四等瑞宝章を受ける[9]。英語を教わった生徒に岸信介がいる[10]

エミリの祖父ジョージ(1915-1994)はその三男として日本で生まれ育ち、鹿児島中学から第一早稲田高等学院理科(現早稲田大学理工学部)に進学、1940年英国籍から日本へ帰化して中山蒸治と改名、1942年に大学卒業後満州電信電話株式会社の技師となり、戦後は銀座の電気機器メーカーで働いた[9]。ジョージの長兄ウィリアム(緒方英穂、1907-1966)は、鹿児島一中から七高、京都大学へ進学[11][12]、父親と共著『英語同音異義語辞典』もある[13]。山口高等商業学校教授を経て、1949年の山口大学発足とともに同大助教授、 1959年に教授となり、翌年甲南大学へ転任し英作文などを教えた[14][15]。その子緒方登摩は洛星愛知大学の元教員[16][17][18]。次兄エドワードは鹿児島二中から電気を専攻し東京で貿易業に携わった[11]

出演

テレビドラマ

携帯電話配信ドラマ

バラエティ

ほか

ドキュメンタリー

  • アクロス ザ ボーダーNHK総合、2013年7月2日・23日・30日) - 中山エミリがヨーロッパ国境地帯を訪ねるシリーズ
  • 中山エミリが行く!サハラ砂漠絶景の旅 モロッコ横断!奇跡の色彩紀行(2014年11月30日、BS朝日) - 旅人[19]

映画

OVA

CM

ラジオ

レギュラー番組

写真集

シングル

受賞歴

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ 中山エミリプロフィール”. ボックスコーポレーション. 2013年7月11日閲覧。
  2. ^ ヒルナンデス! - 2014年10月7日放送のファッションチェックのコーナー内にて発言
  3. ^ TVでた蔵「2014年4月19日放送 土曜プレミアムさんま&くりぃむの第17回芸能界(秘)個人情報グランプリ【(秘)流出】」”. ワイヤーアクション (2014年4月19日). 2019年6月3日閲覧。
  4. ^ “中山エミリとライフセーバー飯沼誠司結婚”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2010年4月22日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20100422-621185.html 2013年7月11日閲覧。 
  5. ^ 中山エミリ、第1子妊娠発表 夫・飯沼誠司氏も喜び”. ORICON (2015年5月21日). 2015年5月21日閲覧。
  6. ^ “中山エミリ、第1子女児出産「我が家に新しい家族が誕生しました」”. SANSPO.COM (株式会社 産経デジタル). (2015年10月24日). http://www.sanspo.com/geino/news/20151024/mrg15102412090001-n1.html 2015年10月24日閲覧。 
  7. ^ 中山エミリの妹・英玲奈が妊娠7ヶ月を報告「我が子を感じ夫と共に幸せな時間を」”. エルザ (2020年8月16日). 2020年8月20日閲覧。
  8. ^ 中山エミリ - exciteニュース(人物事典)
  9. ^ a b c d e f NHK『ファミリーヒストリー 中山エミリ〜ルーツは地中海・マルタ島 日本への帰化』2015年7月24日放送
  10. ^ 神戸中学の英語教育に関する研究―日本人・外国人英語教師に焦点を当てて保坂芳男、 人文・自然・人間科学研究 (42), 131-153, 2019-10 拓殖大学人文科学研究所
  11. ^ a b 『郷土人系』南九州新聞社 (1969年)
  12. ^ 124. 1974年の講談社文庫版『復興期の精神』(2013年11月17日)編集工房スワロウデイル
  13. ^ 英語同音異義語辞典Worldcat
  14. ^ 『山口大学三十年史』山口大学, 1982, p308
  15. ^ 『甲南大学の30年』甲南大学, 1984, p38
  16. ^ 旧教員緒方登摩先生(2014.9.17)ヴィアトール学園洛星同窓会事務局
  17. ^ 緒方登摩教授 経歴・業績 国立国会図書館
  18. ^ Maltese Newsletter 110 January 2016
  19. ^ 中山エミリが行く!サハラ砂漠絶景の旅 モロッコ横断!奇跡の色彩紀行(BS朝日)、2014年11月24日閲覧
  20. ^ “中山エミリ“親子ヌード” 0歳デビューの長女へ「元気に育って」”. スポニチアネックス. (2016年4月22日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/04/22/kiji/K20160422012446360.html 2016年4月22日閲覧。 

外部リンク