この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

中山エミリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
なかやま えみり
中山 エミリ
プロフィール
生年月日 1978年10月8日
現年齢 37歳
出身地 日本の旗 日本 神奈川県川崎市
血液型 O型
公称サイズ(2014年[1]時点)
身長 / 体重 155 cm / kg
靴のサイズ 22[2] cm
活動
デビュー 1994年
ジャンル タレント女優
CM
モデル: テンプレート - カテゴリ

中山 エミリ(なかやま エミリ、1978年10月8日 - )は、日本の女優タレントである。

神奈川県川崎市出身。ボックスコーポレーション所属。

来歴

家族

曾祖父はイギリス系マルタ人の英語教師ロジャー・イングロット、祖父は電気技師の中山蒸治(旧名ジョージ・イングロット)、父は歌手のマイケル・中山(中山重治)、妹はタレントの英玲奈、父の妹は女優の中山麻理であり、その元夫は三田村邦彦である。叔母夫婦の息子であり従兄弟に、俳優の三田村瞬とその弟の中山麻聖がいる。

父方の祖先イングロット家は17世紀までイギリスのノリッジに暮らしていたカトリック系の一族で、18世紀初頭に(当時カトリックのマルタ騎士団が治めていた)マルタ島へ移住[6]。エミリの曽祖父ロジャー・ジュリアス・イングロット(1871-1950)は医者の息子(12兄弟の末子)としてマルタで生まれ、マルタ大学卒業後、両親の死をきっかけにオーストラリアへ移住する途上のボンベイで、日本なら英語教師の職があると聞き、1896年に来日[6]カトリック築地教会を通じて英語教師として働く中、創立間もない鹿児島県尋常中学造士館(のち七高、現鹿児島大学)の英語教師に誘われ、1897年から3年間働き1900年に帰国、1903年に再来日し、岡山関西中学校、岡山商業学校(現岡山県立岡山東商業高等学校)で英語を教える[6]松江の塩問屋の娘で岡山の女学校に通っていた中山安乃と1907年に結婚(ロジャー36歳、安乃16歳)、一女三男をもうける[6]。鹿児島や奈良などで教えたのち、1929年より舞鶴海軍機関学校の英語教師として10年間働き、その功により1939年に勲四等瑞宝章を受ける[6]。エミリの祖父ジョージ(1915-1994)はその三男として日本で生まれ育ち、鹿児島中学から第一早稲田高等学院理科(現早稲田大学理工学部)に進学、1940年英国籍から日本へ帰化して中山蒸治と改名、1942年に大学卒業後満州電信電話株式会社の技師となり、戦後は銀座の電気機器メーカーで働いた[6]。ジョージの長兄ウィリアム(緒方英穂)は、鹿児島一中から七高、京都大学へ進学[7][8]、父親と共著『英語同音異義語辞典』もある[9]。その子緒方登摩は洛星愛知大学の元教員[10][11][12]。次兄エドワードは鹿児島二中から電気を専攻し東京で貿易業に携わった[7]

主な出演作品

ドラマ

携帯電話配信ドラマ

バラエティ

ほか

ドキュメンタリー

  • アクロス ザ ボーダーNHK総合、2013年7月2日・23日・30日) - 中山エミリがヨーロッパ国境地帯を訪ねるシリーズ
  • 中山エミリが行く!サハラ砂漠絶景の旅 モロッコ横断!奇跡の色彩紀行(2014年11月30日、BS朝日) - 旅人[13]

映画

CM

ラジオ

レギュラー番組

写真集

シングル

  • Private Eyes (1996年11月21日、ポニーキャニオン PCDA-00917) 久保田利伸プロデュース。オリコン70位、CDTV 77位。
  • いつだって YELL (1997年11月7日、ポニーキャニオン PCDA-01009) 「忍たま乱太郎」エンディングテーマ

受賞歴

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ 中山エミリプロフィール”. ボックスコーポレーション. 2013年7月11日閲覧。
  2. ^ ヒルナンデス! - 2014年10月7日放送のファッションチェックのコーナー内にて発言
  3. ^ “中山エミリとライフセーバー飯沼誠司結婚”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2010年4月22日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20100422-621185.html 2013年7月11日閲覧。 
  4. ^ 中山エミリ、第1子妊娠発表 夫・飯沼誠司氏も喜び”. ORICON (2015年5月21日). 2015年5月21日閲覧。
  5. ^ “中山エミリ、第1子女児出産「我が家に新しい家族が誕生しました」”. SANSPO.COM (株式会社 産経デジタル). (2015年10月24日). http://www.sanspo.com/geino/news/20151024/mrg15102412090001-n1.html 2015年10月24日閲覧。 
  6. ^ a b c d e f NHK『ファミリーヒストリー 中山エミリ〜ルーツは地中海・マルタ島 日本への帰化』2015年7月24日放送
  7. ^ a b 『郷土人系』南九州新聞社 (1969年)
  8. ^ 124. 1974年の講談社文庫版『復興期の精神』(2013年11月17日)編集工房スワロウデイル
  9. ^ 英語同音異義語辞典Worldcat
  10. ^ 旧教員緒方登摩先生(2014.9.17)ヴィアトール学園洛星同窓会事務局
  11. ^ 緒方登摩教授 経歴・業績 国立国会図書館
  12. ^ Maltese Newsletter 110 January 2016
  13. ^ 中山エミリが行く!サハラ砂漠絶景の旅 モロッコ横断!奇跡の色彩紀行(BS朝日)、2014年11月24日閲覧
  14. ^ “中山エミリ“親子ヌード” 0歳デビューの長女へ「元気に育って」”. スポニチアネックス. (2016年4月22日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/04/22/kiji/K20160422012446360.html 2016年4月22日閲覧。 

外部リンク