シンシア 〜介助犬誕生ものがたり〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

こどもの日ドラマスペシャル 『シンシア~介助犬誕生ものがたり~』(しんしあ かいじょけんたんじょうものがたり)は、2003年5月5日に毎日放送にて関西ローカルで放送されたテレビドラマ。実話に基づいたフィクションドラマ。原作は毎日新聞社の「介助犬シンシア」[1]。2003年の「日本民間放送連盟賞」ドラマ部門の優秀賞[2]、「アジアテレビ賞」単発ドラマ部門の最優秀賞[3]に選ばれた。また、2004年の「上海テレビ祭」のドラマ部門で入賞[4]、「モンテカルロテレビ祭」のテレビフィルム部門では、最優秀賞候補にノミネート[5]された。

主なキャスト・登場人物[編集]

主人公。臨床検査技師の仕事を持つキャリアウーマン。佳友とは恋愛の末に結婚したが、クリスマスの日に佳友がオートバイの転倒事故で、頸髄を損傷。胸から下が動かせなくなってしまう。周囲の反対を押し切り、別れずに佳友を励ます。「犬を飼おう」と言い出したのも美智子だった。
大学の工学部を卒業して、エンジニアとして働いていたが、クリスマスの朝のオートバイ事故で人生が変わる。しかし、持ち前の負けん気で1年半の闘病リハビリにより、コンピュータープログラマとして在宅勤務ができるまでに。シンシアをブリーダーの家で見初めるが、成長したシンシアには手を焼く。
  • シンシア:アベアリーゼ(ワンちゃんのしつけ教室のシーン:たみ[7]
ラブラドール・レトリバーの女の子[8]。木村夫妻の愛犬となった後、東京の介助犬育成団体で訓練を受ける。合同訓練が始まった頃は、佳友の言うことを聞かなかったが、徐々に信頼関係が生まれ介助犬として認定される。
介助犬トレーナー。シンシアの介助犬としての素質を一目で見抜く。シンシアを預かり訓練。合同訓練では、佳友を根気よく励まして、シンシアとの友情を取り持つ。
美智子の同僚で親友。アメリカで働きたいという希望を持っていた美智子のために、佳友に「別れてあげて欲しい」と切り出す。
  • 大塚真友子:明石泰葉
木村夫妻の近くに住む9歳の女の子。柴犬を飼っている。シンシアに手を焼く佳友に、「努力が足りひんのと違う」という。その言葉は佳友の心に響く。
佳友がオートバイ事故後に救急搬送された病院の主治医。美智子に、佳友が頸髄を損傷しており、一生車椅子生活になることを告げる。
美智子が犬を飼うことに決め、夫婦で柴犬を求めて訪ねたブリーダー。「ラブラドールは活発で、身体の不自由な人には勧められない」と木村夫妻に忠告。
佳友が入院していた病室の隣りの部屋に入院していた男。車の事故で長く車椅子生活をしている。リハビリに向かう気にもなれない佳友に、「早よ、一人前の障がい者にならなあかん」という。その一言が佳友を猛然とリハビリに向かわせる。

スタッフ[編集]

  • 製作著作:毎日放送
  • 原作:「介助犬シンシア」木村佳友と毎日新聞阪神支局取材班(毎日新聞社
  • 脚本:清水有生
  • プロデューサー:日高英雄
  • 演出:竹園元
  • エンディング曲:あなたの風になりたい(歌:紙ふうせん

関連作品[編集]

  • 写真絵本『ありがとうシンシア』(講談社
  • 単行本『介助犬シンシア』(毎日新聞社
  • 文庫本『介助犬シンシア』(新潮文庫
  • 小冊子『介助犬シンシア』(文溪堂:てのひら文庫小学3年)
  • 単行本『介助犬シンシアの物語』(大和書房
  • CM『介護保険・シンシア編』(住友生命
  • 英語教科書『三省堂 ニュークラウン』中1用(2002年度改訂版…2005年度まで採用)Lesson8 "They Are Partners"
  • 英語教科書『桐原書店 WORLD TREK』高1用(2003年度改訂版…2006年度まで採用)Lesson5 "Life with a Service Dog"
  • 社会教科書『日本文教出版 公民的分野』中学用(2012年度改訂版)

参考文献[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ シンシア~介助犬誕生ものがたり~ 毎日放送、2018年5月13日閲覧
  2. ^ 2003年9月19日 毎日新聞 大阪本紙 朝刊
  3. ^ 2003年12月5日 毎日新聞 大阪本紙 朝刊
  4. ^ 2004年6月10日 毎日新聞 大阪本紙 朝刊
  5. ^ 2004年7月5日 毎日新聞 大阪本紙 朝刊
  6. ^ 2003年4月9日 毎日新聞 朝刊 阪神版
  7. ^ 2003年4月3日 毎日新聞 朝刊 阪神版
  8. ^ 2000年5月1日 毎日新聞 東京本紙 朝刊

外部リンク[編集]