シンシア (介助犬)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
宝塚駅に設置されたシンシアの銅像

シンシアは、日本の介助犬兵庫県宝塚市在住でコンピュータプログラマーの木村佳友に飼われていた。「シンシア」という名は、木村がアイドル歌手・南沙織のファンであることから、彼女の愛称にちなんでつけられたもの。

なお、飼い主の木村佳友は現在「日本介助犬使用者の会」の会長を務め、介助犬普及活動の中心的存在として活動している。

概要[編集]

車椅子生活を送る木村の助けとなるべく、育成団体で訓練を受け、1996年7月に介助犬となる。1998年に、毎日新聞社が介助犬の法的認知を訴えるキャンペーンを行ったことから、その存在は広く知られるようになった。毎日新聞の地域面に掲載された連載「介助犬シンシア」は523回(1998年9月-2006年2月)を数える。献身的な働きぶりは全国の人々の共感を誘い、障害を持つ人のパートナーとして多くの人が認めるところとなった。ドラマや英語の教科書の題材にもなっている。2000年5月、宝塚市が「シンシアの街」を宣言するなど、介助犬受け入れの機運は盛り上がりを見せ、ついに2002年5月身体障害者補助犬法が成立し、同年10月に施行される。こうした一連の補助犬認知運動の中で、シンシアは補助犬の象徴的存在として大きな役割を果たし、2003年10月、同法に基づく全国で3頭目の正式な介助犬となった。

人間なら60~70歳となった2005年12月、介助犬を引退。木村家で余生を送っていたが、2006年1月にひ臓に腫瘍が見つかり緊急手術。2006年3月14日、死去。12歳。

2015年3月14日、JR宝塚駅構内に「シンシア像」が置かれた。

関連作品[編集]

  • 『ありがとうシンシア』(講談社
  • 『介助犬シンシア』(毎日新聞社
  • 『介助犬シンシア』(新潮文庫
  • 『介助犬シンシア』(文溪堂:てのひら文庫小学3年)
  • 『介助犬シンシアの物語』(大和書房
  • 『シンシア ~介助犬誕生ものがたり~』(毎日放送制作、アジアテレビ賞最優秀賞を受賞)
  • 英語教科書『三省堂 ニュークラウン』中1用(2002年度改訂版…2005年度まで採用)Lesson8 "They Are Partners"
  • 英語教科書『桐原書店 WORLD TREK』高1用(2003年度改訂版…2006年度まで採用)Lesson5 "Life with a Service Dog"
  • 社会教科書『日本文教出版 公民的分野』中学用(2012年度改訂版)
  • 『あなたの風になりたい』(歌:紙ふうせん

外部リンク[編集]

関連項目[編集]