清岡千穂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

清岡 千穂(きよおか ちほ)は、日本作曲家

人物[編集]

聖心女子大学卒業。1987年に長戸大幸の元で作曲活動を開始し、また、宝仙明伽音(ほうせん あかね)名義でビーイングが運営する音楽学校、Being Music Schoolのソングライティングコースの講師も務めている。

代表作(作曲)に、ドラゴンボールの主題歌『CHA-LA-HEAD-CHA-LA』などがある。

横浜ベイスターズ発足時(1993年)に、応援団が球場で使用する選手別応援歌の作曲を担当。石井琢朗のテーマや高木豊のテーマ(後の内川聖一のテーマ)など、数々の名曲はファンに愛された。現在でも使用されているものとして、投手が打席に立つときの応援歌「ファイティング・テーマ」や「代打のテーマ」「左打者汎用テーマ」などがある[1]

作曲作品[編集]

清岡千穂名義[編集]

宝仙明伽音名義[編集]

脚注[編集]

  1. ^ [1]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]