白いブランコでおやすみ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
白いブランコでおやすみ
高田純次&近藤房之助シングル
初出アルバム『compele of 近藤房之助 at the BEING studio
リリース
規格 8cmシングル
ジャンル J-POP
レーベル BMGビクター
作詞・作曲 益戸育江(#1、作詞)
吉江一男(#1、作曲)
三浦徳子(#2、作詞)
清岡千穂(#2、作曲)
プロデュース 長戸大幸
吉江一男
近藤房之助 年表
BOMBER GIRL
1992年
白いブランコでおやすみ
1992年
Good-by morning
(1992年)
高田純次 年表
どうせ世の中不公平
1990年
白いブランコでおやすみ
(1992年)
19番のタンゴ
(1992年)
テンプレートを表示

白いブランコでおやすみ』(しろいブランコでおやすみ)は、高田純次&近藤房之助のシングル。

内容[編集]

1ヶ月後にリリースした近藤房之助のコラボレート企画第2弾はタレントの高田純次と共に歌い、女優の益戸育江が作詞を担当した。カップリングの「夕焼けのParty」はラジオ番組「高田純次の男・夕焼けまわり道」のテーマソング。なお、次回作のシングルで高田は女優の多岐川裕美と、近藤は宇徳敬子とコラボレートをしており、両者ともビーイングスタッフと携わっている。

収録曲[編集]

  1. 白いブランコでおやすみ
    作詞:益戸育江 作曲:吉江一男 編曲:寺尾広
  2. 夕焼けのParty
    作詞:三浦徳子 作曲:清岡千穂 編曲:池田大介
  3. 白いブランコでおやすみ(inst.)
  4. 夕焼けのParty(inst.)

レコーディング参加[編集]

関連項目[編集]