Good-by morning

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Good-by morning
宇徳敬子&近藤房之助シングル
初出アルバム『compelete of 近藤房之助 at the BEING studio
THE BEST "eternity"
リリース
規格 8cmシングル
ジャンル J-POP
レーベル BMGルームス
プロデュース 長戸大幸
中島薫
チャート最高順位
テンプレートを表示

Good-by morning」(グッバイ・モーニング)は、宇徳敬子&近藤房之助のシングル。

内容[編集]

近藤房之助のコラボレート企画第3弾はMi-Keの宇徳敬子と歌い、関西テレビ制作・フジテレビ系テレビドラマ『ウーマンドリーム』エンディング・テーマに起用された。

女性ソロ歌手サンディー1976年の楽曲『グッドバイ・モーニング』のカバーであるが、本リリースにあたって、アルファベット表記・カタカナ表記ともに表題のように改めた。カップリングは表題曲のスローバージョンを収録した。

作詞した庄野真代自身もアルバムに収録している。※発売当時、作曲者のクレジットが、中島薫CA(クラウン・アンバサダー)の名義だった。

2011年、宇徳と近藤が参加している再結成したB.B.クィーンズがセルフカバー。同年5月1日発売のシングル「おどるポンポコリン~ちびまる子ちゃん 誕生 25th Version~」に収録し、原曲と同じく長戸大幸によるリアレンジになっている。※この時は、作曲者のクレジットが、中島薫DCA(ダブル・クラウン・アンバサダー)の名義に変更された。

作曲者の中島薫は、日本アムウェイのディストリビューターである。

収録曲[編集]

  1. Good-by morning〜Medium Version〜
    作詞:庄野真代 作曲:中島薫 編曲:長戸大幸
  2. Good-by morning〜Slow Version〜
  3. Good-by morning〜Medium Version〜 (inst.)
  4. Good-by morning〜Slow Version〜 (inst.)

レコーディング参加[編集]

グッドバイ・モーニング[編集]

グッドバイ・モーニング
サンディーシングル
B面 マドモアゼル・ママ
規格 レコード
時間
レーベル ディスコメイト
作詞・作曲 庄野真代
なかじまかおる
テンプレートを表示

グッドバイ・モーニング」は、サンディーのシングル。 1976年発売。作詞:庄野真代、作曲:なかじまかおる、編曲:山室紘一。B面は「マドモアゼル・ママ」(作詞・作曲:大杉弓子、編曲:林雅諺)。

解説[編集]

1976年の第7回世界歌謡祭において、グランプリと最優秀歌唱賞を受賞した[1]

脚注[編集]