増崎孝司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
増崎孝司
出生名 増崎 孝司
生誕 (1962-12-08) 1962年12月8日(60歳)
出身地 日本の旗 日本長崎県
ジャンル フュージョン
職業 ミュージシャン
ギタリスト
作曲家
編曲家
担当楽器 ギター
ベース
活動期間 1983年 -
レーベル ZAIN RECORDS
共同作業者 DIMENSION
B.B.クィーンズ
安部潤

増崎 孝司(ますざき たかし、1962年12月8日 - )は、日本ギタリスト作曲家編曲家長崎県出身。DIMENSIONのメンバー。血液型はO型。

略歴[編集]

使用機材[編集]

プロデビュー以来国内・海外問わず様々なメーカーのギター、アンプを使用している。

1990年代はAir Craft、2000年代はSuhr、2010年代前半はSadowskyをメインギターとして使用してきたが、2010年代後半以降からはメーカーを固定せず様々なギターを使用するようになり、2019年以降は製品プロデュースにも深く関わったThree Dots Guitarsを中心に使用している。

アンプもデビュー以来様々な変遷を経ているが、2000年代から2010年代半ばまではCustom Audio Electronics社製品を中心としたラックシステムをメインとして使用、その後はFractal Audio Systems社製サウンドプロセッサー、SuhrやMagnatoneのブティックアンプ等をTPOに応じて使い分けている。

ディスコグラフィー[編集]

  • SPEAKS(1990年8月21日、BVCR-13)
  • ESCAPE(1991年10月21日、BVCR-61)
  • 月(2003年11月3日、TAKE-0003) - 増崎孝司+矢堀孝一
  • BATTLE EYE(2004年9月23日、WSSP-001/B) - SPORSIC (井口資仁プロデュース)
  • In and out(2011年10月5日、ZACL-9050)
  • LAWN BOYS GO TO MANHATTAN(2014年5月7日、78LABEL) - MOTO & MASU名義
  • Te Quiero(2015年7月22日、78LABEL) - MOTO & MASU名義

主なレコーディング参加作品[編集]

増崎のキャリアにおいて、非常に多数のレコーディング参加作品が存在する。そのため、当項目ではシングルカット作品をはじめとする各アーティストの代表作品のみ記載することとする。

光と影のロマン」「満ち潮の満月」「風のように自由 〜free as the wind〜
「もう君以外愛せない」「ボクの背中には羽根がある」「情熱
ごめんね、今でも好きで居ます

作品提供[編集]

作曲・編曲[編集]

作曲[編集]

編曲[編集]

劇伴作曲[編集]

著書[編集]

  • 増崎孝司 『DIMENSION 増崎孝司 presents Colorful Tones ~魅惑の音色を生み出すプレイ&サウンドの極意~』ヤマハミュージックメディア、2018年3月30日。ISBN 978-4636958942 

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ ブログ内掲載写真の、舘ひろしの向かって左隣に写っている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]