鈴木トオル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

鈴木 トオル(鈴木 徹、すずき とおる、1959年10月20日 - )は、日本ポピュラー音楽歌手ミュージシャン静岡県掛川市生まれ。血液型はB型。

  • ソロデビュー前に「鈴木とーる」という表記を用いていた時期がある。
  • 英字表記が「Toru Suzuki」、「Tohru Suzuki」の二通りありレコード会社、所属事務所等の意向で変化する。

略歴[編集]

概説[編集]

  • 実家が商家であり、小さい頃にはいくら泣き叫んでも親が構ってくれないような忙しさという家柄であった。そのために幼稚園児の頃には既に声が潰れ、その後の変声期が無かった天然カストラートである[1]
  • 現在もそのハイトーンは健在である[1]
  • 中学生の頃からギター少年であり、最初はレッド・ツェッペリンコピーバンドで活動していた[1]。高校1年生の時に友人らと組んでいたバンドで出場したコンテストでグランプリを受賞、その時から地元・静岡では有名な存在であった[1]
  • その後「カシミール」という3ピース(3人)バンドで活動。米軍キャンプ回りで活動するほか、日本でもライブハウスなどで活動していた[1]。しかし、米軍キャンプと日本のライブハウスとの温度差を感じるようになって、一旦音楽活動から身を退く。LOOKのメンバーとして一緒になる千沢仁と出会うまでの間は、模型飛行機関係の仕事に就いていた[1]
  • 原曲の洋邦新旧男女を問わず歌いこなすカヴァー曲でCMソング等に起用される事も多い。
  • グルメ自動車などを筆頭に多くの趣味をもち、料理人・文化人などとの交流、セッションも多い。
  • LOOKには元々はボーカルでなく、演奏での予定で加入したが、千沢仁の曲が高くて誰も歌えず試しに歌ったところ、見事に高音のキーが合い急遽ボーカルに転向しデビューした[1]

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

EPIC・ソニー

パイオニアLDC

  • 「リバティ・僕は君を自由へ誘う」1990年日本テレビ系『うるとら7:00』エンディングテーマ
  • 「TOO MUCH LOVER」1991年

東芝EMI/TMファクトリー

MSUXI RECORDS

  • 「ひとりぼっちを知るだろう/天使の匂い」2000年

徳間ジャパンコミュニケーションズ

THE MUSIX/ユニバーサルGEAR

  • 「カエリタイカエリタクナイ」2004年

音楽配信[編集]

MySound.jpほか

  • 「シャイニン・オン君が哀しい〜FOR NEWAGE」2007年
  • 「太陽はまたくる」2007年
  • 「christmas is...」2007年
  • 「CHILDHOOD」2007年

アルバム[編集]

EPIC・ソニー

パイオニアLDC

  • 『黄金の椅子』(きんのいす)1990年
  • 『黄金の椅子II』1991年

東芝EMI/TMファクトリー

  • 『マリアージュ』1993年
  • 『可憐〜恋よりも優しい人〜 sweeter than romance』1994年
  • 『voice〜WHEN YOU WISH UPON A STAR〜』1994年 ※洋楽カヴァー集
  • 『voice〜見上げてごらん夜の星を〜』1994年 ※邦楽カヴァー集
  • 『約束』1995年
  • 『“T” for you...』1996年
  • 『Voice from the Heart』1996年 ※東芝EMI時代のベスト盤。新録曲あり

虎レコード

  • 『20th ありがとう』2005年 ※セルフカヴァーミニアルバム
  • 『組曲 ゆびきり』2006年 ※鈴木トオル・A3名義
  • 『組曲〜icon』2007年 ※鈴木トオル・A3名義
  • 『Assort』2009年
  • 『A LA MODE』2010年
  • 『A LA CARTE』2011年
  • 『ANCORA』2012年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g 『昭和40年男』2017年2月号(クレタパブリッシング)126 - 129ページ 鈴木トオルインタビュー より。