亜蘭知子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
亜蘭知子
出生名 山口智子
生誕 (1958-01-14) 1958年1月14日(60歳)
出身地 日本の旗 日本青森県弘前市
ジャンル J-POP
職業 シンガーソングライター作詞家エッセイスト
活動期間 1977年 -
事務所 フォーミュラエンタテインメント
共同作業者 渚のオールスターズ
明石昌夫

亜蘭 知子(あらん ともこ、1958年1月14日[1] - )は、日本作詞家歌手エッセイストとしても活動している。

来歴[編集]

青森県弘前市出身[1]、19歳で作詞家としてデビューした。長戸大幸織田哲郎とともにBeingの創設に参加した初期所属アーティストの一人。90年代後半にBeingを離脱、現在はフォーミュラエンタテインメントに所属。

1987年にはTUBE織田哲郎らと共に企画ユニット「渚のオールスターズ」を結成しバンド活動を行っていたこともある(1989年解散)。2006年、渚のオールスターズが再結成し、亜蘭も再び参加している。多くのTV出演でも知られ、テレビ朝日ビートたけしのTVタックル」の初代パーソナリティとしても知られる。2009年オフィシャルブログを開設、2010年5月27日(木)目黒ブルース・アレイ・ジャパンで復活ライブを開催。サポートメンバーはDIMENSION増崎孝司小野塚晃ほか。

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

  1. 1981.06.28 L-1528W 悲しきボードビリアン
  2. 1983.05.28 M-1501 BODY TO BODY
  3. 1984.06.25 M-1503 Drive To Love (愛の海へ)
  4. Love Connection (1985.03.25)
  5. 1986.02.25 M-1506 Till The End Of The World ※『スパイラルゾーン』イメージアルバムにも収録。
  6. 1988.10.21 07SH-3120 Wait Forever
  7. 1989.12.01
  8. 1990.02.01 Everything

アルバム[編集]

  1. 神経衰弱(1981.07.25)Produced by 清水靖晃 作曲:清水靖晃、笹路正徳、織田哲郎、長戸大幸
  2. 色彩感覚(1982.07.25)Produced by 笹路正徳 作曲:笹路正徳、安藤正容(安藤まさひろ)、織田哲郎
  3. 浮遊空間(1983.05.28)Produced by 長戸大幸、西村昌敏(西村麻聡) 作曲:西村昌敏、笹路正徳、織田哲郎
  4. More Relax(1984.06.25)Produced by 向谷実 作曲:向谷実、神保彰野呂一生桜井哲夫
  5. IMITATION LONELY ―都会は、淋しがりやのオモチャ箱―(1985.04.25) 作曲:織田哲郎、神保彰、山川恵津子佐藤博佐藤健斉藤英夫Joey Carbone
  6. Last Good-bye(1986.04.25) 作曲:太田泰磨呂北京トオル
  7. MIND GAMES(1987.03.25)Produced by 長戸大幸、織田哲郎 作曲:織田哲郎
  8. Stay In My Eyes(1989.11.21) 作曲:織田哲郎、栗林誠一郎清岡千穂Jin
  9. Sunny Side Memories(1990.04.21)Produced by 長戸大幸 作曲:織田哲郎、野呂一生、栗林誠一郎、清岡千穂、寺尾広三浦一年
  10. GOLDEN☆BEST The Best(2011.05.11)

タイアップ一覧[編集]

PLEASE PLEASE PLEASE~恋ははじめてじゃないのに フルベール化粧品CMイメージソング
Love Connection TAKARA缶酎ハイCMイメージソング
Till The End Of The World 「スパイラルゾーン」イメージソング
Wait Forever JR四国イメージ・ソング
タケダ「スプリエ・ホワイトED」CMイメージソング (本人出演)
Je t'aime 気ままに… 東洋ゴム「LIZA」CMイメージソング
Everything 銀座ジュエリー・マキ カメリアダイヤモンド CMイメージソング

著書 [編集]

  1. 淋しがりやのオモチャ箱(勁文社、1985.07)
  2. 葬式ごっこ(旺文社、1999.04) ※絵 浅倉田美子
  3. 恋のロードサイン(光文社、2003.06.05)

作品を提供した主な歌手 [編集]

など

テレビ出演[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 亜蘭知子 CDジャーナル 2018年7月9日閲覧

外部リンク[編集]