岩城徳栄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

岩城 徳栄(いわき とくえ、1961年3月3日 - )は日本の元歌手、元タレントである。現在は芸能界を引退し結婚している。タレント時代も本名で活動した。158cm、46kg、石川県輪島市出身[1]。青蘭学院高等学校(のちの青稜高等学校)卒業[1]。タレント時代は新栄プロダクションに所属していた。

人物[編集]

愛称はピー子。これは、赤ちゃんの頃「ピーピー」泣いてばかりいたので、近所の人からピー子と呼ばれていたことによる[2]。小学生になると「きかん気のピー子」と言われるようになり、地元・輪島では少し有名な存在だったという[2]

実家は映画館を営む[2]

経歴[編集]

  • 日本テレビ音楽学院で半年間学んだ[3]後、『スター誕生!』に出場。日本テレビスター誕生!』の第19回決戦大会で合格。同番組からの50組目の合格者である[3]
  • 1978年1月10日に「ダウン・タウン・ベイビー」の曲でキングレコードよりデビューする[4]
  • 歌手としてはヒットには恵まれなかったもののテレビ朝日笑アップ歌謡大作戦』ではピー子の愛称で呼ばれ元祖バラドル的なおバカキャラで人気を得る。
  • 1980年代前半まではテレビレギュラーを数本持ち、また女優として映画にも数本出演した。
  • レギュラー出演していたTBSテレビ街かどテレビ11:00』の生放送中に突然「明日大きな地震が起こります」と発言。司会者の五木田武信から「そんなことは分からないでしょ」とたしなめられたが、岩城は「本当なんです!本当なんですよ!」と力説した。番組はそのままコマーシャルに入りコマーシャル明けに司会者が謝罪し、その横で岩城は半泣きのまま一緒に頭を下げた。そして岩城はこの日を最後に同番組を降板した。この出来事が岩城の芸能界引退に繋がったとも言及された。
  • 芸能界引退後はメディアに姿を現すことはなく結婚しているという[5]

主な出演[編集]

テレビ[編集]

  • テレビ朝日『笑アップ歌謡大作戦』(1978年 - 1982年) - レギュラー出演
  • フジテレビいじわるばあさん』第4話「もう!いやんなっちゃうの巻」(1981年11月2日) - 夢野覚子
  • テレビ朝日『独占!女の60分』(1982年 - 1983年) - リポーター
  • TBSテレビ『街かどテレビ11:00』(1983年 - 1984年) - レギュラー出演(前述の『大きな地震が起こる』発言の責任を取る形で降板)。
  • 日本テレビ『太陽にほえろ!PART2』第2話「探偵物語」(1986年12月5日) - 中野悦子

映画[編集]

CM[編集]

  • 荒川長太郎合名会社(のちのアラクス)『ノーシン』 ※出演時のセリフ『頭痛が痛いの〜』が流行した[6]

レコード[編集]

  1. ダウン・タウン・ベイビー(1978年1月10日、KING/GK-154)
  2. あいつ(1978年6月、KING/GK-200)
    • あいつ - 作詞:千家和也、作曲・編曲:馬飼野康二
    • なんとかしなくちゃ - 作詞:千家和也、作曲:馬飼野康二
  3. ダイナマイト(1978年10月、KING/GK-251)
  4. 愚痴ともだち(1981年9月、Victor/SV-7147)
    • 愚痴ともだち - 作詞・作曲:亜蘭知子、編曲:長戸大幸
    • ふられてYOKOHAMA - 作詞:亜蘭知子、作曲・編曲:長戸大幸
  5. ふられ酒(1983年7月25日、Polystar/7P-78) ※ピーコ名義

脚注[編集]

  1. ^ a b 週刊テレビ番組(東京ポスト)1980年4月4日号 p.37
  2. ^ a b c 月刊 晨(あした)(ぎょうせい)1984年10月号 p.144
  3. ^ a b 平凡パンチ 1981年3月16日号『林家しん平の大看板絶頂トーク』(p.68-71)より。
  4. ^ 『タレント名鑑』(連合通信社音楽専科社)1980年版 閲覧。
  5. ^ 新潮45』(新潮社)2007年4月1日号「芸能界の黒い履歴書」73頁 閲覧。
  6. ^ オリジナルコンフィデンス年鑑』(1979年版、1980年版、1984年版) 閲覧。

関連項目[編集]