ガス人間第一号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
本来の表記は「ガス人間TRON 2-243D.gif1号」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。
ガス人間㐧1号
The Human Vapor
監督 本多猪四郎(本編)
円谷英二(特撮)
脚本 木村武
原作 ジョン・メレディス・ルーカス英語版[1]
『ガス人間』
製作 田中友幸
出演者 三橋達也
八千草薫
佐多契子
土屋嘉男
音楽 宮内國郎
撮影 小泉一
編集 平一二
配給 東宝
公開 日本の旗 1960年12月11日
上映時間 91分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

ガス人間㐧1号[注 1](ガスにんげんだいいちごう、英題:The Human Vapor)は、1960年12月11日に公開された、東宝製作の特撮映画イーストマン・カラー東宝スコープ。上映時間は91分。併映は『金づくり太閤記[2](主演:加東大介、監督:川崎徹広[3])。

概要[編集]

変身人間シリーズの第3作[注 2]怪奇空想科学映画シリーズと銘打たれた検討用台本が『電送人間』の検討用台本とほぼ同時期に完成しており、当初よりシリーズ物として製作が進められた[4][5]

『電送人間』では当時多忙であった本多猪四郎に替わり福田純が監督を務めたが、本多が監督する予定の『今日もわれ大空にあり』が製作中止になったため[注 3]、本作の監督を務めることとなった[4]

本作は東洋的な要素が受け、アメリカで大ヒットした。そこで、アメリカの映画会社によって『フランケンシュタイン対ガス人間』という続編が企画された。 アメリカで企画書を見た田中友幸が土屋に語ったところによれば、「藤千代をよみがえらせるためにガス人間がフランケンシュタイン博士を探す」というものだったという[6]関沢新一による第1稿のシナリオも作られたが[7]、映像化には至らなかった。この企画は後の『フランケンシュタイン対地底怪獣』へとつながる。

本作のBGMは、後に宮内國郎が音楽を担当した『ウルトラQ』や『ウルトラマン』に流用された。『ウルトラマン』の初のサウンドトラック・アルバム『ウルトラマン 総音楽集』(1991年、キングレコード)は、ボーナス・トラックとして本作のBGMが未使用分も含めて全曲収録されたほか、ライナーノーツには本作のデータや解説、楽曲メニューなどが記載され、本作のサウンドトラック・アルバムを兼ねた内容になっている。

ストーリー[編集]

吉祥寺の銀行で強盗殺人事件が発生。犯人の車は五日市街道はずれの崖から転落したが、放置された車の中に犯人の姿はなかった。付近を捜索していた警視庁の岡本警部補は、没落した日本舞踊の名門・春日家の荒廃した屋敷に迷い込み、春日流家元の美女・春日藤千代の姿を目撃する。その数日後、再び五日市街道付近で強盗殺人事件が発生したが、今回は密室状態の金庫室から金が持ち出され、金庫内にいた銀行員が気管に謎のガスを詰められて殺害されるという、前回よりも更に不可解な犯行だった。

その後、都内で三度目の強盗事件が発生。遂に犯人が現行犯逮捕されたが、一度目、二度目の事件で奪われた現金の隠し場所を吐こうとはしなかった。一方、貧窮していたはずの春日流は絶縁状態だった弟子たちに大金を配って呼び戻し、実行できずにいた発表会の準備を始めるなど、突然羽振りが良くなり始める。岡本は藤千代が事件に関与していると推理し、恋人の新聞記者・甲野と共に藤千代の身辺を捜査する。岡本の読み通り、藤千代の持っていた紙幣と事件で盗まれた紙幣のナンバーが一致していることが発覚し、藤千代は逮捕される。

事件は解決したかに思われたが、警視庁に水野と名乗る男が自首しに現れる。彼は自らが一度目・二度目の事件の真犯人であり、三度目の事件は模倣犯に過ぎないと証言。刑事たちの眼前で銀行員を殺害し、密室状態の金庫室から脱出してみせる。彼はかつて生物学の権威・佐野博士による人体実験を受けた結果、自らの肉体をガス化させる能力を得てしまったガス人間であり、これまでの犯行は恋人である藤千代の発表会を実現させ、世間に彼女を再評価させるためだったのだ。無実が証明され、釈放された藤千代は水野に凶行を止めるよう説得するが、自らの能力に全能感を抱いた水野は聞き入れない。その一方、世間の注目は藤千代よりもガス人間に集まっており、一連の事件や模倣犯などによる社会不安を重く見た警察は水野の抹殺を決断する。

警察は発表会に乗じて会場である大ホール内にUMガスを充満させ、ガス爆発を起こす作戦で水野を抹殺しようと試みる。当初は藤千代とお付きの老鼓師を退避させた後に実行する手はずだったが、二人が退避を拒んだため、やむを得ず彼女らの犠牲を承知でスイッチが起動される。しかし、水野が事前に起爆装置を破壊していたため、作戦は失敗に終わる。演舞を終え、ただ一人観客席に残った水野と抱擁を交わす藤千代。しかし、彼女はライターを隠し持っており、水野と抱き合いながら着火。会場は一瞬にして炎に包まれた。警察や群衆の見守る中、やがて会場からはい出てきたガス人間は発光しながら水野の姿へと戻っていき、焼死体となってその場に力尽きる。

特撮[編集]

本作で最もスタッフが苦労したのは、人体がガス化したりガスが固まって人体に戻ったりという視覚効果である。特殊撮影の責任者である円谷英二は、過去に『美女と液体人間』で使用した「膨らませたゴム人形の空気を抜いてしぼませる」という方法で人間が溶かされていく描写を表現したが、本作でも同様の方法を採用した。

ガス人間役の土屋嘉男の顔面および全身から形取りした本物そっくりの空気ゴム人形を作り、膨らませた状態で衣裳を着せ、ピアノ線で吊り上げて補助しながら立たせておく。衣裳の内側にはドライアイスの粒がいくつも仕込まれており、人形の足元にはぬるま湯を入れたタライがある。人形の空気を抜いてしぼませると衣裳内側のドライアイスが落下し、ぬるま湯の中に沈む。空気の減り具合に合わせてピアノ線の補助を緩めて下ろしていけば、ゴム人形は衣裳と共にゆっくりとその場にへたり込み、襟や袖の隙間からモクモクとドライアイスの蒸気を吐き出す。この仕掛けを足元のタライが写り込まないように撮影し、その上に光学合成で青白く光るガスを焼きつけ、「自由にガス化する超能力」を表現した[8]

製作当時、CGなど高度な映像加工技術は当然ながらまだ無く、円谷は持ち前の創意工夫によって「誰も見たことの無い不思議な映像」に挑戦した。しかし、このゴム人形を使った効果は予告編でしか見られず、完成版では演技する土屋本人の上に直接ガスを合成している。ただし、衣裳がへたり込んで襟からドライアイスの蒸気が出る場面は、完成版でも残されている。

スタッフ[編集]

特殊技術

※映画クレジット順

キャスト[編集]

※映画クレジット順

※以下ノンクレジット出演者

映像ソフト[編集]

  • DVD
    • 2007年2月23日に発売された。オーディオコメンタリーは八千草薫。
    • 2014年2月7日に〈期間限定プライス版〉として再発売された。
    • 2015年7月15日に〈東宝DVD名作セレクション〉として再発売された。

舞台版[編集]

2009年10月、シアタークリエにて舞台化。脚色・演出は後藤ひろひと。原作の「異端者の悲恋」をテーマに、設定を現代に置き換えてコメディ要素もふんだんに取り入れた作品となっている[12]

出演は、高橋一生中村中中山エミリ伊原剛志水野久美三谷昇山里亮太など。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 予告編および完成版の題字では「1号」なっている。
  2. ^ 公開当時のポスターなどでは「空想科学映画第三弾」と表記されている。
  3. ^ その後、監督を古澤憲吾に変更して1964年に公開された。

出典[編集]

  1. ^ a b 東宝特撮未発表資料アーカイヴ 2010, p. 421 中村哲「第3部 作品解説」。
  2. ^ ガス人間第一号 The Human Vapour”. 本多猪四郎オフィシャルサイト. 2015年10月29日閲覧。
  3. ^ 作品詳細「金づくり太閤記」”. キネマ写真館Ⓡ 日本映画写真データベース. 映画演劇文化協会. 2015年10月29日閲覧。
  4. ^ a b 『東宝特撮映画大全集』ヴィレッジブックス、2012年、48頁。ISBN 9784864910132
  5. ^ 鈴木宣孝「『怪奇空想科学映画シリーズ』の誕生」『東宝特撮映画DVDコレクション』第51号、デアゴスティーニ・ジャパン、2011年9月、 9頁、 雑誌コード:20694-9/27。
  6. ^ 怪獣大戦争』のDVDでの土屋嘉男オーディオコメンタリーより。
  7. ^ 東宝特撮未発表資料アーカイヴ 2010, pp. 260 - 290.
  8. ^ 『円谷英二の映像世界』山本真吾、実業之日本社、1983年、187頁。
  9. ^ 中野昭慶、染谷勝樹『特技監督 中野昭慶』ワイズ出版〈ワイズ出版映画文庫〉、2014年、70頁。ISBN 978-4-89830-280-4
  10. ^ a b 「俳優名鑑」『東宝特撮映画DVDコレクション』第12号、デアゴスティーニ・ジャパン、2010年3月、 9頁、 雑誌コード:22765-3/30。
  11. ^ a b c 『別冊映画秘宝 初代ゴジラ研究読本』洋泉社〈洋泉社MOOK〉、2014年、[要ページ番号]
  12. ^ 舞台「ガス人間第1号」〈ステージ〉”. OZmall. スターツ出版. 2015年10月29日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]