税務調査官・窓際太郎の事件簿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
税務調査官・窓際太郎の事件簿
ジャンル テレビドラマ
放送国 日本の旗 日本
制作局 TBS
演出 山﨑康生(第22作 - )
脚本 深沢正樹
プロデューサー 大川博史(Joker)
出演者 小林稔侍
出川哲朗
小林千晴
北村総一朗
渡辺いっけい
麻生祐未
音声 ステレオ放送
字幕 文字多重放送
第1作 - 第6作
(月曜ドラマスペシャル)
放送時間 月曜 21:00 - 22:54(114分)
放送期間 1998年6月8日 - 2001年2月5日(6回)
第7作 - 第13作
(月曜ミステリー劇場)
放送時間 月曜 21:00 - 22:54(114分)
放送期間 2001年6月11日 - 2005年9月26日(7回)
第14作 - 第29作
(月曜ゴールデン)
放送時間 月曜 21:00 - 22:54(114分)
放送期間 2006年8月21日 - 2015年7月20日(16回)
外部リンク 月曜ゴールデン
第30作 -
(月曜名作劇場)
放送時間 放送時間の変遷を参照
放送期間 2016年4月11日 -(3回)
外部リンク 月曜名作劇場

特記事項:
第1作 - 第10作まで画角4:3(SD画像)、第11作以降は画角16:9(HD画像)でそれぞれ撮影。
テンプレートを表示

税務調査官・窓際太郎の事件簿』(ぜいむちょうさかん まどぎわたろうのじけんぼ)は、1998年からTBS系の2時間ドラマで放送されているテレビドラマシリーズ。主演は小林稔侍[1]

放送枠は「月曜ドラマスペシャル」(第1作 - 第6作)、「月曜ミステリー劇場」(第7作 - 第13作)、「月曜ゴールデン」(第14作 - 第29作)、「月曜名作劇場」(第30作 - )[2]

ストーリー[編集]

世田谷税務署にて勤務している窓辺太郎(まどべ たろう、通称:窓際)は、かつて東京国税局の凄腕エリート税務官だった。

しかし、政権与党に属するある政治家汚職脱税事件に関わった事で部下を謀殺され、政治家の罪を問えぬままにその責を負う形で現在の職場に左遷される。そして、その一件は国税局に大きな傷として残ってしまった。

心に深い傷を負った窓辺は、左遷先の税務署にて税金に悩む弱い人々に「正しい税金」を教える「気のいい税務署のおじさん」として平和な日々を送っていた。しかし、「税は騙してでも過剰に取り立てるもの」と公言してはばからない現上司の島崎は、そんな窓際を苦々しく思い、常に名前どおりの「窓際族」に追い落とそうと画策する。

一方、元上司である森村真一郎は、その腕を惜しみ公式に調査できない案件を依頼。窓辺は森村を通し「研修」の名目で各地の税務署に赴任、案件調査に乗り出す。森村より依頼された調査は、そのほとんどが「政治とカネ」にまつわるもの。窓辺はそれを通して仇敵である政治家に、そして彼ら黒い政治家たちを陰で操る政権与党の黒幕に肉薄していく。

登場人物[編集]

世田谷南税務署 / 東京国税局 / 財務省 / 世田谷南税務署関係者の親族 / 東京国税局関係者の親族 / 小山田と秘書 / ゲスト

世田谷南税務署[編集]

窓辺 太郎(まどべ たろう)
演 - 小林稔侍(11歳:小清水一揮〈第14作〉[3] / 小学生:中村文哉〈第24作〉[4]
経歴:東京国税局 査察課長(第1作) → 世田谷南税務署 個人課税第一部門(第1作 - )。影の調査官(第1作 - )
主人公。未婚。元東京国税局実施部門(主査)の敏腕マルサ(国税査察官)であるが、任務中に部下を死なせてしまったため、その責任を自ら採る形で大左遷を受け、現在は世田谷南税務署の冴えないヒラ署員である。現在も独身。家族は家に母と従弟がいる。
事件解決のために踏み込みをする際には、それまでの茶系スーツやしわのあるコートから、黒系スーツの出で立ちとなり、東京国税局の発行する「国税査察官証」と「収税官吏証」の2つの国税身分証明書を提示する。実の身分は現役マルサ。
国税身分証明書には昭和26年8月4日生まれと記されている。血液型はB型(第12作の自身のセリフより)。
毎度のように研修先で極秘任務を秘密にし、身分を偽る事を兼ねて半分本気で「かーちゃーん!!」と母を恋しがっているようにもしており、行った先の相手に必ず一度は「マドギワ(さん、くん)」と呼ばれてバカにされる(特に研修先の統括官からは「その年で研修?」と毎度冷やかされている)が、最終的には能力と正体を見抜かれ、積極的に太郎本来の任務への協力も惜しまなくなって、尊敬や感謝されるのがお約束となっている。作中ではほぼ毎回、資産運用に悩む一般庶民に適切なアドバイスをし、緊急時や、関係者が窮地に陥った場合に、車を使わずに自分の脚で走って向かうシーンがある。また結構な女好きで美人に目がなく、夢の中で登場人物の一人とキスを交わしそうになったりしたこともある。
普段ののんびりしておどけた動作と口調に似合わず武道柔道だと思われる)にも精通し、犯人グループの妨害に対しては相手の証拠が見つからない場合(一方的にやられる)はともかく、尻尾を掴んで敵地に乗り込んだ際には、力づくでねじ伏せる事も辞さない。そしてそれまでの丁寧口調から一変し、べらんめえ調を混ぜた威圧口上で黒幕の喉元を締めあげるのがクライマックスのパターン。
第25作でかつて1967年特撮テレビドラマキャプテンウルトラ』(TBS)で、キケロ星人ジョーを演じた小林と共演した当時のヒーローで主役のキャプテン役だった、民自党代議士・大矢栄一役の中田博久との対決が観られる。
北島 冬美(きたじま ふゆみ)
演 - 小林千晴(第13作 - )
経歴:城南税務署 → 世田谷南税務署 個人課税第一部門 副統括官(第13作 - )
太郎の同僚税務署員(通称冬美ちゃん)。以前は、城南税務署に勤めていた。上司の島崎と共に冒頭やエンディングに登場してはコメディリリーフの役割を担う。
シリーズ16作目では島崎の命を受け、太郎を監視するために研修先に現れたことがある(彼女自身も研修生という扱い)。しかしそこの統括官に気に入られてセクハラまがいのことをされ続け、結局太郎の尻尾を掴むことは出来なかった。島崎と同様に森村査察部長に対しタメ口であんたは誰と話し島崎に代わるシーンがある。
島崎と結託し、窓辺リストラ計画を画策中。しかし説明不足で相手を怒らせてしまったり、大事な資料をなくしてしまったりなど彼女自身も決して有能とは言えない。
演じる小林千晴はレギュラー出演以前の第7作にゲスト出演している。また、主演の小林稔侍の娘である。
島崎 春男(しまざき はるお)
演 - 渡辺いっけい
世田谷南税務署 個人課税第一部門 統括官
太郎の上司だが年下。ストーリーには絡まず、冬美と共に冒頭やエンディングに登場してはコメディリリーフの役割を担う。毎度、掛かってくる電話に森村査察部長と知らずにタメ口で話し、窓際に泣きつく。
日々太郎を「マドギワ」と呼んで見下し、窓辺リストラ計画を画策しているが、太郎自身が秘密にしている事もあり、その正体には未だに気づいていない。
いつも太郎をいびっているが、太郎からは時折「お前」「アンタ」と呼ばれており逆に手痛いツッコミを受けることもある。また太郎が極秘任務から戻った事でそれを無断欠勤ネタにしてリストラしようとしても、はぐらかされるなど、逆に振り回される事も多い。後期では登場するたびに数々の災難に見舞われており、片腕を骨折したり、冬美が資料をなくした責任を取らされて減俸をくらったりもした(減俸については「部下の責任は上司の責任」と庇って所長相手に言ったことが原因でもある)。
一方で家庭では妻に尻に敷かれている。自分が死んだ後で母の面倒を見てくれるかと妻に聞いたことがあるが「そんな義務はない」と返された上に、一方的に話を打ち切られるなどかなり悲惨な扱いを受けている。後に息子が生まれ、その息子の名前は「太郎」(第20作に登場)。
第17作では夫婦で宮崎のペンションを経営している弟が登場。休暇と偽らせた島崎から太郎を押し付けられるが、池端幼稚園の事件で太郎の活躍と能力を他のメインゲスト同様に認め、太郎の実力に気づかない兄を小馬鹿にしていた。

東京国税局[編集]

椿 薫(つばき かおる)
演 - 麻生祐未(第1作 - 第11作・第13作 - )
経歴:伊東税務署 法人課税第二部門(第1作) → 東京国税局 査察部査察課(第2作 - )
森村の姪。資格取得マニア。牛乳瓶底のようなメガネが特徴。
第1作で伊東税務署の上司の命令で太郎と行動を共にし、調査を通じて太郎の人柄と査察官としての腕に惚れ込み第1作終盤に上京した。
毎度必要以上に「すいません!」と謝り倒している。
緊張してしまう性分のため、いつもオドオドしている(ハンカチが手放せない)。
早とちりしやすい性格も災いし、毎回さまざまな勘違いを起こしてパニックになっている。
毎回太郎の事件解決の手助けをするのがパターンで、その際は過剰に「窓辺さぁーん!」と叫んでいる。
太郎に好意を寄せているが、未だに想いを伝えられていない。
第12作ではアメリカに研修に行っているため、不登場。
橘 美樹(たちばな みき)
演 - 大谷允保(第12作)
東京国税局 徴収部 徴収官。東京大学の卒業生。アメリカ研修中の椿に代わって太郎をサポートする。
真田 誠二(さなだ せいじ)
演 - 中谷彰宏(第1作 - 第3作・第9作〈回想〉)
太郎の東京国税局査察部時代の部下。故人。
飯野 浩二
演 - 藤野晃(第6作)
東京国税局 査察部員。
斉藤 武雄
演 - 長谷川純(第27作)
東京国税局 査察官。森村の部下。自宅に帰る途中に拉致され殺害される。
木島 華子
演 - 内山理名(第30作)
経歴:東京国税局 特別監察官 → 鹿児島中央税務署
「窓辺太郎を探れ」という酒井からの命(表向きは税金の徴収率が悪いことから業務監督のため)を受けて、世田谷南税務署にやって来る。初めは太郎を軽く見ていたが、彼の人柄や仕事ぶりを見て認識を改め、以後は敬意をもって接する。物語の中盤、自身が調査していた大物政治家の部下による襲撃から太郎をかばって負傷するも回復。退院後は鹿児島中央税務署に左遷という形で異動。エピローグでは太郎に、鹿児島での生活はとても充実しているという内容の手紙を送っている。
川崎 輝明
演 - 佐原健二(第1作・第6作)
東京国税局 局長。
横田 博司(よこた ひろし)
演 - ベンガル(第18作・第20作)
東京国税局 局長。森村の上司。
酒井 初男
演 - 近藤芳正(第28作・第30作 - )
東京国税局 局長。森村の上司。森村ほどでは無いが、太郎の実力と能力は買っている。森村と比べて、やや組織の安泰と保身を優先する傾向があるが、太郎に諭されたり、森村に背後から押されて動くようにもなる。第31作では息子が居ることが判り、一時は事件の真相を伏せようとするものの、太郎に「子供の手本となる大人である事が大切。」とハッパをかけられる。
赤倉 賢吾
演 - 佐戸井けん太(第13作)
東京国税局 査察部長。森村の後任。窓辺の元部下。

財務省[編集]

森村 真一郎(もりむら しんいちろう)
演 - 北村総一朗
経歴:東京国税局 査察部長(第1作 - 第28作) → 財務省 主税局特別調査室 参与(第29作 - )
太郎の元上司。財務省キャリア。
第13作では鳥越啓介の別荘を監視するため京都の病院に入院した。今でも太郎を「影の調査官」として使っているが、第22作などでは摘発対象相手の妨害によって、椿と一緒に窮地に陥る事もあった。第28作では事件の黒幕である姫川祥吾の不正を暴こうとするが、その裏には現職の総理が潜んでいた[5]。そのため様々な圧力や脅迫を受けるが全て振り切り、道連れ覚悟で姫川を太郎に摘発させ、自身は内閣を敵に回した責任を取るべく辞表を提出。国税局を去った。しかし逮捕された姫川が全てを話したことで総理は辞任。捨て身の覚悟が巨悪を引き摺り下ろしたのだった。第29作では財務省主税局特別調査室参与となっており、引き続き登場する[6]
引退後も太郎の調査の為に国税局に働きかける役割を持つが、トメと意気投合して秋男に説教したりという具合にコミカル面も増えている。

世田谷南税務署関係者の親族[編集]

矢田 秋男(やだ あきお)
演 - 出川哲朗(第11作 - )
太郎の従弟(トメの年の離れた弟の子)。売れない舞台俳優。いつも極貧生活をしている。
第11作で突然窓辺家に押しかけて以降、勝手に居候している。太郎を「兄ちゃん」と呼び慕っている。
一応家事は得意な様子。
矢田 夏子(やだ なつこ)
演 - 高畑淳子(第15作・第20作・第25作)
秋男の母。太郎と同い年だが、叔母にあたる。
おせっかいな性格で声が大きい。
窓辺 トメ(まどべ トメ)
演 - 野村昭子(第1作 - 第4作・第7作・第24作 - 第31作)
太郎の母親。度々家を空ける。
しばらく田舎に引っ込んでいたが、今は戻ってきている。森村の指令による秘密捜査に便乗(トメ本人は太郎の任務内容については知らない)する形で太郎に同行する事も。
窓辺家の建物は自分所有だが土地は借地(第30作)。第31作では引退した森村を家に招いて、森村とは話の合う仲となった。
義父
演 - 坂下光一郎(第5作)
島崎春男の義父。
瑞穂
演 - 中島ひろ子(第15作)
北島冬美の姉。旅館「村上館」女将。
島崎 英二
演 - 西川忠志(第17作)
島崎春男の弟。ペンション「フローラル島崎」経営。
島崎 律子
演 - 宮地雅子(第17作)
島崎英二の妻。
島崎 夢乃
演 - 尾崎心泉(第17作)
島崎英二と律子の娘。
島崎 孝太郎
演 - 斎藤拳匠[7](第17作)
島崎英二と律子の息子。夢乃の弟。
島崎 太郎
演 - 高橋晃[8](第20作)
島崎春男の息子。

東京国税局関係者の親族[編集]

真田 祥子
演 - 今井ちひろ(第1作 - 第3作)
真田誠二と頼子の娘。
真田 頼子
演 - かとうかずこ[9](第1作 - 第3作)
真田誠二の妻。
斉藤 裕美子
演 - 原田佳奈[10](第27作)(15年前:池田英〈第27作〉)
斉藤武雄の妻。妊婦。武雄が殺害され子供を産むため北海道由仁町の実家に帰省する。
高橋 光男
演 - 田村亮(第27作)
斉藤裕美子の父。北海道由仁町の高橋動物病院の獣医。15年前、雪江の死を看取れなかった。それ以後、裕美子とうまくいっていない。
高橋 雪江
演 - 天野智子(第27作)
斉藤裕美子の母。光男の妻。15年前末期癌で死亡。
森村 聡子
演 - 吉田直子(第28作)
森村真一郎の娘。
森村 美穂
演 - 岩崎未来[11](第28作)
森村真一郎の孫。聡子の娘。

小山田と秘書[編集]

小山田 高明
演 - 高田純次(第1作 - 第4作・第9作〈回想〉・第20作〈特別出演〉)
太郎の部下真田を死に追いやった張本人で、政権与党民自党の大物代議士。
第1作 - 第3作は、真田の死の真相と、民自党議員の汚職に迫る太郎の前に立ちはだかり、様々な妨害や圧力を加えてきたものの、太郎に証拠を握られ、告訴されるのが決定的になったとき、「政治家は大きくなるにつれてカネが必要になる」と嘯いていた。
第3作で口封じの為に刺され、死亡したと思われたが、第20作で車椅子に乗って癌が全身に転移している状態で再登場。かつての冷酷さと悪辣さは無くなり、残り少ない余命を沖縄で過ごす中、民自党沖縄支部の助力となっていたが、与那嶺清造による汚職の捜査に太郎が乗り出した時、「(沖縄の)海のような清んだ心を持つ政治家になりたかった。」、「民自党の垢に塗れると、カネだけで政策も哲学も語れなくなった」と太郎に漏らし、与那嶺を追い落とし、自ら政治家としてのけじめを付ける為、太郎に与那嶺関連の資料を提供する。
相馬 忠雄
演 - 高杉亘(第1作 - 第4作・第9作・第20作〈回想〉)
小山田の秘書。
中居 牧子
演 - 渡邉香織(第1作 - 第3作)
小山田の元私設秘書。故人。

ゲスト[編集]

第1作 - 第20作 / 第21作 -

第1作 - 第20作(1998年 - 2010年)[編集]

第1作「脱税のトリックすべて暴きます 元マルサの男が挑む伊豆不倫連続殺人事件」(1998年)
第2作「冬の金沢殺人事件・節税の裏ワザ教えます!5年前の脱税疑惑の嘘を暴け」(1999年)
第3作「正しい遺言相続教えます!ついに太郎が政界にメスを入れるため神戸へ」(1999年)
第4作「相続税が安くなる方法教えます 資産家殺しの狙いは膨大な遺産!?」(2000年)
第5作「孫の貯金を使うと贈与税が掛かる?函館で起きた警察署経理課長の不審な自殺!お見合いをした太郎が国税局に大反乱を起こした」(2000年)
  • 村井美紀子(窓辺太郎のお見合い相手) - 林寛子
  • 依田夏美(哲治の娘・函館東警察署 警察官・椿薫の友人) - 青田典子
  • 増山昭夫(城北産業 社長・函館東警察署 元署長) - 村松克己
  • 桃井一郎(函館東警察署 刑事) - 鶴田忍
  • 佐々木繁(函館国税局 査察課 支部長) - 河西健司
  • 依田哲治(函館東警察署 経理課長) - 宗近晴見
  • 桜田幸宏(函館国税局 査察課 職員) - 井之上隆志
  • 折井守(折井法律事務所の弁護士・元函館地検検事正) - 大林丈史
  • 山田恵子(山田の妻) - 有田麻里
  • 石井敏夫(函館中央税務署 統括官) - 山田幸伸
  • 川崎剛(ニコニコローン 社長) - 吉満涼太
  • 千葉(ニコニコローン 社員) - 飛田敦史[14]
  • 山田健一(山田と恵子の息子) - 伊東貴明
  • 西尾三郎(函館東警察署 刑事) - 飯田基祐
  • 山田恒夫(勝伸製作所 社長) - 伊東四朗
第6作「元部下だった査察官が大阪で殺された!警察も捜査しない闇事件の裏に何がある?私腹を肥やす政治家の悪事を暴け!」(2001年)
第7作「徳島県鳴門温泉―太郎&母トメの珍道中…が一転、連続殺人に遭遇し大混乱!! 旅館女将に迫る巨悪の影を暴け!!」(2001年)
第8作「雪の札幌に渦巻く巨悪を暴け!盲目の少女を襲う恐ろしい罠…シリーズ最大のピンチを太郎は乗り切れるのか」(2002年)
  • 尾形由希子(尾形の娘・交通事故で失明) - 越智静香
  • 船津陽一(フリーター・由希子の恋人) - 高橋一生
  • 沢井伸吾(検事・豊田の上司) - ダンカン
  • 長崎(幸大建設 札幌支社 経理課長) - 市川勇
  • 中田(会計士) - 津田寛治
  • アザミ(ショーパブ「ピンクパンサー」ママ) - 深沢敦
  • 玉村(北海道札幌方面中央警察署 刑事) - 小林健
  • ヨネ(窓辺トメの友人) - あき竹城
  • 真鍋啓三(北海道議会議員) - 森山周一郎
  • 梨田(北海道札幌方面中央警察署 刑事) - 石橋祐
  • 豊田郁夫(札幌捜査検事) - 田中智也
  • マリー(ショーパブ「ピンクパンサー」新人ホステス) - 金山侑生
  • 戸田稲子(未亡人) - 根岸季衣
  • 尾形信夫(札幌税務署 統括官) - 秋野太作
第9作「離婚の慰謝料に税金はかかる?博多の海に渦巻く黒い欲望…国税局員が殺人容疑で逮捕!黙秘する男のアリバイを探せ」(2002年)
第10作「離婚の京都造り酒屋の社長が自殺?芸者と黒い手帳に隠された不正の罠」(2003年)
  • 早川敏郎(京都国税局 査察部長・窓辺太郎の知り合い) - 西岡徳馬
  • 早川聡美(早川の娘・京都東税務署 税務官) - 橘実里
  • 吉原邦夫(京都東税務署 統括官) - 山崎一
  • 坂口正一(坂口の長男) - 坂上忍
  • 玉村勝江(置屋「葵」女将) - 正司歌江
  • 高砂英二(京都国税局 査察官) - 田中哲司
  • 船木雄二(京都府警京都南警察署 刑事) - 来須修二
  • 月野亮二(柿崎の秘書) - 村杉蝉之介
  • 甲田和雄(甲田幹夫の息子) - ヨシダ朝
  • 浦田(浦田酒造 社長) - 平澤洋爾
  • 料亭「和月」仲居 - 真下有紀
  • 長嶺銀次(長嶺酒造 社長) - 大村崑
  • 坂口信三(坂口酒造 社長・柿崎の後援会長) - 山口嘉三
  • 山野忠雄(山野の父) - 久保晶
  • 山野(まんじゅう屋「山乃屋」主人) - 山西惇
  • 佐藤頼子(達夫の妻) - 大島蓉子
  • 佐藤達夫(佐藤製作所 社長) - 小倉久寛
  • 橋本菊江(置屋「むらさき」の芸者「菊野」) - 杉本彩
  • 柿崎和三郎(民自党代議士) - 中山仁
第11作「滞納した税の納税方法教えます!悪徳政治家に翻弄され引き裂かれた父娘!火の国熊本で太郎の怒りが爆発する」(2004年)
  • 中村花恵(中村の娘・熊本県「福祉を考える会」及び老人ホーム「福寿園」副理事長) - 高橋かおり
  • 笈田隆志(熊本中央税務署 署員・花恵の元恋人) - 大浦龍宇一
  • 河内正造(民自党代議士) - 長谷川哲夫
  • 諸田洋介(河内の秘書) - 近江谷太朗[17]
  • 田沢仁志(熊本中央新聞の記者) - 曽根英樹
  • 井上賢治(井上会計事務所の会計士・熊本国税局 元査察部長) - 大河内浩
  • 田沢雪江(田沢の妻) - 岩本千春
  • 藤井逸雄(熊本中央税務署 統括官) - 三井善忠
  • 前田英夫(環境整備公団 熊本支部長) - 江上真吾
  • 田沢雄一(田沢と雪江の息子) - 須賀健太
  • 井上会計事務所の事務員 - 平山慶子
  • 日進工業 社長 - 森喜行
  • 山野建設 社長 - 池田武志
  • 山岡きく(老人ホーム「福寿園」入園者) - 五月晴子
  • 北川安治(北川製作所 社長) - モト冬樹
  • 重村邦夫(重村商店 店主) - 松重豊
  • 中村徳一(熊本県議会議員・「福祉を考える会」及び「福寿園」理事長) - 小野寺昭
第12作「骨董鑑定に隠された罠 財政界の圧力で真実が闇へ葬られる…横領の真相を暴け 娘の無実の訴えに太郎が走る」(2005年)
第13作「闇に葬られた証人…事件の鍵は京都に!? シリーズ最大の敵は財政界のドン 戦いの相棒は美人子持ち税務官!!」(2005年)
第14作「故郷の高知で殺人事件!! 渦中の人は幼なじみ!? タイムカプセルに隠された46年前の真実」(2006年)
第15作「シリーズ最大の裏切り!! 人情派太郎の苦悩…黒幕はあの部長!? 部下の謎の死、事件の鍵は日本海に」(2007年)
第16作「尾張名古屋に人情の涙…盗聴殺人に隠された真相…知りすぎた美人記者を狙う権力の罠」(2007年)
第17作「休暇の宮崎旅行が一転!教育現場で大金が…闇に葬られた死体と告発!母子のために悪を斬る」(2008年)
第18作「浜松で一億円横領事件…社長は自殺!? 老舗料亭の父と息子の確執に太郎が見た涙の真相とは!!」(2009年)
第19作「加賀100万石の都・金沢にはびこる巨悪…謎の自殺と闇献金…粉飾決算に仕組まれた驚愕の真実を太郎が暴く」(2009年)
  • 瀬戸敦司(瀬戸税理士事務所の税理士・金沢西税務署 元署員) - 温水洋一
  • 桂木玲子(金沢西税務署 統括官・千葉の大学の後輩) - 川原亜矢子
  • 千葉恒雄(石川県議会議員・千葉商事 社長) - 長谷川朝晴
  • 竹内(和菓子店「伸光堂」店主) - 穂積隆信
  • 野崎邦夫(栄町商店街の野崎商店 店主・秋津の後援会長) - 水島涼太
  • 中野(栄町商店街の喫茶店店主) - 小野了
  • 森(栄町商店街の眼鏡屋) - 村松利史
  • 古川(スーパーの店員) - 石沢徹
  • 瀬戸健太郎(敦司の父・故人) - 世古陽丸
  • 秋津の秘書 - 梨本泰生
  • 殿村康彦(大幸ホールディングス 会長) - 関川慎二
  • 田中(栄町商店街) - 谷川昭一朗
  • 小平克巳(若葉銀行 金沢支店 貸付課長) - 武発史郎
  • 下田(栄町商店街の魚屋) - 吉川裕朋
  • 秋津修太郎(民自党代議士) - 団時朗
  • 野崎和江(野崎の妻) - 角替和枝
  • 桂木文子(玲子の母) - 大森暁美
第20作「沖縄…基地問題の裏にはびこる最大の陰謀!! 悲しき母娘の為…太郎が巨悪と最終決戦!!」(2010年)
  • 島袋由紀(タレント) - 黒川芽以
  • 島袋博子(由紀の母・徳嶺水産 従業員) - 石野真子
  • 喜納英一(経営コンサルタント) - 神保悟志
  • 与那嶺清造(民自党代議士) - 鹿内孝
  • 金城和夫(沖縄県議会議員) - 河西健司
  • 喜納雄二(英一の弟・フリーライター) - 平野貴大
  • 比嘉裕久(黒川コーポレーション 社長) - ホリベン
  • 黒田(由紀のマネージャー) - 田中護
  • ニュースレポーター - 鈴木希依子[37]
  • 仲間(那覇中央税務署 統括官) - 肥後克広
  • 中華料理「大陸」店主 - 桑野信義[38]
  • 島袋建興(由紀の祖父/博子の父・漁師) - 中村敦夫

第21作 - (2010年 - )[編集]

第21作「太郎が税務署をクビになり、派遣村へ!? 杜の都・仙台で窓際太郎が悪を斬る!!」(2010年)
  • 石塚幹夫(元国土交通省職員) - 中本賢
  • 伊藤寛人(元商社マン) - 相島一之
  • 石塚栄子(石塚の妻・仙台記念病院 入院患者) - 岡まゆみ
  • 石塚真理(石塚と栄子の娘) - 鈴木あきえ[39]
  • 峰子(地方都市開発機構 職員) - 大島蓉子
  • 柴岡建設の現場監督 - 竹田高利
  • 佐々木信夫 - 岡安章介
  • 東義朗(文子の夫・果物屋店主) - 岸博之
  • 柴岡泰二(柴岡建設 社長) - 田窪一世
  • 香川敏郎(失業者救済センター「オアシス」寮長) - 大浜直樹
  • 細野克己(栄子の弟) - 若松俊秀
  • 足立昭信(宮城日報の記者) - 潮見諭
  • 河合祐子(地方都市開発機構 職員) - 奥村友美
  • 三村雄二(真理の婚約者・財務省キャリア) - 相馬圭祐[40]
  • 戸田(地方都市開発機構 職員) - 小林真弥
  • 菱川の運転手 - 鈴木アキノフ
  • 滝沢の秘書 - 井上雅稀
  • 山田(失業者救済センター「オアシス」スタッフ) - 田村義晃
  • 菱川三夫(失業者救済センター「オアシス」理事長・元国交省事務次官) - 大河内浩
  • 東文子(果物屋女将) - 岡本麗
  • 滝沢洋介(民自党代議士) - 上田耕一
第22作「ワイナリー相続を巡る隠し子騒動と飛び降り自殺?陰に大物政治家の欲と陰謀が!引き裂かれた母子の絆を取り戻せ」(2011年)
第23作「京都で見つけた初恋の面影!? 純粋な心を踏みにじる悪党を太郎が斬る!!」(2011年)
第24作「窓際太郎は長崎へ!伝統工芸の長崎チロリを守るため、太郎が悪を斬る!!」(2012年)
第25作「楽しい九州旅行が一転!? 心臓移植を待つ子の悲痛な叫び!不正の影?太郎が大人の嘘を斬る!!」(2013年)
  • 福留絵里奈(鹿児島中央税務署 税務官) - 平野綾[46]
  • 福留清子(絵里奈の母・天然玄米黒酢「福留酢醸造場」社長) - 古村比呂
  • 松元雪江(邦夫の妻・敬子の母) - 仁科亜季子[47]
  • 徳重正雄(福留酢醸造場 従業員) - 正名僕蔵
  • 松元邦夫(敬子の父・福留酢醸造場 番頭) - 木場勝己
  • 大矢栄一(民自党代議士) - 中田博久
  • 鮫島智子(肉屋) - 小林綾子
  • 山本陽一(常盤総合医療 総務部長) - 渋谷哲平
  • 河原大輔(常盤総合医療 情報管理室 主任) - 金子裕
  • 河原敬子(河原の妻) - 川村亜紀[48]
  • 河原篤(河原と敬子の息子・鹿児島市立病院 入院患者) - 石田竜輝
  • 前園(鹿児島中央税務署 統括官) - 矢崎文也
  • 融資課長 - 高草量平
  • 鹿児島市立病院 医師 - 渡辺杉枝
  • 「鶴岡ハイツ」204号室の入居者 - 小豆畑雅一
第26作「倉敷の街でひき逃げ殺人!? 息子の夢を叶えて!高校球児と母の想いを裏切った悪い奴に痛快倍返し」(2014年)
  • 妹尾明日香(倉敷東税務署 署員・倉敷実業高校 元野球部マネージャー) - 島谷ひとみ
  • 星島初子(拓朗の母・岡山銀行 倉敷支店 派遣行員) - 烏丸せつこ
  • 羽田幹夫(プロ野球「広島カブス」スカウト部部長) - 田中要次
  • ラーメン屋女将 - 研ナオコ
  • 福武勇雄(明日香の叔父・ジーンズ工房 店主) - 山崎銀之丞
  • ラーメン屋店主 - 鈴木正幸
  • 星島拓朗(倉敷実業高校 野球部投手) - 渡辺凱
  • 柿本一志(倉敷実業高校 野球部投手) - 高畑裕太
  • 菊川(ジーンズショップ「婆羅門」店主) - 勝信
  • 中田英康(倉敷実業高校 野球部監督) - 大久保運
  • 重田勝行(野池建設 社長) - 川屋せっちん
  • 河本(倉敷東税務署 統括官) - 高越昭紀
  • 記者 - 岩田翼[49]
  • 山村政史(あすか銀行 システムエンジニア) - 伊藤仁
  • 大賀の秘書 - 山口幸志[50]
  • 柿本澄夫(一志の父・岡山銀行 倉敷支店長) - 新井康弘
  • 難波弘文(民自党岡山県連幹事長) - 清水昭博
  • 大賀啓造(民自党代議士) - 六平直政
第27作「日本の土地と農業が危ない!? 北海道を舞台に太郎が大暴れ!外国人に土地を売る農民たちを苦悩から救え!」(2014年)
第28作「福岡の美しい科学者が狙われた!? トクホ認定に潜む罠と涙の姉弟愛…太郎が命懸けで巨悪対決」(2015年)
第29作「奈良に立ち込めた暗雲。伝統と発展の狭間で揺れるロミオとジュリエット。善人の仮面を被った悪魔の手から太郎は古都を救えるのか!」(2015年)
  • 乾健太郎(奈良観光開発協会 理事・葛粉商「乾本家」店主) - 田中健
  • 武藤悠子(良介の姉・小料理「ゆう」店主) - 生田智子
  • 乾万里子(乾の娘・奈良春日野税務署 署員) - 原幹恵
  • 真島良介(万里子の恋人・観光庁 観光地域振興課 職員) - 佐藤アツヒロ
  • 土産物屋「福泉堂」店主 - 佐藤蛾次郎
  • 塩見大輔(ステーキハウス「バファロー」店主) - スギちゃん
  • 柿田清二(京都府議会議員) - 藤堂新二
  • 南田(奈良春日野税務署 統括官) - 深沢敦
  • 上原道男(国土交通省 事務官) - 中西陽介
  • 玉井啓信(民自党代議士) - 横光克彦
  • 辰巳晋吉(小料理「ゆう」板前) - 大西武志
第30作「文科省から極秘文書を持ち出したのは親友の息子だった!そこに現れる謎の調査官。巨大競技場建設に隠された陰謀とは?!」(2016年)
第31作「下関うず潮に消えた愛…フグの街で政治家が謎の転落死 カギ握る18歳美少女を巨悪から守れ!太郎が毒をもって毒を制す」(2016年)
第32作「紀州和歌山に不正の陰?内部告発をしようとした市役所職員が行方不明に!ひとり事件を追う娘と気力を失った税務署員。太郎の正義は和歌山を救えるか!」(2017年)
  • 寺林信彦(和歌山城南税務署 個人課税課第二部門 署員) - 岡本信人
  • 西野明日香(西野の次女・「和歌山まちかどケーブルテレビ」ディレクター) - 福田沙紀(幼少期:根本真陽[69]
  • 西野今日子(西野の長女/明日香の姉・時田の秘書) - 白羽ゆり(少女期:内田愛[70]
  • 魚屋の店主 - 井手らっきょ
  • 魚屋の店員 - 把瑠都
  • 若山(兄) - 中村有志
  • 若山(弟) - 住田隆
  • 岩岡隆一(和歌山城南市 市議会議員) - 永岡佑
  • 西野輝明(和歌山城南市役所 総務部公共施設管理課 元係長・10年前から行方不明) - 新田純一[71]
  • 矢沢英博(和歌山城南市役所 総務部公共施設管理課 元職員/西野の元部下・無職) - 池原猛
  • 田中(刑事) - 山本まなぶ
  • 卯月寅之助(卯月運輸 社長) - 清郷流号[72]
  • 杉崎巌雄(「和歌山まちかどケーブルテレビ」社員/明日香の上司) - 難波圭一
  • 佐藤(刑事) - 無法松
  • 和歌山城南市民病院 看護師長 - 丸岡真由子
  • 「和歌山まちかどケーブルテレビ」カメラマン - 井俣太良
  • 吉沢邦久(和歌山城南税務署 総括官) - 齋賀正和
  • 白川のボディーガード - 津村雅之
  • 白川のボディーガード - 輝龍[73]
  • 時田宗康(和歌山城南市 市議会議員) - 桜木健一
  • 白川幸次郎(民自党代議士) - 斉木しげる

スタッフ[編集]

放送日程[編集]

話数 放送日 サブタイトル 脚本 監督 視聴率
1 1998年06月08日 脱税のトリックすべて暴きます 元マルサの男が挑む伊豆不倫連続殺人事件 土屋斗紀雄 岡島明 17.3%
2 1999年02月15日 冬の金沢殺人事件・節税の裏ワザ教えます!5年前の脱税疑惑の嘘を暴け 中山史郎 16.5%
3 6月21日 正しい遺言相続教えます!ついに太郎が政界にメスを入れるため神戸へ 19.2%
4 2000年02月28日 相続税が安くなる方法教えます 資産家殺しの狙いは膨大な遺産!? 19.8%
5 7月03日 孫の貯金を使うと贈与税が掛かる?函館で起きた警察署経理課長の不審な自殺!
お見合いをした太郎が国税局に大反乱を起こした
17.6%
6 2001年02月05日 元部下だった査察官が大阪で殺された!警察も捜査しない闇事件の裏に何がある?
私腹を肥やす政治家の悪事を暴け!
西本淳一 16.0%
7 6月11日 徳島県鳴門温泉―太郎&母トメの珍道中…が一転、連続殺人に遭遇し大混乱!!
旅館女将に迫る巨悪の影を暴け!!
中山史郎 19.4%
8 2002年01月14日 雪の札幌に渦巻く巨悪を暴け!盲目の少女を襲う恐ろしい罠…
シリーズ最大のピンチを太郎は乗り切れるのか
18.4%
9 12月16日 離婚の慰謝料に税金はかかる?博多の海に渦巻く黒い欲望…
国税局員が殺人容疑で逮捕!黙秘する男のアリバイを探せ
17.5%
10 2003年05月19日 離婚の京都造り酒屋の社長が自殺?芸者と黒い手帳に隠された不正の罠 19.3%
11 2004年02月23日 滞納した税の納税方法教えます!悪徳政治家に翻弄され引き裂かれた父娘!
火の国熊本で太郎の怒りが爆発する
19.0%
12 2005年01月10日 骨董鑑定に隠された罠 財政界の圧力で真実が闇へ葬られる…
横領の真相を暴け 娘の無実の訴えに太郎が走る
倉成柊一郎 18.6%
13 9月26日 闇に葬られた証人…事件の鍵は京都に!?
シリーズ最大の敵は財政界のドン 戦いの相棒は美人子持ち税務官!!
15.4%
14 2006年08月21日 故郷の高知で殺人事件!! 渦中の人は幼なじみ!?
タイムカプセルに隠された46年前の真実
17.1%
15 2007年01月08日 シリーズ最大の裏切り!! 人情派太郎の苦悩…黒幕はあの部長!?
部下の謎の死、事件の鍵は日本海に
16.6%
16 10月01日 尾張名古屋に人情の涙…盗聴殺人に隠された真相…
知りすぎた美人記者を狙う権力の罠
17.0%
17[74] 2008年09月08日 休暇の宮崎旅行が一転!教育現場で大金が…
闇に葬られた死体と告発!母子のために悪を斬る
15.6%
18 2009年04月20日 浜松で一億円横領事件…社長は自殺!?
老舗料亭の父と息子の確執に太郎が見た涙の真相とは!!
13.9%
19 10月12日 加賀100万石の都・金沢にはびこる巨悪…謎の自殺と闇献金…
粉飾決算に仕組まれた驚愕の真実を太郎が暴く
14.0%
20[75] 2010年03月22日 沖縄…基地問題の裏にはびこる最大の陰謀!!
悲しき母娘の為…太郎が巨悪と最終決戦!!
12.9%
21 11月01日 太郎が税務署をクビになり、派遣村へ!? 杜の都・仙台で窓際太郎が悪を斬る!! 14.3%
22 2011年06月27日 ワイナリー相続を巡る隠し子騒動と飛び降り自殺?陰に大物政治家の欲と陰謀が!
引き裂かれた母子の絆を取り戻せ
山﨑康生 14.7%
23 12月19日 京都で見つけた初恋の面影!? 純粋な心を踏みにじる悪党を太郎が斬る!! 土屋六郎 12.8%
24 2012年11月12日 窓際太郎は長崎へ!伝統工芸の長崎チロリを守るため、太郎が悪を斬る!! 11.5%
25 2013年07月15日 楽しい九州旅行が一転!? 心臓移植を待つ子の悲痛な叫び!
不正の影?太郎が大人の嘘を斬る!!
14.2%
26[76] 2014年02月24日 倉敷の街でひき逃げ殺人!? 息子の夢を叶えて!
高校球児と母の想いを裏切った悪い奴に痛快倍返し
14.0%
27 7月28日 日本の土地と農業が危ない!? 北海道を舞台に太郎が大暴れ!
外国人に土地を売る農民たちを苦悩から救え!
08.5%
28[77] 2015年01月26日 福岡の美しい科学者が狙われた!?
トクホ認定に潜む罠と涙の姉弟愛…太郎が命懸けで巨悪対決
11.4%[78]
29[79] 7月20日 奈良に立ち込めた暗雲。伝統と発展の狭間で揺れるロミオとジュリエット。
善人の仮面を被った悪魔の手から太郎は古都を救えるのか!
9.4%[80]
30[1] 2016年04月11日 文科省から極秘文書を持ち出したのは親友の息子だった!
そこに現れる謎の調査官。巨大競技場建設に隠された陰謀とは?!
31 12月12日 下関うず潮に消えた愛…フグの街で政治家が謎の転落死
カギ握る18歳美少女を巨悪から守れ!太郎が毒をもって毒を制す
岡本貴也 10.0%[81]
32 2017年05月08日 紀州和歌山に不正の陰?内部告発をしようとした市役所職員が行方不明に!
ひとり事件を追う娘と気力を失った税務署員。太郎の正義は和歌山を救えるか!
深沢正樹 9.5%[82]

その他[編集]

  • 作品中、窓際太郎を含む個人課税部門の職員が国税滞納者の納税相談や納付催告を行っているが、実際には税務署内の徴収部門及び管理運営部門の職員の仕事であるため、個人課税部門の職員が納税相談や納付催告を行うことは原則ない。

放送局[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 小林稔侍主演で18年間続く「窓際太郎」シリーズ。「人の心に入り込む“B級作品”」への思い”. インターネットTVガイド (2016年3月25日). 2016年3月27日閲覧。
  2. ^ TBS、月曜も“改名”「月曜ゴールデン」から「月曜名作劇場」に”. ORICON STYLE (2016年2月26日). 2016年2月26日閲覧。
  3. ^ プロフィール - 舞夢プロ(アーカイブ)
  4. ^ 中村文哉 - ジョビィキッズプロダクション
  5. ^ ひと区切り! - 北村総一朗オフィシャルブログ 2015年1月22日
  6. ^ 月曜名作劇場! - 北村総一朗オフィシャルブログ 2016年3月11日
  7. ^ プロフィール - スマイルモンキー
  8. ^ プロフィール - 宝映テレビプロダクション(アーカイブ)
  9. ^ プロフィール - スタッフ・ポイント
  10. ^ WORK HISTORY - ジェイエフシーティー
  11. ^ プロフィール - セントラル
  12. ^ プロフィール - 高士会 & 上事務所
  13. ^ 菊池均也 - Twitter 2016年4月10日
  14. ^ プロフィール - アリエス
  15. ^ a b プロフィール - ケイエムシネマ企画(アーカイブ)
  16. ^ プロフィール - GTZ
  17. ^ プロフィール - LDH
  18. ^ a b プロフィール - オスカー電子カタログ
  19. ^ プロフィール - サーブプロモーション
  20. ^ プロフィール - ネオ・エージェンシー
  21. ^ プロフィール - グリーンメディア
  22. ^ プロフィール - エヌ・エー・シー
  23. ^ プロフィール - 希楽星(アーカイブ)
  24. ^ プロフィール - 希楽星
  25. ^ プロフィール - セントラル(アーカイブ)
  26. ^ Drama - 国分佐智子|Sachiko Kokubu official home page
  27. ^ プロフィール - ラッシュアップ
  28. ^ プロフィール - ケイエムシネマ企画(アーカイブ)
  29. ^ プロフィール - ケイエムシネマ企画
  30. ^ a b プロフィール - エヌ・エー・シー
  31. ^ プロフィール - エヌ・エー・シー(アーカイブ)
  32. ^ あの人から・・・ - 河合美智子オフィシャルブログ 2008年9月6日
  33. ^ プロフィール - サンミュージックブレーン(アーカイブ)
  34. ^ プロフィール - ケイエムシネマ企画(アーカイブ)
  35. ^ アメの足音 - 亜矢乃オフィシャルブログ 2008年9月8日
  36. ^ プロフィール - サイトウルーム(アーカイブ)
  37. ^ ☆出演情報☆〜窓際税務調査官〜 - 鈴木希依子のHAPPY STYLE - GLAM BLOG 2010年3月18日
  38. ^ 『窓際太郎の事件簿』 - 桑野信義&MASAオフィシャルブログ 2010年3月30日
  39. ^ TBS『税務調査官 窓際太郎の事件簿21』 - 鈴木あきえオフィシャルブログ 2010年11月2日
  40. ^ 相馬圭祐情報 - 相馬圭祐オフィシャルブログ 2010年10月25日
  41. ^ プロフィール - ステッカー
  42. ^ プロフィール - ケイエムシネマ企画(アーカイブ)
  43. ^ 必見!出演情報! - 下川真矢ブログ 2011年6月27日
  44. ^ プロフィール - キャロット(アーカイブ)
  45. ^ ドラマ「窓際太郎」 - にわつとむブログ 2012年10月31日
  46. ^ 税務調査官 窓際太郎の事件簿25 - 平野綾オフィシャルブログ 2013年7月16日
  47. ^ プロフィール - シネマクト
  48. ^ プロフィール - Official Blog & SNS by beamie
  49. ^ Works - 岩田翼OFFICIAL WEB SITE
  50. ^ プロフィール - オリオンズベルト
  51. ^ プロフィール - クローバー
  52. ^ プロフィール - 剣武会
  53. ^ 一色洋平 - Twitter 2015年1月22日
  54. ^ プロフィール - ギフト
  55. ^ プロフィール - 中野笑店
  56. ^ ドラマ告知 - 植田恭平ブログ 2015年1月12日
  57. ^ ニュース - C.I.A(アーカイブ)
  58. ^ プロフィール - 大和プロ
  59. ^ プロフィール - オフィス・エム
  60. ^ プロフィール - 東映マネージメント
  61. ^ お知らせ - 矢田亜希子オフィシャルブログ 2016年12月8日
  62. ^ 坂ノ上茜 - Instagram
  63. ^ プロフィール - アニモプロデュース
  64. ^ 倉田昭二 - Twitter 2016年12月9日
  65. ^ 広瀬斗史輝 - Twitter 2016年12月12日
  66. ^ お知らせ☆ - 小林美萌オフィシャルブログ 2016年12月12日
  67. ^ 窓際太郎の事件簿 - 松浦慎一郎ブログ 2016年12月13日
  68. ^ 豊永真紀 - Twitter 2016年12月10日
  69. ^ プロフィール - ヒラタオフィス
  70. ^ 【内田愛】「窓際太郎の事件簿32」出演 - ニチエンプロダクション
  71. ^ 54歳誕生日 - 新田純一オフィシャルブログ 2017年5月9日
  72. ^ 5月8日(月)TBS 20:00〜21:50 月曜名作劇場放送決定「窓際太郎の事件簿」 - 清郷流号オフィシャルサイト 2017年4月20日
  73. ^ 輝龍 - Instagram
  74. ^ ロケ実績紹介”. 宮崎フィルム・コミッション. 2016年4月1日閲覧。
  75. ^ 小林稔侍、“窓際”って呼ばれて幸せ TBS「税務調査官 窓際太郎の事件簿」”. 映画.com (2010年2月26日). 2015年11月15日閲覧。
  76. ^ “倉敷が舞台のドラマ「窓際太郎の事件簿」放送へ-ロケ地に美観地区など”. 倉敷経済新聞. (2014年2月20日). https://kurashiki.keizai.biz/headline/374/ 2015年11月15日閲覧。 
  77. ^ 月曜ゴールデン 税務調査官窓際太郎の事件簿28”. インターネットTVガイド (2015年1月26日). 2015年12月2日閲覧。
  78. ^ テレビ視聴率ランキング”. インターネットTVガイド (2015年2月12日). 2015年12月2日閲覧。
  79. ^ 月曜ゴールデン 税務調査官窓際太郎の事件簿29”. インターネットTVガイド (2015年7月20日). 2015年11月15日閲覧。
  80. ^ テレビ視聴率ランキング”. インターネットTVガイド (2015年8月7日). 2015年12月2日閲覧。
  81. ^ テレビ視聴率ランキング”. インターネットTVガイド (2016年12月29日). 2017年2月18日閲覧。
  82. ^ テレビ視聴率ランキング”. インターネットTVガイド (2017年5月26日). 2017年6月7日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]