中学造士館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

中学造士館(ちゅうがくぞうしかん)は、明治期、鹿児島県に存在した中等教育機関(旧制中学校)。

年表[編集]

県立鹿児島中学・公立鹿児島学校[編集]

県立鹿児島中学[編集]

中学校教則大綱により、明治11年(1878年)7月設立。監事は黒木才蔵。場所は、御作事方跡地で、現在の鹿児島市役所前、みなと大通り公園一帯に当たる。のち、敷地の南半分は名山学校に割譲された。授業料は月5銭(当時)で、兄弟が在学の場合は一人が半額だった。課程は正則及び変則の2科編制で当初は変則中学科300名を募集した[2]。また設立当初は、定められた中学区内から生徒を募集していたが、明治12年6月に学区制限を廃した[3]

明治14年(1881年)には本科4年及び予科1年に改編され、変則中学科を予科に吸収し、本科へ進級できるようになったが、さらに明治16年、初等科3年及び高等科2年に改編された。

公立鹿児島学校[編集]

在京の鹿児島県出身者有志(のちの「郷友会」で、会長は仁礼景範。)の寄金により明治14年(1881年)9月設立[4]。 学校長は椎原国幹西郷隆盛の叔父)。島津家の賞典禄5万4200円を基金として鹿児島市磯地区の「異人館(鹿児島紡績所技師館)」「集成館」跡で開校。

課程は本科3年及び予科の2科編制。英語を主として漢学や数学等を教える下等中学(当時の学制上の呼称)相当であったとの考察がある[5]

翌明治15年(1882年)には鹿児島城址に移転。

鹿児島県立中学造士館[編集]

明治17年(1884年)12月26日、文部省中学校教則大綱と中学校通則により開校。明治17年(1884年)に、島津忠義が県令に「造士館再建の願」を提出し、同年6月には「鹿児島県立中学造士館創立委員会」が発足(委員長・島津珍彦、副委員長・島津忠欽)しており、公立鹿児島学校へ県立鹿児島中学を統合する形で開校した[6]

館長には島津珍彦が就き、課程は高等中学科及び初等中学科の2科編制、生徒定員は500名で、開校時、中学造士館の本館として鹿児島市磯地区の「異人館」が鹿児島城址に移築され、維持費は、前出・島津忠義の寄付金及び公立鹿児島学校の校費を転用し、県費の支出は皆無であった。

明治二十年造士館騒動

明治20年(1887年)6月22日、寮の朝食で寮生2名が食卓で粗相をした(食事をこぼした)。それを見た寮監が「田舎五郎ノ様子ヲ以テ斯ル軽率ナル事ヲナシ若シ館外ナリセバ踏ミ倒シ呉レン」と罵倒。これに対して鹿児島市以外出身者、すなわち地方出身の寮生が憤慨し寮監を追及するが、暴動は起こさず、寮生代表8名が学校側と話し合った。学校側は結論を出すまでの間、寮生に外出禁止を通達したが、数十名が外出した。その2日後には全員が放館処分を受けた。寮生154名の中には、宮崎県小林地区出身の赤木通弘(明治6年(1873年)生、当時14歳)がおり、赤木の手記が昭和61年(1986年)2月に赤木の子孫家で発見され、遠戚により製本・出版がなされて当事件が明らかになった。また、原口泉(当時鹿児島大学法文学部助教授)がナビゲーターを務める「NHKかごしま歴史紀行」の同年9月放送分でも取り上げられている。

明治19年(1886年)4月には、中学校を尋常中学校と高等中学校に分離する「中学校令」が公布され、各府県には一校ずつ尋常中学校が次々に設置された[7]。明治20年1月、鹿児島県出身の初代文部大臣・森有礼が帰鹿、中学造士館を視察したが、この際に中学造士館を高等中学校へ昇格させる運動が起こり、島津忠義らによる中学造士館の基金など一切は、高等中学校へ転用された[8]

(官立)鹿児島高等中学造士館[編集]

明治20年(1887年)12月20日、鹿児島県立中学造士館の(官立)鹿児島高等中学造士館への改編が告示、翌明治21年(1888年)4月、旧・県立中学造士館生徒を収容し開校。生徒の転籍先は、旧・県立中学造士館高等中学科卒業→本科、旧・県立中学造士館初等中学科在籍生→予科補充科。

館長は島津珍彦。課程は本科2年、予科3年、予科補充科2年の3科7年制。島津忠義らの寄付資金11万余円を元資金として、これが生み出す利息などによって運営された。中学校卒業生が不足し、定員割れが慢性化していたほか、「官立」と冠していながら国庫による支出が皆無で授業料が高く、貧困による退学者が多かった[9]

高等中学造士館は、明治29年(1896年)まで存続したが、この学校の予科・補充科が、明治27年(1894年)に県費のみによる尋常中学校設立までの間、鹿児島県において尋常中学校の役割を果たした[10]

明治29年(1896年)9月3日、鹿児島高等中学造士館廃止が告示された。その理由として『鹿児島県史 第四巻』(鹿児島県編、1943年)及び『鹿児島県教育史 下巻』(前出、1961年)は「都合により」、『鹿児島市史 第三巻』(鹿児島市史編纂委員会編、1971年)は「島津忠重はこれを深く遺憾とし」と述べているが、「鹿児島学校と三州義塾 史料と政治的背景についての考察」(芳即正)[11]には「当然運営経費の増加が見込まれ、島津家ではその負担に堪え得ないとして、明治29年度で高等中学造士館は廃止することになった」とある。廃止後、本科在籍生は第五高等学校などに転校したが、予科在籍生の転校先はなく[12]、県庁管理による造士館復活となった。

鹿児島県尋常中学造士館[編集]

明治29年(1896年)12月設立。旧・鹿児島高等中学造士館の予科生徒を収容して明治30年(1897年)1月25日開校。館長は岩崎行親[13]。当初の生徒数(元・高等中学造士館生)は50名前後であった。

明治30年(1897年)、鹿児島県第一尋常中学校(鹿児島県尋常中学校を改称)の2年生から4年生まで各学年40名を尋常中学造士館に転籍させ、生徒数の確保を図った。尋常中学造士館は現在の「鹿児島県歴史資料センター黎明館」、尋常中学校は現在の「かごしま県民交流センター」敷地にあり、「館馬場(やかたんばば)」(国道10号線)を隔てて並立していた。このような立地環境から、尋常中学造士館は「上の中学」、尋常中学校は「下の中学」と呼ばれ、喧嘩騒ぎも絶えなかった[14]

明治32年(1899年)4月、「尋常」が外れ、鹿児島県中学造士館と改称。やがて政府に高等学校(旧制)増設の方針が明らかとなると、島津忠重が16万余円並びに中学造士館の建物・設備を政府へ寄付することで鹿児島県への高等学校設置を願い出て、さらに県議会も高等学校開設を建議した。その結果、明治34年(1901年)4月1日には第七高等学校造士館(七高)設置の告示がなされ、同年4月30日をもって鹿児島県中学造士館廃止となった。翌日の5月1日には鹿児島県第一中学校分校を七高内に[15]設立し旧・中学造士館生の3年生以下を収容した。当時の規定で分校には第3学年までしか設置できなかったため、4年生以上は鹿児島県第一中学校に収容された。

鹿児島城址裏、城山自然遊歩道の照国神社側入口より数百メートル左側地点には、「忠芬義芳」碑がある。これは旧・中学造士館と鹿児島中学校(第一中学校を改称したもの)両校の卒業生で日露戦争で戦死した者たちを慰霊するため、明治44年(1911年)5月27日に建てられた。碑文は当時第七高等学校造士館長(元・尋常中学造士館長兼尋常中学校長)であった岩崎行親による。碑がある敷地の脇には、甲南高校3期卒業生で組織される「三甲会」の有志により、卒業五十周年記念事業の一つとして、国や鹿児島市の許可を得て説明板が設置されている。

後裔校について[編集]

複数の文献で後裔校について言及されている。

  • 南日本新聞社
    • 『郷土人系 中』(1969年)[16]
  • 山田尚二[17]
    • 「二中の歴史」(『甲南紀要第12号』)(1987年)[18][19][20]
    • 『鹿児島県の中等教育の変遷 中学造士館を中心に』(1976年、本書は上記「二中の歴史」の底本)[21]
  • 芳即正[22]
    • 「鹿児島学校と三州義塾 史料と政治的背景についての考察」(『鹿児島純心女子短期大学研究紀要第13号』1983年)[23]
  • 小松伸朗
    • 『鹿児島史学 第41号』[24]
  • 第七高等学校造士館
    • 「第七高等学校造士館一覧」[25]
  • 八幡和郎
    • 『47都道府県の名門高校 藩校・一中・受験校系譜と人脈』(CDIと共著、平凡社新書、2008年)[26]

関係者[編集]

著名な出身者[編集]

【凡例:中造⇒鹿児島県立中学造士館、高造⇒鹿児島高等中学造士館、県造⇒鹿児島県(尋常)中学造士館】

著名な教職員[編集]

[編集]

  1. ^ 鹿兒島高等中學造士館ニ係ル件(明治二十年文部省告示第十四号、Wikisource-logo.svg 原文
  2. ^ 『鹿児島県の中等教育の変遷 中学造士館を中心に』(山田尚二、1979年)p2
  3. ^ 明治13年(1880年)県議会史予算案経過報告
  4. ^ 本校が「公立」と称した理由として、『鹿児島県教育史 下巻』はp70にて次のとおり述べている。「資金を募集したとすれば、設立のためのものを特に募り、その後の経費は島津奨学資金の前身である寄付金でまかなったというのであろう。しかも、その寄付金が県庁に保管されていたことから、公立鹿児島学校といわれるのであろう」
  5. ^ 8月18日に異人館で行われた入学試験科目は、洋書素読(ウヰルソン氏リードル第二、万国史)、漢書講義(日本外史、十八史略)、作文(仮名交じり文)、算術(比例まで)であった(『鹿児島純心女子短期大学研究紀要第13号』(1983年)内「鹿児島学校と三州義塾:史料と政治的背景についての考察」(芳即正)p70)というがこれについて、『鹿児島県教育史 下巻』のp69には次のように述べられている。「『小学ヲ卒業シタルモノト学齢外ノ為メニ創設スルトコロ』の学校としては程度が高い。しかし、洋書を読めないものは漢書その他で試験するとあるので、それだと普通であろうか」
  6. ^ 『鹿児島純心女子短期大学研究紀要第13号』(1983年)内「鹿児島学校と三州義塾:史料と政治的背景についての考察」(芳即正)pp106 – 110では次のごとく考察がなされている。「(前略)鹿児島中学校と鹿児島学校を合体して、これに島津家の補助を集中し、財政基盤を強固にしようという案である。当然これにより三州義塾を圧倒しようというわけである。この点はあくまで筆者の推定であるが、創立間もない鹿児島学校が鹿児島中学校と合併する経緯を検討する時、そう考えざるを得ない。当時補助を打ち切られていた鹿児島中学校は、県庁でも経営に困っていたと思われる。島津家が補助を復活するとすれば、従来の経緯から当然鹿児島中学校を優先すべきであろう。種々検討された結果とは思うが、当時の郷友会、三州社の対抗関係を考える時、鹿児島学校、鹿児島中学校合併案が出たと思われる。もちろんそれが三州義塾への対抗策と記された史料もなく、今日迄そういう推定もなされたことはない。(中略)鹿児島学校は創立後やっと3年を過ぎたばかりである。本来ならばこれを郷友会経営として、てこ入れするのが筋であろう。それを廃止するというのは何としても不自然である。したがって県立中学と鹿児島学校を一本にした造士館再建計画は、これを機に初めて浮上したものと断定して差し支えあるまい。」
  7. ^ 鹿児島県においては明治27年(1894年)に県費のみによる尋常中学校が設立される。
  8. ^ 「二中の歴史(甲南紀要第12号抜刷)」(山田尚二、1987年)p8
  9. ^ 『鹿児島県の中等教育の変遷 中学造士館を中心に』(山田尚二、1979年)pp4-6
  10. ^ 「中学校令によって、当時あった中学造士館が高等中学造士館に昇格したことは、別項記述のとおりである。したがって、その後数年間は、高等中学造士館の予科が尋常中学の代わりをしていたわけであろうが、独立した尋常中学はないままで過ぎ去った。」『鹿児島県教育史 下巻』p71)
  11. ^ 『鹿児島純心女子短期大学研究紀要第13号』(1983年)内p110
  12. ^ 廃止の2年前である明治27年(1894年)には、鹿児島県尋常中学校が設立されていたが、同校への吸収策は採られなかった
  13. ^ 1897年1月18日に鹿児島県尋常中学校校長との兼任発令(「官報」第4064号、明治30年1月19日)
  14. ^ 『鹿児島県教育史 下巻』p73
  15. ^ 山下町、現在の中央公園、セラ602駐車場敷地
  16. ^ p109上段「鹿児島二中。明治三十九年に創立。一中より歴史は十二年おそい。しかし「わが校の前身は薩摩の名門校・中学造士館である」と意気さかん。」
  17. ^ 1931年鹿児島市生まれ、旧制加治木中学校を経て鹿児島大学教育学部卒。【「薩摩の七傑」芳即正監修、2000年、高城書房の著者プロフィールより】)
  18. ^ p3「甲南高校の前身が二中と二高女であることは大方の者が知っている。二中の前身が一中(当時の「鹿児島県第一中学校」の略称で、のちの「第一鹿児島中学校」の略称ではない – 引用者註)分校であることは、少数ながら知っている者がいるだろう。しかし、一中分校の前身はということになると、もう殆ど知る者はいない。一中分校は、その名からして一中から分かれて出来たのだろうという一般常識がまかり通っているが、その前身は中学造士館であった。中学造士館の前身は、鹿児島中学や鹿児島学校である。その前身はということになると、西南戦争や明治維新があって、断絶や廃校があるが、その流れは、遠く藩政時代の藩校造士館に連なる。」
  19. ^ p10(図書の保管転換について)「鹿児島県第一中学校分校は、わずか4か月で鹿児島県立鹿児島中学校分校に名称を変更した。甲南高校図書館第二書庫には、この鹿児島中学校分校印のある漢籍が百冊ほどある。一中分校や造士館時代のものは発見できず、がっかりしていたら、県立図書館に2冊ある情報を宮下満郎氏から得た。造士館蔵書印のあるこの本は、中学造士館から鹿児嶋中学分校、鹿児島県立図書館へと保管転換されていた。」
  20. ^ p11(造士館時代と同一人物の勤務について)「二中の独立当初、教頭の中馬庚が校長事務扱であった。中馬は、一高・東大を卒えて中学造士館に赴任し、一中分校・鹿児島中学校分校の変遷を通して勤め抜いた先生だった。中馬は、『野球』という語の翻訳者で、また二中の初代野球部長でもあった。二中は最初の年(明治39年)、七高主催の県下中学校野球大会で、一中を破り優勝している。」
  21. ^ p12「二中が独立してからしばらくの間は、その前身が造士館である意識を持っていた。二中の初代教頭中馬庚は、中学造士館時代から一中分校・鹿児島中学分校の時代を通して、勤め抜いてきた人だった。中馬教頭は、よく中学造士館時代の話を生徒たちにしていた。二中二回卒の龍野定一氏は、二中の池田校長が一中に転任しそうになった時、中馬教頭の話を引用して、二中の伝統の古さを演説した。時代は変って、七高造士館もなくなった。中学造士館の後身二中も甲南高校になった。中学造士館は、その後裔者たちの自覚によってのみ、顕彰もされるのであろう。」
  22. ^ 1915年鹿児島県生まれ、旧制鹿児島中学校(私立・津曲学園)を経て東京帝国大学文学部卒。鹿女子高校長、玉龍高校長などを歴任。【「薩摩の七傑」芳即正監修、2000年、高城書房の著者プロフィールより】
  23. ^ pp110-111「その後中学造士館は、明治20年高等中学造士館に昇格、(中略)明治29年度で、高等中学造士館は廃止することになった。その代りその後に同じく島津家寄付金等で県立尋常中学造士館が設立され、30年1月開校(「鹿児島県史」第4巻673頁。しかし島津奨学資金創立三十年記念誌」6頁によると4月開校という)、その後これを昇格させて34年第七高等学校造士館ができた。旧尋常中学造士館の3年生以下はその年5月設立された鹿児島県第一中学校分校に収容され、これは39年独立して県立二中となる。」
  24. ^ p13下段-p14上段「この時の校長事務取扱である学務課長の式辞でこの学校の歴史を述べているが、それによると『回顧すれば此の校や明治廿九年十二月二十五日新設せられ県立中学造士館と称す三十四年四月三十日廃止し同五月一日鹿児島県立第一中学校分校として開校し三十四年九月二日鹿児島県立鹿児島中学校分校と改称し三十五年五月二十九日この校舎新たになるを告く』と説き起こしている。このように県立中学造士館から説き起こしているが、これにはまた前身があったのであり、そうするとこれは鶴丸高等学校の前身尋常中学校よりも早い時期の成立となってしまう。そうすると現甲南高等学校の開校の時期を何時とみるかはいささか複雑なことになり、場合によっては鶴丸高等学校よりも早い時期の開校となるのではなかろうかということも出てくる。」
  25. ^ 近代デジタルライブラリー第二章沿革略【3ページ目】(前略)第七高等学校造士館ハ遠ク其淵源ヲ安永二年島津氏ノ創設シタル藩学造士館ニ発ス爾来藩政時代ニ於テ幾多ノ変遷ヲ経明治四年政府藩ヲ廃シ県ヲ置カルヽニ際シ遂ニ廃絶セリ其後明治十七年ニ至リ舊鹿児島藩主公爵島津忠義祖先ノ遺志ヲ紹キ巨額ノ金員ヲ寄附シテ造士館再興ノ事ヲ県庁ニ委托セリ是ニ於テ同年十二月鹿児島中学ト鹿児島学校トヲ廃シ其資産ヲ併セ地ヲ元鹿児島学校ノ舊址ニトシ工ヲ鳩メテ教場ヲ増築シ中学校教則大綱ニ基キ新ニ学校ヲ設置シ之ヲ名ケテ鹿児島県立中学造士館ト称ス同十八年二月生徒ヲ募集シ三月授業ヲ開始ス其後同二十年十二月公爵島津忠義ノ請願ニ依リ諸学校通則第一條ニ従ヒ更ニ高等中学校ノ制ニ改メ文部省ノ管理トナシ鹿児島高等中学造士館ト称セラル同月島津珍彦ヲ館長ニ任セラル同二十一年一月学科課程ヲ定メ其学科ヲ本科予科及補充科ノ三科トナシ元県立中学造士館ノ生徒ヲ収容シテ授業ヲ開始ス同二十四年八月館長男爵島津珍彦非【4ページ目】職ヲ命セラレ文部省視学官川上彦次館長ニ任セラル同月生徒二名初テ本科ヲ卒業ス同二十六年三月館長川上彦次非職ヲ命セラレ非職館長男爵島津珍彦復職ヲ命セラル同二十九年九月都合ニ依リ文部省ノ管理ヲ解キ生徒ハ他ノ高等学校ニ転学セシメラル是ニ於テ本館ハ廃校スルノ止ムヲ得サルニ至レリ明治二十年高等中学校ノ制ニ改メラレシヨリ茲ニ八年有餘此間卒業生ヲ出セシコト六回ニシテ其員数四十八人ナリ同年十二月再ヒ県庁ノ管理ニ属シ鹿児島県尋常中学造士館と称し翌三十年一月元高等中学造士館予科生徒ヲ収容シテ授業ヲ開始セリ同三十四年ニ至リ第七高等学校造士館ノ設置セラルヽニ当リ本館ヲ廃シ生徒ハ総テ同時ニ設ケラレタル鹿児島県第一中学校分校ニ収容セリ
  26. ^ p258-260「薩摩藩の藩校である造士館(1773年創立)は、むしろ、旧制七高に引き継がれた。だが、明治27年に設立された鶴丸高校(旧一中)や甲南高校(旧二中)がその精神のもとにあることは間違いない。西南戦争による途絶はあるが、明治11年には県立鹿児島中学が開かれた。そして、明治17年には島津家の援助で設立された鹿児島県立中学造士館となり、鶴丸城内に移ったが、明治21年にこれは高等中学校に昇格した。だが、明治27年に廃校となり、本科生はほかの高校へ転校し、予科は県立尋常中学造士館と模様替えされた。一方で、明治27年には別の県立尋常中学が設立されていたが、31年にその一部が造士館に転校させられた。その後、県下の各地に中学が設立され、鹿児島の尋常中学は一中と呼ばれるようになった。34年になり再び第七高等学校造士館が設立されたのにともない、低学年の生徒は一中の分校を設けて収容され、これがのちに二中になった。この一中が鶴丸高校、二中が甲南高校の前身である。この経緯から、鶴丸と甲南のどちらが造士館の伝統を引き継ぐのかといった議論もあるが、どちらにも、かなり濃厚に関与するものの、直接的なものとはいいにくそうだ。」