椎原国幹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

椎原 国幹(しいはら くにもと、文政3年(1820年) - 明治32年(1899年10月26日)は、鹿児島県出身の旧薩摩藩士。鹿児島県典司島津家家令

来歴・人物[編集]

幼名は鉄太郎。その後、予三次、与右衛門、国幹と改名。号は厚助。西郷隆盛の母・(まさ)の弟で、西郷隆盛の叔父に当たるが、西郷とは年齢が近かったため実際には兄のような存在であった。娘・春子は川村純義に嫁いだ。なお、『本藩人物誌』に登場する、島津義弘に殉死した椎原与右衛門国林は先祖にあたる。薩摩藩士時代の家格は代々新番であることが、「鹿児島県史料 旧記雑録拾遺 伊地知季安著作史料集六」の『御家忠死略称』より分かる。

薩摩藩では諸受持掛御郡奉行、維新後は鹿児島県の民事総裁を務めた。姉が西郷隆盛の母である関係から西南戦争で薩軍側に従軍。

鹿児島市の平馬場(現在の中山町付近)に生まれる。1877年西南戦争では西郷軍に付くが、敗戦と同時に延岡で降伏、宮城監獄にて2年間服役した。嫡子である嘉八郎も西郷側に従軍したが、銃創を負い、宮崎病院にて20歳で死去した。

服役後は鹿児島県の教育発展と後進育成に尽力し、1881年には公立鹿児島学校校長に就任。のち、島津忠済の家令も努めた。80歳没。

系図[編集]

                    大久保利通━━━利武
                  西徳二郎━━━竹一 ┃
      西郷吉兵衛              ┃  ┃
         ┃               ┣泰徳┣━━利謙
         ┣━━━━隆盛         ┃  ┃
         ┃         ┏鉄太郎━武子  ┃
        ┏政佐  川村純義  ┃       ┏栄
        ┃     ┃    ┃  近藤廉平━┫
椎原国紀━━━━┫     ┣━━━━┫       ┗廉治
        ┃     ┃    ┗常子      ┃
        ┗国幹━━━春子    ┃       ┃
                    ┃       ┃
                    ┃      ┏泰子
            ┏━伝蔵    ┣━━━━━━┫
            ┃       ┃      ┗正子
      橋口与三次━┫       ┃       ┃
            ┃       ┃       ┃
            ┗━樺山資紀━━愛輔      ┃
                            ┃
                            ┃
                     白洲文平━━━次郎

                     

関連文献[編集]

  • 「鹿児島県の中等教育の変遷 中学造士館を中心に」山田尚二、1979年
  • 「郷土と日本を築いた熱き薩摩の群像700名」下竹原 弘志編、1990年
  • 「百年誌 龍門」鹿児島県立加治木高等学校百年誌編集企画委員会編、1997年
  • 「樟風遙か 甲南高校創立百周年 同窓会記録誌」甲南高校創立百周年記念事業同窓会実行委員会編、2006年