鎌田栄吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
鎌田 榮吉
かまた えいきち
Kamata Eikichi.jpg
肖像写真
生年月日 1857年2月15日
安政4年1月21日
出生地 日本の旗 紀伊国
没年月日 (1934-02-06) 1934年2月6日(76歳没)
出身校 慶應義塾
所属政党 交友倶楽部
称号 正三位
勲一等旭日大綬章

日本の旗 第30代 文部大臣
内閣 加藤友三郎内閣
在任期間 1922年6月12日 - 1923年9月2日

選挙区 貴族院勅選議員
在任期間 1906年5月17日 - 1927年12月24日
テンプレートを表示

鎌田 榮吉(かまた えいきち、1857年2月15日安政4年1月21日[注 1]) - 1934年(昭和9年)2月6日)は、紀州藩出身の明治期官僚政治家枢密顧問官貴族院議員衆議院議員文部大臣、第4代慶應義塾塾長帝国教育会長、造士館教頭。正三位勲一等は竹堂。

経歴[編集]

紀州藩の家臣団・鎌田鍬蔵の子として、紀伊国に生まれる。同世代に津田出陸奥宗光桑山覚三北畠道竜など。

藩校学習館に入り兵学・漢籍を学び、南竜院(徳川茂承)の命により藩の選抜を経て東都遊学の命を受け谷井保らと共に慶應義塾に入る。1875年(明治8年)卒業し慶應義塾で教鞭を取る。紀州藩の藩政改革時に津田出が多額の藩金を費して、紀州に仏蘭西式の陸軍を持とうとしたことに反対し、人物養成の必要性を主張して対立した。

1877年(明治10年)に西南戦争が起こると塾生の多くが藩に帰郷したため財政難となるが日夜寝食を忘れて身を教職に捧げる。1881年(明治14年)薩摩に造士館が興るとその教頭として聘せられる。[要出典]1884年(明治17年)内務省御用掛となり、大分中学師範学校校長をかねる。

1894年(明治27年)には第3回衆議院議員総選挙で和歌山1区から衆議院議員に当選。その後、1898年(明治31年)に慶應義塾塾長(1922年まで)、高等教育会議員となり、1906年(明治39年)5月17日に貴族院議員に勅撰される[1]。慶應義塾では、臨時教育会に端を発する学校教練首唱者の山川健次郎東京帝大総長)と共に軍事予備教育を確立するよう提言し兵式体操を改善して、退役下士官に代え現役将校を起用。

1919年(大正8年)には国際労働機関開催の第1回国際労働会議に政府代表として出席。1922年(大正11年)には文政審議会委員、教育評議会会長となり、加藤友三郎内閣文部大臣となった。1927年(昭和2年)より枢密顧問官を務め、同年に帝国教育会長に就任した。次いで臨時ローマ字調査会委員、教科書調査会会長となる。1930年12月15日に発足した臨時ローマ字調査会では、田中舘愛橘に対抗してヘボン式ローマ字の使用を主張。

死去に際して満州国建国功労章を贈られる。また、紀州徳川家第15代当主の徳川頼倫の指南役(教育係)を務め、南葵育英会を設立するにあたって序文を担当した。

栄典[編集]

位階
勲章等
外国勲章佩用允許

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 国立公文書館『鎌田栄吉』では、鎌田本人は「安政4年1月21日」は戸籍の日付で、実際には「安政4年8月26日」生まれであると語っている。

出典[編集]

  1. ^ 『官報』第6863号、明治39年5月18日。
  2. ^ 『官報』号外「叙任及辞令」1915年11月10日。
  3. ^ 中野文庫 - 旧・勲一等瑞宝章受章者一覧(戦前の部)
  4. ^ 『官報』第1499号・付録「辞令二」1931年12月28日。
  5. ^ 中野文庫 - 旧・勲一等旭日大綬章受章者一覧(戦前の部)

参考文献[編集]

  • 鎌田栄吉氏」(三田商業研究会編纂『慶應義塾出身名流列伝』実業之世界社、1909年6月)
  • 鎌田栄吉(国立公文書館、アジア歴史資料センター)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


公職
先代:
中橋徳五郎
日本の旗 文部大臣
第30代:1922年 - 1923年
次代:
犬養毅