阿部泰蔵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

阿部 泰蔵(あべ たいぞう、嘉永2年4月27日1849年5月19日) - 大正13年(1924年10月22日)は、幕末期の武士(吉田藩士)、明治期の官吏法典調査会査定委員、教育者明治生命保険創立者。従五位勲四等旭日小綬章

経歴[編集]

三河国吉田藩(維新後豊橋藩)の藩医豊田鉉剛の三男として生まれ[1]、のち同藩の阿部三圭の養子となる。儒学者を目指し漢詩小野湖山に、橋本一斎蘭学を学んだ後藩命を受けて江戸に上り、開成所教授・杉田玄瑞穂積清軒中島三郎助に蘭学を学んだ。1868年(慶応4年)に鉄砲洲慶應義塾に入学するが、戊辰戦争に際して藩命により帰藩し、各地に転戦。 戦争後、再度入塾して歴史会読、窮理書素読などの科目教員を担当した。以来、慶應義塾読書院のメンバー、交詢社役員『交詢雑誌』の編纂に関わる。

1870年(明治3年)に太政官から大学出仕の命を受け、大学南校教授を経て文部省少教授から編集権助・六等出仕となり、『修身論』が文部省の教科書に採用される。統計学を考究する「製表社」の結成に参加し、麻布区会副議長に選ばれる。1881年(明治14年)に明治生命保険会社(現・明治安田生命保険)設立願いを東京府に提出し、許可される。次いで東京商業会議所特別会員、東京倉庫(現・三菱倉庫)取締役、第三十三国立銀行跡引受人、火災保険会会務に就任。1893年(明治26年)に文部省より高等商業学校商議委員嘱託。

1893年(明治26年)、伊藤内閣より法典調査会査定委員に任命、商法施行により定款を改正する。1897年(明治30年)の第2次松方内閣でも法典調査会委員に任命され、保険法を起草した。1902年(明治35年)司法省より破産管財人を命じられ、1907年(明治40年)の西園寺内閣でも法律取調委員となり、司法官僚としても活躍した。

他、丸善商社取締役、東京統計協会特別会員、生命保険会社協会評議員会会長、日本郵船会社監査役、簡保反対同盟会組織会長、社団法人生命保険会社協会初代理事会会長、東京海上保険会社取締役などを歴任した。四男の水上滝太郎が留学中に、泰蔵は宴席で昏倒し、以後病床に伏す[2]

オハイオ州立大学内の保険殿堂(Insurance Hall of Fame)には、日本における保険普及の業績評価から、阿部の肖像画が飾られている。

家族[編集]

栄典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 時事新報社第三回調査全国五拾万円以上資産家 時事新報 1916.3.29-1916.10.6(大正5)、神戸大学新聞記事文庫
  2. ^ 『貝殻追放. 第1-3』p17水上滝太郎、東光閣書店、大正9-14
  3. ^ a b c d e f g h 阿部泰藏、阿部泰二『人事興信録. 6版』(人事興信所, 1921)
  4. ^ a b 俣野景明歴史が眠る多磨霊園
  5. ^ a b c d e f 阿部一蔵、阿部英児
  6. ^ 秀島家良(読み)ひでしま いえよしコトバンク
  7. ^ 阿部泰二『人事興信録. 第13版(昭和16年) 上』 (人事興信所, 1941)
  8. ^ 山岸慶之助『人事興信録. 第13版(昭和16年) 下』 (人事興信所, 1941)
  9. ^ 阿部舜吾『人事興信録. 第15版 上』 (人事興信所, 1948)
  10. ^ 日比谷平吉『人事興信録. 6版』(人事興信所, 1921)
  11. ^ 阿部大六『人事興信録. 第15版 上』 (人事興信所, 1948)
  12. ^ 阿部芳郎『人事興信録. 第13版(昭和16年) 上』 (人事興信所, 1941)

参考文献[編集]

外部リンク[編集]